家庭 菜園。 栽培チートで最強菜園 ~え、ただの家庭菜園ですけど?~

初心者でも上手にできる家庭菜園! 始め方は? おすすめの野菜は?

家庭 菜園

食品の生産地と消費地が遠ければ遠いほど、輸送にかかるエネルギーが大きくなり、環境への負荷が大きくなるという考え方です。 農林水産省の 2001年の試算によると、日本のフード・マイレージは総量では世界中で群を抜いて大きく、国民ひとり当たりでも1位であるといわれています。 これを解消するために、最近、「地産地消」が推奨されているのですが、家庭菜園は究極の地産地消とも言えますよね。 耕作放棄地の有効活用 「耕作放棄地」という言葉を耳にしたことはありますか? さまざまな理由から「耕作が放棄された農地」のことを言います。 このような土地は、荒廃し、雑草が生い茂り、周囲の農地に良くない影響を与えてしまったり、土壌の浸食や景観の悪化など、様々な問題が派生してしまうことが指摘されていますが、近年、急激にその面積が増えてきたため、この問題がクローズアップされるようになってきています。 最近、このような放棄地を、市民農園やクラインガルテンとして、市民に貸し出す活動をする自治体や団体があらわれてきました。 私たちが市民農園として活用し、収穫を楽しむことで、地域の土地が荒廃していくのを食い止めることにつながります。 最近都市部で増えている空き地の有効利用の手段としても、貸し菜園が注目され、実際にそのような事業をはじめている会社もあります。 こういった貸し菜園を利用することで、都市の緑地面積を増やし、景観を良くすることに一役買うこともできそうです。 食べるものを育てることで学べること カリフォルニア州の荒廃した学校を舞台に実践された学校菜園の記録『』という本に、こんなことが書いてあります。 「スクールガーデンをカリキュラムの一部にすれば、たとえば食物循環について学んだり、自然の食物循環を種蒔き、栽培、収穫、堆肥化、再生利用のサイクルに組み入れて観察することができます。 こうした教育のやり方を通して、私たちはガーデン全体がより大きなシステムに組み込まれていること、その大きなシステムもまた、それ自体のサイクルをもつ生きたネットワークであることを学びます。 」 この「スクールガーデン」という言葉を「家庭菜園」に置き換えれば、そのまま野菜作りを楽しんでいる私たちに当てはまります。 「教育」というと、子供を対象にしたものととらえがちですが、家庭菜園は私たち大人もおおいに感じ、学ぶことのできるフィールドなのです。 さまざまな困難と向き合いながら、最後に、オイシイ瞬間が待っている家庭菜園。 楽しみながら野菜を育てることで、自然といろいろなことを学び、いつの間にか地域や環境へ貢献にもつながっている。 それが、家庭菜園の良さだともいえます。

次の

家庭菜園と環境問題 [家庭菜園] All About

家庭 菜園

種まきから121日目を迎えたナスくん。 もう4ヶ月経つんですね。 伸ばしている主枝とわき芽に、それぞれ着果して無事に大きくなってきました。 そういえば、先日ナスとピーマンの整枝をしましたよ〜っていう記事をあげたのですが… どうやら思いっきり間違えていたようです…苦笑 ご参考になさらぬようご注意くださいませ。 正しいやり方は、にて、ナス農家さんや家庭菜園の先輩方に教わりました。 もうすぐ家庭菜園歴も丸2年となりますが、ナスやピーマンなどの整枝だけはまだまだ苦手意識が抜けません。 で聞いてみても、4人に1人はやり方が分からず困っているようです。 ナスの整枝はどうしてますか?品質の良い実を長期間収穫するためには、収穫作業と同時に整枝作業を繰り返すことが重要になりますが…— お天気めがね 家庭菜園 MtVegetable ちなみに、3本仕立てにする場合は、主枝、第一花の直下のわき芽、第一花の直上のわき芽の3本を仕立てていきますが、私のナスは生育不良なのか、最後の3本目の勢いが足りません。 摘果した一番花ではなく、二番花の直下の枝(写真の水色)を伸ばそうとしていますが、こちらも全然伸びてこないのです。 しばらく2本仕立てで育てて、勢いのあるわき芽が登場したら、その子を伸ばしてあげようかな。 さて、ナスの整枝の件ですが、私の整枝の何が間違っていたのかというと・・・本来伸ばすべき枝を摘芯してしまったようなのです。 というのも、 3本仕立てにすると決めたのであれば、その3本に関しては基本的にずっと伸ばし続けるのが正解だとのこと。 摘芯しながら収穫していくのは、その3本から出てくる側枝が対象らしい。 上写真のように、伸ばしていくべき2本目の枝を切ってしまいました。。。 ただ、切ってまだ数日ですが、切った側からさっそく新しい芽が出てきています。 なんて強い子なんだろう。 あと、これは半分八つ当たりですが、ネットなどで「収穫は摘芯とセットで繰り返していきます」と書かかれてしまうと、最初の果実は伸ばすべき3本につくので、その枝を摘芯するのかなって勘違いしちゃう人いると思います。 ・・・え、いない?私だけ? 私みたいな人を生まないためにこのブログではきちんと書いておきますよ。 伸ばすべき3本は摘芯しません!大事なことなのでもう一度言います、 伸ばすべき3本は摘芯しません!(7月中旬には切るって書いてあるサイトもありますが、理由がわからん。 ちゃんと理由を書きなさい!) で、まだ姿が見えないのでピンときませんが、伸ばすと決めた3本の枝から出てきたわき芽(側枝)に実がつく日がいずれ来ます。 そのときに、今回やろうとしてしまった 一枝一果法を実践するのです。 今回、本来は伸ばすべきだった枝をカットしてしまった私ですが、ナス農家さんからは「心配しなくてもまた別のところからわき芽出てくるので、それを育てて3本仕立てにすれば問題ないですよ〜」とホッとするコメントを頂けたので挫けずに頑張ります! さて、今回は、主枝についた果実なので、そのまま収穫だけすれば良いってことですよね?また間違っていたら泣くからね。 もう少し放っておけばもう少し大きく育ちそうですが、整枝をミスって無駄な体力を使わせてしまっているのが申し訳ないので、早めの収穫とします。 小さいけど、ツヤツヤの良いナスが獲れました!! 去年のナスの初収穫日は6月14日でした。 ほぼ僅差ですね〜。 収穫後は、そのまま晩御飯になりました。

