パーパー 仲直り。 男女コンビのパーパーが交際を公約!?『キングオブコント』会見で大胆宣言

【トムジェリ】世界一長いソフトクリーム?でパーパー仲直り!のはずが⁉

パーパー 仲直り

厳密に定義されたものではなくタイピング界でスラングとして使われているものであり全ての用法を要約するのは難しいがあらかた次の意味で使われる。 主に使われる定義では、タッチタイピング(自己流も含まれる)をマスターしてなお、主にゲームとして自己のタイピング速度・技術の向上を追求し続ける者をいう。 だが、(例えば)常用XJくらいで、タイピング速度の向上を目的にタイピング練習をしていてもタイパーとは呼ばれない場合が多いように思われるので 定義上は「ある程度実力がありタイピング速度を向上しようとする者」と修訳されるかもしれない。 他の定義では、タイピング速度・技術の向上の追求に目的を限定せず、趣味としてタイピングを愛好する者や特にタイピング技能が高い者などを含めていう。 いずれにせよ厳密なものではない。 主に使われる定義のタイパー 他にも、速度によって中堅タイパーや上級タイパーなどの区別がある。 基本的には2chのタイピングスレのテンプレが基準なのだが、実際にそれが有効なのかは不明である。 また、全て達成しなければいけないのか、一つ達成すればいいのかも曖昧であり、 そもそも偶然に好記録が出て達成できたとして、それだけを基準にして決められるのかという問題もあり あくまで記録を基準とした区別は便宜上のものであると言えよう。 の項目にもあるように、タイプウェルにはカタカナ・漢字・慣用句などの拡張されたものがあるため、 必ずしも総合の記録が実力を表さない。 それに、初見での速度と、初見でない速度との違いをどのように考慮するのかも問題である。 実際、テンプレ上では上級タイパーや超上級タイパーであっても中堅だと言われるので基本的にテンプレが機能してないのではないかという問題もある。 それならば、テンプレは消せばいいのではという問題もある。 そもそもテンプレ自体の正確性が疑われている。

次の

中居正広が通っていた高校のパー学とは一体どこなのか?

