渋谷 プレジャー プレジャー。 ヘアーサロン プレジャー|ホットペッパービューティー

プレジャー (music&bar PLEASURE)

渋谷 プレジャー プレジャー

ホテルや飲食(など)、スパなどのサービス事業を手がける(3)が運営を手がけているそう。 世界屈指の情報発信基地である渋谷。 この街の特性を最大限に活かし、「様々なジャンル・より多くのアーティスト」との連動により、上質で濃密なパフォーマンスを発信し続けるホールとして 『Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE』は誕生しました。 多様な音楽ジャンルのトップ・アーティストたちが、連夜繰り広げる渾身のプレイ。 大人たちのくつろぎの夜にふさわしいエレガントで落ち着いた空間。 細やかなおもてなし、そしてステージと共に堪能する大人のエンターテインメント空間です。 (より) 2010年6月1日にが()を取得し、「Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(通称=ホール)」となった。 によると、契約期間は3年間(2013年5月31日まで)とあるけど、現時点(2013年7月)でもこの名称がつかわれているということは延長されたみたいですね。 今回、が展開するチルドカップコーヒーブランド「」シリーズの「味へのこだわり」と、同店のイメージが「一致した」ことにより実現したという。 ホールを通して、同商品の「若者へのブランド名認知の向上」「商品ロゴの露出増加」を狙う。 広報部の村田佳菜さんは「情報感度の高い若者が集まる『SHIBUYA109』の隣という立地や、映画館並みの機能を兼ね備えたホールだったため(の締結を決めた)」と話す。 (より).

次の

PLEASURE ACTIVE. INC

渋谷 プレジャー プレジャー

【少人数から貸切OK】 飲放付きプラン3500円~!! pleasure. shibuya gmail. com 席・設備 総席数• 30席• カウンター席あり 宴会最大人数• 30名様(着席時)• 40名様(立食時) 貸切可能人数• 10名様 ~35名様 個室• テーブル個室あり(15名~40名様用)• 店舗へお問い合わせください 携帯・Wi-Fi・電源• 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )• 電源利用可 その他の設備・サービス• 23時以降も食事ができる• 朝までオープン• 日曜営業あり• スポーツ観戦ができる• ライブやショーが見られる• バンド演奏ができる• カラオケあり• マイク利用可• ステージあり• プロジェクター・スクリーンあり.

