岡村 靖幸。 鬼才・岡村靖幸、3度の薬物逮捕でも愛されるワケをその軌跡から読み解く

岡村靖幸 ニューアルバム 『操』 2020年4月1日発売!

岡村 靖幸

提供 2019年にリリースされたEP『少年サタデー』は『王様のブランチ』(TBS系)のテーマソングになっている(画像は『少年サタデー』ジャケットより) シンガーソングライターの岡村靖幸が、RHYMESTERとのコラボ楽曲を自身のライブツアーで発表した。 『岡村靖幸さらにライムスター』名義で近日中に音源化も予定しているようだ。 岡村靖幸といえば、80年代に頭角を現し、今なお世代を超えて愛され続けているミュージシャン。 奇抜でグルーヴィーなサウンド、思春期の只中に居るようなピュアさが残る歌詞、パワフルかつ色っぽい歌声…そのどれもが革新的で、業界にもファンを公言する人が多い。 しかし、岡村がここまで歩んできた道のりは、決して平坦ではなかった。 今回はそんな鬼才・岡村靖幸が歩んだ激動のミュージシャン人生を振り返りたい。 19歳のときに雑誌で見かけたEPICソニーのディレクターの電話番号に連絡し、デモテープを持ち込んだことがきっかけで作曲家として音楽業界に身を置くこととなる。 そして1986年より吉川晃司、渡辺美里などに楽曲提供を開始。 作曲家、アレンジャーを経て、1986年『Out of Blue』でソロデビュー。 作曲家としてはその歌手のイメージに合わせることに重点を置くが、自身の曲は自分をいかに表現できるかであると、違いを語っていた岡村。 ブラックミュージック、ロック、ポップスなど多方面にルーツを持つ独特な音楽性は、歌謡曲で飽和した日本の音楽シーンで際立ち、熱狂的な人気を集めたのだった。 1987年のファーストアルバム『yellow』から、1988年『DATE』、1989年『靖幸』と1年に1枚のペースでオリジナルアルバムを発表し、ソロアーティストとしての存在を確立させる。 『yellow』は作詞家、スタジオミュージシャンを迎え入れての制作であったが、徐々に岡村がイニシアチブを握るようになり、以降現在までレコーディングの際にはほぼ全ての楽器を自ら演奏しているという。 特に尾崎とは自身のステージにてコラボもしており、今でも両ファンの間で語り草となっている。 岡村の持つエキセントリックな個性が炸裂した濃密なこの一枚は、音楽シーンを大きく震撼させ、Mr. しかし『家庭教師』以降は再び楽曲提供やプロデュース業を中心に活動するようになり、ソロ名義での作品発表はペースダウン。 当時のことを岡村は、「何かのきっかけがあったわけではなく、ただ甘えさせてもらってたんですね。 好きなだけ時間をかけていいものを作っていい環境だったんです」と語っている。 川本真琴のデビューシングル『愛の才能』の作曲、編曲、プロデュースを川本本人による希望から手がけ、第39回日本レコード大賞 ベストアルバム賞を受賞したファーストアルバム『川本真琴』のヒットに貢献した。 このとき、電気グルーヴ・石野卓球とのユニット『岡村と卓球』名義でのシングル、アルバムリリースの予定がされていたが中止に。 その半年後、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』のステージで活動再開した。 しかし、2005年7月に同罪で2度目の逮捕。 執行猶予期間中の再犯ということで、懲役1年6ヶ月の実刑判決が下された。 出所後の2007年、小林武史主催の音楽イベントにて復帰を宣言するも、翌年2008年に3度目の逮捕。 懲役2年の実刑判決を受け、またも服役。 3度目の逮捕の際、初公判の場で「プレッシャーに負けて覚せい剤に手を出してしまいました」と供述している。 さらにこの頃は体型にも変化が現れており、現在と比較してかなり太っていたようだった。 やはり精神的に追い込まれ、不安定だったのかもしれない…。 追い風が吹くなかで、出所後の2011年、過去に発表した自身の楽曲をリアレンジした2枚のアルバム『エチケット』をリリース。 その後もコンスタントにシングルを発表し、年2回ライブツアーを行うなど、精力的な活動を見せている。 2016年、約11年ぶりにリリースしたオリジナルアルバム『幸福』は岡村の完全復活を証明しているとも思える。 収録曲は、『ラブメッセージ』に代表される初恋のような甘酸っぱさを帯びた多幸感溢れるラブソングから、持ち前の変態的リズムセンスが織り成す『ぶーしゃかLOOP』など、粒ぞろい。 また、近年は分野の違う表現者たちとも積極的に交わり、コラボ作品もたびたび発表している。 2014年、Base Ball Bearのボーカリスト・小出祐介とコラボした『愛はおしゃれじゃない』を皮切りに、若い世代に人気のあるDAOKOと『ステップアップLOVE』を発表、KICK THE CAN CREWの楽曲にゲストボーカルとして参加するなど、常にアップデートを続けている。 <文/A4studio>.