パーパー 仲直り

タグ 100均 30代 4人家族 DIY UV アイデア アイテム アイメイク アイロン アイロンシール アクリル アプリ アメリカ あるある アルカリ電池 アレンジ アロマ イランイラン インク インコ ウーパールーパー うさぎ うずら エアコン オカメインコ おしゃれ オス おすすめ オリンピック オレンジ お守り お礼 お祝い お茶 お見舞い お金 お風呂 カーペット かじり木 カタカナ カッター カビ カメラ ガラス キーホルダー ギター キッチン キャベツ キャラクター キャリケース キャンセル待ち きれい グッズ グッピー クリーニング グルーガン ケーキ ケージ ゴーグル コーデ コインランドリー コスプレ コスメポーチ コツ コミケ コンビニ サイズ サイン サッカー サビ サラダ シール ジェルネイル しつけ シャンプー シルバー シンク スカート スケジュール ステッカー ステンレス ストレート ストレス スニーカー スポンジラック スマホ スマホケース スライム スランプ ゼラチン セラミック ゼリー タイミング タオル タグ タッパー ダニ タレ ダンサー ダンス チケット ツーブロック ディスポーザー デザイン テトラ デニム デメリット テレビ トイプードル トイレ トップコート トラ ドライフラワー トラブル トリミング ネイル ノート バーベキュー バイク バイト ハゲ ハスキー ハムスター バラ バランス バレエ ハンドメイド ハンバーグ ヒーター ピアノ フィルター フェイクグリーン フェルト ブックカバー フッ素加工 フライパン プラスチック プラバン ブレーキ プレゼント ベース ヘアゴム ベッド ペットボトル ペン ペンケース ボールペン ポイント ホウ砂 ボタン ホットプレート ポニーテール ボブ マスク マット マナー まな板 マニキュア マンガン電池 ミシン ミニトマト ミルク メイク メガネ メス メダカ メリット やかん やる気 ライオン ラケット ラッピング リュック ルール レイアウト レシート レシピ レジン 一人暮らし 七五三 三角巾 上手 不安 不思議 世界 中古 中身 主婦 乾燥 予防 交換 人生 人間 仕送り 付録 代用 仲直り 会話 似顔絵 住民票 体重 作り方 使い方 価格 便利 保存 保育園 保護 修理 傘 先生 先輩 入院 再利用 写真 冷凍 冷凍庫 冷蔵 処分 凶暴 出産 出産祝い 切り花 初心者 判断 利き手 刺繍 剥がし方 力士 劣化 効果 勉強 動物 包丁 卒業式 卒業旅行 卓球 印象 危険 卵 原因 去勢 友達 収穫 収納 受験 可愛い 台風 右利き 合格発表 合皮 名付け 名前 商品 圧縮袋 地震 基準 場所 塗り方 塗装 変化 変更 変色 夏コミ 夏休み 大切 大学 大学生 夫婦 失敗 失敗しない 女子高生 女性 好き 嫌がる 子供 季節 学校 実家 室内犬 家 家具 寂しい 対処 対策 小さい 小学校 小物 小説 尿石 屋外 岩塩 川エビ 工作 左利き 布団 干支 年収 幼稚園 床材 弁当 引き戸 引退 影 後悔 後輩 心理 怖い 性格 悩み 意味 成長 手作り 手入れ 手続き 手芸 手術 承認欲求 抱っこ 指 指輪 挨拶 掃除 授業 排水口 接着剤 換気扇 換羽 支援 故障 教科書 散歩 文房具 文鳥 斑点 料理 断り方 新品 新幹線 方法 日持ち 日本 昔 時間 時間差 曇る 書き方 服 服装 朝 期限 本 本籍 机 材料 条件 柔軟剤 栗 梅雨 毛 毛玉 水垢 水彩 水槽 水泳 水筒 水通し 水道 氷 注意 洗剤 洗濯 洗濯機 洗車 洗面所 海外 温度 湿気 準備 漂白剤 濁り 灯油 無職 焦げ 焼き肉 爪 爪とぎ 片付け 片思い 特徴 犬 猫 玄関 現金 理由 環境 生地 生活費 田舎 男 男性 男装 異音 病気 癒し 発表会 盛り付け 目 目安 着物 石鹸 砂場 研ぎ方 砥石 社交ダンス 稚魚 種類 窓 筋肉 管理 節約 簡単 紙粘土 素材 紫 紹介 給料 統一感 絵 絵の具 絶縁 編み物 練習 置物 美味しい 習い事 職場 職業 育て方 脂肪 腕が太い 腹筋 自分 自動音声 自己顕示欲 自由研究 自転車 臭い 色 苦手克服 英語 茶渋 落とし方 葉 虫 蜂 衣装 裏技 親 言葉 記憶 詐欺 調味料 貯金 費用 資格 賞味期限 購入 赤ちゃん 身長 車 転出届 転勤 迷惑 退職 通帳 連絡 運気 違い 適切 適正 選び方 選手 選手コース 部屋 部活 酔っぱらい 里親 重曹 野良犬 鉄 鉛筆 鍋 長い 防寒 防音 隔離 雑誌 雰囲気 電子レンジ 電気 電池 電波時計 電話 電車 面積 革靴 靴 靴下 韓国 音 音楽 顔 風呂 風水 食べ方 食事 食器用洗剤 食洗機 食費 飼育 飾り方 餃子 香典 高校 高校生 高齢者 髪 髪型 魚 鳥 鳴き声 麦茶 黒ずみ 目次• デコパージュとはどんなものか?デコパージュの特徴 「デコパージュ」という言葉を聞いたことがあっても、実際にデコパージュがどんなものなのかを知らないという人もいるのではないでしょうか。 そんなあなたの為に、まずはデコパージュについて詳しく説明をしていきます。 デコパージュという言葉には「切り抜く」の意味をもつ ここで紹介するデコパージュでは、ペーパーナプキンを使うので、ペーパーナプキンを切り抜いて糊で貼る、といった手法になりますね。 ペーパーナプキンに描かれている柄やイラストをそのまま切り抜いて使うので、自分で新たにデッサンやデザインをする必要はなく、簡単な方法でまるでプリントされたかのような仕上がりにすることができます。 