次の

SHIBUYA PLEASURE PLEASURE【公式】カトープレジャーグループ

渋谷 プレジャー プレジャー

加藤 友康 カトープレジャーグループ 代表取締役 兼 CEO 1965年大阪府生まれ。 学生時代はイベント企画制作や音楽活動を行いプロミュージシャンを志すが、父である先代 加藤精一より事業承継し、1987年22歳でグループ各社の代表取締役に就任。 数々の人との出会いから、お客さまの喜びの実現とは何か、プロデュース業とは何かを真剣に考えるようになる。 現在は、ホテル、旅館、リゾート、スパ、エンターテインメント、レストラン、リバークルーズなどあらゆるレジャー事業開発を多角的視点で総合的にプロデュースしている。 グループ内には、多種多様な事業を展開するプロデュースチームが存在し、クライアントの方からのあらゆるご要望に対して、独自のマネージメントスキームを活かし、立地やニーズに合わせた新しい価値の創造と収益を実現する。 施設にお越しいただいた方が、感動し喜んでいただくことが自身の喜びであることを実感し、すばらしい毎日を過ごせていることにいつも感謝している。 【主な著書】 『経営者が欲しい、本当の人材』(ワニブックス)、「世界一楽しい仕事をしよう!KPG METHOD」(ワニブックス) 前田 崇行 株式会社 ケー・エキスプレス KPG Wellness East 取締役社長 兼 COO 1975年生まれ。 6歳からサッカーを通じて心身ともに鍛え、学生時代にはベストキャプテンに選ばれる。 アジア中心の旅行が好きで、雑貨店やレストランめぐりが学生時代からの趣味。 2018年東京マラソンの参加を機に、トライアスロンに挑戦する個人目標を掲げている。 就職活動を行う中で、KPG独自のコンセプトワークに基づいて業態開発から日常のオペレーション運営までを一貫して行う「トータルプロデュース」に魅力を感じ、1999年新卒入社。 2004年には公共事業運営の責任者になる。 2005年にKPGの東京初進出となるつるとんたん六本木店の開業に携わり、丸の内店、続けて新宿店と1年間で3店舗をオープンし、大手グルメサイトアクセス数全国1位になる。 その後も出店を重ね、赤坂の料亭、大手町のファインダイニング、渋谷の音楽ホールなど多種多様な業態を計16施設運営する取締役社長兼COOとして現在に至る。 私たちが日々感じるPLEASUREが社会貢献につながる事を念頭に、精力的に事業展開を進めている。 松下 大輔 株式会社 ケー・エキスプレス KPG Wellness West 取締役社長 兼 COO 1978年大阪府生まれ。 2人兄弟の長男。 体を動かすことが好きな活発な性格で、年子の実弟と毎日競うように遊んで育ち、現在の粘り強い精神を養う。 建築家だった父の影響で、関西大学工学部建築学科に入学。 設計事務所に就職後、様々な方とのご縁により2002年、麺匠の心つくし つるとんたん宗右衛門町店のスタッフとして入社し、接遇サービスを学ぶ。 大学の専攻や設計事務所での経験から、2003年KPGの関連会社 株式会社加藤総合開発研究所へ異動し、新規事業の開発プロジェクトに従事。 「有馬街道温泉 すずらんの湯」の開業開発担当やホテルの新規プロジェクト、商品開発、企画開発に携わった後、2011年KPGの人事部長に就任。 2014年 KPG Restaurant Westの取締役事業本部長に就任し、2017年、関西エリアの17事業所を運営するKPG Wellness Westの取締役社長兼COOに就任。 現在に至る。 入社後は複数の店舗の運営を経験した後、グループ全社のリクルートに携わる。 代表加藤の秘書を経て、2009年KPGの基幹事業の一つである、スモールラグジュアリーリゾート、プロジェクトチームを担当。 事業部長を歴任し、2013年に役員就任、翌年より現職。 スモールラグジュアリーリゾートをはじめ、地域活性化に貢献する三重県伊勢市駅前の伊勢神泉や究極のバケーションレンタルを実現したグランディヴィラ海森風などを成功させ、そのマネジメント手腕を活かし宿泊事業の新たな可能性を切り開く。 今後は、KPGの大きな原動力となるべく奈良・日光・京都・箱根強羅など日本各地に開業する「ふふ」シリーズのニュープロジェクトを世界へ発信していく。 その後日本をはじめ、シンガポール、台湾、フィジー、ロシア、オーストラリアの6カ国のホテルでホテリエとして要職を歴任。 沖縄統括総支配人として尽力し沖縄エリアの増収増益を実現。 2015年取締役社長兼COO就任。 世界15カ国からの1,000人を超えるスタッフが勤める沖縄・九州エリアで、海外経験で培ったグローバルで強力なリーダーシップで束ねる。 既存ホテルの改善や新規ホテル開業などのホテル経営はもちろん、ダイバーシティ(多様性)、人財育成、社会貢献(CSR)の3つに特に力を入れ、ブランディングやリクルーティングにも成果をあげている。 川本 隆彦 株式会社 カトープレジャーグループ 経営企画室 取締役経営企画室室長 1975年奈良県生まれ。 幼少の頃は、自然が豊かな地で育ち様々な遊びを経験。 小学校から高校生までは野球に没頭した。 今でも体を動かすことやスポーツを見ることは大好きである。 就職活動中にKPGに出会い、他の会社には無いエネルギーや雰囲気に引き込まれるように応募し入社に至る。 その後、代表加藤の秘書として多岐にわたる事業の経験を積む。 現在の経営企画室は2012年新設部署として発足、同年9月に取締役に就任。 