まえだ 耳鼻 咽喉 科。 ご挨拶

今月の先生 まえだ耳鼻咽喉科クリニック 前田先生

まえだ 耳鼻 咽喉 科

新型コロナウィルス感染症に関するお知らせ 新型コロナウイルス感染症における対応と注意事項をまとめましたので参考にしていただけますよう、お願いいたします。 なお、この知らせは診断や治療の進歩によって、変わることがあります。 5度以上の発熱が4日以上続く場合や、咳、息苦しさ、だるさがあれば、お住まいの区市町村の帰国者・接触者相談センターにご相談ください。 厚生労働省のホームページからも確認することができます。 mhlw. html また、「におい」や「あじ」の異常を感じても、発熱や咳、息苦しさ、だるさがなければ2週間不要不急の外出を控えてください。 医療機関への受診も控え、体温を毎日測定し、手洗いもこまめにしてください。 人と接する際にはマスクを着けて対話をして下さい。 嗅覚・味覚障害の治療は急ぐ必要はありません。 自然に治ることも多いのでしばらく様子を見てください。 特効薬はありませんが、2週間経っても他の症状なく嗅覚や味覚が改善しない場合は耳鼻咽喉科外来を受診してください。 あなたとあなたの周りのみなさん、家族を守るために、ご協力をお願いいたします。 新型コロナウィルスに関するお知らせ 全国的に新型コロナウイルス感染の方が増えている状況です。 国内の医療機関でも、医師・看護師・スタッフの感染に伴い、外来閉鎖となっているところがあります。 また、医療機関を受診された患者さんが新型コロナ感染と判明した場合、医療従事者も「濃厚接触者」として扱われることがあります。 そのような場合、突然に臨時休診を余儀なくされることがあり得ます。 万一臨時休診となる場合は早急にホームページのこの欄に載せますのでご来院の際にはチェックをお願い致します 花粉症について 当院では、花粉症によるアレルギー症状の治療を行っております。 花粉症でお悩みの方、気がかりな方はぜひお早目にご相談ください。 まずは診断や検査をさせていただき、患者様の症状に合ったお薬の処方などを行います。 インターネットによる予約について 6月10日(月)9:00~ ネット予約受付開始します。 インターネットにつながるスマホ・パソコンからの受付が出来ます。 操作はとても簡単です。 ぜひ、ご利用ください。 ホームページについて このたび開院にあたりホームページを開設いたしました。 どうぞよろしくお願いいたします。

