サン モール インターナショナル スクール。 Quality International Education Based Upon Christian Principles

サンモールインターナショナルスクール・フードフェア / 横浜市・中区

サン モール インターナショナル スクール

近年、グローバル化していく中で、子供に英語を習わせたいと思う親が増えていますね。 これからの国際化社会には英語は必須です! インターナショナルスクールは、「英語学校」ではありません。 インターナショナルスクールは、「学校法人」として認可を得ている学校と、認可を得ていない学校があります。 現在日本にあるインターナショナルスクールのほとんどが、学校法人法に基づく「各種学校」として都道府県から認可を受けていない「無認可校」です。 認可を受けている学校は、全国でも少なく、その他の施設については、文科省も数を把握できていません。 「認可校」も、あくまでも「各種学校」になる為、日本人の子供達が通っても就学義務の履行として認められていません。 インターナショナルスクールで小学校、中学校で学んだ日本人の子供達は、「義務教育」を終えているとは認められていません。 一部例外として、日本に住んでいる、日本国籍も保持する「二重国籍者」は、特例として「義務教育の猶予または免除を認めることができる」と文科省が認めています。 これは、将来、この子供が、外国籍の親の母国へ移住する可能性も見据え、その場合外国の教育を受けさせたほうが良いと考えることもあるからです。 上記以外の日本人の義務教育課程の子供達がインターナショナルスクールへ通うことは、「義務教育」を受けていないとみなされます。 どんな人が通う学校なの?入学条件ってあるの? 日本国内で、最も古いインターナショナルスクールは、横浜にあるサンモールです。 海外から日本へビジネスなどで来る人たちの子女用に作られたのが、始まりです。 現在も、多くの老舗インターナショナルスクールは、そのほとんどが国籍を重視し、入学には、厳しい条件があります。 「老舗インターナショナルスクール」と言われるところは、人気も相当。 インターナショナルスクールは「外国籍の子どもの為の学校」の為、入学優先順位も、日本国籍は、最後になります。 多くの老舗インターナショナルスクールでは、現在、日本国籍の子供達も全体の数パーセントと厳しいながらも条件をつけ、受け入れをしています。 関東での老舗インターナショナルスクールと呼ばれる学校は、代表的なところで「横浜インターナショナルスクール」「西町インターナショナルスクール」「セントメリーインターナショナルスクール」「聖心インターナショナルスクール」「清泉インターナショナルスクール」。 一番の代表格には「アメリカンスクール イン ジャパン」がありますが、こちらはアメリカンスクールのため、また別記しますね。 インターナショナルスクールは国籍もいろいろ 大きなインターナショナルスクールは、現在、日本人を各学年に学年全体の10パーセントから30パーセントのみ受け入れをしているところが殆どです。 最近では、老舗インターナショナルスクール以外にも、国際化社会に向けて、小さなインターナショナルスクールが多く設立されてきています。 あまり国籍を入学条件に設けているところはないようですが、逆に、日本人だらけ!という話も多々聞くようになりました。 学内の国籍の割合は、学校を選ぶ時の一つの目安にしたいですね。 多くの老舗インターナショナルスクールが設けている「入学条件」• 子供の国籍• 子供の英語力• 保護者の英語力(父母のどちらかがネイティブスピーカー、または同等の英語力がないと入れません。 ) これらの入学条件は、特に老舗インターナショナルスクールにおいて必ず問われる条件です。 新設インターナショナルスクールでは、日本人経営者が多い為、親の英語力はさほど問われていないようですが、子供の英語力は、問われてきます。 学年が上がるほど、英語は難しくなり、学校内はすべて英語で行われるということを念頭に入れておかないと、厳しいです。 インターナショナルスクールの学費、費用 インターナショナルスクールは、そのほとんが無認可の施設の為、市町村からの補助金などは一切ありません。 学校経営への補助もない為、すべて学費、保護者からの寄付金によって運営されています。 老舗インターナショナルスクールは、実績をすでに作ってきている歴史があり、学費もとても高額です。 逆に新設インターナショナルスクールは、とても格安ということを謳っている所もあります。 海外からのエックスパック(駐在員)は会社負担が殆どですね。 年間200万から250万円が平均的な学費と言われています。 莫大な金額ですね。 老舗インターナショナルスクールは、学費にすべてが含まれているところが殆どのため、高額になります。 例えば、スキー旅行、修学旅行、遠足、イヤーブック、林間学校など。 学費が他より安く抑えられているところは、その都度集金をしているようです。 インターナショナルスクールを選ぶときのポイントは? インターナショナルスクールへ通わせたいと思う親は、近年増加の一途です。 関東圏内のインターナショナルスクールは、今現在どこも満員なところが多いようです。 東日本大震災により、一時は外国人が減り、インターナショナルスクールも生徒数が一時的に減った時期もありましたが、2020年オリンピックを控え、海外企業が日本へ戻り始めていると言われています。 老舗から新設インターナショナルスクールまで、種類はいろいろとありますが、学校選びには沢山チェックしたい項目があります。 絶対外せない聞くべきポイント!• 1クラスの人数(特に日本人数)• 学費に含まれるもの(遠足、スキー旅行、林間学校などは?)• 学費以外に必要とされる経費• 最後に学費の値上がりはいつ?(重要です!毎年少額で値上げているところから、過去5年値上げをしていないところも!)• 先生の平均滞在年数(重要です!すぐに先生が辞めてしまうようなところは要注意!)• 子供達の英語力(英語が苦手な子供には英語強化クラスがあるか?)• 中学までのインターナショナルスクールは「進学先の高校」、高校までのインターナショナルスクールは「進学先の大学」 がぜひ聞いてもらいたいポイントです。 パンフレットに、ネットに載っていない情報こそを学校見学で聞いてみてくださいね。

