管理 者 ページ。 Facebookページの管理者を追加・変更する方法

ホームページ管理担当者になった時に知っておきたいweb用語 : デザインにより価値を高める広告デザイン会社|群馬県前橋のアルファー企画

管理 者 ページ

facebookページは、facebookで自社の製品やサービスをPRするのに有効なビジネス向けの機能です。 facebookのアカウントを持っていれば誰でも作れますし、作成したfacebookページはInstagram(以下、インスタと表記します)のビジネスアカウントと連携させることもできます。 facebookで自社の製品やサービスを多くの人に知ってもらうには、このfacebookページを一旦「非公開」にして内容を充実させてから公開すると効果的です。 本記事では、facebookページを非公開にする方法を説明します。 今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。 facebookページはデフォルトでは公開される facebookページは、企業・事業名やブランド名などを示す「ページタイトル」やその企業・事業やブランドのプロフィールを表示する「ページ情報(基本データ)」、宣伝や情報などを投稿・閲覧できる「投稿」などから成り立っています。 このfacebookページは、1. facebookの個人アカウントから作成、2. インスタのアカウントにビジネスプロフィールを設定する過程で作成、の2つの方法で作成できます。 いずれの方法から作成しても、 デフォルトではページタイトルのみが表示されるfacebookページが作成されます。 ページ情報や宣伝用の投稿などはfacebookページ作成後に追加できるようになるため、ユーザーはページタイトルだけが表示されたfacebookページを閲覧することになります。 このため、 ユーザーは企業・事業名やブランド名以外の情報を得られません。 facebookページが作成された直後にページを訪れた場合、「このfacebookページは何だろう…?」と感じることになるのです。 ページ情報や宣伝用の投稿などはfacebookページを公開したままでも入力できます。 この場合、ユーザーは段階的にそのfacebookページの詳細を知ることになるでしょう。 しかし、ビジネスでfacebookページを活用する場合は、 あらかじめfacebookページの内容を充実させたり、最低でもページ情報を入力したりしてから公開したほうが良いです。 なぜなら、詳細が記載されている状態でfacebookページを公開すれば、より多くの人目に留まりやすくなりますし、興味を持ってもらえる可能性も高まるからです。 つまり、 作成したfacebookページは一旦「非公開」にして内容を充実させてから公開したほうが良い、ということになります。 そこで本記事では、第2章でfacebookページを非公開にする方法を説明し、第3章以降で非公開にしたfacebookページを複数人で編集できるよう権限を追加する方法や再度facebookページを公開する方法を解説しましょう。 facebookページを非公開にする方法 作成したfacebookページを 非公開にする方法は簡単です。 ここでは、スマホアプリとPCのブラウザの2つでfacebookページを非公開にする方法を説明しましょう。 【補足】• facebookページの非公開設定は、そのページの管理者(facebookページを作った人)が行えます。 facebookページを非公開にしても、管理者は閲覧や編集ができますが 、 管理者以外の人は閲覧も編集も行えません。 2-1. スマホアプリの場合 1. facebookのアプリを起動します。 アプリ画面の右下 をタップして表示されるメニューから「ページ」をタップします。 作成したfacebookページ一覧が表示されるので、非公開にしたいページをタップします(ここでは、「Asa. 3でタップしたfacebookページのトップ画面が表示されます。 アプリ画面右上 をタップして表示されるメニューから「ページを編集」をタップしましょう。 「ページを編集」メニューの一番下「設定」をタップします。 「設定」メニューの一番上にある「一般」をタップします。 「一般」メニューの画面を下にスクロールすると、「Facebookページの公開設定」というメニューが出てきます。 デフォルトで「公開」にチェックが入っています。 非公開にするには、その下の「公開をやめる」をタップしましょう。 facebookページが非公開になっているかは、facebookページのホーム画面にある「ページを公開」で確認できます。 実際はこのfacebookページは公開されておらず、第三者もこのページを見ることはできません。 