京都 アニメーション 被害 者。 京都アニメ放火 武本監督ら犠牲者10人の氏名公表 :日本経済新聞

犠牲者全員の身元発表 京アニ放火で府警 :日本経済新聞

京都 アニメーション 被害 者

識者らや消防当局は、火はほぼ一瞬にして制御不能なまでに燃え広がり、中にいた人々が逃げる余裕は皆無に等しかったとみている。 過去数十年間に国内で発生した中で最も凶悪な犯罪の一つとみなされる今回の事件を受け、国内外に悲嘆の声が広がり、日本の名高いアニメ業界のファンらは甚大な損失に戦慄(せんりつ)している。 19日朝には真っ黒に焦げた建物の前に人々が花を手向け、合掌した。 放火の動機は明らかになっていない。 容疑者として41歳の男の身柄が確保されているが、重度のやけどを負っているため捜査は進んでいない。 男は入院しており、19日の時点で意識不明とされる。 火を付ける前に「死ね」と叫んだとされるこの男については、わずかな情報しか判明していない。 地元メディアによると、男と京都アニメーションに関係はないとみられ、また男は現場に複数の刃物と金づち1本を持参していたという。 男が京都アニメーションに自身の作品を盗まれたと思い込んでいたとの報道もある。 京都新聞()は、男が警察に「小説を盗んだから放火した」と供述したと伝えている。 遺体の多くは屋上に続く階段で見つかっており、避難の最中に犠牲になった可能性が高い。 ある消防当局者はAFPに対し、建物に火災予防規則への違反はなかったものの、ガソリンにより急速に燃え広がった火で人々は逃げ遅れ、建物の各階をつなぐらせん階段が炎上を加速させたとみられると話している。 今回の火災は、日本で最も知名度の高い文化財の一つに数えられるアニメ業界に大きな衝撃を与えた。 米アニメ配給会社センタイフィルムワークス()はオンライン上で募金を呼び掛け、19日午後までにおよそ130万ドル(約1億4000万円)が集まった。 同社は「京アニを襲った悲劇の影響を受けた人々への支援を表明してくれた全ての人々に感謝する。 皆が一つになれば、この信じ難い暗闇の時にも光をともすことができる」とコメントしている。

次の

京アニ事件、被害者の匿名・実名報道が議論呼ぶ…匿名報道による「報じられない被害」も

京都 アニメーション 被害 者

京都アニメーション放火殺人事件で設置最終日となった献花台で手を合わせる人たち(25日、京都市伏見区) 京都アニメーションのスタジオ(京都市)で起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、亡くなった同社社員35人のうち、これまで身元を公表していなかった25人の氏名を発表した。 既に10人の身元を公表しており、7月18日の事件発生から1カ月余りを経て、犠牲者全員の身元が判明した。 府警は遺族感情に配慮し、親族らに説明した上で氏名を発表した。 この日身元が発表されたのは女性17人、男性8人。 20~30代の若手や中堅社員が多い。 同社取締役で、人気作品「涼宮ハルヒの憂鬱」のキャラクターデザインなどを手がけた寺脇(池田)晶子さん(44)も含まれる。 府警は25人の犠牲者について、実名報道や取材対応に関する遺族の意向をそれぞれ明らかにした。 こうした対応は極めて異例。 府警によると、25人のうち20人の遺族が実名報道を望まなかった。 事件は7月18日午前10時半ごろ発生した。 スタジオ内には発生時、20~61歳の社員70人がおり、男性14人、女性21人が死亡した。 34人が重軽傷を負った。 1人は無事だった。 青葉容疑者も犯行時にやけどを負って大阪府内の病院に入院している。 府警は容体回復を待って逮捕し、動機など事件の全容解明を目指す。 府警は今回の発表に先立つ8月2日、遺族の了解が得られた22~61歳の社員10人の身元を公表した。 同社取締役で初期作品の監督も務め、後輩クリエーターらの育成に尽力してきた木上益治さん(61)のほか、人気アニメ「涼宮ハルヒ」シリーズで監督を担った武本康弘さん(47)らが含まれていた。 京アニは1981年創業のアニメ制作会社。 丁寧な作画と巧みなストーリー演出で知られ、国内外のアニメファンから親しまれている。 社会現象化した「けいおん!」や「涼宮ハルヒの憂鬱」など数多くのヒット作品を手掛け、作品の舞台をファンらがめぐる「聖地巡礼」ブームも起きた。 25人の身元を京都府警が公表したことを受け、同社の代理人弁護士は27日、「度重なる要請や一部の遺族の意向に関わらず、被害者の実名が公表されたことは大変遺憾だ」とのコメントを発表した。 京都アニメーションで起きた放火殺人事件で亡くなり、京都府警が27日に氏名を発表した25人の方々は以下の通り。 石田敦志さん(31、京都府宇治市)、石田奈央美さん(49、京都市伏見区)、岩崎菜美さん(31、京都府宇治市)、大當(おおとう)乃里衣さん(26、同市)、大野萌さん(21、京都府木津川市)、兼尾結実さん(22、京都市伏見区)、川口聖矢さん(27、同区)、草野すみれさん(32、同区)、佐藤綾さん(43、同区)、佐藤宏太さん(28、京都市左京区)、鈴木沙奈さん(30、京都府宇治市)、高橋博行さん(48、同市)、武地美穂さん(25、京都市左京区)、寺脇(池田)晶子さん(44、京都府宇治市)、時盛友樺さん(22、京都市下京区)、西川麻衣子さん(29、京都府木津川市)、藤田貴久さん(27、京都市左京区)、松浦香奈さん(24、京都市伏見区)、松本康二朗さん(25、京都府宇治市)、丸子達就さん(31、京都市東山区)、宮地篤史さん(32、京都府宇治市)、明見裕子さん(29、大阪府茨木市)、村山ちとせさん(49、京都市伏見区)、森崎志保さん(27、同区)、渡辺紗也加さん(27、奈良県橿原市)。 府警が8月2日に氏名を発表した10人の方々は以下の通り。 宇田淳一さん(34、京都府宇治市)、大村勇貴さん(23、同市)、笠間結花さん(22、京都市伏見区)、木上益治さん(61、同区)、栗木亜美さん(30、京都市東山区)、武本康弘さん(47、京都府宇治市)、津田幸恵さん(41、京都市伏見区)、西屋太志さん(37、京都府宇治市)、横田圭佑さん(34、京都市伏見区)、渡辺美希子さん(35、京都府井手町)。