グループ全体の方針、中長期計画、事業やファイナンスに関するスキーム、資本政策、新規事業の開発や精査、既存事業の管理分析、組織体制や制度の整備、業務改善や効率化など横断的・俯瞰的な幅広い視野を持ってグループ全体の経営企画を行っている。 大山 邦子 株式会社カトープレジャーグループ KPG Personnel 取締役人事統括本部長 1966年生まれ。 二人目の出産を期に、前職の貿易会社を退職し、1年間子育てに専念。 産休中に簿記を取得。 ふたりの愛娘を自転車で保育園に送りながら出勤する日々。 5年後、正社員となり会社のマネージメントをする経理部長に就任。 もっと仕事に貢献したいという思いから、人の想定外の力を引き出すコーチングを極めるため自己投資し、コミュニケーションセンスを高める。 人と関わる仕事をしたいという希いが叶い、2016年4月人事統括本部長に就任。 また、人事の枠を超えた働きやすい環境づくりを提案する「世界一楽しい仕事をしょうプロジェククトリーダー」も兼任している。 馬に乗って遊ぶような元気溢れる少年時代を過ごし、幼少のころから、クレーン車のオペレーターか料理人になりたいという夢を持っていた。 成長する過程で美味しいものを作りたいという思いが強くなり、中学から料理人を目指すことを心に決めた。 本格的な日本料理に魅力を感じ、沖縄で1校しかない調理学校に進学。 技法を披露する料理ではなく、四季折々の食材をしっかりと見極め、その時期の旬のものをふんだんに使い演出することが「本物の美味しさ」だという信念を持ち、美味しいと美しいを料理で表現している。 KPGに所属する300名を超えるの料理人を統括する総料理長として、スモールラグジュアリー事業の料理を中心に監修している。 平出 孝一 株式会社 ケー・エキスプレス KPG Wellness East 取締役事業本部長 1976年生まれ。 幼少期からサービスマンに憧れ高校卒業後飲食の世界へ。 バーテンダー・バンケット・フレンチ・イタリアン・和食と街場とホテルの最前線で経験を積み、ホテル新規開業、料飲支配人など多彩な現場を経験。 (インターナショナルバーテンダー・シガーアドバイザー・シェリーソムリエ・Universal Manners)取得。 2016年KPGに入社後、つるとんたんUDON NOODLE Brasserie銀座の立ち上げに参画。 2017年9月 KPG Wellnes East取締役事業本部長に就任。 現在に至る。 世界一楽しい仕事をしよう!をモットーに、KPGをグローバルな会社にすることが目標。 世の中があっと驚く業態開発と全てのスタッフが成長できる環境づくりを意識している。 父の影響でホスピタリティー産業に興味を持ち、学生時代にレストランオペレーションを学びながら、店舗運営の基礎を学ぶ。 その経験から一流のサービスマンを志し、2007年KPGに入社。 「箱根・翠松園」開業スタッフとなる。 バトラー業務に携わり、最前線でお客さまと接することで、サービスの極意を身に着ける。 その後2009年マネジャーに登用、2013年副支配人、2014年に支配人に就任。 店舗業務と開業準備プロジェクトに参加し、2016年総支配人に就任。 2017年部長兼総支配人に着任し、事業所全体の管理、管理者の指導を経て2018年取締役事業本部長に就任。 2018年10月 ふふ河口湖 開業時に総支配人を兼任し、現在に至る。 中見川 佳秀 株式会社ケー・エキスプレス KPG Wellness East 取締役事業本部長 1983年栃木県生まれ。 小学校1年から大学卒業までの16年間野球を続け中学では全国軟式野球大会ベスト8、高校では佐野日本大学高等学校にて夢であった甲子園出場をした。 大学では商業とマーケディングを学び深く興味を持つ。 2006年に新卒としてKPGに出会い、何よりも人事の方の人柄、加藤代表の考え方が素晴らしかったことに引き込まれ入社に至る。 入社後、つるとんたん新宿店、琴しょう楼、大阪百貨店、Echika fit永田町などの開業に携わり責任者として従事。 店長、課長、部長を経て2019年にKPG Wellness East取締役事業本部長に就任、現在に至る。 何事も達成することが好きで、現在では体力維持とヘルスケアのため、地域のハーフマラソンやフルマラソンに参加している。 大野 靖史 株式会社ケー・エキスプレス KPG Wellness West 取締役事業本部長 1975年大阪府生まれ。 学生時代より接客業を学び、23才より本格的に飲食店でのサービスに従事する。 店長、支配人を経験後、2002年より独立。 飲食店の経営を11年行い、レストランやカフェなどの新規出店やプロデュースをつとめる。 2015年7月、KPG Restaurant West 現在のKPG Wellness West へ入社。 入社後はエリアを管轄しマネジメントに従事する。 特にKPG RIVER CRUISE(舟運事業)においては新船の就航、販路の拡大を実現しながら、二級小型船舶操縦免許・操縦特定免許を取得するなど幅広い業務を担当。 更には管轄するエリアでの増収増益を達成する。 また、大阪府・大阪市の進める魅力創造事業における中之島周辺の活性化事業での催事出店等も担当する。 2016年4月、課長に就任。 2018年10月、部長に昇格。 2019年10月、取締役事業本部長に就任、現在に至る。 加藤 宏明 株式会社 カトープレジャーグループ KPG International 取締役本部長 1990年大阪生まれ。 幼少期よりホテル・レストラン事業に興味を持ち、大学院時代には、ニューヨーク大学大学院にてホテルファイナンスを専攻。 