2-2. PCブラウザの場合 1. ブラウザでfacebookページを作った個人アカウントにログインします。 画面左側にあるメニュー一覧から「Facebookページ」をクリックします。 ログインした個人アカウントで管理しているfacebookページの一覧が「管理しているページ」に表示されるので、非公開にしたいページをクリックします(ここでは、「Asa. クリックしたfacebookページのホーム画面が表示されるので、画面上のメニュー右にある「設定」をクリックします。 「一般」メニューにある「公開範囲」で非公開設定ができます。 デフォルトでは「このページは公開されています」になっています。 非公開にするには「編集する」をクリックしましょう。 非公開にするには「ページは公開されていません」を選択し、「変更を保存」をクリックします。 「ページを非公開にしますか?」というメッセージが表示されるので、非公開にする理由をクリックして「次へ」をクリックします。 「ページを完成させるために必要なものはありますか?」というメッセージが表示されるので、該当する項目にチェックを入れて「非公開にする」をクリックします。 「ページは非公開になっています」というメッセージが表示され、ページが非公開になったことを確認できます。 facebookページを非公開・編集できる管理者を追加する方法 facebookページは、 ページの作成者が管理者となります。 facebookページの非公開設定や編集を行えるのは、そのfacebookページの管理者です。 つまり、あなたの個人アカウントでfacebookページを作成したら、あなたがそのページの管理者となり、ページの公開/非公開や編集などfacebookページに関する操作を全て行えます。 言い換えるなら、 facebookページ管理者であるあなた以外の人はページの公開/非公開や編集などは行えません。 もし作成したfacebookページを複数人で管理・編集したいなら、各ページにある「ページの役割」というメニューであなた以外の管理者を追加して権限を与えることで対応できます。 追加できる管理者の人数に制限はありません。 facebookページで設定できる役割には、次の5つがあります。 管理者• 編集者• モデレーター• 広告管理者• アナリスト 各役割でできることは、次の通りです。 引用:facebookヘルプセンター「」 ここで、facebookページの管理者を追加する方法を説明しましょう。 【補足】 facebookページの管理者は、 facebookアカウントを持っている人(facebookユーザー)を登録できます。 追加したいユーザーがあなたとfacebookで友達になっていない場合は、そのユーザーから承認を得る必要があります。 詳しくは、facebookヘルプセンター「」を参照してください。 3-1. スマホアプリの場合 1. 管理者を追加したいfacebookページを開きます。 「ボタンを追加」の下にある「ページを編集」をタップして表示されるメニューから「設定」をタップします。 「設定」メニューにある「ページの役割」をタップします。 「ページの役割」メニューに移動し、現在の管理者として自分の名前が表示されていることを確認してください。 管理者を追加するには、「ページに管理者を追加」をタップします。 パスワードの入力を促すメッセージが表示されるので、アカウントのパスワードを入力して「次へ」をタップします。 パスワードの入力を終えると「ページに管理者を追加」が表示されるので、管理者として追加したい人の名前を入力して検索します。 名前を入力すると、facebookユーザー名の一覧が出てくるので、該当者を選択しましょう。 該当者をタップすると「管理者の編集」画面に切り替わり、管理者として追加した人の権限を付与できるようになります。 適切な権限を選んだら、「保存」をタップしましょう。 【補足】 管理者を複数人追加したい場合は、上記のステップを繰り返します。 3-2. PCブラウザの場合 1. 管理者を追加したいfacebookページを開きます。 クリックしたfacebookページのホーム画面が表示されるので、画面上の右にある「設定」をクリックします。 「設定」メニューにある「ページの役割」をクリックします。 「ページの役割」にある「新しいページを割り当て」に、管理者として追加したいユーザー名やメールアドレスなどを入力して検索しましょう。 管理者を入力したら、役割を設定します。 役割は名前の入力フォーム右にあるドロップダウンで選べます。 デフォルトでは編集者になっているので、適切な権限を選択したら、権限の右隣にある「追加する」をクリックします。 【補足】 管理者を複数人追加したい場合は、上記のステップを繰り返します。 