デコパージュは素材を選ばず、布、プラスチック、ガラスなどの幅広い素材に対応することができる そのため、子どもが幼稚園などで使うレッスンバッグや上靴から、大人の持ち物や小物類まで、幅広いものに使うことができる手法です。 デコパージュに必要な道具さえ揃っていれば、非常に簡単にデコパージュができるので、この記事を読んで、まずはデコパージュのことを知って下さい。 そして、日常の様々なものに、ぜひ取り入れていただければと思います。 デコパージュの初心者向けのやり方はペーパーナプキンを使う方法 デコパージュ初心者の方におすすめなのが、ペーパーナプキンを使う方法です。 ペーパーナプキンは手に入れやすいだけでなく、薄いので扱いやすく、貼り付けた際にもシワが出来にくいのがメリットです。 また、 100均や雑貨店、ネットなどで様々な種類のものが販売されており、好みの柄を見つけやすいのも嬉しいポイントです。 ペーパーナプキンの他にも必要な材料がいくつかあります。 デコパージュ専用の液(糊)は、デコパージュをする上では必ず必要な道具になる 「ツヤ消しタイプ」「ラメ入りタイプ」「光沢タイプ」と種類が豊富なので、仕上がりのイメージによって使い分けると良いでしょう。 100均でも手に入れることができるので、初心者の方はまずは安く仕入れてみるのも良いですね。 ハサミ、カッター、カッター板などの、切る道具も用意しておきます。 小さな柄を切り取る時にはカッターが使いやすいですし、大きなイラストの場合にはハサミの方が使いやすいこともありますので、両方準備しておきましょう。 デコパージュ専用液を塗布する際には、絵の具に使うような筆があると便利 デコパージュ専用の筆もありますが、わざわざ購入しなくても絵の具の筆があるという方は、それを使うと良いでしょう。 筆は、丸筆よりも平筆の方が扱いやすいです。 紙コップなどの空き容器は、専用液を入れたり筆を洗ったりする時に使いますので、いくつか用意しておきましょう。 ペーパーナプキンを使ってスマホケースをデコパージュするやり方 デコパージュは、いろいろな素材に楽しめますが、今回はスマホケースを例にとって、デコパージュの基本的な方法を紹介していきます。 手順さえ覚えれば、どんどん応用できるので、まずは基本をおさえておきましょう。 【準備】• スマホケース• ペーパーナプキン• デコパージュ専用液• ハサミ• カッター• カッター板• 空き容器• 新聞紙 【事前に】 ペーパーナプキンは、重なりを剥がして薄く1枚にしておきましょう。 【やり方】• ペーパーナプキンをスマホケースの大きさに合わせてカットします。 少し大きめでも後から調整できるので、小さくならないようにだけ注意してください。 スマホケース本体に、筆を使ってまんべんなく専用液を塗布します。 ペーパーナプキンを貼り付けて乾燥させましょう。 3のペーパーナプキンの上から、更に専用液を塗ります。 2~3回繰り返しましょう。 完全に専用液が乾いたら、ケースからはみ出しているペーパーナプキンをカットして完成です。 専用液が乾燥する時間は季節や室温によっても異なりますが、一日たたずに乾くので、それほど時間は要しません。 決まったデザインの中から選ぶしかない、市販のスマホケースよりも、自分で手作りするスマホケースの方が自由度が高く、好きなようにデザインすることができるので、楽しみも増します。 ぜひ楽しんで制作してみてくださいね。 デコパージュしやすいペーパーナプキンの選び方 デコパージュに使うペーパーナプキンには、使いやすいものとそうでないものがあります。 ペーパーナプキンの背景が白いものは、非常に扱いやすい 理由は背景が白いので、貼った時に柄以外の部分が目立たないこと。 また、背景が白いことでシワになっても目立ちにくい、柄を切り取りやすいといったメリットがあります。 背景に色があるものは、背景を残してカットするとそのまま背景色も貼り付けることになるので、違和感が生じたり、シワが目立ちやすくなります。 初心者は背景が白いものに注目して選ぶのがポイント ペーパーナプキンに描かれているイラストが大きければ大きいほど、きれいに貼るのが難しくなります。 大きな1つのイラストをシワなく貼り付けるのは至難の技。 慣れてくればコツがわかり簡単になるのですが、初心者の方には難しいでしょう。 初心者は小さな柄のものを使うことがおすすめ 万が一シワが出来てしまっても、他の部分に目がいくので、シワが目につきにくく、気になりません。 お気に入りのデザインが、大きなイラストだった場合には、一度練習してから本番に移るか、小さいイラストの物で何度かデコパージュを行ってから取り組むなど、工夫が必要です。 ペーパーナプキンで石けんをデコパージュするやり方 デコパージュは、石けんにもできます。 石鹸は、白く凹凸が少ないものを選ぶときれいに仕上がります。 凹凸がある場合には、ナイフで削って平らに整えると、作業がしやすくなりますよ。 必要な道具とやり方は、先程紹介したスマホケースの場合と同じです。 【やり方】• 石けんの大きさに合わせてペーパーナプキンをカットしましょう。 筆を使って石けんの表面に専用液を塗り、ペーパーナプキンを貼りつけます。 専用液が乾いたら、ペーパーナプキンの上から更に2~3回専用液を重ね塗りして乾燥させましょう。 しっかり乾いたら完成です。 見た目が可愛いデコパージュ石けんは、友人へのプレゼントに最適 ラッピングシートなどでおしゃれに包んで、友人をびっくりさせましょう。 デコパージュは、ここで紹介したものの他にも、いろいろな物に取り入れることができます。 スニーカー、ハンドバッグ、カード入れなど、色々な身の回りの物に試してみて下さい。 きっとあなたも、デコパージュの虜になるはずです。

