ヒストリア エヴァンゲリオン。 「新世紀エヴァンゲリオン」25周年でNHKが特集へ 新劇場版4K放送にキャラ&使徒の投票企画(ENCOUNT)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版

ヒストリア エヴァンゲリオン

3000RT:【放送25周年】 が「エヴァ特集」新劇場版を3週連続放送 新劇場版3作、「発表!全 大投票」、「歴史秘話新世紀 ヒストリア」を放送する。 がBS4KとBSプレミアムで「新世紀 」特集を実施する。 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の3作品を4月18日から3週連続でBS4Kで放送。 また、投票企画やエヴァの歴史を映像で振り返る企画も放送される 普遍的なテーマと緻密な設定、革新的な映像表現で一大ブームを巻き起こした「ヱヴァンゲリオン」シリーズ。 社会現象にまでなった「新世紀エヴァンゲリオン」の放送開始から25周年。 「エヴァ特集」はBS4KとBSプレミアムの2つのチャンネルにまたがり、映画から「発表!全エヴァンゲリオン:大投票」「歴史秘話新世紀エヴァンゲリオンヒストリア」を放送する。 特集1では、「新世紀エヴァンゲリオン」のリメーク作品である「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の3作品「:序」(4月18日後11・00)「:破」(4月25日後11・00)「:Q」(5月2日後11・00)を3週連続でBS4Kで放送する。 庵野秀明氏(59)が脚本・編集・総監督を手掛けた同作を4Kリマスターした最新の映像と5. 1chサラウンドで放送。 6月の完結編「シン・エヴァ」の公開を前に盛り上げる。 特集2は、「発表!全エヴァンゲリオン:大投票」(5月16日後10・30)をBSプレミアムで放送する。 視聴者と一緒につくる一大投票企画として、27日から4月27日の期間で、キャラクター、エヴァ、使徒、セリフの4つのカテゴリーで投票を実施。 ホームページでは、投票のほか、スペシャルムービーも公開する。 番組は、アーティストの西川貴教(49)の司会で生放送する。 YouTubeよりも4K画質の方が良いに決まってる。 4K見られないので 14日までお預けか…。 通常のアニメのエヴァンゲリオンを全話放送してくれ。 新型コロナの感染拡大を受け、有償サービスを無料開放すると発表した。 国民保健サービス(NHS)に供給する。 サー・ジェイ 吸引力から吸入力へ、dysonは次のステージへ。 「うめきた」新駅の名称は「大阪駅」に決定 地下通路で結ばれ同一駅扱いに JR西日本 - ライブドアニュース2023年春に開業予定です。 JR大阪駅のイメージパース(画像:JR西日本)。 JR西日本は2020年3月25日(水)、大阪駅の西側で整備を進めている「うめきた」新駅の名称を大阪駅にすると発表しました。 イタリアは新型コロナの感染被害が増加しているが、神父がいた州は特に厳しい状況だったという。 いい人ばっかり死んでいく... 若い人はいらなかったかも、、 アーメン 死んでいい命なんかない。 中国の友好都市にマスク返してと要望「恩を10倍返し」と対応へ - ライブドアニュース新型コロナを巡り、愛知県豊川市が中国の友好都市にマスク4500枚を送った件。 その後愛知県内でも感染が拡大し、在庫があれば返してほしいと要望を送った。 中国側はこれを受け、マスク5万枚を豊川市に順次送付することを決めた 流石にネトウヨも中国で収束に向かっているの認めざるを得ないのでは。 そうでなければこんな大盤振る舞いできない。 今回ばかりは大国の懐の大きさを感じた。 貴方の落としたのは金のマスクですか? 1000円近くする高級なマスクでも発がん性物質が検出されてますが大丈夫でしょうか? マスク外交イメージ戦略で恩を売ろうという戦略、フックがついただけで使い物にならない防護服を押し付けられたのに、援助してもらったという様に報道してますから、注意が必要です エキストラのように生きるな。 ROLANDに学ぶ、自分の人生を「主役」として生きる方法 - ライブドアニュース【深い】「エキストラのように生きるな」ROLANDに学ぶ'主役'として生きる方法 「人の目を気にするな」「1回きりの人生、脇役のまま終わったらもったいない」。 普段PC作業をしないROLANDがWEBデザイン体験を名言と共に語る。

