グレープフルーツ 砂糖 漬け。 グレープフルーツを貰ったので砂糖漬けにしたらめっちゃうまい

砂糖漬け

グレープフルーツ 砂糖 漬け

砂糖漬けフルーツのサンデー このデザートでは普段捨ててしまいがちな果物の皮をたっぷりと使う。 砂糖漬けにした皮はどんなスイーツにも合うし、それだけで食べてもおいしい。 材料(12人分)• オレンジの皮…4個分(またはレモン5個分、グレープフルーツ3個分の皮)(2cm 幅に細長く切る)• 砂糖…3カップ、飾り用に大さじ1• バニラアイス又はジェラート…1. 5 クォート(約1. 4 リットル)• プラムまたは桃…3個(薄切り)• 果物ナイフの刃を自分に向けないようにしながら柑橘類の皮をむき、中果皮(白い部分)もできるだけ取り除く。 中くらいの鍋に水2. 5カップを入れて沸騰させたら、果物の皮と砂糖を入れて、果物の皮が半透明になるまで1時間ほど煮る。 穴付きのスプーンを使って皮だけを取り出し、水気を切る(残ったシロップは冷蔵庫に保存しておけば、カクテルやお茶、ほかのデザートに使える)。 皿の上に皮を並べ、覆いをかけずに一晩乾かす。 皮に砂糖大さじ1をふりかけて、密閉式容器に入れて保管する。 栄養成分(1人分):380kcal、脂質8g(飽和脂肪酸5g)、炭水化物76g、食物繊維2g、タンパク質4g、ナトリウム62mg レシピ提供:ゲイブ・ケネディ ABC局の番組The Tasteの優勝者 ライター:リズ・クリーガーは健康やウェルネスに関するライターで編集者。 ブルックリン在住。

次の

レモンの砂糖漬けは誰でも超簡単!漬け方のコツや効果・使い方も紹介!

グレープフルーツ 砂糖 漬け

編集スタッフ 岡本 我が家の定番を探して 小学生の頃、暑くなると母が出してくれる、夏の風物詩のような飲み物がありました。 爽やかな飲み心地のジュースや果実シロップに「今年もこの季節がやってきた!」と、心躍らせていたものです。 大人になった今も、さっぱりおいしい飲みものを求める気持ちはあの頃のまま。 我が家でも、夏はこれだよね!という、定番の飲みものがあったら。 全4話で、週末のすこしの時間で作れる自家製シロップや、調味料をご紹介します。 作りかたを教わるのは、料理家・たくまたまえさん。 これまでも、やなど、おいしいアイデアをたくさん教えてくださいました。 さっそく作りかたを聞こうと台所をのぞくと、すでに爽やかな香りがあたりいっぱいに漂っています。 さて、本日の主役は……。 炭酸やアイスティーと相性ばつぐん! 果肉たっぷりグレープフルーツシロップ 材料(500ml分、セラーメイト1Lにおすすめの分量) グレープフルーツ … 1個(約250g) ピンクグレープフルーツ … 1個(約250g) グラニュー糖 … 200g 作りかた [1]保存瓶をアルコール、もしくは煮沸で消毒する [2]すべてのグレープフルーツの皮をそぎ切り、軸(中心の白い部分)を切り落とす [3]房と房の間に包丁を入れて、ひとつひとつばらしていく。 このとき一緒に薄皮もむく [4]グレープフルーツとグラニュー糖と交互に入れていく たった一晩で、完成! たくまさん: 「すぐにグラニュー糖が溶けてくるので、沈殿しないよう1日1回を目安に、瓶を上下してください。 完全に溶けたら完成です。 冷蔵庫で1週間保存がきくので、いろいろな飲みかたで楽しんでみてくださいね」 炭酸水はもちろん、おすすめはアイスティー割りだそう。 ミントを浮かべればさらに爽やかさアップです。 グレープフルーツの果肉も一緒に注げば、デザートにも。 週末の昼下がり、季節を楽しむように取り組んでみてはいかがでしょうか。 当店で取り扱いのセラーメイトは 【写真】鈴木静華 もくじ 料理家 たくまたまえ 東京の下町生まれ。 地元産を中心に、旬の野菜や果物を使った保存食をイベント等で発売する。 主な著書に、保存食のレシピをまとめた「たまちゃんの保存食」(株式会社マイナビ)、夫のお弁当作りをまとめた「たまちゃんの夫弁当」(主婦と生活社)がある。 テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の

コストコのレッドグレープフルーツシロップ漬けを買ってみた

グレープフルーツ 砂糖 漬け

コストコのレッドグレープフルーツシラップ漬け 今回買ってみた、コストコのレッドグレープフルーツシロップ漬けがこれ。 箱に入っています。 227gが12カップ入っていて、価格は1,618円です。 1個あたり135円位ですね。 スーパーでグレープフルーツが入ったカップが売っているとすれば、やはりこのくらいの価格は最低限するでしょうから、特に高いという感じはしません。 むしろ、似たような柑橘系の缶詰の価格を考えれば安いくらいです。 原材料などをみてみると・・・ よくよくみてみてみると、名称はグレープフルーツのシラップ漬けとなっていますね。 原材料はグレープフルーツ、砂糖、酸化防止剤です。 固形量は115gが12個。 原産国はメキシコになります。 箱を開けてみると、中はこんな感じになっていました。 びっしり入ってますね。 見た感じはかなり美味しそうに見えます。 では早速箱から出して食べてみましょうか。 コストコのグレープフルーツシロップ漬けを食べてみる 箱から出してみると、カップにはカークランドの文字が。 コストコのオリジナル商品だというのがはっきり分かりますね。 早速あけて見ましょう。 中のグレープフルーツは思った以上にしっかりしています。 ボロボロ崩れることもなく食べやすい感じ。 一口食べてみると・・・う〜ん・・・、ちょっとほろ苦いかな? まずシロップですが、これは思ったほど甘くないです。 少なくてもミカンの缶詰のように甘〜いとろみのあるシロップではなく、しゃばしゃばの自然な甘味のシロップ。 そしてグレープフルーツからでた苦みでしょうが、少しほろ苦い感じです。 皮は一切残っていませんが、苦みがあって少々口に残ります。 シロップ自体はそんなに甘くなく、グレープフルーツも自然な甘さで、砂糖で味付けしているという感じはあんまりありません。 もちろん酸っぱくもなくて、コスケとしてはちょうど良い感じ。 ちょっとほろ苦いのさえ問題なければ美味しいです。 実もしっかりしていて崩れませんし、綺麗に食べることができます。 そのまま食べても美味しいのですが、ヨーグルトに入れても美味しかったです。 また買うかと言われるとちょっと分かりませんが、買って公開するようなものではないですし、グレープフルーツ好きなら良いかなと思います。 皮を剥く面倒もありませんからね。 以上、コストコのグレープフルーツシロップ漬けを食べてみたという記事でした。 動画も撮影してみたので、こっちも参考にしてください。

次の