がっこうぐらし くるみ。 がっこうぐらし! (がっこうぐらし)とは【ピクシブ百科事典】

がっこうぐらし くるみがゾンビ化から生還! 後遺症は?

がっこうぐらし くるみ

『がっこうぐらし』の登場キャラで唯一、ゾンビに噛まれたあとも生き残っているくるみ。 一度は消息不明になったものの9巻では再び由紀たちの前に…。 くるみはかれら化してしまうのでしょうか?最新刊の情報を交えて考察していきます。 男勝りな活発な少女・恵飛須沢胡桃 『がっこうぐらし!』に登場するくるみは、本名・恵飛須沢胡桃(えびすざわ くるみ)。 私立巡りケ丘高校の3年生で、パンデミックが起こる前は陸上部に所属していました。 身体能力があり、みんなを引っ張っていく男勝りの活発な少女です。 トレードマークのシャベルはいつも肌身離さずもっており、ゾンビを倒す時にも使用しています。 学園生活部の戦闘を担当していましたが、ゾンビ化しためぐねぇに躊躇し噛まれて感染。 緊急マニュアルに書いてあったワクチンを打ち、一時はゾンビ化を回避したようにも思えましたが、その症状は日に日に悪化の意図をたどっています。 くるみが打ったワクチンは継続使用が必要だった? くるみは以前にも増して意識を失っていく? くるみは職員用緊急マニュアルを見つけた後、地下にある非難区域を偵察にいって、かれら化しためぐねぇの姿に動揺してスキを見せ、噛まれて感染してしまいました。 しかし、非難区域にワクチンがあることが判明して、みーくんが決死の思いで取りに行き、何とかくるみのかれら化を防ぐことができました。 でも、やはりそれは完璧ではなく、日に日に人間としての思考を失う時間がでてきたようです。 しかし、適切な治療を受けられなかった場合は、衰弱死または後遺症の恐れがあるとも。 しかし症状は次第に悪化し、初めは肉体的な変化がおよび、現在では精神的にも及んでいます。 このままだと、かれら化してしまうのも時間の問題です。 でも、適切な治療を受ければ致死率は低いのだとすると、継続したワクチン投与が必要ということなのでしょうか。 』など、ほとんど何を書いているのか見えません。 ということが書かれているのかもしれません。 くるみが打ったワクチンは何か、気になるとろですね。 一度行方不明になって再び戻ってきた理由は? 足手まといになるのが嫌で去ったくるみだが… くるみは、自分がいつかれら化してもおかしくない状態で、みんなに迷惑を掛けないよう大学を後にしました。 しかし、9巻では再び大学の方向へと向かっているのです。 ただ、かれらには強い思いのある場所へ向かう習性があるようで、くるみも仲間の元に無意識にむかっていたのでしょう。 気持ちでは行ってはいけないと思っていても、体が向かって行ってるのかもしれません。

次の

『がっこうぐらし』くるみはソンビが進行!? ワクチンの効き目は?