次の

中居正広が通っていた高校のパー学とは一体どこなのか?

パーパー 仲直り

toggle navigation• 23-5. 30 水・木曜日は休廊 時間| 15:00-20:00 場所| パープルームギャラリー 企画| パープルーム 協力| 本展について 前回、パープルームギャラリーで開催した「常設展」はホワイトキューブのギャラリーに作品が端正に並んだ、いわゆる平常時の常設展の雰囲気を再現するような展覧会だった。 パープルームギャラリーは通りに面しており、道ゆく人々がガラス越しに中の様子を伺っていくことも多い。 当たり前のことだが、四角に区切られた空間は住居、店舗、ギャラリーと様々な役割を担う。 パープルームは性質の違う部屋をたくさん有しており、それぞれが奇妙に折り重なり、閉じたり開いたりしながらパープルームの総体を成してきた。 最近では以前にも増して「家」という自身やその家族が占有できる空間が外よりも安全な場所だとして推奨されている。 しかし、わたしたちパープルームにとって「家」とはそもそもそんなに盤石な場所ではない。 雨風、そして「外から来る悪いもの」からわたしたちを守ってくれる建物の壁や屋根を維持するためには当然コストがかかる。 その維持コストや権利は外部との交渉によってしか得ることができない。 そんな今さら確認するまでもない諸条件を前提にこの展覧会はつくられている。 展覧会とは仮設のものだが、「家」もまた仮設のものであるとするならば、わたしたちが拠って立つ場所とはいったいどこにあるのだろうか。 本展はギャラリー内に作品を陳列するだけではなく、ギャラリーのファサードに大きな格子を設置した。 この格子は隙間だらけなので光や風を遮らない。 これは2015年7月にARATANIURANO(当時白銀高輪にあったギャラリー)で開催された「パープルーム大学物語」で採用された柵状の仮設壁が元になっている。 「パープルーム大学物語」はおびただしい量の作品と複雑極まりない会場構成によって、情報に満ちた展示空間を実現した。 その一方で再展示が不可能という問題点も同時に抱えることになった。 パープルームの展覧会が扱ってきた展示を組織するための文法を必要最低限の要素で成立させることも本展では目論まれている。 外から見ればまるで檻の中のような空間に「密室」、「展覧会の模型」、「生活と労働」、「社会構造」、「家」などを主題にした作品が並ぶ。 本展では「入れ子状の室内画としての展覧会」が試みられる。 つまりそれは展覧会という形式がどのような支持体の上で成立しているのかをあらためて問い直すことだ。 展覧会がコンテンツの器でも賑やかしのための催しでもないことを再確認する機会でもある。 2020年5月15日 パープルーム 郊外の美術原理主義国家の法と倫理 パープルームが位置する相模原の風景は、私が10代のほとんどを過ごしたパークシティという茨城県の郊外新興住宅地の風景によく似ている。 小学3年生になる時に引っ越してきたその家は、ツーバイフォー工法というアメリカの建売住宅の建築工法で建てられた張子のような家で、壁やドアの内側が空洞であった。 以前母親にこの街が好きかと聞いたことがある。 特に考えたことはなかったけれど、言われてみれば別にそうでもないとの事だった。 この家に決めたのは、家を探しているときにたまたま東京駅にいて、そこからこの分譲住宅地行きのバスがたまたま出ていたので乗って見に来て、キッチンの出窓が気に入ったからとの事だった。 新たな土地に家を買うという人生の一大イベントに対してあまりにも受動的な感じがするが、ほとんどの人は偶然どこかの土地に生まれ、自分の意思のようなものを手に入れたその後の人生においても、あらゆる条件の元、住む場所とは多分ほとんどそのように受動的に決められていくものなのかもしれない。 私が自分で主体的に行ったと言えるような住む場所に関する選択は、2017年に、20代の後半と30代の全てを過ごしたアメリカを出ると決めたこととそれ以降の話であり、それ以前は住む場所は、主体的な選択とはおよそ呼べないような様々な外的要因によって受動的に決められてきた面が大きい。 