facebookページを再度公開する方法 facebookページを非公開にして、 内容を充実させたら公開しましょう。 非公開にしたfacebookページは、次の方法で再公開できます。 4-1. スマホアプリの場合 スマホアプリでのfacebookページの再公開方法は、2通りあります。 【再公開方法:その1】 1. 公開したいfacebookページのホーム画面を開き、「ページを編集」をクリックします。 「設定」メニューにある「一般」をタップして表示される「Facebookページの公開設定」で「公開」をタップします。 【再公開方法:その2】 公開したいfacebookページのホーム画面を開くと表示される「ページを公開」をタップします。 4-2. PCブラウザの場合 1. 公開したいfacebookページのホーム画面をブラウザで開き、「設定」をクリックします。 「公開範囲」の「編集」をクリックし、「ページは公開されています」を選択して「変更を保存」をクリックします。 「公開範囲」が「このページは公開されています」になっていることを確認してください。 facebookページをインスタのビジネスアカウントと紐づけている場合 <1. facebookページはデフォルトでは公開される>で、facebookページはインスタのアカウントにビジネスプロフィールを設定する過程でも作れると説明しました。 インスタのビジネスプロフィールは、インスタで自社の製品やサービスをPRしたいときに便利なビジネス用機能です。 インスタのアカウントにビジネスプロフィールを設定すると、そのアカウントはビジネスアカウントとなります。 そして、このインスタのビジネスアカウントを通してfacebookページを作成すると、 そのインスタのビジネスアカウントとfacebookページが紐づきます。 しかし、facebookページを非公開設定しても、 インスタのビジネスアカウントは公開されたままです。 インスタのビジネスアカウントも非公開にしたい場合は、インスタで非公開の操作が別途必要になります。 ここで注意したいのが、「 インスタのビジネスアカウントは非公開にできない」ことです。 もし、facebookページと紐づいているインスタのビジネスアカウントも非公開にしたい場合は、そのインスタのビジネスアカウントを個人アカウントに戻す必要があります。 インスタのビジネスアカウントを個人アカウントに戻す方法は、TENJUKU掲載のに記載しているのでご覧ください。 また、インスタの個人アカウントの非公開方法は、の<>に記載しているので、併せてご覧ください。 【補足】 個人アカウントに戻したインスタのアカウントは、 いつでもビジネスアカウントに変えられます。 再びビジネスアカウントにしたときは、既存のfacebookページとの紐づけも可能です。 新たにfacebookページを作成する必要はありません。 たとえばビジネス目的でインスタのビジネスアカウントを作成し、同時にfacebookページも作ったとしましょう。 facebookページの作成を終えてからインスタのビジネスアカウントを公開したい場合は、次のような流れにすると良いと考えられます。 作成したfacebookページを非公開にする。 インスタのビジネスアカウントを個人アカウントに戻して非公開にする。 facebookページの内容を充実させる。 インスタの個人アカウントをビジネスアカウントにして、完成させたfacebookページと紐づける。 facebookページを公開する。 ただ、上記のステップは、 インスタのビジネスアカウントとfacebookページを作成した直後に行うと良いことです。 両方のSNSをある程度充実させて公開した段階でインスタのビジネスアカウントを個人アカウントに戻すと、ビジネスで有効だったインスタの機能が使えなくなります。 詳しくは、をご覧ください。 まとめ いかがでしたか? facebookページを作成した直後は、ページタイトルのみが表示されたページがそのまま公開されてしまいます。 このため、一旦facebookページを非公開にして内容が充実させて公開すれば、多くのユーザーの目に留まりやすいfacebookページとなるでしょう。 facebookページを管理・編集できるのはそのページ管理者ですが、各ページにある「ページの役割」で管理者を追加すれば、複数人でfacebookページを管理・編集できるようになります。 また、facebookページとインスタのビジネスアカウントが紐づいている場合、facebookページを非公開にしてもインスタのビジネスアカウントは非公開にはなりません。 インスタのビジネスアカウントも非公開にしたい場合は、個人アカウントに戻しましょう。 製品やサービスの認知度を高めるためにも、facebookページは一旦非公開にして充実させてから公開しましょう!.