次の

Amazon

岡村 靖幸

— 2014 7月 2 8:39午前 PDT 松任谷由実さんと桃井かおりさん。 私生活もヴェールに包まれた カリスマ的存在なのに、 ファンや若い人気ミュージシャンからも 親しみをもって「岡村ちゃん」と 呼ばれているあたり とてもチャーミングなお人柄であることがわかります。 また、ファンの間では ライブのことを「DATE(デート)」と呼びます。 「岡村ちゃんとデート」ってことです(笑) そういう表現にも 独特の岡村ワールドが炸裂しています。 結婚していない岡村さんが 「結婚とは一体何か?」について 深く追求し、模索していくという内容。 そんなこと考えていたら一生結婚できないと 対談したうちの一人、 横尾忠則さんに言われていましたが(笑) なぜ岡村さんは結婚しないのでしょうか? ネット上ではある噂がささやかれています。 岡村靖幸が結婚を考えた川本智恵って誰? 岡村靖幸さんの過去の恋愛について調べていると 川本智恵さんというお名前が挙がってきます。 どのような方なのか調べたところ、 どうやら一般人の方で 過去に岡村靖幸さんと交際していたことが 確認されている方のようです。 どのような方かまとめると ・1973年10月17日生まれ ・現在44歳 ・血液型:B型 ・お金持ちのお嬢様で容姿端麗 ・ロングヘアー小柄でとても細い ・歯科医院のご令嬢 1988年に発表したアルバム「DATE」の中の 「不良少女」は川本智恵さんをモデルに 作られた曲だったことがわかりました。 交際をスタートさせた当時 川本智恵さんはまだ高校生だったそうですが 岡村靖幸さんにとっては 10年ぶり2人目の彼女だったそう。 その後も彼女をモデルにした曲を次々と発表し、 1995年には「妻になってよ」という曲を贈ります。 それからは紆余曲折がありながらも 2008年ごろまでは交際していたようです。 川本智恵さんがボブサップと交際? 川本智恵は一般の方ですが ボブサップと交際していたということで 名前が表に出たことがあるようです。 どのような経緯で知り合ったかはわかりませんが、 交際期間は2002年〜2003年の間の 1年ほどだそうです。 破局後は、 また岡村靖幸さんと復縁したようです。 現在も交際が続いているのかわかりませんが、 2008年ごろまでは 岡村靖幸さんとお付き合いをされていた という情報もありました。 現在も独身を貫いておられるので もしかしたらもうすでに関係が 終わっている可能性もありますね。 岡村靖幸さんはご自身の著書でも 結婚相手とはジョンとヨーコみたいな 刺激しあえる関係がいいというような 発言をされていたので、 作曲や作詞などの創作活動に 刺激を与えてくれるような女性が 理想の結婚相手だということだと思います。 川本智恵さんをモデルに 数々の名曲を生み出してきたと言われている 岡村靖幸さんにとっては 創作活動におけるミューズのような存在 だったのかもしれませんね。 ちなみに、 ミュージシャンの川本真琴さんと 岡村靖幸さんの結婚の噂が流れたことがありましたが、 偶然にも 苗字が同じ「川本」さんなので 勘違いされた可能性もありますね。 まとめ いくつになっても色褪せないどころか ますます若々しくパワフルに進化していく岡村靖幸さん。 いつか結婚する日がやってくるのか? 注目していきたいです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

DAOKO × 岡村靖幸『ステップアップLOVE』MUSIC VIDEO

岡村 靖幸

カルアミルク / DAOKO 作詞・作曲 岡村靖幸 編曲 小島英也(ORESAMA) 通常盤Bのみ 映画『We Love Television? 』(企画・構成・監督:土屋敏男)主題歌 02. ラップシンガー。 ニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012年15歳でLOW HIGH WHO? PRODUCTIONから 1stアルバム『HYPERGIRL-向こう側の女の子-』をリリース。 メジャーデビューまでに3枚のアルバムを制作。 2016年には学校法人・専門学校HAL2016年度新CMのCMソングを担当。 同年12月には3rdアルバム『私的旅行』が発売。 同年末、第69回NHK紅白歌合戦に出場し注目を浴びる。 音楽活動の一方、2017年に小説「ワンルーム・シーサイド・ステップ」を執筆しKADOKAWAより刊行。 また新たなバンド形式での「enlightening trip 2019」ツアーを成功させ、音楽を中心にしながらも多様なクリエイティヴ表現を続けている。

次の