しかし、そのような人生に於いても、自らの生活の場を再度主体的に選び取り、土地という偶然性を引き受けなければならない局面が訪れる時は誰にでもあるだろう。 アメリカを出ようと決めたのは、自分の住む場所を主体的に選択することを一度やってみたかったのと、まだそれができる環境にあったこと。 2018年から文化庁の在研で1年間滞在した香港では、ビザの為に学校に行かなければならなかったので北京語を学び、「私」と「I」に加え「我」という主語が新しく参入した。 そうするとその他の2つに対する自分のバランスがシフトして、逃れられない呪縛だとばかり思っていた日本語の「私」という社会性を欠いたパーソナルな主語と、その他律的なあり方とがリアリティを取り戻し、それを自分の起点として再度能動的に選択し直すことにした。 パープルームを初めて訪問したのは2019年の年末、香港から戻ってきて数ヶ月後であった。 香港ではアジアの近現代美術を通した複数の近代や、それぞれの違いを超えて緩やかに連帯して行われる様々な営みを目にした。 ニューヨークのような場所では古いと一笑に付されてしまうような、近代に留め置かれたような数々の作品とアーティスト個人の格闘の痕跡を前に、「私」の出自について改めて問われ、それが拠って立つ地盤が組み換わり、17世期からあまり進化していないと言われている版画というメディアを再度主体的に選択してみようと思っていたタイミングだった。 世代や国、それぞれの領分を超えた水平の繋がりの構築について真剣に取り組まねばと猛省していた私に、相模原に住む日曜画家と呼ばれるアーティスト達との連帯を掲げたパープルームの展覧会「表現者は街に潜伏している。 それはあなたのことであり、わたしのことでもある。 」のステイトメントがタイムリーに響いて、これは見に行かなければと思った。 実際に足を運んでみたら、そこには当たり前のように作品があり、また、何もない殺伐とした郊外住宅地の一つである相模原に行く経験自体が、フィクションの中に足を踏み入れるようですごく楽しかったことが驚きだった。 そこには、自らの活動の基盤としての土地をどのように真剣に捉え直して引き受けていくのかという事も含め、土地と鑑賞者への歩み寄りと、それらに対するホスピタリティとしての重要な実践があった。 彼らの活動の基盤の一つには、主に美大教育を例にした制度・構造批判がある。 制度を批評的に見ることのできる人間の多くは、制度の外にいるか、そこから一旦はみ出た経験を持つ者だろう。 その批評精神が一体どこから来たのかを梅津氏に聞いた時に、長い事誰とも話が合わず、今も合わないという事を聞いて、内部にいながら確実に浮いてしまっている異邦人としての自分に気がついてしまうことや、異邦人として独立国家を作らなければならなかった切実さのようなものが少し解る気がした。 国家には法が必要で、その制定は制作における判断と同じように、原理的にはある種、独裁的なプロセスでもある。 しかしその法がひとりの「私」というパーソナルな主語を起点とし、その人のパーソナリティとパーソナルなバランス感覚とによって権威化を上手く逃れながら、細やかに、時にはその国民のニーズに合わせてパーソナライズされるような、可塑的なものとして緩やかに制定されれば、法のもとの其々が互いに異邦人のまま、馴れ合わず溶け合わずに、個人の語りと視点と課題とが緩やかに交錯する事で稼働する運動体となる。 多くの運動が、異質なものの排斥と同質性による馴れ合いに回収されていく現状を見れば、徹底的な異邦人性から始まり、それを担保した上で行われているパープルームの運動がどこに起点を定めているかが解ると思う。 もう一つ付け加えると、パーソナルな領域を社会化・制度化することと、社会的な領域や制度を個人の都合にあわせてパーソナライズすることは違う。 前者は表現であり、後者は私物化と呼ばれる。 前者が、その運動の倫理を、「私」を起点とした美術原理主義に置いているように見えるパープルーム運動が制度批判を行う際の立ち位置であるだろう。 パーソナルであるということは、正直で、丸腰の、初期状態であるということではないだろうか。 