次の

まえだ耳鼻いんこう科|八尾市山本町 やまもとクリニックビル2F|耳鼻咽喉科 アレルギー科

まえだ 耳鼻 咽喉 科

氏名: 前田 稔彦(まえだ としひこ) 略歴: 平成3年 兵庫医科大学卒業 同年 奈良県立医科大学耳鼻咽喉科入局 平成15年 クリニック開院 資格: 日本耳鼻咽喉科学会専門医 日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医 日本化学療法学会抗菌化学療法認定医 日本プライマリーケア連合学会会員 日本東洋医学会漢方専門医 厚生労働省指定補聴器適合判定医 ナビゲーター:奈美 みなさんお元気ですか! 私は健康のために、最近は少しでも時間があれば、できるだけ歩くようにしています。 フィットネスクラブへ行っている余裕もないので、とにかく「ながら運動」といいますか「ついで運動」といった感じです。 元来がめんどくさがりの私には、これがけっこういいんです。 「自然体?」といえば聞こえはいいのですが…。 今回の取材は、奈良県橿原市にあります「まえだ耳鼻咽喉科クリニック」からお届けします。 どんなお話を伺えるか楽しみです! 前田先生にインタビュー 本日は、よろしくお願い致します。 駅から近くて、すぐに分かりました!とても便利な場所にありますね! 先生: 私の父親が近所に開業しておりまして、また幼少時から育った土地で医療をしたかったものですから、この場所に開業しました。 そうしますと、本当の意味で、代々地域に根付いた医療を提供してきたんですね! こちらではどのような患者さんを診ているのでしょうか? 先生: 0歳から90歳ぐらいまで幅広く、また、耳鼻咽喉科疾患からアトピー性皮膚炎、喘息などアレルギー疾患、高血圧、高脂血症、生活習慣病など幅広く診ています。 比較的遠方の人が多いですね。 遠方からもいらっしゃるのですか!それだけ信頼されているってことなのでしょうね! 先生が診療で心がけていることはなんですか? 先生: 患者さんに笑顔で帰っていただけるように心がけています。 できるだけ風邪という診断はしないようにしています。 どうしても病気がわからないときに仕方なく風邪と診断するときがあります。 ウイルス疾患には、抗菌薬を使わない。 すなわち熱があるから抗菌薬ということはしません。 西洋医学でまず考えて、どうしても難しいときには、漢方薬も考えます。 患者さん一人ひとり、その人自身を真剣に診ている姿勢を感じます。 通り一遍的な治療はしないってことですね。 漢方を使っての治療はいかがですか。 先生: アレルギー性鼻炎には、漢方薬の方が証を見極めれば眠気がなく案外しっかり効きます。 漢方医学は、西洋医学的な病名をしっかりつけなくても処方が決まるところが優れています。 (その反面いいかげんな面もあります) しかし、同じ薬を漫然と処方してしまう傾向にあります。 西洋薬は、メカニズムがはっきりしているので、病気に直接作用して切れ味がすばらしい、漢方は人に作用して病気をコントロールするという違いがあります。 それぞれの薬が持つ個性を活かしながら治療をしていくのが理想でしょうが、それには相当のご苦労があるのですね…。 先生は、なぜ漢方医を志されたのですか。 先生: 自分がウイルス疾患(風邪)に罹ったとき、に西洋薬を飲んだときには重症化しましたが、葛根湯を飲むと直ぐによくなったという経験があり、医学部を卒業して直ぐに漢方薬を使うようになりました。 私も過労から体調を崩してしまったことがありまして、そのとき漢方に出会ってからは、手放せなくなりました。 体質から改善していったような気がします。 治療した患者さんで、印象に残ったできごとなどはありませんか? 先生: めまいでこられた患者さんに、問診すると、頭痛、胃痛も併発しており、半夏白朮天麻湯を処方したところ、すべての症状が改善しました。 西洋薬ではこのようには行きません。 その他にも、子供で、他院で治療していましたが、病気を繰り返していたのです。 今回も鼻炎で当院を受診し、脈を診ると弱く虚証。 お母さんに聞くと、身体が弱く食も細いということで、六君子湯を処方したところ食欲が増進して、活気や体重が増加して病気にもなりにくくなったとのことでした。 そのお子さんは、以後も飲み続けています。 ところで、先生自身の健康法・ストレス解消法・趣味などをお聞かせいただけますか。 先生: テニスや山登り、散歩ですね!昼休みなどには、できるだけ歩くようにしています。 私もなるべく歩くようにしています!私の場合は、「ながら運動」といいますか「ついで運動」なんですけどね…。 好きな食べ物は何ですか?また、食事で気をつけていることはありますか? 先生: 好きな食べ物は、そばやうどんですね。 食事で気をつけることは、野菜をできるだけとること。 時間をかけて食べること。 肉はあまり食べないようにしています。 忙しいと、かき込むように食べることがあるのですが、できるだけ時間をかけて食べるように心がけたいと思います。 最後に、これから目指されます医療をお聞かせ下さい。 先生: できるだけ薬を使わない医療…自分の身体の変化(病気)を受け入れる心を作ること。 そういったことのお手伝いができればと思っています。 そうですよね…体質や年齢から来るものもありますから、そういう心は、これから益々大切になるような気がします。 本日は、ありがとうございました。

