薔薇 の ない 花屋 ネタバレ。 薔薇のない花屋/最終回・結末の感想ネタバレ注意!あらすじ・ハッピーエンド!SMAPの香取さんが主演のドラマですが…。 #テレビドラマ

薔薇のない花屋 1話 感想 ネタバレ

薔薇 の ない 花屋 ネタバレ

よかったと思います。 子役のキャラクターはちょっと理想的すぎで、リアリティーにかけるところがありますが、演技力と可愛さは称賛に価する。 香取さんの演技は幼少期の孤独、絶望、怒りを抑え込んだ、自分の感情をはっきり示さない、そして好意をもっていた女性を死に追い込んだという罪悪感から自分は幸せになる資格がないといった感が出てました。 ネグレクトを受けた子供たちの彼らにしかわからない苦しみとトラウマ。 前に向かうものと影に埋もれ何かに復讐するもの。 許すことの難しさと許すことの価値。 他人を許すだけでなく自分を許すこと。 それぞれのキャラクターがそういった課題を抱えながら生きていて、だからこそ、他人を思いやれるといったことも。 主人公たちが恋愛に至る経過が少しわかりにくかったけれど、演技自体は感情をおさえながらも伝わるものがありました。 見て楽しいというものではなく、考えさせられるものでした。

次の

薔薇のない花屋の大まかなあらすじをどなたか教えて下さい。よろしくお願い...

薔薇 の ない 花屋 ネタバレ

薔薇のない花屋 (フジテレビ系) 2008年1月14日 月 スタート 毎週月曜日 午後9:00〜9:54 *初回は15分拡大 午後9:00〜10:09 兄弟愛を描いた「ひとつ屋根の下」から15年、 野島伸司の脚本によるヒューマンラブストーリー「薔薇のない花屋」第1話を見ました。 8歳になる娘を男手ひとつで育てる物静かな優しい男と、盲目の美女が織りなす愛の物語。 主演は香取慎吾。 連ドラ主演は月9「西遊記」(2006年・フジ系)以来2年ぶり。 野島伸司脚本ドラマの出演は「未成年」(1995年・TBS系)以来2度目。 ヒロイン役には「不機嫌なジーン」以来3年ぶり、そして出産後初の連続ドラマ出演となる竹内結子。 野島脚本ドラマは「プライド」(2004年・フジ系)以来こちらも2度目。 野島伸司は「あいくるしい」(2005年、TBS系)以来の連続ドラマ脚本。 脚本・野島伸司、演出・中江功。 英治 香取慎吾 は幼い娘を一人で育てながら、小さな花店を営んでいる。 ある日、英治は、雨宿りのために店の軒下に立っていた盲目の女性・美桜 竹内結子 と出会う。 そんな折、娘の担任・優貴 釈由美子 から連絡があり、英治はすぐに学校へ駆け付ける。 娘が何か問題を起こしたと考えていた英治だったが、教室で目にしたのは意外な光景だった。 その夜、英治は配達先のホストクラブで直哉 松田翔太 という青年に出会い、彼を家に連れ帰る。 娘とすっかり仲良くなった美桜、居候の直哉が加わり、不思議な共同生活が始まる。 「責めてるの?ねぇ、私を責めてるの?」 こう見えてもお料理は苦手な菱田桂子(池内淳子)。 あのケーキ、見た目は合格なんだけどね(笑) 「君に家族を作ってあげたいんだ。 その忘れ形見となるのが一人娘・雫。 未発表だった雫を演じる子役は八木優希。 常に頭巾を被って素顔を見せない雫。 「父ちゃんは太陽みたいだ」 引っ張って引っ張って、ついに頭巾を取る。 ・・可愛い女の子。 あんなにしっかりした小2は珍しいぞ。 出てくる人みんな、詩人になるのが野島ドラマ。 英治が経営する花屋・フラワーショップ雫。 その店先で英治が出会った 盲目の女性・白戸美桜(竹内結子)。 なーんて思ってたら。 「あの男の心を奪い、何もかも奪い、そして破滅させるんだ!」 君に選択肢はない。 そうだね?」 病院の院長・安西輝夫(三浦友和)。 英治に対して何らかの恨みがある模様。 普通に考えれば雫の母親の父親とか? 「悪い人には見えなかった」 安西の命令で、盲目のフリをして英治に近づいていた美桜ですが、 自分の意志ではなく、安西に命令されているようです。 従わざるを得ないような弱みがあるんでしょう。 「傘、お貸ししましょうか?」 土砂降りの雨の中、交差点の真ん中で立ち往生している美桜を助けた英治。 うーん。 そこは危ないからとりあえず、歩道へ行こうよ(笑) 散々引っ張ってた雫の大親友「チロル」。 ・・こっちはワンちゃんかっ。 でもあのワンちゃんも可愛い(笑) 雫ちゃん、勝手にどっかから拾ってきたのね。 雫が書いたチロル(犬)の絵を見た英治が、雫のために子犬を買ったのか。 四条健吾(寺島進)と小野優貴(釈由美子)。 二人が並ぶと「ヒミツの花園」を思い出すなぁ。 なんか「ひとつ屋根の下」っぽいなぁ。 伏線がいくつか張られていた初回。 でもそのほとんどが一気に回収されてしまった初回。 今後のみどころとしては、 英治と美桜の関係、そこに工藤直哉や四条健吾がどう絡んでくるのか、 安西はどうして英治を執拗に狙うのか、菱田桂子はあと何回「責めてるの」と言うのか(笑)です。 ちょっと茶化した感じで書いちゃったけど、この菱田桂子。 英治の恩人でもあるようですが、彼女も過去の出来事で何かトラウマを抱えてるような雰囲気だなぁ。 172• 104• 485• 190• 169• 695• 129• 132• 230• [雑記] 管理人の近況など、ご報告。 [雑記] 管理人の近況など、ご報告。 [雑記] 管理人の近況など、ご報告。 [雑記] 管理人の近況など、ご報告。 [雑記] 管理人の近況など、ご報告。 [雑記] 管理人の近況など、ご報告。 [雑記] 管理人の近況など、ご報告。 [踊る大捜査線] 映画感想。

