ビジネス マン の 父 より 息子 へ の 30 通 の 手紙。 ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫

ビジネスパーソン必読!佐々木常夫が説く「手紙」の効用(佐々木 常夫)

ビジネス マン の 父 より 息子 へ の 30 通 の 手紙

【ナビ付き洋書シリーズ】 日本語ナビ付きで読む、キングスレイ・ウォード著 「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」原書 「息子に教えておきたいこと、伝えたいことがある……」 成功した実業家である父親の真情から、自分と同じ道を志そうとする息子にあてて書かれた30通の手紙は、ビジネスの世界で働くための心がまえやアドバイスのみならず、進路や教育、友人関係など、人生で遭遇するさまざまな局面への知恵と示唆にあふれている。 若い人だけでなく、すべての人の座右の書。 「章ごとのあらすじ」「ページごとの要約」「巻末辞書」などの日本語ナビゲーションで、本格英文リーディングをサポートするナビ付き洋書シリーズ! 【本書の内容】 Challenge 挑戦 Education 教育 On Success 成功について Stopping the Momentum 勢いを止めること First Days in the Real World 現実世界の初日 Integrity 誠実さ What Is an Entrepreneur 企業家とは Experience 経験 Employees 従業員 Partnership 共同事業 Marriage 結婚 Business Expansion 事業拡大 Money 金銭感覚 Public Speaking 講演 Manners, Arrire, and Deportment マナー、服装、および振る舞い Bank Managers 銀行の支店長 On Dealing with Government 政府に対処すること On the Principle of Diversification 多角化の原則について The Value of Reading 読書の価値 Teamwork チームワーク On Happiness 幸福に関して On Firing People 社員を辞めさせること Friendship 友情 On Criticism 批判について Personal Financial Security 家計の管理 On Being Prepared 備えておくこと Stress and Your Health ストレスと健康 On Being a Leader リーダーであること That Balance in Life 生活とのバランス You're on Your Own 自分自身の力で 【ナビ付き洋書シリーズとは】 『ナビつき洋書』は、英米文学の原作をそのままに楽しめる、英語中級〜上級レベルの方を対象にした本格英文リーダーのシリーズです。 原書読破をサポートする3つのナビゲーションつき: 1. ページごとの要約 各ページに、脚注として本文の読書感を損ねることのない日本語要約を掲載。 ページ単位での内容理解を容易にします。 ストーリーごとのあらすじ ストーリーごとに、あらすじや登場人物、物語の背景や教訓、トピックなどを掲載しています。 巻末辞書 巻末に専用簡易辞書がついています。 本文でわからない単語の意味をここで確認できます ただし中学校レベルの基本語を除きます。 ナビ付き洋書シリーズの姉妹編として、英文をやさしく書き改めて、初級レベルから学習者の実力に合わせて段階別にステップアップできる英文リーダー『ラダーシリーズ』もございます。 目的に応じて併せてご活用いただけます。 内容(「BOOK」データベースより).

