ドレン ボルト トルク。 原付,オイル交換のやり方と注意点|50cc車種別

コペンのエンジンオイル交換方法を紹介

ドレン ボルト トルク

バイクのドレンボルトとオイルフィルターの締め付けトルクは?? 本日オイル交換をしました。 締め付けにはトルクレンチを使用しました。 今までは人間トルクでしたが正確なトルクの方がいいと思ってのことです。 サービスマニュアルによると ドレンボルト:43Nm オイルフィルター17Nm と記載されていました。 その設定で締め付けをしましたが 全く規定トルクに達しません。 今までの人間トルクが弱すぎたのか 今までの力よりももっと大きな力で締めないといけない感じです。 両方ともトルクレンチによると10Nmにも達していませんが 締め付け自体は結構締めてます。 原因なんだと思いますか? トルクレンチ自体は故障してません。 ブレーキキャリパーなどの部品は正確なトルクで締めることが出来ました。 やっぱりオイルフィルターやドレンボルトはオイルが付着している為に 締まりやすいのでしょうか?.

次の

[mixi]ドレンボルトのトルク規定量

ドレン ボルト トルク

交換の方法 エンジンを暖気する まずはエンジンを少し暖気する(2〜3分でOK) エンジンオイルは温度上昇に伴って粘度が下がるから、暖気してオイルが抜けやすくするようにします 火傷しないくらいのMAX40度ちょっとくらい暖まれば、オイルを抜いても良い 理由は、PCXに使われるE1はそもそもの粘度が低いから(低燃費車だからね) ドレンボルトを外す まずはラチェットに対辺12のソケットをセット PCXのドレンボルトは車体下部のマフラー側(乗車した時の右側)にある 写真のように持って時計回しに緩める 約4000km走ったけれど、オイルは想像以上に黒く変色していた もう少し交換サイクルを早めた方が良いかもしれない… 新しいドレンワッシャーを使ってドレンボルトを締める 新しいドレンワッシャーを必ず使う ドレンワッシャーは潰してオイルを密封するから、一度潰れた中古を再利用すると、潰し代が設計値以上になってオイルが漏れる可能性がある オイルを撒き散らして転倒するより、新品をケチらず買うべし 締め付けトルクは25N・m。 パッキンにより異なるので、説明書は必ず読む ドレンボルトを正確なトルクで締め付ける為に、SK11(台湾)のデジタルトルクレンチを使用した このトルクレンチの便利なところは• 設定したトルクで、「ピー」と音で知らせてくれる• 60N・mと比較的高いトルクまで対応するから幅広い場所に使える だから僕は気にって使っている 新しいオイルを注ぐ オイルジョッキにオイルを0. 8L分注ぐ 結構カウルの奥に注ぎ口があるので、こぼさないように慎重に注ぐ オイル量の確認方法 PCXのオイルレベルゲージは、• レベルゲージ座面が突き当たるまで完全にねじ込む• レベルゲージを抜いて、オイルラインを確認する• 先端のギザギザ部分にオイルラインがあれば規定量 入れすぎると抜くのが大変だからレベルゲージを使う時は、少しずつオイルを継ぎ足しするようにする 他には測定方法ではないけれど、 オイルをしっかり抜いてから規定の0. 8Lを定量注油しても良い ちなみに僕は定量注油派だ 抜いたオイルは、後日ガソリンスタンドで無料で引き取ってもらっている(節約のため) エンジンをかけてオイル漏れを確認する 実際にエンジンをかけて、ドレンボルトやレベルゲージ付近からオイル漏れまたは滲み(にじみ)を確認する オイル交換後の感想 オイル交換後は、エンジンの雰囲気が全体的に滑らかになったように感じた 以下、感じたオイル交換後の改善点• アイドリングの振動が小さくなった• 高回転まで回してもエンジンの振動が小さくなった.

次の

正直、プロの整備士でも締め付けトルクはテキトーですか?数ヶ月前...

ドレン ボルト トルク

バイクのドレンボルトとオイルフィルターの締め付けトルクは?? 本日オイル交換をしました。 締め付けにはトルクレンチを使用しました。 今までは人間トルクでしたが正確なトルクの方がいいと思ってのことです。 サービスマニュアルによると ドレンボルト:43Nm オイルフィルター17Nm と記載されていました。 その設定で締め付けをしましたが 全く規定トルクに達しません。 今までの人間トルクが弱すぎたのか 今までの力よりももっと大きな力で締めないといけない感じです。 両方ともトルクレンチによると10Nmにも達していませんが 締め付け自体は結構締めてます。 原因なんだと思いますか? トルクレンチ自体は故障してません。 ブレーキキャリパーなどの部品は正確なトルクで締めることが出来ました。 やっぱりオイルフィルターやドレンボルトはオイルが付着している為に 締まりやすいのでしょうか?.

次の