ヤクザニュース事件簿。 コロナ禍で激変したヤクザの放免祝い「無地の封筒に金を入れて…」

[B!] 暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

ヤクザニュース事件簿

2人の再逮捕容疑は共謀して5月30日午後2時35分ごろ、池田組事務所付近の路上で男性組員(62)らに対して回転式拳銃を1回発射し、車で逃走する際に助手席に乗り込んできた組員を振り落として転倒させ、殺害しようとした疑い。 組員は鎖骨を折る重傷。 県警は2人の認否を明らかにしていない。 事件では、男性幹部の腹部に銃弾1発が命中し、幹部は3カ月以上の重傷を負った。 県警は岸本容疑者を銃撃の実行犯と断定。 詳しい犯行状況とともに、組織の関与について裏付けを進めている。 岡山地検は13日、男性幹部に対する殺人未遂と銃刀法違反(発射)の罪で岸本容疑者を追起訴。 共謀したとして逮捕された山根容疑者は処分保留とした。 参照元 :• 145• 305• 178• 377• 291• 167• 149•

次の

事件・逮捕ヤクザニュース

ヤクザニュース事件簿

ニュースリンク• ランダムリンク• また、法的には警察により指定されることによって暴力団として成立する。 したがって、いかに反社会性があっても指定暴力団にならない限りは団体自体を法の網にかけることは困難であり、近年特定団体に所属しない形で生き残りをかける地下組織化、マフィア化が進んでいると言われている。 創設者の姓名や拠点とする地名などに「組」、「会」、「一家」、「連合」、「興業」、「総業」、「商事」などを添えた団体名を名乗る場合が多い。 社会に対しては企業や右翼団体、また近年ではNPO法人を装うこともある。 「シノギ(凌ぎ)」と呼ばれる資金獲得行為には、いわゆる「みかじめ料」・「用心棒料」徴収などの恐喝行為、売春の斡旋、覚醒剤や麻薬などの薬物取り引き、誘拐による身代金、賭博開帳、闇金融などの非合法な経済活動を行っていることが多い。 刺青、指詰めなどの特殊な文化を持つ。 構成員は「ヤクザ」、「極道」、「不良」、「チンピラ」などと呼ばれる。 ヤクザの語源は多説あるが、カルタ賭博の追丁株で一番悪い目である「八」「九」「三」の数(いわゆるブタ)から由来するという説、喧嘩などの仲裁を行った「役座」という社会的地位に由来するという説などがある。 数字の「893」は「ヤクザ」の直接的表現を避ける場合に使われる。 また極道は「極道楽」の略ともされ「道楽を極める遊び人」との意味もある。 「顔」「面子」を潰されることを最も嫌い、組織内での制裁も指詰めから除名、破門、絶縁に至るまで、多岐に渡る。 net.

次の

アウトロー列伝 闇社会: 【神戸山口組系池田組襲撃事件】特定抗争指定暴力団山口組系「大同会」の幹部ら2人再逮捕

ヤクザニュース事件簿

山根容疑者は6月23日、労基法違反(強制労働の禁止)の容疑で八重山署に逮捕、送検されていた。 また県警は同じ野球賭博に関わった疑いで自称投資家の男(49)=京都府=、県内に住む無職の30代男性も賭博場開張図利容疑で摘発した。 関係者によると、山根容疑者は暴力団などに属さずに犯罪行為を繰り返す「半グレ」と呼ばれる組織のリーダー。 調べに対し「すべて間違っている。 賭博には関わっていない」と容疑を否認している。 山根容疑者は昨年6月25日から今年3月25日の間、容疑者らは賭博場を開きプロ野球や高校野球の計453試合で、無料通信アプリなどを利用して合計5231万円の賭け金を集め、利益を得ていた疑い。 県警によると、県内外の数十人が賭博をしていた。 1口1万円で賭け金を募り、多いときは1試合当たり100万円が集まるなど、賭け金から手数料として1割が山根容疑者らの利益となっていたという。 山根容疑者は大阪の有名地下格闘技団体の創始者として、関西では有名な半グレ界の大物。 暴力団とも深いつながりがあるという。 4~5年前から拠点を石垣島へと移し、飲食店やマリンレジャー業などを経営していた。 大騒動へと発展した安倍晋三首相の主催である「桜を見る会」に出席していた半グレのうちの1人。 名古屋地方検察庁 組長は今年3月、中区錦3丁目のガールズバーとショーパブを無許可で営業した疑いで逮捕されたほか、キャバクラ店2店舗から用心棒代を受け取った疑いであわせて3回逮捕されていた。 愛知県警はガールズバーなどの売上や受け取っていた用心棒代が暴力団の資金源となっているとみて調べを進めていた。 組長は今年4月29日までにいずれも処分保留として釈放されていたが、名古屋地検は、6月22日付けで組長を不起訴処分とした。 不起訴の理由は明らかにしていない。 宮城県警暴力団対策課などは15日、新型コロナウイルス対策として休業要請に応じた事業者に協力金を支払う制度で、支給対象外の暴力団組員ではないと偽り30万円をだまし取ろうとしたとして、指定暴力団・系「九代目」傘下「六代目」幹部で居酒屋経営、容疑者(68)=同県角田市=を詐欺未遂容疑で逮捕した。 大槻容疑者は5月中旬、角田市が支給する協力金の申込書に暴力団排除条項があるのに、組員ではないと偽って書類を提出し、30万円を自分名義の口座に入金させようとした疑い。 大槻容疑者は「組員として積極的に活動していない」と一部否認しているという。 県内の自治体に提出された約2万件の協力金などの申込書を照会した結果、発覚した。 新型コロナの協力金で、暴力団排除条項に基づく詐欺容疑での摘発は全国初。 事件の一部始終をドライブレコーダーが捉えていた。 菊川容疑者は自宅マンションの駐車場から車で市道に出ようとした際、信号待ちのトラックが進路を塞いでいたことに激高。 数百メートルにわたってトラックを追いかけ、クラクションを鳴らしたり、車間距離を詰めたりしたという。 菊川容疑者は、「何もしゃべることはありません」と供述している。 県警は2人の認否を明らかにしていない。 現場を調べる捜査員 2人の再逮捕容疑は、5月30日午後2時35分ごろ、事務所付近の路上で若頭を銃撃した後、現場にいた組員(62)ら3人に向けて回転式拳銃を1発発射。 車で逃走する際に助手席に乗り込んできた組員を振り落として転倒させ殺害しようとした疑い。 組員は鎖骨を折る重傷。 ほかの2人の組員にけがはなかった。 事件では、若頭の腹部に銃弾1発が命中し、幹部は3カ月以上の重傷を負った。 岡山地検は13日、若頭に対する殺人未遂と銃刀法違反(発射)の罪で岸本容疑者を追起訴。 共謀したとして逮捕された山根容疑者は処分保留とした。

次の