次の

インターナショナルスクールの学校認可と卒業資格について

サン モール インターナショナル スクール

学校へのアクセス 所在地は神奈川県横浜市中区山手町83となっています。 最寄り駅のみなとみらい線「元町・中華街駅」からは徒歩約10~15分の距離です。 サンモールを選びたくなる理由 サンモール・インターナショナル・スクールは、1872年の創設以来培ってきた伝統的な価値観を守り続けています。 つまり、サンモール・インターナショナル・スクールの生徒たちは、常にお互いを尊重し合い、協力して社会的に不公正な関係を是正し合う考え方を大切にしてきたようです。 その考えは、国籍、宗派を問わない国際色豊かな環境のなかで生かされ、学校職員、生徒、思いやりのある家族の支えのもとに発展することができたようです。 こうした学びの環境は、決して自然にできたものでなく、むしろ学校が、校風づくりを積極的に意図し、努力し、継続してきたことにより得たものといえます。 優れた伝統を頑なに守り続ける一方で、教育の革新的な発展については、常に謙虚であり、進歩的でもあり続けているようです。 その現れは、教育のシステムに見ることができます。 例えば、サンモール・インターナショナル・スクールでは、幼稚園にモンテッソーリ教育を取り入れ、小学校部門では国際初等教育課程(IPC)、中学校部門では国際中等教育修了証明書(IGCSE)プログラムを採用しています。 さらに、高校部門では国際バカロレアプログラムを採用し発展させてきています。 これは、日本、アジアにおける最初の試みでもあります。 さらに、こうしたプログラムをバックアップしているのが、専用のサイエンスセンターです。 ここでは最先端技術や設備が、生徒たちのために提供されています。 だからこそ、サンモール・インターナショナル・スクールで学ぶことは価値が高く、この点にこそ選ばれる理由があるのです。

次の

サンモールインターナショナルスクール・フードフェア|【2020年版】春の横浜特集(春休み・ゴールデンウィーク)|【公式】横浜市観光情報サイト

サン モール インターナショナル スクール

学校へのアクセス 所在地は神奈川県横浜市中区山手町83となっています。 最寄り駅のみなとみらい線「元町・中華街駅」からは徒歩約10~15分の距離です。 サンモールを選びたくなる理由 サンモール・インターナショナル・スクールは、1872年の創設以来培ってきた伝統的な価値観を守り続けています。 つまり、サンモール・インターナショナル・スクールの生徒たちは、常にお互いを尊重し合い、協力して社会的に不公正な関係を是正し合う考え方を大切にしてきたようです。 その考えは、国籍、宗派を問わない国際色豊かな環境のなかで生かされ、学校職員、生徒、思いやりのある家族の支えのもとに発展することができたようです。 こうした学びの環境は、決して自然にできたものでなく、むしろ学校が、校風づくりを積極的に意図し、努力し、継続してきたことにより得たものといえます。 優れた伝統を頑なに守り続ける一方で、教育の革新的な発展については、常に謙虚であり、進歩的でもあり続けているようです。 その現れは、教育のシステムに見ることができます。 例えば、サンモール・インターナショナル・スクールでは、幼稚園にモンテッソーリ教育を取り入れ、小学校部門では国際初等教育課程(IPC)、中学校部門では国際中等教育修了証明書(IGCSE)プログラムを採用しています。 さらに、高校部門では国際バカロレアプログラムを採用し発展させてきています。 これは、日本、アジアにおける最初の試みでもあります。 さらに、こうしたプログラムをバックアップしているのが、専用のサイエンスセンターです。 ここでは最先端技術や設備が、生徒たちのために提供されています。 だからこそ、サンモール・インターナショナル・スクールで学ぶことは価値が高く、この点にこそ選ばれる理由があるのです。

次の