ほっけ 干物 レシピ。 干物のおいしい焼き方

干しホッケの作り方

ほっけ 干物 レシピ

材料 ホッケ 適量 使用した道具 ダッチオーブン(中華なべ等でもOK) スモークチップ さくら約20グラム ザラメ 少々 スモークチップを乗せるアルミホイル ホッケをセットするあみ ゴトク カセットコンロ ダッチオーブンを使用しで作ってみました。 燻製時間30分 【関連リンク】 ・ ・ 燻製ホッケの作り方 スーパーで購入したホッケです。 既に味付けもされているので、風乾燥からスタートです。 キッチンペーパーの上で約1時間乾燥させます。 燻製 コンロに乗せたダッチオーブンにアルミホイルを敷き、さくらのチップを20g前後置き、網をセットしてホッケを乗せます。 今回はチップにザラメを少々加えてみました。 同時にコンロに火をつけます。 強火で2,3分経つと煙が出始めますので、中火に変えてダッチオーブンに蓋をします。 完成 30分経った出来上がりの写真です。 30分ではちょっと長すぎたかも知れません。 ザラメを使った為と思いますが思ったより色が付きすぎの感もあります。 でも味は上々でした。

次の

ほっけを冷凍・保存・解凍調理する方法

ほっけ 干物 レシピ

ほっけの干物と言えば居酒屋の定番メニュー。 お酒のつまみにもよく合い、皆でわいわい言いながら分けて食べるのは実に楽しい。 ほっけは北海道の近海で多くとれる。 特に5~7月にかけてとれるほっけは脂がのっていて最高に美味しい。 今ではすっかりポピュラーなほっけも、食卓の常連になったのは比較的最近のことだ。 実はほっけは鮮度が落ちやすい魚で、冷凍技術や輸送手段が発達していない頃は、広く流通させることができなかった。 全国的に広がったのは第二次大戦後の食糧難の時代で、塩漬けされたほっけが東北~関東地方に配給された。 しかし当時は鮮度も味も落ちていたことから、人気はなかった。 その後、技術改良が進み、新鮮なほっけの開きの干物が流通し始める。 ほっけは干物にすると独特の食感があり味も深くなる。 鮮度を保ったまま食卓に並ぶようになると、好んで食べられるようになった。 ほっけは干物で売られていることが多いが、現在は冷蔵、物流の技術が発達しているため、全国どこでも生のほっけを手に入れることができる。 スーパーの鮮魚売り場で目にすることも多いだろう。 ほっけの干物は買ってくるのもよいが、生のほっけがあれば自分で作ることもできる。 自宅で作ると一際新鮮で美味しいので試してみて欲しい。 一夜干しで完成するので作った日の翌日には食べられる。 新鮮なほっけが手に入ったら、次の方法で作ってみよう.

次の

干物 冷凍やホッケを簡単にフライパンで焼く方法!アレンジレシピ!

ほっけ 干物 レシピ

材料 ホッケ 適量 使用した道具 ダッチオーブン(中華なべ等でもOK) スモークチップ さくら約20グラム ザラメ 少々 スモークチップを乗せるアルミホイル ホッケをセットするあみ ゴトク カセットコンロ ダッチオーブンを使用しで作ってみました。 燻製時間30分 【関連リンク】 ・ ・ 燻製ホッケの作り方 スーパーで購入したホッケです。 既に味付けもされているので、風乾燥からスタートです。 キッチンペーパーの上で約1時間乾燥させます。 燻製 コンロに乗せたダッチオーブンにアルミホイルを敷き、さくらのチップを20g前後置き、網をセットしてホッケを乗せます。 今回はチップにザラメを少々加えてみました。 同時にコンロに火をつけます。 強火で2,3分経つと煙が出始めますので、中火に変えてダッチオーブンに蓋をします。 完成 30分経った出来上がりの写真です。 30分ではちょっと長すぎたかも知れません。 ザラメを使った為と思いますが思ったより色が付きすぎの感もあります。 でも味は上々でした。

次の