善 逸 かっこいい。 善逸のかっこいい名言・セリフ9選!【鬼滅の刃】

善逸のかっこよすぎる名言シーン5選を徹底紹介!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

善 逸 かっこいい

我妻善逸とはどんな人物なの? 善逸は好きな女の人に騙されて借金を背負わされてしまいます。 そんな善逸を助けてくれたのが『育手』である桑島慈悟郎(くわじま じごろう)でした。 善逸は元・鳴柱(なりばしら)の桑島のもとで修業を行い、鬼殺隊に入隊します。 我妻善逸のプロフィール 誕生日 9月3日 年齢 16歳 身長 164. そんな善逸を助けてくれたのが『育手』の桑島慈悟郎(くわじま じごろう)でした。 本日発売のWJ48号にて 『鬼滅の刃』第180話が掲載中です。 (木に登るなどして) それでも善逸は桑島のことが好きでした。 これまで誰からも期待されてこなかった善逸のことを、桑島は見限ったりはしませんでした。 何度でも根気強く善逸を叱りました。 善逸は桑島に感謝していました。 我妻善逸と兄弟子・獪岳の関係 善逸の兄弟子である獪岳 かいがく は鬼になりました。 獪岳 かいがく も鬼殺隊の一員でしたが、力を欲して鬼になりました。 【新キャラクター登場】 善逸の兄弟子役は細谷佳正さんに決定! 第17話にて登場!ぜひお楽しみください。 介錯をつけずに長い時間苦しんで亡くなっています。 善逸は獪岳のことを怒っています。 獪岳は言います。 知ったことじゃねぇよ だから?何だ? 悲しめ? 悔い改めろってか? 俺は俺を評価しない奴なんぞ 相手にしない 俺は常に どんな時も 正しく俺を評価する者につく 爺が苦しんで死んだなら清々するぜ あれだけ俺が尽くしてやったのに 俺を後継にせず テメェみたいなカスと共同で後継だと 抜かしやがったクソ爺だ 元柱だろうが耄碌した爺に用はないからな 鬼滅の刃: 獪岳の台詞 善逸は獪岳のことが嫌いでしたが尊敬はしていました。 だからこそ善逸は怒っています。 自身で編み出した雷の呼吸・漆の型『火雷神』で獪岳を倒しています。 我妻善逸のかっこいいところ 善逸は思います。 親のいない俺は 誰からも期待されていない 誰も俺が何かを掴んだり 何かを成し遂げる未来を夢見てはくれない 誰かの役に立ったり 一生に一人でいいから 誰かを守り抜いて 幸せにするささやかな未来ですら 誰も望んではくれない ~省略 鬼滅の刃 善逸は思います。 夢を見るんだ 幸せな夢なんだ 俺は強くて誰よりも強くて 弱い人や困っている人を 助けてあげられる いつでも ~省略 鬼滅の刃 善逸は性根の部分にこういうところがあります。 だからこそ、弱音を吐いたり、鬼から逃げ惑ったり、自分に期待していないようなところがありつつも、やらなくちゃで、最終的には決めるところは決めるのでしょうか。 我妻善逸はギャップがあります。 その行動にギャップが生まれます。