次の

《薔薇のない花屋》☆最終話: まぁ、お茶でも

薔薇 の ない 花屋 ネタバレ

『 薔薇を売る花屋~涙の一滴(しずく)』(あらすじ) 汐見英治(香取慎吾)を、自分に子供がいる事を知った神山舜(玉山鉄二)が訪ねてくる。 そこで舜は、雫 八木優希 の母、瑠璃(本仮屋ユイカ)の「家族を作って欲しい」という想いを拒否し、子供が生まれた事は英治の過失であることを確認する。 しかし、舜はそれを安西輝夫院長(三浦友和)も気づいていることも知った。 安西院長を訪ねた舜は、その弁解的な態度と保身的な条件に憤慨されてしまう。 そのため、安西院長は自ら平川辰巳(尾藤イサオ)の執刀を試みるが、持病である手の震えからオペは致命的な状況に。 父の状況を察した白戸美桜(竹内結子)は、英治に電話をして助けて欲しいと叫ぶ。 美桜の気持ちを汲んだ英治は、アメリカに戻ろうとしていた舜の前に立ちふさがり、病院へ戻るよう説得する。 舜は「英治が雫に実の父親ではない事を伝えるなら…」と無茶な条件を出してその場を去ろうとする。 すると英治は、その場で雫に電話をかけ始め…。 ついに雫は真実を知ってしまうのか? 平川の手術は成功するのか、そして英治と美桜はこのまま離ればなれになってしまうのだろうか…。 これから話すことを、きちんと聞いて欲しい。 」 「どうしたの?心配しないでもいい子にしてるよ。 」 「驚くだろうし、ショックだろうけど。 今から話すことは本当のことだから、少しずつでいいからちゃんと受け止めなさい。 」 「とうちゃん!?」 「オレは、雫の、雫の本当の父ちゃんじゃないんだ。 言い出す機会がなかなかなくて。 すごく大事なことなんだけど、きっと君の顔を見たら言い出せないから、こんな風に、電話で伝えることになってしまった。 オレは君のお母さんが、君の事を無事生んでくれればと、励まし続けてきた。 でももしかしたら、違う方法もあったかもしれない。 そうすれば、君のおかあさんは、死なずにすんだかもしれない、って。 そうやってずっと悔やんで生きてきたんだ。 だから、償いとして君を育ててきた。 大変だったけど、将来の目標もなかったオレにとって、君はいつしか生きる意味となっていった。 それで何かが変わるわけじゃないが今までどおりオレは君を、自分の娘のように思っていく。 だから雫もできれば、オレのことをそういう風に思ってくれたらと思う。 おやすみ。 」 痛みが一番大きいほうを選ぶ英治は、舜の理不尽な要求をその場で受け入れて、雫に真実を教えた。 美桜の父親を助けるために、手術に戻る見返りとして、舜が望んだことだった。 時間がかかりすぎて、平川は、危険な状態だった。 美桜に、すぐ近くにいるから呼び戻せと言った。 危篤な時は、大声を出すと戻ることがあるのです。 臨死体験をした人は、お花畑と、声が聞こえたと言います。 「君には謝罪しないといけない。 そう思って。 まず花屋の再開の資金は私に出させて欲しい。 」安西は、娘のことを知るにつれ、英治にした仕打ちを詫びた。 そして雫を英治に返すと言った。 憎しみから、奪い取ったが、今は、心の支えになっているはずだと英治は言った。 ルリは、あふれるほどの愛情をパパからもらったの、だからこれ以上もらえなくっても平気なのと言っていたと英治は答え、きっと雫も今はそう思っているはずだから アカデミーの推薦状を書いた安西。 だがまだ許していないと言った。 英治は舜を見送りに行った。 今は贅沢三昧で居るが年を取って周りに人が居なくなったら、戻っておいで、本当の父親はお前だと雫に教えてやるから 英治はさらに1枚のCDを渡した。 機内で見る舜。 それは自分が捨てた瑠璃の生前のビデオレターだった。 泣かない舜が泣いた。 小野が、美桜を誘って飲んで盛り上がっていた。 酔った美桜がお花屋さんに会いたいなぁと本音を吐いていましたが、そのままきえた。 雫と英治の会う日。 」どこかへ行こうと誘う英治。 知らないおじさんに着いて行ってはいけませんといわれて胸を押さえて痛い痛いという英治。 その手を取って 「 ありがとう、とうちゃん」 最初に顔を見たら言おうと決めていた 薔薇を扱うようになった英治の店。 直哉に、美桜の父の苗字を聞いた。 「平川」と聞き、雫と一緒にバラ園に行った。 ハウスの中へ行く英治。 菱田さんから薔薇作りを習っていた。 あなたはまるで花が咲くように笑う。 それを今も片時も忘れず、ずっと捜して、やっと見つけた。 世界に1輪しか咲いていない。 今日その花を摘みにきました フラワーショップ雫で、英治の誕生会が開かれた。 雫、美桜、菱田、小野、四条、直哉、安西。 省吾に送ったのは、 『それでも人生は、すばらしい』 最後は、みんな涙の物語になってしまいました。 もう少しなぞはなぞで合ったほうが良かった。 舜の憎憎しさは、寂しさの裏返しだなんて、余計に寂しいです。 最後にはすっかり善人になった安西院長と直哉。 マスターの恋は実らなかったけど、イイ男ですね。

次の