次の

栽培チートで最強菜園 ~え、ただの家庭菜園ですけど?~

家庭 菜園

家庭菜園の用語辞典 家庭菜園で出てくる初心者用語から専門用語まで幅広く集めた用語辞典。 分からない用語はここで調べましょう。 家庭菜園の魅力 ベランダ菜園やプランター菜園の魅力は旬の野菜をさっと収穫して採れたてを味わうことが出来ることです。 家庭菜園って大変じゃないの?っていう方もいるかも知れませんが、日当たりの良いテラスやベランダ・玄関といった植木鉢ひとつでも置けるスペースがあれば野菜作りは楽しめます。 家庭菜園で野菜を育てることのメリットは、収穫した野菜の味わいに感動だけでなく、日々成長する野菜の生命力を目の当たりにして自然を身近に感じられること。 ご家族で育てた野菜を収穫して食卓に並べればいつも以上に会話も弾むことでしょう。 育てる喜び・体に優しい野菜・成長を見る楽しさ、家庭菜園をぜひチャレンジしてみましょう! 家庭菜園カレンダー 家庭菜園の成功の第一歩は野菜の種まき時期や植え付け時期を守ること。 スーパーなどでは1年中見かける野菜ですが、実は野菜には「旬」があって品種によって栽培する時期が決まっています。 今から栽培できる野菜は?各月ごとに栽培を始められる野菜がひと目でわかるをご用意しました! 家庭菜園向けの野菜の栽培時期を月別にご紹介します。 菜園計画にお役立てください。 野菜の栽培時期は中間地です。 寒冷地と暖地については各野菜の育て方詳細ページで確認しましょう。 家庭菜園で人気野菜44種類の育て方と栽培のコツ 家庭菜園向けの野菜は大きく分類すると3つ。 実の部分を食べる「果菜類」葉の部分を食べる「葉菜類」根の部分を食べる「根菜類」です。 初心者でも野菜作りが始められるように野菜の特徴から土作り・種のまき方・苗の植え付け方・栽培管理など収穫までの流れを丁寧に解説してあります。 各野菜の詳細ページには栽培難易度を記載していますので、自分のレベルに合った野菜を見つけて育ててみましょう! 野菜の育て方一覧() 野菜の育て方一覧() 野菜の育て方一覧() 更新情報お知らせ 2019年4月14日 を更新しました。 2019年4月5日 を更新しました。 2019年3月26日 を更新しました。 2019年3月19日 を更新しました。 2019年3月14日 を更新しました。 2019年3月14日 を更新しました。 2018年6月19日 を更新しました。 2018年3月7日 を更新しました。 2017年3月28日 に追記しました。 2017年3月28日 に追記しました。 2017年1月25日 に追記しました。 2016年5月6日 を更新しました。 2016年5月6日 を更新しました。 2015年11月8日 を更新しました。 2015年11月4日 を更新しました。 2015年11月4日 を更新しました。 2015年10月22日 を更新しました。 2015年10月22日 を更新しました。 2015年10月17日 を更新しました。 2015年10月12日 を更新しました。 2015年10月7日 を更新しました。 2015年10月6日 を更新しました。 2015年10月5日 を更新しました。 2015年10月4日 を更新しました。 2015年10月3日 を更新しました。 2015年10月1日 を更新しました。 2014年6月6日 をアップしました 2014年6月6日 をアップしました 2014年6月6日 を更新しました 2014年6月6日 を更新しました 2014年6月6日 を更新しました 2014年6月6日 を更新しました.

次の