次の

『エヴァンゲリオン』シリーズの魅力を徹底解説! 歴史秘話エヴァンゲリオンヒストリア |NHK_PR|NHKオンライン

ヒストリア エヴァンゲリオン

世界的な人気アニメシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」の放送開始から25周年を迎え、NHKが4月10日から、「エヴァ特集」の放送をスタートさせる。 普遍的なテーマと緻密な設定、革新的な映像表現でアニメーションの新たなフィールドを切り開いてきた「エヴァ」シリーズ。 社会現象を巻き起こし、今もなお、世界的な人気を集めている。 まずは、エヴァの歴史を映像で振り返りながら魅力をひも解く、「歴史秘話エヴァンゲリオンヒストリア」が4月10日午後10時からBS4Kで放送となる。 NHK総合では、4月15日 水 午前1時25分から、BSプレミアム・BS4K同時放送で4月15日 水 午後10時16分からオンエアされる。 さらに、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」3作が、4K&5. 1chサラウンドで登場となる。 未曽有の大災害「セカンドインパクト」の爪痕を残した地球。 大ヒット映画「シン・ゴジラ」で脚本・編集・総監督を務めた庵野秀明氏の代表作が、3週連続放送だ。 4月18日 土 午後11時から「:序」、4月25日 土 午後11時から「:破」、5月2日 土 午後11時から「:Q」 すべてBS4K の放送予定だ。 さらに、ファンにとってうれしいのが、視聴者参加型の一大投票企画だ。 キャラクター、エヴァ、使徒、セリフの4つのカテゴリーで、ホームページから投票できるほか、スペシャルショート動画や番組情報を観ることができる。 投票期間は4月29日まで。 気になる投票結果は、スペシャルゲストとともに生放送で発表する。 放送予定は5月16日 土 午後10時30分から、BSプレミアムで。 司会はアーティストの西川貴教が務める。 ENCOUNT編集部.

次の

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』前売り特典・映画関連グッズまとめ|エンタNOW!

