イソプロピル アルコール 50。 2

www.essentialafrica.com:カスタマーレビュー: イソプロピルアルコール50P 500ml

イソプロピル アルコール 50

イソプロパノールを使った消毒液スプレーを自作 アルコール消毒液の代わりに困って先日作ったに続いて、今回はイソプロピルアルコールを使った手指消毒剤を作ります。 (イソプロピルアルコールの別表記:イソプロパノール、IPA、2-プロパノール (塩素系漂白剤やエタノールを一切使用しない) イソプロピルアルコールならエタノールが品薄の今でもまだ入手できると思います。 嬉しいことに、価格はエタノールに比べてぐんと安くなります。 イソプロピルアルコールとエタノールの違い 今回も少し調べました。 まずは気になる「イソプロピルアルコール」と「エタノール」の違いですが、基本的な殺菌能力はどちらもほぼ変わりません。 今回の新型コロナウイルスのようなエンベロープウイルスに対しての殺菌効果は同じですね。 但し、ノンエンベロープウイルスに対しての不活性効果はエタノールが優れています。 大事な事として、薬局に売っている消毒用エタノールに比べて、イソプロピルアルコールは取り扱いに注意する必要があります。 毒性と刺激臭はエタノールに比べて強くなります。 また、イソプロピルアルコールは脱脂力が強いことも念頭に入れておいてください。 私もエタノールが手に入ればエタノールを使います。 健栄製薬のホームページにもイソプロパノールとエタノールの違いが掲載されています。 () 引火点が低くて危険だという説明も見受けられますが、理科の実験でよく使うアルコールランプのメチルアルコールとそんなに変わりません。 むしろメチルアルコールの方が引火点も発火点も低いです。 主なアルコール類は概ね引火点が15度前後、発火点が400度前後です。 引火点と発火点もよく混同されますが、引火点は自然発火する温度ではありません。 適切に保管すれば大丈夫です。 勿論、アルコール類が危険物であることには変わりませんので取り扱いには十分注意が必要です。 イソプロピルアルコールの消毒液の自作材料 では、早速ですが製作に必要な材料を用意していきます。 用意するもの(準備) 消毒液自作準備材料 まず必ず必要なものは、 商品名はアマゾンへのリンクになっています• (イソプロパノール、IPA、2-プロパノール• (無ければできるだけ綺麗な水。 水道水でも大きな問題は無さそうです)• 容器 アルコール対応)• mlが計れるもの イソプロピルアルコールは薬局には無いのでネットで買うと楽で安いです。 精製水とグリセリンは薬局にあります。 私は容器は100均のを使っています。 他にあるといいものは、• 手袋(手や肌を守ります)• シリンジ(あれば何本か、100均のでOK)• ビーカー(大きさは作る量にあわせて)• ハッカ油(いれると虫除け効果プラス)• アロマオイル(匂いをお好みでまろやかに)• 好みの化粧水(精製水の代わりに肌にやさしく)• ヒアルロン酸など(よりお肌にやさしく) IPAは脱脂力が非常に強いので、必ず保湿成分になるものを配合してください。 ハッカ油を使うことで簡易虫除けスプレーとしても効果を発揮します。 精製水の代わりに化粧水を使うとお肌にやさしくなると思います。 化粧水の成分には元々グリセリン、エタノール等が入っている場合も多いので、成分の重複に注意して適宜自己判断してください。 ちなみに今回は出来るだけ家にあるもので作成したかったので、アロマオイルや化粧水は使っていません。 それぞれの必要量・割合・濃度について IPAや精製水の分量や割合は以下を参考にしてください。 基本は、IPA:精製水の比率を7:3にします。 つまり、70%濃度にするというわけです。 50~70%が適正といわれていますので、各自お好みの濃度に調整してください。 濃すぎると効果が低下するだけでなく、肌荒れの原因にもなります。 化粧水などを使う場合は適宜各量を調整してください。 グリセリンは5%前後を目安にお好みで調整してください。 しっとり感が変わります。 グリセリンなどの保湿成分の配合が少なすぎるとガサガサの肌荒れが待っていますのでご注意。 イソプロピルアルコールの消毒液の作り方 材料を準備したら早速作っていきましょう。 作り方は簡単ですが、薬品ですので取り扱いには十分注意してください。 手順については特に順番がありませんので、やりやすい順に容器に入れても大丈夫です。 手順1.イソプロピルアルコールを注入 私の職業柄、電子基盤を洗浄したりすることも多いので、IPAはアマゾンで小分けされたものを買って持っています。 引火性も高いので大量保管は届出がいるようなものですので、私は少量づつ購入しています。 イソプロパノールを使った消毒液スプレー 完成です。 好みの使い加減になるよう、イソプロピルアルコールの濃度に注意しながら、他の成分の量を調整してみてください。 最初は少量で試してみることをお勧めします。 一般のアルコール消毒液でもそうですが、手指に使用時は乾く前に目などをこすらないように!あくまでも主成分はIPAですので。 また吸い込むのも体に害ですから、鼻を近づけて嗅いだりしないようにしてくださいね。 以上、よかったら参考に作ってみてください。 (但し、 自己責任でお願いいたします) アルコール濃度の高いお酒(ウォッカ、ワイン)を蒸留してエタノールを抽出する方法もあります。 ただ、製作には危険(火事の恐れ)が伴いますし、法律的にグレーな部分もあります。 緊急時なので、法的な部分は国が許してくれるとしてもすっかりこれらのお酒も品薄なので、なかなか大変な現状です。 はやくコロナが終息して、街中の混乱がおさまることを願います。 コロナ関連ブログはこれにて一旦終了して、次回からはまた通常のブログに戻す予定です。 塩素系漂白剤やエタノールを一切使用しないで紹介しています.