次の

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

ビジネス マン の 父 より 息子 へ の 30 通 の 手紙

カナダのビジネスマンであるウォード・G・キングスレイ[Ward,G,Kingsley]がその人生から得た経験を何よりの財産として、息子に伝えるために残した30通の手紙をまとめた一冊。 どの手紙も著者が一生かかって体験した中から得た教訓であり重い真実味がある。 もちろん全てが真実ではないが、1人のが大手術によって死を実感しとによって残した手紙であるだけに嘘偽りや綺麗ごとは一切ない。 なぜ今この本を選んだのか、それはこの本には大学の入学から卒業、結婚、ビジネスにおいて成功する秘訣がの経験として全て詰まっているからである。 最近のビジネス書は小分けにしたマナーや話し方などの実例・学び方などが多く、著者の経験をもとにした、本質的な生き方にまで言及しているものは珍しいだろう。 かのドイツの名宰相オットー・[Otto,Bismark]はこう述べている。 愚者は自分の経験からのみ学ぶと信じている。 私はむしろ、自分の誤りを避けるため、最初から他人の経験を学ぶ方が良いと考える。 Nur ein Idiot glaubt,aus den eigenen Erfahrungen zu lernen. Ich ziehe es vor,aus den Erfahrungen anderer zu lernen,um von vorneherein eigene Fehler zu vermeiden. 日本では「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言われることが多いこの言葉 まさに本書にはがこれまで生きてきた中で経験した大きな選択、大学への進学先から友人との付き合い方、就職先の選択方法、取引相手とのやり取り、結婚すべき相手の見つけ方まで細かに人生を生きる上での重要な選択を、「これがいい」「こうすべき」ということなく、そっと後押ししてくれる。 さらには人生の選択だけに限らず惰性的な生き方とは、誠実さの重要性、金銭感覚の養い方、読書の価値など細かなことまで、息子に伝えた手紙が30通収録されている。 その全てにただ「こうすべきであるから」ではなく「こうすると人にこう見られる」「こういう自分になることできる」「こういう失敗をしてしまう」と経験から来た実例 を交えているためできていない自分にある種の危機感を覚える さらにこれから様々な年代を生きる息子に対し、その年代で学ぶべきこと、次の年代で生きるために準備しておくべきこと、教訓として知っておくべきことを事細かに述べられている。 最初の手紙、息子が学生時代に父が送った手紙に次のような言葉があります。 夢を見るがいい 試すがいい 失敗するがいい 成功するがいい これは最初の手紙の言葉ですが、私の人生においても一つの重要な教訓になっています。 先程も言ったように本書は人生の様々な選択肢に自信をもつために、将来のために今をどのように生きればよいのかを選択する、後押しをしてくれる指針となってくれる本でです。 ぜひとも若い人に読んで欲しい本であり、人生に迷っている人、となる人、もちろん女性にも読んで欲しい一冊です。

次の

実社会に生きる君へ「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」感想

ビジネス マン の 父 より 息子 へ の 30 通 の 手紙

【ナビ付き洋書シリーズ】 日本語ナビ付きで読む、キングスレイ・ウォード著 「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」原書 「息子に教えておきたいこと、伝えたいことがある……」 成功した実業家である父親の真情から、自分と同じ道を志そうとする息子にあてて書かれた30通の手紙は、ビジネスの世界で働くための心がまえやアドバイスのみならず、進路や教育、友人関係など、人生で遭遇するさまざまな局面への知恵と示唆にあふれている。 若い人だけでなく、すべての人の座右の書。 「章ごとのあらすじ」「ページごとの要約」「巻末辞書」などの日本語ナビゲーションで、本格英文リーディングをサポートするナビ付き洋書シリーズ! 【本書の内容】 Challenge 挑戦 Education 教育 On Success 成功について Stopping the Momentum 勢いを止めること First Days in the Real World 現実世界の初日 Integrity 誠実さ What Is an Entrepreneur 企業家とは Experience 経験 Employees 従業員 Partnership 共同事業 Marriage 結婚 Business Expansion 事業拡大 Money 金銭感覚 Public Speaking 講演 Manners, Arrire, and Deportment マナー、服装、および振る舞い Bank Managers 銀行の支店長 On Dealing with Government 政府に対処すること On the Principle of Diversification 多角化の原則について The Value of Reading 読書の価値 Teamwork チームワーク On Happiness 幸福に関して On Firing People 社員を辞めさせること Friendship 友情 On Criticism 批判について Personal Financial Security 家計の管理 On Being Prepared 備えておくこと Stress and Your Health ストレスと健康 On Being a Leader リーダーであること That Balance in Life 生活とのバランス You're on Your Own 自分自身の力で 【ナビ付き洋書シリーズとは】 『ナビつき洋書』は、英米文学の原作をそのままに楽しめる、英語中級〜上級レベルの方を対象にした本格英文リーダーのシリーズです。 原書読破をサポートする3つのナビゲーションつき: 1. ページごとの要約 各ページに、脚注として本文の読書感を損ねることのない日本語要約を掲載。 ページ単位での内容理解を容易にします。 ストーリーごとのあらすじ ストーリーごとに、あらすじや登場人物、物語の背景や教訓、トピックなどを掲載しています。 巻末辞書 巻末に専用簡易辞書がついています。 本文でわからない単語の意味をここで確認できます ただし中学校レベルの基本語を除きます。 ナビ付き洋書シリーズの姉妹編として、英文をやさしく書き改めて、初級レベルから学習者の実力に合わせて段階別にステップアップできる英文リーダー『ラダーシリーズ』もございます。 目的に応じて併せてご活用いただけます。 内容(「BOOK」データベースより).

次の