次の

【フェイスブック】ページ管理者はグループ作成しよう!使い方まとめ

管理 者 ページ

もくじ• Facebookページがグループ作成・運営すべき理由 Facebookページとは、Facebook内にあるビジネス向けのミニホームページのようなもの。 実際にFacebookページを作って上手にマーケティングしている企業も多いです。 ページを運営するためには、個人アカウントでのページ作成が必要になりますが、それに合わせてFacebookグループ作成・運営もおすすめです! Facebookグループとは、同じ趣味・関心ごとを持つユーザー同士が集まって情報共有や趣味を楽しむ場です。 趣味だけでなく好きなアーティストのファンクラブのようなグループもあるんですよ。 なぜページ管理者がグループ運営すべきかというと、次のようなメリットがあるから。 ・企業やブランドのファンを集める ・消費者のリアルな声が聞ける ・グループというクローズドな場でよりディープな話ができる ・よりコアなファンになってもらうことができ、売上などにつながる つまり、ページとしてユーザーに届けるだけの一方通行なマーケティングだけでなく、購入者のリアルな声を聞き、改善していくことでファンを増やしたり、購入などにつなげたりすることができるということ。 企業とユーザーが身近で交流できるブランドというのは、よりお客様に愛されやすいブランドなのです。 Facebookグループをスマホで作成する方法 購入者と深い関係性を築きたいならFacebookグループを作成しましょう!ここではスマホで簡単に作成する方法を解説します。 グループのトップページ こちらがグループのトップページ。 「何か書く…」で投稿すると、ディスカッションというページに投稿されます。 基本的にグループではディスカッションに投稿して情報交換や交流をしていきます。 管理者だけでなく参加者も自由に投稿できるため、どんどんコミュニケーションしましょう! イベントを企画する グループを使ってイベントを企画することも可能!個人ページでやるよりもグループ主催でイベントを行うことで、よりお客さんが集まりやすくなりますよ。 写真や動画をアルバムで共有する イベントなどがあったときには、その時の写真や動画をアルバムでシェアしましょう!参加した人はもちろん、参加できなかった人もイベントの様子を知ることができます。 また、企業での仕事風景やPR動画もどんどん共有することで、企業についてより深く知ってもらうこともできますよ。 秘密のグループに変えるには グループには「公開」「非公開」「秘密」の3種類がありますが、招待された人しか参加できない一番クローズドなグループにしたいときには「秘密」にすることをオススメします。