次の

健栄製薬

イソプロピル アルコール 50

CC O C 特性 C 3H 8O 60. 5 n D 1. 2-プロパノール(2-propanol)は、第二級の一種である。 の2種類ののうちの一つである。 に定める第4類危険物 アルコール類に該当する。 別名、 イソプロパノール、 イソプロピルアルコール、 IPA。 溶媒、殺菌に使われ、エタノールより安価。 化合物名 [ ] により名付けられる化合物名には、化合物の構造から系統的に決まる組織名(系統名)と、いくつかの基本的な化合物や構造に使用が認められた慣用名(許容慣用名とそれ以外)とがある。 この化合物の場合は 2-プロパノール(2-propanol)、 プロパン-2-オール(propan-2-ol)が組織名で、 イソプロピルアルコール(isopropyl alcohol、基官能命名法)は慣用名から誘導した化合物名である。 IUPAC命名法では双方とも利用は認めているが、組織名(2-プロパノール)を使用することを推奨している。 ただ、IUPAC命名法にはよらないが、「 s-プロピルアルコール」、「 sec-プロピルアルコール」(secondary propyl alcohol)、あるいはまたでも規程されている イソプロパノール(isopropanol という名称が用いられることもある。 特性 [ ] 無色透明で芳香を帯びた液体で、可燃性であり、引火点 11. による性を持つことから水、アルコールなどの極性溶媒に溶ける。 同時に、相対的に大きな疎水性基(イソプロピル基)を持つためになどの非極性溶媒にも溶ける両親媒性を示す。 またCH 3CH OH -を構造中に持つためを示す。 すると、するととなる。 、あるいはなどの光化学的還元反応において、還元剤兼溶媒としてはたらく。 は光の作用で空気中の酸素と反応して、微量ながらとしてを生じる。 環状イミドオキシム触媒などを用いて、積極的に酸化させて過酸化水素を製造する手法が研究されている。 用途 [ ] 工業原料・有機溶剤 [ ] 合成の中間原料やの合成原料としても用いられる。 などの有機溶剤にくらべ環境負荷が小さく、印刷用・文具用インクの基材として利用されている。 ()やを侵す場合もある。 消毒・清掃用品 [ ] 医療機関等で消毒用として、と並び広く利用されている。 エタノールと比べて殺菌できる菌種は少ないが、がかからないため安価である。 エタノールに比べて、脱脂作用が強く、やや毒性と刺激性が強いため、手指や器具のが目安である。 (創傷面や損傷皮膚への使用や、内服は禁忌である) に2-プロパノールや添加物を混ぜている製品があるが、これは酒税を回避する措置である。 安価であること、油脂類をよく溶かすこと、速乾性であることなどから、機械部品の洗浄にも使用される。 燃料用水抜き剤 [ ] 等の燃料タンク内に入り込んだ水分を排出するための添加剤として、2-プロパノールを主成分としたものが利用されている。 2-プロパノールは水と油分の両方に親和性があることから、混入した水分を燃料中にさせて燃焼室に送り、燃焼あるいは蒸発させて水分を排出する。 この目的には親水性かつ親油性で水分を含んでいない物質であればよく、無水エタノールでも同様の効果がある。 自動車のガソリンや軽油の、の屋外設置型タンクで使用される。 用途や商品によってはやエンジン保護剤、(用)、黒煙防止剤(同)を混合している物もある。 清浄剤やオクタン(軽油用はセタン)価向上剤なども含むものは、燃料添加剤に分類される。 燃料タンク内の水分には、タンクの中のに含まれる水分がの低下とともにしてタンクの底に溜まるものがある。 特に重力による自然流下によって燃料を供給するタンクでは燃料タンクの蓋に小さな通気口が設けられていて、蒸散したガソリンが大気中に流れ出すと同時に外気も入り込んでくるため、水分の結露が発生しやすい。 こうした水分がタンクに溜まることはタンク内壁の錆を招く可能性があるとして、水抜き剤が製品化された。 とはいうものの、自動車は基本的にタンク底面からポンプでガソリンを汲み上げる構造であり、乗車中はタンクが撹拌されているため、底面に溜まった水分がガソリンと同時に燃焼されるので問題は起きにくい ただし、キャブレター式の二輪車は自然流下式の場合があり、問題になりやすい。 別の問題として、タンクの底に溜まる水のほうがガソリンより先に流下するため、キャブレターに水が溜まり、回転不良を起こす場合がある。 2-プロパノールをはじめとするアルコール類は、濃度が高い場合はや()を膨潤させて劣化させる性質を持つため、水抜き剤には燃料に対する添加濃度が指定されている。 近年では、の一種であるも用いられている。 これも水と油分の両方に親和性があり、燃料に混入した水分を微粒子化し、燃焼室で完全燃焼させて水分を排出させるもので、従来の2-プロパノールを主成分とする水抜き剤に比べ、ゴムや樹脂を劣化させにくい特徴がある。 (こちらも燃料に対する添加濃度は指定されているが)また、インジェクター、インテークバルブなどといった燃料系統の蓄積したカーボンなどの汚れを落とし、目詰まりを解消し、結果、燃費を改善させる効果もある他、防錆効果もある。 水和反応には 2種類あり、日本国内では酸化タングステンや酸化チタンなどの金属酸化物を触媒として用いる直接水和法が多用されている。 2000年の日本国内における生産量は15万tである。 もう一つは硫酸化後に加水分解を行う間接水和法であり、世界的には間接水和法が主力である。 間接水和法は、に最初の工業的な合成が始まったときから採用されている伝統的な製法でもある。 硫酸を媒介とする水和反応はの形式で進行する。 関連する法規 [ ]• 註・出典 [ ] []• C 1• C 2• C 3• C 4• C 5• C 6• C 7• C 8• C 9• C 10• C 11• C 12• C 13• C 14• C 15• C 16• C 17• C 18• C 19• C 20• C 21• C 22• C 23• C 24• C 25• C 26• C 27• C 28• C 29• C 30• 2-メチル: C 4•