次の

なぜ「実名報道」は、これほど批判を受けるのか 匿名で困るのは私たちだ

京都 アニメーション 被害 者

スポンサーリンク こんにちは、リエコです。 戦後最悪な犠牲者数となった放火事件の「 京都アニメーション放火殺人事件」。 アニメ制作会社の「京都アニメーション」の放火殺人事件をめぐり、政府が被害者らへの寄付金を「地方公共団体に対する寄付金」と位置付け、税額控除制度を活用して寄付者の税負担を軽減する方向で調整していることが判明しました。 犯罪被害に関する寄付金を災害義援金と同じように扱うことは異例とのことで、特に企業が寄付しやすい環境をつくる狙いがあり、支出金の全額を決算時に損金として算入できる制度を活用するとのことです。 35人の犠牲を出し、貴重な人材や制作拠点を失った京アニには、アニメファンなど個人だけでなく、国内外の企業からも支援の申し出が相次いでいます。 そこで今回は「 政府が京都アニメーション寄付者の税を軽減!現在の寄付金額は?」と題しまして、京都アニメーション放火殺人事件の寄付者の税の軽減を政府が軽減することを調整し、これまでに集まった現在の寄付金額について追ってみました。 それではさっそく本題に入っていきましょう。 政府が京都アニメーション寄付者の税を軽減 京アニ寄付に税軽減措置検討 全額を損金算入可能に 財務省など協議 — 毎日新聞 — 毎日新聞大阪学芸部 maiogakugei 京アニが開設した専用口座には、業界団体などの見舞金や募金を含めるとすでに20億円以上が集まり、今後さらに増える見通しです。 現状、企業の寄付は法人税法上、原則として資本金などに応じて算出する一定の限度額しか所得から差し引くことができません。 理由として、企業による寄付が無制限に行われ、所得額を低く抑えられれば法人税収の減少につながり、寄付を検討する企業もありますが、税制上の優遇措置がないため、困窮していたようです。 さらに、京アニの口座にある支援金は収益とみなされ、京アニ側の課税対象となります。 遺族や負傷者への補償に加え、会社の再建を急ぐ京アニにとって、想定外の税負担が今後の復旧の足かせになる恐れもあることから、政府は、世界に誇るコンテンツ産業を担う京アニの事件が放火による不慮の出来事である上、京アニへの寄付は不特定多数の被害者を対象としていることから、災害義援金と同じ優遇制度を適用する見通しです。 よって、寄付金の全額を損金算入できるようにすることで、京アニ支援に前向きな企業の社会貢献を後押しすることとなります。 同時に寄付金の受け入れ先を自治体などとして京アニ本体から離し、同社の課税額も軽減する流れとなるようです。 今後、京都府や国税庁などと調整した上で寄付の枠組みを最終決定し、支援金の募集要項や配分方法などが検討されます。 — greenmale66 greenmale66 製作の拠点と多くの貴重な人材を失った京都アニメーションの再建に向け、支援金を募る口座には、発生から1カ月が経過した今も、国内外から多くの支援が寄せられています。 京アニによると、16日時点で約19億9760万円(7万1984件)との発表がありました。 同社代理人の桶田大介弁護士によると、16日時点で集まった7万1984件のうち、1万円以下が最多の5万6631件。 なんと、3千万円と1億円も1件ずつ確認されています! 底ナシにある人はいるんですね…。 1万円以下の振り込みが多数にのぼったことについて、桶田弁護士は「多くの若い方々にとって作品が大切な存在だったことを表している」とコメント。 振込人名義を同社へのメッセージ文にする人も多いといい、「作品を作り上げてきた人々に対する思いの結晶だと感じる」と述べました。 また、同社が設置した口座だけでなく、ヤフーや海外企業など外部機関が行う募金も含めると、世界各地で支援した個人は少なくとも10万人はいるとみられ、世界中から今回の事件が注目されているかが伺えます。 しかしながら、最大の課題は金銭的な問題よりも、京アニが紡いできた技術と文化の継承とみられているようです。 多くのファンに愛される京アニの復活までの道のりは茨の道となりそうです。 まとめ 今回は「政府が京都アニメーション寄付者の税を軽減!現在の寄付金額は?」と題しまして、京都アニメーション放火殺人事件の寄付者の税の軽減を政府が軽減することを調整し、これまでに集まった現在の寄付金額について追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。 戦後最悪な事件となった京都アニメーション放火殺人事件。 この悲惨な事件に政府が動き出し、国をあげて復興を目指しています。 みなさんの温かい支援が1日でも早い復旧につながります。 今回はここまでにさせていただきます。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の