次の

名古屋市 名東区 一社|まえはら耳鼻咽喉科|耳鼻咽喉科

まえだ 耳鼻 咽喉 科

お知らせ 新型コロナウィルスの対応について [2020. 10更新]• 当院では新型コロナウイルス検査(PCR検査・胸部画像検査)は出来ません。 咳・嗅覚や味覚に異常がある方、37. 5度以上の発熱がある方、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方は受診前に電話でご相談ください。 開業予定のお知らせ [2020. 06更新] 当院「ふどうまえ耳鼻咽喉科」は2020年5月開業予定です。 よろしくお願いいたします。 受診される方へ 初診の方へ ホームページをご覧いただきありがとうございます。 当院では当日の受付順に診察を行っております。 ネットで当日の順番予約ができますので、予約システムから受付番号を取得してください。 当日直接来院して頂いた場合は、受付で予約システムの受付順に従って順番を取得いたします。 ネットでの予約システムを利用して頂けますと、待ち時間・待ち状況を確認できます。 待合室の混雑による感染リスクの低下のため、ご自宅でお待ち頂き、こまめに現在の番号をご確認の上、番号の3番前になったらご来院ください。 よろしければ下記の問診票をご記入いただきまして、受付までお持ちください。 診察の流れ• 窓口で予約受付番号を伺います。 予約されていない場合は、その時点での順番で受付番号をお伝えします。 健康保険証等、ご持参いただいたものをご提出ください。 問診票をお渡しいたしますので、ご記入して受付に提出してください。 スタッフがお名前をお呼びしますので、診察室にお入りください。 診察・処置が終わりましたら、待合室でお待ちください。 領収書や処方箋を発行し、お渡しいたします。 当院はクレジットカードと交通系電子マネーを取り扱っております。 ご利用ください。 飲食について 診察の直前には、ガムや飴などを含めて食事はお控えください。 特にお子さんは診察中に嘔吐すると誤嚥で窒息したり、後で肺炎を起こす可能性もありますので、待ち時間に授乳したりおやつなどは食べないようにしてください。 持ち物について• 健康保険証 (期限切れや記載内容の変更がないか、ご確認をお願いいたします。 おくすり手帳 (薬の重複がないか確認します。 各種公費受給者証(乳幼児医療費受給者証、後期高齢者医療受給者証など)• 医療機関からの紹介状(あれば一緒に窓口にお出しください。 ) お願い• 来院時には可能な限りマスク着用し、手指消毒や咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる) の徹底をお願いします。 「あじ」・「におい」の異常がある方は、新型コロナウイルス感染症の諸症状であることが疑われるため2週間の自宅待機をお願いします。 当面の間、嗅覚(におい)・味覚(あじ)障害を主訴とされる患者さんには問診のみを行い、鼻腔内視鏡検査などは行わない場合があります。 下記のページもご参考にしてください。 新型コロナウイルス感染症が疑われる方 新型コロナウイルス感染症が疑われる方は、受診前に必ず電話でご相談ください。 他の患者さんとの動線を分けるためにお時間を指定して来院していただく場合がございます。 また下記に連絡しても相談可能です。 帰国者・接触者電話相談センター 品川区保健所(品川区) 新型コロナ受診相談窓口 平日(夜間)17:00~翌9:00、土日祝終日 (注)保健所によっては、夜間・休日等に電話番号が変わる場合があります。 【ご心配の方】 新型コロナコールセンター(毎日9時~21時) 電話相談窓口:• 【聴覚に障害のある方等、電話での相談が難しい方】 聴覚に障害のある方などのファックス相談(毎日9時~21時) FAX:03-5388-1396 当院での新型コロナウイルス感染症対策• スタッフ・患者さんともにマスクの着用をお願いしています。 (マスクがない場合はティッシやハンカチなどで口元・鼻を覆ってください)• 院内入口に消毒液を設置し全員に消毒をお願いしています。 全員に入室時の検温・新型コロナに関する問診票の記入をお願いしています。 日本耳鼻咽喉科学会が示した標準予防策を適応して診察を行っています。 ファイバー検査や諸検査は必要最低限とし、鼻処置、ネブライザー、インフルエンザ検査は中止しています。 体温計・ボールペンの都度消毒を実施しています。 診療器具・診療台・待合室・ドアノブ・トイレ・PCなどの定期的な消毒を実施しています。 常時、窓・ドアを開け換気を徹底しています。 待合室の本を撤去しています。 付き添いのご家族は最低限でお願いしています。 毎朝スタッフの体温測定・体調確認を実施しています。 当院で行っている治療 耳鼻咽喉科 耳の症状(耳漏、耳痛、難聴、めまいなど)、鼻の症状(花粉症、副鼻腔炎など)、のどの症状、いびき、睡眠時無呼吸症候群など 詳細はをご覧ください。

次の