次の

Facebookページの管理者を追加・変更する方法

管理 者 ページ

制作前段階編 WEB制作の現場でよく出てくる基本的な用語を紹介していきます。 特性上横文字が多くなってしまうところですが、ホームページ制作に覚えておくことをオススメしたい用語です。 コンバージョン ホームページ制作において最も重要なキーワードとなりますが、簡潔に言うならばコンバージョン=達成したい目標・制作目的です。 ホームページを活用する理由が、例えばお問い合わせを貰いたい!であれば、それがコンバージョンということになるでしょうし、資料をダウンロードして貰うことが目的であるならばそれがコンバージョンであり、会員登録してもらう事がコンバージョン・・というように多種多様であるでしょう。 自社サイトは何をコンバージョンにするかによって制作内容や施策も変化していきますので、依頼前にここだけはしっかり押さえておきましょう。 ウェブサーバー サーバーに関しては事前に制作会社から確実に確認される要点です。 サーバーとはホームページを公開するお部屋のようなもので、インターネットの世界にあるお部屋に、ホームページのデータを入れる事によってインターネットに公開され、現在のホームページが見られるようになっています。 現在ホームページを持っている企業様であれば必ずどこかの会社とサーバー契約をしています。 事前にサーバーの情報を確認しておきましょう。 ドメイン サーバーがお部屋であればドメインは住所、もしくは会社名といったところです。 一般的にはURLと言われている物がドメインと理解して頂ければ良いでしょう。 住所や会社名と例えるだけにとても大事な情報となります。 稀に小さな会社や個人事業主のような方に安く依頼し、ドメインの管理もお願いしていたところ、その管理者と連絡が取れなくなってしまったというようなケースがあります。 このようなケースになりますとドメインの管理者を移管する事ができないため、既存のものが使えずドメイン自体を新しく取得しなければならなくなります。 予算を安価に、という事があったとしてもドメインは大事な情報です。 上記のようなリスクも考え業者の選定は慎重に行っていかなければならないでしょう。 サイトマップ サイトマップとはホームページを作る上で必要なページを表したもの、設計図です。 家を建てるシーンで例えるなら間取りに近い考え方でしょうか。 子供は3人ほしいから子供部屋は3部屋。 トイレは1階と2階に1つずつ欲しい・・と部屋の間取りを決めていくのと同じ感覚です。 自社のサイトで何を伝えたいのか、それをどの様にまとめたら分かりやすくなるのかを設計した物、それがサイトマップです。 サイトマップが途中で変わってしまうケースもありますが、家作りと同じに考えると、建設途中で間取りが変わってしまうことが全てをやり直しにしてしまうほど大きな変更となる場合もあります。 見えない部分で作業が遂行されていくホームページ制作も同様に、途中変更が問題となってくるケースも否めませんので、そのあたりも意識しておくと委託会社との関係を保ちながら業務を進めていけるでしょう。 デザイン制作編 事前の確認事項や、具体的な内容となる素材がワイヤーフレームでおおよそ把握出来たところでようやくデザインに移ることができます。 ここからが1番楽しいところではありますが、デザインの前段階として、上記のような事前段階の準備を怠らないようにし、目的に寄り添ったより良いデザインを創出させていきましょう。 ここではデザイン制作編としてデザイン時に出てくることの多い用語をまとめておきます。 グローバルメニュー こちらはホームページの上部にあり、ホームページ内の各ページに飛ばす大事なナビゲーションのことです。 伝えたいこと、載せたいことが多すぎてメニューに出したい内容をなかなか絞れず、乱雑なメニューになってしまわないよう制作サイドとしっかり協議し、グローバルメニュー以外の手法もある事を踏まえベストな選択をしていきましょう。 フッターメニュー こちらはページの一番下に出てくるメニューの事です。 グローバルメニューとは逆にサイト内のページのリンクが全て存在する事が多いメニューでしたが、近年ではシンプルに纏める事が多くなっています。 ハンバーガーメニュー こちらはスマートフォンの普及に伴い増えているメニューであり、代表的なものは名前の由来となっている右上に表示されることの多い3本線のものです。 制作者の間では物議が醸し出される事が多いメニューですが、ユーザーの認知もあり、広く使われるメニューとなっています。 レスポンシブデザイン 一つのデータを様々なデバイス(スマートフォンやタブレット)へ対応するデザイン、と理解しておくと良いかと思います。 厳密には色々説明はあるのですが制作者側の話が多いのでここでは割愛させていただきます。 ホームページ制作編 ここからは決められた仕様・デザインを元にホームページを目に見える機能する形に作り上げていく作業となり、ここから先の修正では別途費用が発生する可能性もあるので注意が必要です。 その代表的な作業であるコーディングについては、実際にWeblioより引用すると以下のようになりますが、わかりやすくご説明するにあたっては印刷物に例えて、コーディングは印刷と同じようなものと説明させて頂いています。 コーディング 実際にホームページを公開する前の最終段階作業で、HTMLと呼ばれるプログラムを作成する作業となります。 技術的な内容については以下の引用を参照してください。 コーディングとは、をのをするのことである。 コーディングは、のをでするの、特にを出されたをを()するのことを指す。 が、られたをることである、コーディングはそのをにてをすることである。 ただ、やコーディングのが同じような意味で用いられるもある。 コーディングを行う人は、と。 はがしたを的にしていくもので、そののからとを明確に呼ぶも多い。 weblio. CMSを導入する事により運用面(更新面)での大幅なコスト削減が期待できますが、頻繁にホームページの更新予定が無い場合には初期コスト増大・システムの脆弱性対応等、見えづらいコストアップも考えられるため不安な場合、制作会社と相談してから導入の判断をされる事をお勧めします。 今回ホームページ製作の打ち合わせ現場でよく耳にすると思われる言葉について記事にしてみましたが如何でしたでしょうか。 まだまだホームページ関連用語についてお伝えしたい事、書き足りない部分がありますが、それは次の記事のネタとして取っておきたいと思います。 また、実際にはより難解なプログラム言語やサーバシステムの呼称等が製作サイドから当たり前のように発信される事があるかと思いますが、そんな時は躊躇せず担当者に質問してみてください。 現場スタッフは自分の知識をシェアできる絶好の機会と捉えてノリノリで説明を始めてくれるかもしれません(笑) 弊社でもスタッフ一同が皆様からのお問い合わせをお待ちしております!.

次の