ヒストリア エヴァンゲリオン

1995年に開始し、社会現象となったTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』、2007年からつづく「新劇場版」シリーズなど、一連の作品は、壮大な世界観と圧倒的な映像クオリティで、多くの人々を魅了し続けてきた。 アニメ史に大きな足跡を残すこの名作の魅力を作品映像で振り返りながらひも解く。 エヴァンゲリオンはテレビアニメも映画もすべて鑑賞しましたが、あまり何度も見返すことがなかったので、忘れている部分が多々あります。 新しい映画が控えているため、なんとか見直すつもりでいましたが、今のところ達成できていません。 他の作品もいろいろ見ているため、なかなか時間がとれずにいました。 そうした状況なので、エヴァンゲリオンの歴史を振り返るこの番組は、とても助かります。 先に紹介された番組の一部をチェックしましたが、映像のこだわりやキャラクターの魅力など、かなり細かく振り返ってくれるようです。 この番組を見れば、時間がない中でも、最新映画へ向けてのおさらいができると思います。 昔のテレビシリーズを振り返るパートでは、懐かしさも感じられると思うので、楽しい復習になりそうです。 また、作品映像をしっかり使ってくれる点にも注目しています。 ただ解説するだけでは退屈になりそうですが、実際の映像をたっぷり使ってくれるなら、飽きずに見ることができるでしょう。 映画はきれいな作画が魅力だと思っているので、映像付きの紹介はとても楽しみです。 エヴァンゲリオンはロボットではなく人造人間であるということを全面的に伝えてほしいです。 ここがひとつ勘違いされがちなので、この機に改めて公式説明してほしいです。 普通の戦闘兵器とは違い、エヴァンゲリオンがケーブルを引っ張って戦うという点が面白い点だとおもいます。 よくある巨大ロボットアニメとは仕掛けが違う科学技術面について特集してくれると良いです。 客員が乗り込むエヴァンゲリオンについても紹介してほしいです。 それぞれが持つ武器、能力についても紹介があれば、メカ好きとしては嬉しい要素となります。 この作品の看板キャラクターともなっているアスカ・ラングレー、綾波レイはじめ多くの可愛いヒロインたちにもスポットをあててほしいです。 それぞれのキャラクターにつく声優も有名人ばかりなので合わせて紹介があると良いです。 作中で東京を攻撃してくる謎の存在「使徒」についても特集があればよいです。 いずれも歪なデザイン性を誇る際物集団なのが使徒です。 その全部を順位紹介してくれることで、使徒の恐ろしさが再びわかるものになるとおもいます。 キーワードともなる人類補完計画についての言及もされるとよいです。 難解なストーリーを、なるたけ分かりやすく紹介するようにして欲しいとおもいます。 エヴァは、キャラクターの弱さが魅力だと私は思っています。 碇シンジくんのウジウジした感じを筆頭に登場人物はみんな何かしら心の弱さを持っていてそれを隠しながら必死に戦っている姿があるから現実離れした世界観の作品のはずなのに私を含めた多くの人が虜になるのではないでしょうか。 あの綾波レイでさえも本人にとって良かったのか悪かったのか人の心を手に入れつつあることで弱さに直面することとなってしまいました。 エヴァを観てスカッとするという人はなかなかいないかと思うのですが、本来であれば使徒から世界を守っている彼らはスーパーヒーローであり憧れの存在になってもおかしくありませんが、彼らのようになりたいとはなかなか思えません。 ネルフの基地で働いてみたいなと思うことはあっても彼らのようにはなりたくないから自分ならもっとうまく立ち回るのになどと考えてしまします。 でもそんな人間らしい弱さがキャラクターに宿っているから何年たっても何度でも観たくなるのだと私は思っています。 初めて見た時に私はまだ10代でしたが、何年かおきに見返すとまた違った発見や考えが芽生えてきておそらくそれはこの後も続くのでしょう。 自分の経験が広がれば人がるほどまた別のキャラクターに共感を覚えるようになってずっと楽しめそうな気がします。 中でも教えて欲しいのは使徒についてですね。 エヴァンゲリオンって色々謎の多いアニメでしたが、基本は襲ってきた使徒をエヴァンゲリオンが撃退するというものです。 これって他のアニメ・特撮作品でもよくある設定ですし、ハッキリ言うとありきたりでした。 でもこれを面白くしたのが使徒だと思うんです。 まず使徒はその外見が特徴でした。 万博公園の「太陽の塔」を彷彿させるようなデザインのものが多いですし、また幾何学的なデザインの使徒もいました。 そしてコンピュータウィルスでネルフを襲撃するという、外見すらもたない使徒もいたんです。 ラストの使徒・渚カヲルに至っては、人間そのものでした。 しかも本来では使徒の敵であるエヴァンゲリオンを操縦する碇シンジと好意を持っていましたし。 またこういった使徒を作り出す敵勢力って一体なんなのか?人類補完計画って何?といった事が作品中では明かされなかったんですよね。 地上派放送だけでなく、映画すべてをみてもわかりませんでした。 当時はこういった事を公表すると色々問題もあったと思うのですが、でも今なら明かしてもらえるのでは?と思うんです。 NHKの攻めた姿勢にとても好感を持ちました。 私は、エヴァンゲリオンをしっかりと全ての作品を視聴したわけではないので、このようにエヴァンゲリオンを深く探求し、分かりやすく解説してくれるような番組が放送されるのは、とても嬉しいですし、視聴者のニーズも高いと思います。 特に、エヴァンゲリオンはストーリーや時系列がやや難解であり、物語の解釈が大きく分かれる作品でもあります。 また、アニメ版だけでなく、続編となる映画やOVA作品も多々あるため、このコロナウイルスの自粛を機に、一気に見ようと思っている方にとっても、なかなか手を出しづらい作品でもあります。 「エヴァンゲリオンとはいったい何なのか」とか「まだ鑑賞したことが無い」という方にも、「アニメ版は見たけど結局どういうオチだったのか」、「アニメ版・OVA・劇場版、すべて見たけど、結局何が言いたかったんだろうか」というやや玄人な方にも、幅広く楽しめる番組になることを期待します。 恐 らくですが、1回だと1時間では足りないので、シリーズ化してほしいなと思います。 まとめ 誕生した年からエヴァンゲリオンに私はかなりハマったのでグッズ類はかなり集めておりました。 数年前まで集めていたくらいの大ファンなんです。 この番組では我々が知らなかったエヴァンゲリオンの歴史なども知る事ができそうですしエヴァンゲリオン好きならかなり楽しめる内容かなって思いますし見る価値はあるかなっておもいます。 1995年に放送が開始されたんですがその頃の私はまだ20代前半でしたんでその頃の若者はもうすっかりオジさんオバさんになってるってなんか不思議な感じもします。 テレビ放送は終わったけども今も劇場版は続いてますしそれだけ壮大な魅力を感じる方が増えているから続いてるんだとおもいます。 もしかしたら割と最近からハマりだした人もいるかなっておもいますしこの番組を見て新規のファンになる方もでてくる気がします。 それくらい番組で魅力を余すところなく伝える気がするんです。 30分ちょっとの中でどのようにエヴァンゲリオンの良い面面白い面を伝えてくれるのか興味深いです。 古さを感じませんし今の10代の方などにも面白さはきっと伝わるかと思います。 話の終盤には自分がエヴァンゲリオンのパイロットになってる感覚で見ていました。 そこから最終話までは一気に見入ってしまいました。 このアニメはきっと子供が見ても意味がほとんどわからず、大人が見てすごく考えさせられるアニメだと思います。 なぜなら主人公のシンジが少年のため戦う事の葛藤や街の人が傷付く様を直視して成長していくからです。 そして仲間のほとんどの人物もシンジと同年代であり、励ましあったり時にはケンカをして人として強くなっていくところも見所のひとつだと思います。 このアニメはシンジたちが宇宙からやってくる使徒という謎の生物と戦うのですが、最終回になってもこの使徒はどこからやって来るのか謎のままなのですが、このアニメを2回. 3回と見ていくうちに色々な事を考える自分がいてました。 この使徒は自分に置き換えて考えると『欲望』だったり『エゴ』だったりと自分と戦えという事を原作者は言わんといているのかなとか色々な想像が膨らんくるので、見る人によって感じ方が違うと思うので、それが今でも映画になったりしてこのアニメの人気強さかなと思います。

次の