お客さまの喜びを感じることができ、人を豊かにする仕事が天職だと感じ、2015年に様々なレジャー事業の総合的な開発を行うプロデュース企業で、お客さまの喜びを第一に考える企業理念を持つカトープレジャーグループに入社。 2016年から地域創生プロジェクトとして伊王島リブランディングPJTを担当、2017年8月に海外事業の連携強化を図るべくKPG Internationalを設立、責任者を担当。 海外ブランドの日本展開、日本ブランドの海外展開、海外事業への投資などを行っている。 2018年4月には、カトープレジャーグループ取締役本部長に就任、現在に至る。 中村 渓 株式会社 TKN・ARCHITECT 代表取締役 1969年宮崎県生まれ。 高校卒業後渡米。 University of Oregon School of ArchitectureにてBachelor of Architecture取得。 帰国後、1995年より丹下健三・都市・建築設計研究所勤務。 主に国内外における超高層オフィス、大規模複合商業開発等のデザインや国際コンペを多数担当。 その後、アトリエ事務所にて住宅、メディカルフィットネス施設等の設計・監理、宿泊・商業施設の企画開発等を担当。 2007年TKN・ARCHITECT設立。 2012年代表取締役就任。 一級建築士。 受賞歴 アメリカ建築家協会(AIA)賞受賞(Seattle Brewing Factory) Progressive Architecture Award受賞(Seattle Brewing Factory) 日本建築家協会(JIA)優秀作品選(喜多見K邸) 宮崎市景観賞(ソレイユ保育園) 青木 隆一 株式会社 セッションワン 代表取締役 1959年大阪生まれ。 1984年 西区京町堀の大手代理店・制作プロダクションにおいてコピーライターとして、念願であった広告の世界にデビューを果たす。 会社案内、新聞広告、ラジオCM、パンフレット、などさまざまな分野を経験し研鑽を積み、SPの企画について学ぶべく、流通企業をクライアントに持つ北区西天満のプロダクションに転職する。 とても興味深い業務であったが、独立も視野に入れ活動するべく、1988年 クリエイティブはもちろん、泥くさく、地べたを這うような営業が特長的な北区南森町の広告代理店で、コピーライター兼営業としてそのノウハウを吸収していった。 同年、担当として携わらせていただいたのがKPGだった。 翌年の「麺匠の心つくし つるとんたん」宗右衛門町店の開業に参加。 「つるとんたん」の名付け親でもある 以降、1993年に独立し北区天神橋筋に「有限会社キングストン広告社」を設立。 2004年 KPGリレーションシップカンパニーとして「株式会社 セッションワン」を設け、現在に至る。 麻生 宏 IMD Alliance 株式会社 代表取締役 1963年長崎県生まれ。 17歳より飲食の世界に飛込み、料理・サービスの腕を磨いた後、19歳で独立、飲食店を5軒経営後、27歳で福岡のホテル「IL PALAZZO」の取締役企画室長、取締役総支配人を歴任、29歳の時にカトープレジャーグループの加藤代表と出逢い、32歳でカトープレジャーグループに入社、本社常務取締役開発本部長兼KPG HOTEL&RESORTの取締役社長兼COOとして福岡のホテル再生、長崎温泉 やすらぎ伊王島の再生、開発から運営、沖縄の2軒の大型ホテル(計600室)開発から運営。 IMD ALLIANCE株式会社を2010年会社設立 代表取締役として、現在、直営レストラン、ケータリング事業、コンサルタント業を営む。 九州並びに沖縄でも事業を展開している。 松本 伸治 株式会社 TRIPLETS 代表取締役 兼 CEO 1972年大阪府生まれ。 1992年19歳の頃、お取引先様のご紹介でカトープレジャーグループに入社、フードサービス事業部に配属。 「麺匠の心つくし つるとんたん 宗右衛門町店」勤務を経て、多種多様な飲食店を勉強するため大手業務用食品問屋に転職。 1998年再入社後、つるとんたん宗右衛門町店店長、スーパーバイザーを歴任し、1999年より岸和田市の宿泊温浴施設や当時KPG初の洋食業態であるCAFE DININGレストランの開発を担当する。 その後レストラン事業部の部長として、「雅しゅとうとう」の開発に取り組み、KPG初の高単価和食レストラン業態を成功に導く。 2008年、外部カンパニーの宿泊事業へ異動後、2019年、11年ぶりにカトープレジャーグループに合流し、同年9月よりフレンドシップカンパニーである株式会社TRIPLETS代表取締役に就任、現在に至る。 横山 博之 株式会社 グランディスエステート 代表取締役 1967年大阪府生まれ。 21歳より不動産業に携わり、2010年株式会社グランディスエステートエステートを設立。 新たな不動産価値の構築をめざし、多様化するお客様のニーズをとらえ快適な生活空間・環境を提案する企業として、主に新築分譲マンション販売業を軸としている。 これまでも不動産に関わる企画立案・マーケティング・販売・アフターサービスなどの幅広い分野で、多くのお客様をトータルサポートしている。 2017年よりKPGのフレンドシップカンパニーとなる。 グループに参加したことで、他社にはない独自性を強みとし、分譲事業だけでなく、リノベーション事業、リゾート事業など多岐にわたる不動産ビジネスの更なる展開を目指している。 常にお客様の視点に立ち、新しい価値を創造することでその期待にお応えし、お客様と社会の発展に貢献できるような企業でありたいと願う気持ちこそが原動力でもある。

次の