次の

健栄製薬

イソプロピル アルコール 50

CC O C 特性 C 3H 8O 60. 5 n D 1. 2-プロパノール(2-propanol)は、第二級の一種である。 の2種類ののうちの一つである。 に定める第4類危険物 アルコール類に該当する。 別名、 イソプロパノール、 イソプロピルアルコール、 IPA。 溶媒、殺菌に使われ、エタノールより安価。 化合物名 [ ] により名付けられる化合物名には、化合物の構造から系統的に決まる組織名(系統名)と、いくつかの基本的な化合物や構造に使用が認められた慣用名(許容慣用名とそれ以外)とがある。 この化合物の場合は 2-プロパノール(2-propanol)、 プロパン-2-オール(propan-2-ol)が組織名で、 イソプロピルアルコール(isopropyl alcohol、基官能命名法)は慣用名から誘導した化合物名である。 IUPAC命名法では双方とも利用は認めているが、組織名(2-プロパノール)を使用することを推奨している。 ただ、IUPAC命名法にはよらないが、「 s-プロピルアルコール」、「 sec-プロピルアルコール」(secondary propyl alcohol)、あるいはまたでも規程されている イソプロパノール(isopropanol という名称が用いられることもある。 特性 [ ] 無色透明で芳香を帯びた液体で、可燃性であり、引火点 11. による性を持つことから水、アルコールなどの極性溶媒に溶ける。 同時に、相対的に大きな疎水性基(イソプロピル基)を持つためになどの非極性溶媒にも溶ける両親媒性を示す。 またCH 3CH OH -を構造中に持つためを示す。 すると、するととなる。 、あるいはなどの光化学的還元反応において、還元剤兼溶媒としてはたらく。 は光の作用で空気中の酸素と反応して、微量ながらとしてを生じる。 環状イミドオキシム触媒などを用いて、積極的に酸化させて過酸化水素を製造する手法が研究されている。 用途 [ ] 工業原料・有機溶剤 [ ] 合成の中間原料やの合成原料としても用いられる。 などの有機溶剤にくらべ環境負荷が小さく、印刷用・文具用インクの基材として利用されている。 ()やを侵す場合もある。 消毒・清掃用品 [ ] 医療機関等で消毒用として、と並び広く利用されている。 エタノールと比べて殺菌できる菌種は少ないが、がかからないため安価である。 エタノールに比べて、脱脂作用が強く、やや毒性と刺激性が強いため、手指や器具のが目安である。 (創傷面や損傷皮膚への使用や、内服は禁忌である) に2-プロパノールや添加物を混ぜている製品があるが、これは酒税を回避する措置である。 安価であること、油脂類をよく溶かすこと、速乾性であることなどから、機械部品の洗浄にも使用される。 燃料用水抜き剤 [ ] 等の燃料タンク内に入り込んだ水分を排出するための添加剤として、2-プロパノールを主成分としたものが利用されている。 2-プロパノールは水と油分の両方に親和性があることから、混入した水分を燃料中にさせて燃焼室に送り、燃焼あるいは蒸発させて水分を排出する。 