互いに丸腰であれば、そこにデリケートな緊張関係が生じて、関係性はより微細で複雑なものとなる。 それが美術という原理のもとに、排斥はしないが迎合もせずに、互いがドラスティックに平等であるということであり、それこそが、作品があらゆる縛りの中に生きる一点の点でしかない私という個を越えて、誰かに届くかもしれないということの可能性なのではないか。 パープルームは先の常設展で、土地を引き受けることをもう一段階前に進めたように感じた。 それはパープルームの運動が何を起点としているかの態度表明であるとともに、行き場のなくなった作品と観客の為に場を開き、実際に近隣のビジネスとの協力関係を結ぶことで、私小説的な「私」の夢想のシミュレーションとして始まったフィクションが、はっきりと現実にはみ出していった。 どちらも決して簡単なことではないことは十分承知の上で、美術のエコノミーにおけるサステナビリティーがひとりの人間の生の大きさで終わることと、それがひとりの生の規模を超えて、仲間以外の他人の生や社会の側にはみ出していってしまうこととは原理的に違う。 私はこの試みに美術原理主義国家の倫理とフィクションの本当の機能を見て、今回の2度目の常設展に、かつての若き日の丸腰の自分が作った作品がそこに展示されるのをとても嬉しく思っている。 粘土には大きな負荷がかかっており部屋は崩壊の一歩手前で焼きしめられ、その形を保っている。 そのほかに2018年ごろから描き始めたドローイングも数点展示される。 梅津は美術史や制度を作品内で扱うことが多いが、ドローイングにはそういった傾向があまり見られない。 梅津にとってドローイングは純粋な意味でのアトリエであり、手癖や思考の貯蔵庫でもあるようだ。 安藤裕美 1994年 東京都生まれ 《フル・フロンタル展の模型を見る梅津庸一としー没と星川あさこ》(2020年) パープルーム予備校にて展覧会模型を見る人々の様子を描いた室内画。 この作品には障子戸で区切られた二つの部屋、奥の窓、中央の展覧会のマケットと複数の空間が存在している。 安藤は19世紀末のフランスの前衛芸術家集団「ナビ派」の様式のアップデートを試みている。 シエニーチュアン 1994年 愛知県生まれ 《浸透圧のせいで、メディアケーキの中に住む場所がありません。 》(2020年) ギャラリー内に設置された格子の仮設壁に展示されている。 入り口からの光や風が作品の内部を通り抜けることを想像しながら制作された。 自動記述の手法を援用しながら「汚れた板」としての物体と窓としての絵画の枠組みを往復し生成された絵画。 わきもとさき 1994年 東京都生まれ 《チューリップのおうちはわたしとつながっていますなり》(2020年) 自身の身長とほぼ同じ大きさのコラージュ作品。 アートと生活の区切りをなくすことを志向しているというよりは、生活、制作、労働が分かち難く結びついている。 それが思いもよらない形に結実している。 アラン 1991年 鳥取生まれ 《渡り鳥のゲーム》(2020年) 本作は未完成のゲームであり、多面体から成る球状のオブジェである。 「私はゲームを作るということをしていますが、それは社会を見てその法則を導き出す行為と大きな差はありません。 ただ、この方法論では、フレーバーや形式をいくつかのパターンで構成し直すことになる可能性があります。 それが悪いことだとは思っていませんが、私は質的な意味で原初のゲームを作りたいと考えています。 それがどんなものなのかまだわかりませんが、常識を作り共有することを目的とするものになるのではないかと、現時点では思っています」 播磨みどり 1976年 神奈川県生まれ 《婚約(実家)》(2004年) 播磨は雑誌やネットから拾ってきた画像を使って中身が空洞の張り子のような匿名性の高いオブジェを作ることで知られる作家である。 しかし、この作品は播磨作品のなかでも例外的な作品で明確なモチーフが存在している。 モチーフは播磨の茨城県にある実家である。 よくある郊外の建売住宅で、三井不動産の「パークシティ」という住宅シリーズだという。 2004年の播磨の個展『婚約』Gallery Jin(東京)の出品作のひとつ。

次の