がっこうぐらし くるみ

概要 CV: 私立巡ヶ丘学院高等学校三年。 学園生活部部員。 学園生活部が出来る前は陸上部に居た。 みんなからは「くるみ」と呼ばれている。 濃紺色の髪を赤いリボンでツインテールにしている。 赤紫色の瞳と八重歯が特徴。 膝当てとチョーカー、指貫グローブをいつも身に着けている。 そして彼女のトレードマークともいえるは常に持ち歩いている。 男勝りで姉御肌。 元・陸上部で基礎体力が高く、力仕事は専ら彼女の担当。 いざというときに頼りになる元気娘。 基本的に男言葉で喋り言葉遣いがやや乱暴。 半面、陸上部の先輩にあこがれる乙女な部分もある。 他のメンバーができないような「汚れ仕事」も愛用のシャベルを振るって率先してこなす。 ダークカラーのツインテールという外見から、他作品の同じ髪型のキャラクターに似ているとよくいわれる。 特に『』の とは外見だけでなく、中性的な口調、高い運動神経、どちらも武器を所持、そしてかわいいetc... など、なにかと共通点が多い。 そのため、pixiv内では2人が一緒に描かれているイラストも少なくない。 主に校内のバリケード付近の見回りと学園内侵入したゾンビを介錯して生活圏を広げていく の遺書には「彼女のシャベルがなければここまで生活圏を広げられなかった」とある。 アニメ版では元々めぐねえには初恋の先輩に対して恋愛相談に乗ってもらっていたが、・とは事件が起きる前に面識はなかった事が明らかになった。 原作ではその時りーさんと愛称で呼び合い面識があったような描写だがくるみの見た悪夢の中での多少の改変であるとも読み取れる。 ゾンビパンデミックが起きた日に先輩と共に屋上菜園へ逃げ込み、ゆき・りーさん・めぐねえと合流する。 しかし既にゾンビに噛まれて負傷していた先輩はくるみの目の前でゾンビ化してしまい、襲いかかるゾンビ先輩を偶然近くにあったシャベルで反射的に介錯する。 アニメでは最初の一撃ではまだ動いていた先輩を二度、三度と追撃してトドメを刺していたが、その光景を見てられなかったゆきに止められている。 追撃をしている最中の目を見る限りほとんど正気を失いかけており、ゆきが飛びついてでも止め、自分の為に泣いてくれなければもしかしたらこの時点で完全に発狂していた可能性もある。 その時使ったシャベルを現在も愛用の武器にしており、消毒は水洗いと日干しで済ませている。 先輩の一件以降は精神的に安定しているように見えるが、仲間の安全を再優先するあまり自己の安全を顧みない傾向がある。 また、「かれら」は人間ではないと自分に言い聞かせる事で戦えているという一面もあり、アニメで「かれら」と対峙する際は視界に過剰なまでに黒い靄がかかり、「かれら」もほとんど原型が見えないほど真っ黒な異形と化した姿となっている。 ただしあくまで頭で思い込むよう意識しいるだけであり、介錯した女生徒の生前を偲ばせる「プリクラが貼りつけられてた携帯」を見た瞬間黒い靄が消え元の人としての認識が滲み出てしまい一瞬攻撃を躊躇う描写もある。 高校生の為当然無免許だが緊急事態なのでめぐねえの車を運転する。 (原作では何度かりーさんも交代で運転している) 運転技術はレースゲームからきているがアニメでは「ハンドルじゃなくてパッドで操縦してた」とのこと。 ゾンビに成り果てためぐねえ相手に攻撃を躊躇い、噛みつかれて重傷を負う。 その後感染症状が進みゾンビ化が始まってしまうがが持って来た治療薬を注射されて自我を取り戻す。 しかしそれ以降「火傷するほど熱したシャッターを普通に開ける」「異常な体温の低下」「ゾンビの群れに居て静かにしていれば気づかれない」「ボウガンの矢をシャベルで弾き返す人間離れした身体能力の向上」などめいた危うい後遺症が見て取れる。 先輩 CV: くるみの初恋の相手であり、元々彼女が陸上部に入部した理由も彼の傍にいたかった為。 本名不明 実写版では葛城紡という名前。 作中では既に卒業生であり大学に進学していたがOBとして頻繁に学園や運動部には訪問していたらしい。 ゾンビパンデミック発生時もたまたま学園に来てくるみと会いその場で事件に巻き込まれる。 屋上に逃げ込んだ時には既に左腕をゾンビに噛み付かれており、くるみに担がれなければ動けないほど衰弱していた。 逃げ込んだ直後に意識を失い、そのままゾンビ化し一番近くにいたくるみに襲い掛かり、上述のように彼女が初めて手をかけた相手となる、 くるみが自分に対して恋心も持っていたことを知っていたか、それについて本人はどう思っていたかなどは一切描写されていないため不明だが、アニメ版ではゾンビ化した際くるみを突き飛ばすような行動を最初にとっている。 (くるみの夢の中の描写も含めるとすれば一度掴んでからわざわざ突き飛ばしている) その為、完全にゾンビ化する寸前、最後に残った彼の理性が彼女を守る為に自分から離すために突き飛ばしたのではないかという考察もされている。

次の

がっこうぐらしのネタバレ10巻&感想!ゆき達はくるみのためにランダル本社へ!