次の

善逸がかっこいい『鬼滅の刃』かわいいだけじゃない-ぬ~ブログ|未経験からエンジニアへ

善 逸 かっこいい

コンテンツ• 善逸も 鬼が入っているのは、分かっていました。 しかし、何か特別な理由があるのだろうと 必死に守ります。 炭治郎は、 自分の命よりも大切なものと語っていました。 善逸の優しさあふれる名言です。 「禰豆子ちゃんは俺が守る」 コミック7巻・60話より引用 禰豆子がピンチに陥り、 助けに入ったときに生まれた名言です。 無間列車での戦いのさい、彼女も鬼と戦っていました。 しかし敵の触手が巻き付き、動けなくなります。 その時駆けつけたのが、 善逸でした。 その後に、言ったセリフでした。 「俺は君に言いたいことがある 耳を引っ張って怪我をさせた子に謝れ」 コミック10巻・88話より引用 上弦の陸である 堕姫(だき)の前に立ちふさがったときの迷言です。 禿(かむろ)の女の子が、彼女に怪我をさせられました。 人を物のように扱う堕姫を、 許せなかったのです。 他の人のために怒ることのできる善逸は、 優しい少年だと感じました。 「これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ」 コミック15巻136話より引用 炭治郎に話しかけられ、返答したさいの名言です。 彼は、一人で 別の稽古をしていました。 柱稽古の最中に届いた手紙を読み終えてから、様子が変わります。 普段なら炭治郎たちといて、和気あいあいとしていました。 しかし、どういう訳か仲間たちから離れ、過ごします。 炭治郎が声をかけても、振り向きません。 そんな彼が、炭治郎に向け言葉を発します。 今までにない 本気のオーラが、善逸を包んでいました。 これは じいちゃんを切腹に追い込んだ、 兄弟子を倒す決意の表れです。 "絶対にアイツを止める" そんな気持ちでいたことでしょう。 「俺がカスならアンタはクズだ」 原作144話より引用 獪岳(かいがく)から、 じいちゃんの悪口を散々聞いた後での発言でした。 その後に、「 後継者に恵まれなかったじいちゃんが、気の毒でならねぇよ」と続きます。 獪岳は、善逸と共に 後継者になるのに、耐えられませんでした。 自分よりも劣っている者と、同じ立場になるのが 嫌だったのです。 善逸は自分を カス呼ばわりした相手に、言い返しました。 それが名言です。 自身を傷つけながら、相手も侮辱する。 なんとも後ろ向きなセリフの多い、 善逸らしい嫌みの言い方でした。 「おせーんだよ クズ」 原作144話より引用 攻撃を仕掛けてきた獪岳(かいがく)に向けて発した名言です。 善逸は、先制した兄弟子よりも 遥かに早い速度で移動しました。 そして、相手の後ろに回り込みます。 獪岳は、善逸の名言を聞いたときに、はじめて斬られたのを実感しました。 彼は白目をむき、 半覚醒状態になります。 「ごめん 兄貴」 原作145話より引用 兄弟子 獪岳へとどめを刺す前に、心の中で発した一言でした。 心の中でじいちゃんに 謝罪します。 そして、獪岳の攻撃を受けながらも壁をけり、踏み込みました。 善逸がまだ力が残っていることに、相手は驚きます。 ここで兄弟子を想い、名言を発しました。 漆(しち)ノ型 火雷神(ほのいかづちのかみ)を使い、一瞬で首を断ち切ります。 速すぎる動きに、獪岳は見えなかったと語りました。 「この技で いつかアンタと肩を並べて戦いたかった……」 原作145話より引用 獪岳を倒し、自らも落ちていくシーンでの名言です。 教えられていない型があったと獪岳がわめきました。 善逸はそれに答えるように、セリフをつぶやきます。 嫌いながらも、 尊敬していた兄弟子に対する最後の言葉でした。 また善逸が戦っていた場所は、床がなく壁だけがそびえる空間です。 兄弟子を倒し、力尽きた彼は当然落ちていきます。 その後、 愈史郎(ゆしろう)に救ってもらい何とか生きていました。 鬼滅の刃善逸のマジでかっこいい名言厳選8選! 『考察』 善逸の名言は、ほとんどが 優しさ溢(あふ)れるものばかりだと感じました。 因縁の相手である兄弟子さえも、最後には 相手を想う言葉を掛けています。 本当に、 なんていい子なんだ。 ヘタレな反面、 優しい考え方ができるのだなと痛感しました。 鬼滅の刃のアニメを無料で視聴する方法を紹介! 視聴されていた方は多いでしょう。 そんな中で、何話か見逃していませんか? または、最初から見たいなと感じていませんか? そこでおすすめなのが、 「U-NEXT31日間無料トライアル」です。 31日間、 無料でお試しできる動画配信サービスです。 UーNEXTにはレンタル作品と見放題作品があります。 レンタル作品は、別途お金がかかります。 しかし鬼滅の刃は、全話見放題作品なので、 追加料金はかかりません。 また、期間内に解約すれば無料です。 実際に試してみましたが、本当に期間内は無料でした。 解約方法も実に3分ほどで終わります。 鬼滅の刃善逸のマジでかっこいい名言8選! 『まとめ』.