この目的には親水性かつ親油性で水分を含んでいない物質であればよく、無水エタノールでも同様の効果がある。 自動車のガソリンや軽油の、の屋外設置型タンクで使用される。 用途や商品によってはやエンジン保護剤、(用)、黒煙防止剤(同)を混合している物もある。 清浄剤やオクタン(軽油用はセタン)価向上剤なども含むものは、燃料添加剤に分類される。 燃料タンク内の水分には、タンクの中のに含まれる水分がの低下とともにしてタンクの底に溜まるものがある。 特に重力による自然流下によって燃料を供給するタンクでは燃料タンクの蓋に小さな通気口が設けられていて、蒸散したガソリンが大気中に流れ出すと同時に外気も入り込んでくるため、水分の結露が発生しやすい。 こうした水分がタンクに溜まることはタンク内壁の錆を招く可能性があるとして、水抜き剤が製品化された。 とはいうものの、自動車は基本的にタンク底面からポンプでガソリンを汲み上げる構造であり、乗車中はタンクが撹拌されているため、底面に溜まった水分がガソリンと同時に燃焼されるので問題は起きにくい ただし、キャブレター式の二輪車は自然流下式の場合があり、問題になりやすい。 別の問題として、タンクの底に溜まる水のほうがガソリンより先に流下するため、キャブレターに水が溜まり、回転不良を起こす場合がある。 2-プロパノールをはじめとするアルコール類は、濃度が高い場合はや()を膨潤させて劣化させる性質を持つため、水抜き剤には燃料に対する添加濃度が指定されている。 近年では、の一種である(PEA) も用いられている。 これも水と油分の両方に親和性があり、燃料に混入した水分を微粒子化し、燃焼室で完全燃焼させて水分を排出させるもので、従来の2-プロパノールを主成分とする水抜き剤に比べ、ゴムや樹脂を劣化させにくい特徴がある(こちらも燃料に対する添加濃度は指定されているが)。 また、インジェクター、インテークバルブなどといった燃料系統の蓄積したカーボンなどの汚れを落とし、目詰まりを解消し、結果、燃費を改善させる効果もある他、防錆効果もある。 ただし、通常はこの成分を含有する場合は水抜き剤ではなく清浄剤として扱われ、分類上は燃料添加剤となる。 水和反応には 2種類あり、日本国内では酸化タングステンや酸化チタンなどの金属酸化物を触媒として用いる直接水和法が多用されている。 2000年の日本国内における生産量は15万tである。 もう一つは硫酸化後に加水分解を行う間接水和法であり、世界的には間接水和法が主力である。 間接水和法は、に最初の工業的な合成が始まったときから採用されている伝統的な製法でもある。 硫酸を媒介とする水和反応はの形式で進行する。 関連する法規 [ ]• 註・出典 [ ] []• C 1• C 2• C 3• C 4• C 5• C 6• C 7• C 8• C 9• C 10• C 11• C 12• C 13• C 14• C 15• C 16• C 17• C 18• C 19• C 20• C 21• C 22• C 23• C 24• C 25• C 26• C 27• C 28• C 29• C 30• 2-メチル: C 4•

次の