がっこうぐらし くるみ

「がっこうぐらし」第10巻のネタバレ くるみが自分の片手と脚を机につないだ状態で寝息をたてながら、寝ているシーンから物語は始まります。 そんな、くるみにゆきちゃんは近づいていきます。 ゆきちゃんはマジックペンを取りだし、くるみの顔に落書きをしていきます。 その時、目を覚ましたくるみはゆきちゃんにチョップをお見舞いします。 くるみにゆきちゃんは、「寂しい時に寂しいと言わずにカッコをつけて寂しい笑顔をするから、落書きされた顔ならカッコをつけられない。 」と言います。 そんなゆきちゃんにくるみは、落書きの仕返しをします。 ゆきちゃんはりーさん達を呼びに行こうとするくるみに後ろから抱きつき、「くるみちゃんはね、何があっても絶対、わたしが守るから。 」と、くるみは「…頼りにしているぜ。 」と言葉を交わします。 穏健派と生活部、そして彼らに合流したシノウは、大学内でのトラブルが終息した記念に宴会を開きます。 桐子はシノウから空気感染の事を聞かされ、意気消沈するどころか、ゲーム脳になり、「人類滅亡の危機!タイムリミットカウントダウン!世界の命連は高校生に託された!」と熱意を高めてしまいます。 桐子は、ランダル研究捜索の再開を宣言します。 大学組は学内に残ることになり、捜索は生活部に委ねられます。 その頃、リセは理学練を訪れていました。 青襲を呼び出し、スカウトに緊急避難マニュアルを抱え会いに行きました。 リセは青襲にみーくん達と共に遠征に行ってほしいと頼みますが、一度、断られます。 もう一度、リセは行き先がランダル製薬本社であることを知らせて説得することに成功しました。 穏健派と合流した青襲は会議に参加します。 場面が切り替わると、海の上に空母が浮かんでおり、その上をヘリコプターが飛んでいます。 空母の乗組員は、みな「かれら」と化としているようです。 学園生活部と青襲はいよいよランダルへの遠征に出発します。 くるみは別れ際、桐子と握手しようとしますが、自分が感染しているのでやめようとします。 しかし、桐子はくるみの手をがっつり掴んで「みんな来てくれて本当によかったよ。 」と言います。 一方、みーくんからDJの女性の事例を聞いた青襲は空気感染が本当に起きていることを確信します。 りーさんは物資を物色しながら「どんなことをしても絶対に勝つ。 」と決意します。 みーくんも「私たちは負けられない」と思い、保管してあった包丁を手に取ります。 ゆきちゃんは、調達した物資の中から「万年ペーパー」を見つけ、みーくんに渡します。 みーくんは日記として活用することにします。 くるみは体温を測ると24. 5度になり、体温の低さに「生きてるって言えるのかな」と焦ります。 そんなくるみに青襲は死後に起こる分解の過程を解説します。 ゆきたちはとうとうランダル社内に侵入します。 部屋の明かりをつけると壁にたくさんの数式が書かれており、結論として、「NO,FUTURE」と大きく書かれていたのでした。 青襲は学園生活部のメンバーにランダル保護機構が爆撃による熱消毒を行うだろうと告げます。 ・・・ 第10巻は以上となります。 絵がとても可愛いです。 感染しているくるみちゃんが前より眠れるようになってくれて少し安心しました。 ゆきちゃんが落書きをして、くるみちゃんが笑顔になるように精神的な優しさがありつつ、きゅんとしちゃいました。 絶大でしたね。 空気感染という事を聞かされた時の絶望を感じさせないリーダーの楽観的な考えが周囲を不安にさせず流石だなと人間性に感心してしまいました。 リセが青襲に頼みに行ったときの説得の仕方が巧妙でしたね。 最初に相手に否定させておいてから、情報を小出しにしつつ、最後に切り出しのマニュアルをみせるという計算高すぎてやり手で凄いなと説得力もあり、先手も打つのもあって私も普段の日常で仕事でも使いたい交渉術だと思いました。 青襲がくるみが感染していることを見抜いたときに、仲間であるみーくん、ゆきちゃんの勇気によって守りたい意識が感じられてチームっていいなと思いました。 生死に関わることだから、一致団結するのでしょうかね。 空母の風景を見たときは、かれら化した乗組員をみて、やはり男はウイルスに対する耐性が弱いのかとなんだかがっかりして世界滅亡な気分になりました。 ランダル製薬本社への出発した時に、青襲の不完全とはいえ発症を克服できているくるみは、全ての解決する鍵かもしれないと言ったときの絶望からの希望が現れて光が見えていくのが私は一瞬でも、嬉しかったです。 みんな目標を持って動き始めて順調に思えて仕方なかったです。 でも、くるみに異変が起こり、驚異的な身体能力とバールの打撃に耐える鋼の体が急に弱ってきて焦りました。 危険です。 そんな中、ゆき達がランダル社の人間のこのパンデミックを画策をしたわけでなく、事故が起こって対応できないまま死んでいったことを知り、絶望のオチがあって、前半あれだけ希望に上がらされたのに落とされたと不安でたまらなくなりました。 青襲の指示でボーモン君がモールス信号を解析すると生きている人間から受信され、安心かと思いきや、熱による殺菌消毒… 色々有りすぎて、ジェットコースターな気分になりましたが、次回もどうなるか凄く楽しみです。 ・・・ 感想は以上となります。 次の第11巻はコチラ! 「 」 無料で読める! 以上で「がっこうぐらし」第10巻のネタバレ・感想を終わらせていただきます。

次の