ぶら下がり健康器 腰痛悪化。 あなたの腰痛が病院に行っても治らないワケ

あなたの腰痛が病院に行っても治らないワケ

ぶら下がり健康器 腰痛悪化

2013.5.30(木) ついに、梅雨入りしちゃいましたね よりによって今日、朝から大量の洗濯をしてしまい、洗い直し覚悟で部屋干しをしてきました きっと、おうちに帰ったら、生乾きの匂いがすることでしょう・・・ 少し、憂鬱なわたくし、トモです・・・ みなさま、こんにちは 以前、先生がブログで紹介していた 『ぶら下がり健康器』 私も毎日、ぶら下がっております 猫背でよく背中がしんどくなっていた私ですが、最近は長い時間パソコンをした後の背中の痛みもでなくなりました 肩や首も痛みなし、絶好調です 今回は、そんな 『ぶら下がり健康器の効果』について、お話したいと思います その昔、爆発的に人気になり、一家に一台あったといわれる、ぶら下がり健康器。 みんな競い合ってぶら下がってはみたものの、いつの間にやら洋服掛けに・・・というのがお決まりのパターン。 健康に良いとわかっているのに、どうして続かないのか、、、それはやっぱり 『キツい』からです。 ネットショッピングや広告を見ると、綺麗なお姉さんがニコニコ笑顔でぶら下がっています。 しかし、実際にぶら下がってみるとすぐにわかります。 そんなにニコニコしていられないことが・・・!! すぐに腕がキツくなりぶら下がってはいられなくなってしまうのです。 そんなにきつくては、洋服掛けになってしまうのも納得できます。 ではそもそも、そんなぶら下がり健康器はなぜ健康にいいのでしょうか。 それはぶら下がり健康器は、 日頃伸ばしにくい 「背骨」 と 「筋肉」 を伸ばすことが可能だからです。 【背骨が伸びる】 背骨はそれぞれ椎間板とよばれるクッションと椎間関節によって連なり、屈曲(前屈)・伸展(後ろ反らし)・側屈(横曲げ)・回旋(ねじり)という動きを可能にしています。 そして、もうひとつの大事な動き 「伸び」があります。 いつもは体重により「縮み」方向にばかり圧力がかかっている関節に、ぶら下がることで「伸び」の動きが生じるのです。 これにより、背骨の柔軟性が回復され、椎間板の変形も起こりにくくなります。 【筋肉が伸びる】 ぶら下がることでどの筋肉とは特定しにくいほど、実に多くの筋肉が一度に伸びます。 中でも姿勢矯正に重要な 「広背筋(こうはいきん)」 はひときわ大きく伸ばされます。 広背筋は主に「腕を下ろす」「腕を内側にねじる」といった働きをします。 猫背の人はたいてい、腕・肩が内側に入ってしまいます。 その原因の一つが、「広背筋の短縮」です。 ぶら下がることで広背筋をはじめ、特に脇の下がよく伸びます。 脇を伸ばすことが猫背矯正の重要なアプローチになるのです。 それにより、 肩こり・腰痛の解消、姿勢矯正、柔軟性のアップ、血流改善、筋力の強化などいろいろな効果が期待できるのです。 ぶら下がり健康器の正しい使い方は、 足を地につけた状態でぶら下がる それだけで、 OKなのです。 手で支えきれない体重を足でしっかりと補助してあげてください。 1回 30秒〜1分 ほんの少しの時間でいいのです。 『たかがぶらさがり、されどぶらさがり』 騙されたと思って、何日か続けてみてください 身体の変化を感じられるかもしれませんよ.

次の

あなたの腰痛が病院に行っても治らないワケ

ぶら下がり健康器 腰痛悪化

接骨院や整形外科でおこなう牽引治療 ぶら下がり健康器。 昔は爆発的に売れました。 私は牽引という治療に断固反対意見であります。 なぜなら、腰痛に種類によっては悪化しかしないからです。 私たちの腰は、立って重力を上から受けると 【仙骨】 という、逆三角形の骨が骨盤にはまって、安定する構造になっています。 この構造は、たとえばワインコルクのそれに似ています。 腰の牽引治療は身体を伸ばす方向へ引っ張る為、コルクを引くように、 【仙腸関節】 を抜くという治療になります。 仙腸関節が緩い方を牽引すると、緩い状態が治るわけがりません。 コルクが緩くて抜くことでしっかり締まらないのと同じです。 【仙腸関節】 が緩んで発症する腰痛では、縮める治療と歩行が必要なんです。 首も同様に、重力をリゆして安定する仕組みですので、 安易に牽引することは危険な行為です。 よく整体やマッサージ店で気持ちよくなる気がしますが、 大切な箇所に傷をつけているような行為です。 なぜ腰痛が起こり、土台である 【仙腸関節】 が緩んでいるのか、縮んでいるのか この分岐から治療方針を定めていきます。

次の

NHK 「ガッテン!」内で紹介されました

ぶら下がり健康器 腰痛悪化

例えば椎間板ヘルニアの方の場合は、ここに真っ黒なヘルニアが神経に向かって飛び出して神経を圧迫しているもの。 また、脊柱管狭窄症であれば脊柱管がくびれて神経を圧迫しているはずなのです。 が、AさんのMRIの場合そのような神経の圧迫がほとんど見られません。 つまり、画像的には異常なしというふうに判断される訳です。 Q: ではAさんの慢性腰痛は何が原因なのでしょう? 実はこのAさんは... この時人生に強い不安・ストレスを感じていらっしゃいました。 慢性腰痛というのはそういった精神的ストレスが関係するという事が分かっています。 ストレスが原因で頭痛や胃の痛みといったような不調が起こるという事はよく知られていますが、 実は腰痛もストレスで起こるという事があります。 Q: ストレスが腰痛を引き起こすのはなぜなんですか? 実は痛みを和らげる仕組みが脳にはあります。 腰から痛みの信号が脳に伝わると、脳からドパミンという神経伝達物質が放出されます。

次の