次の

鬼滅の刃 善逸 vs 獪岳 (かいがく) かっこいい 感動 名シーン

善 逸 かっこいい

普段の善逸からは考えられないような活躍を見せてくれたときは衝撃的すぎました。 ひとつのことしか出来ないからこそ、それを究極の一太刀へと昇華させたこの技は男のロマンの塊りでもあり、善逸が使うからこそのギャップと、ここぞと言う場面で決める善逸の男気が何乗にもなって本当にかっこいいと思いました。 鼓屋敷で炭治郎と離れ離れになってしまい、男の子を守りながら鬼から逃げています。 汚い高音 笑 を叫びながら鬼から逃げているのですが、あまりの恐怖と責任感の重さでキャパオーバーし突然寝てしまいます。 鬼の攻撃が当たろうかと思ったところで間一髪、眠ったままの善逸が鬼を倒します。 ここで初めて善逸の技が見れます。 冒頭の汚い高音とのギャップがとてもかっこいいと思いました。 引用:鬼滅の刃17巻 このシーンは17巻145話に登場 他の剣士が二人で組んで上弦の鬼と戦う中、善逸だけが一人で上弦の鬼と戦います。 圧倒的な力の差に傷だらけになる善逸ですが、散々自分と師匠を愚弄した獪岳を信念の一撃で倒した場面は普段のギャップからは想像できない凄みを感じカッコいいと思いました。 かっこいいと思った理由は、兄弟子が鬼になってしまいそれを倒しに行くのは自分の使命と考え、立ち向かっていくところが男らしかったからです。 そのあとの「この技でいつかあんたと肩を並べて戦いたかった」と獪岳の首を切った後のセリフもかっこよかったです。 善逸が今までの泣き虫さんではなく、雰囲気が違うシーンです。 鬼となってしまった兄弟子に今までの憧れを振り切るかのような渾身の一撃でした。 基本的に善逸は技を出す時かっこいいですが、この時は特に新技で善逸が編み出した技というのもあり、とてもカッコよかったです。 善逸には獪岳という兄弟子がいました。 二人の仲はとても険悪なものでした。 善逸は雷の呼吸の使い手ですが、六つある雷の呼吸の型の中で、基本中の基本である一の型しか使えません。 一方で獪岳は一の型だけが使えません。 善逸は、獪岳に嫌われていることはわかっていながら、それでも獪岳を尊敬し、目標としてきました。 しかし二人の再会は、鬼殺隊と上弦の鬼という形で果たされました。 呼吸の継承権を持ちながら鬼となった獪岳に激昂する善逸。 普段鬼と対峙するときはこのように怒りをあらわにすることはないので、新鮮なかっこよさでした。 最後は一の型しか使えなかった善逸が自ら編み出した七つ目の型で決着がつきます。 「いつかこの技でアンタと肩を並べて戦いたかった」と言う善逸の悲しみを帯びた目が印象に残っています。 これまでの善逸は鬼と闘うことに対して非常に後ろ向きでした。 鬼と闘うのが怖い、できれば戦いたくない、修行もつらい、嫌だといった感情が全面に出ているキャラクターです。 ですが、そんな彼を変えるきっかけとなったのが育ててくれた師の自害(死)です。 その理由となった兄弟子である善逸が鬼に身を落としたこと、そして彼を成するために善逸は自らの意思で刀を振るいます。 今まで一の型しか使えなかった彼が、自ら編み出した七の型で戦うシーンは自分を乗り換えた成長の瞬間にも感じられ非常に格好良いと思いました。

次の