スピーディ スリーブ。 スピーディーロック

製品詳細

スピーディ スリーブ

スリーブを取付けることでシャフト補修費用と修理時間を節約でき、貴社の生産効率アップに大きく貢献します! SKF Speedi-Sleeve(スピーディ・スリーブ)を取付けることで、オイルシールリップが生み出す摩耗によるシャフトの修理や、それに伴う機械停止といった問題を防止します。 YouTubeビデオをご参照ください。 詳しくはカタログをダウンロードするか、お気軽にお問合せください。 クリップする• 関連する製品をウォッチする 基本情報 SKFスピーディ・スリーブ<軸の修理費用&時間の大幅な節約!> 【適切なスリーブサイズの選択】 1.シャフトをよく洗浄する 2.シャフトの軸径を計る 3.製品表から許容範囲の型式を選択 価格 数量によって価格が変動しますので、お気軽にお問合せください。 カタログ SKFスピーディ・スリーブ<軸の修理費用&時間の大幅な節約!>• 取扱企業 SKFスピーディ・スリーブ<軸の修理費用&時間の大幅な節約!> SKFは、世界の軸受市場におけるリーディング・カンパニーです。 スウェーデンに本社を置き1907年 明治40年 に創業、また、日本支社である日本エスケイエフは昭和7年に創業しました。 弊社では、継続的に新しい技術開発を行うことでお客様の競争力向上に貢献する製品作りに役立てています。 40以上の産業において「ベアリングとユニット」「シール」「メカトロニクス」「サービス」「潤滑システム」 の知識と経験がございます。 お客様のご要望に合わせたカスタムシールも製作します。

次の

EZ9X303 ノックアウトパンチ

スピーディ スリーブ

福本自動車の動画を観てたら、驚きのアイテムが 予想ですが、カムシャフトのオイルシールを抜く時にシール当り面に縦傷をつけてしまい その深い傷でオイルシールが用を成さない状態になったようです。 それで、傷口からオイルが漏れていたようです。 その傷を埋めて使う部品が「スピーディ・スリーブ」 溝はエポキシで埋めて、オイルシール当り面の傷には 薄いスリーブを嵌める事でオイルシールが用を成すわけです。 もしやと思って調べると、80mmサイズのスリーブも設定あります。 (D型やB型のミッション側クランク径) オイルシールの方が柔らかいので、先にオイルシール側が減ると思いますが シャフト側も僅かにへります。 普通は筋が見える程度で、触っても計測しても特に段差が確認できないと思います。 たぶん、ベルトを強く張りすぎる事でのパワーロスを知らない可能性も・・・ Vベルトと区別が付かない整備士もいるでしょう。 脱線しましたが、 何度もオイルシールを交換しても、許容できないオイル漏れがある場合は シャフト側が減ってきている可能性が高いです。 その際に、スリーブを入れる事でシャフトの径を復帰させるのが 「スピーディ・スリーブ」で可能になるわけですね。 クランクやカムシャフトが部品として出なくなった車種ですと オイルシールとの当り面が磨り減ってオイル漏れが収まらなくなったら 修理不能扱いとなるでしょうが、 この部品を使えば、作業ミスでの傷だけでなく磨耗でのオイル漏れにも対応できそうです。 ドライブシャフトやメインシャフトのオイルシール部にも使えそうです。 この様な製品があるのを知らなかったら、廃車も覚悟する必要があります ディーラーだったら、この様な補修部品は保証の関係で使えません 下手に整備頼んだら、整備料(工賃+部品代)を取られた挙句、廃車ですよ。 ディーラーだったら整備保証の可能性もありますが、これが個人の整備工場だったら、保証対応も出来ない事も珍しくないです。 具体的に指摘すれば「知らない!」ってシラを通す事もあるでしょうというか そのパターンが非常に多いような気がします。 業者作業での整備ミスでの重複整備 逆に仕事が増えて、トータルではタイベル交換を2回とスリーブ圧入補修で 工賃は倍以上となるわけです。 このテのトラブル多いし、こういった雑な仕事をする業者だと 下手にクレームを言うと、整備ミスが原因でもクレーマー扱いです。 命に関わるような修理不良ですら、クレームを許さないような業者もいます。 (事故車は真っ直ぐ走らない神話の原因) みなさん、ご注意ください。

次の

CR 99215

スピーディ スリーブ

福本自動車の動画を観てたら、驚きのアイテムが 予想ですが、カムシャフトのオイルシールを抜く時にシール当り面に縦傷をつけてしまい その深い傷でオイルシールが用を成さない状態になったようです。 それで、傷口からオイルが漏れていたようです。 その傷を埋めて使う部品が「スピーディ・スリーブ」 溝はエポキシで埋めて、オイルシール当り面の傷には 薄いスリーブを嵌める事でオイルシールが用を成すわけです。 もしやと思って調べると、80mmサイズのスリーブも設定あります。 (D型やB型のミッション側クランク径) オイルシールの方が柔らかいので、先にオイルシール側が減ると思いますが シャフト側も僅かにへります。 普通は筋が見える程度で、触っても計測しても特に段差が確認できないと思います。 たぶん、ベルトを強く張りすぎる事でのパワーロスを知らない可能性も・・・ Vベルトと区別が付かない整備士もいるでしょう。 脱線しましたが、 何度もオイルシールを交換しても、許容できないオイル漏れがある場合は シャフト側が減ってきている可能性が高いです。 その際に、スリーブを入れる事でシャフトの径を復帰させるのが 「スピーディ・スリーブ」で可能になるわけですね。 クランクやカムシャフトが部品として出なくなった車種ですと オイルシールとの当り面が磨り減ってオイル漏れが収まらなくなったら 修理不能扱いとなるでしょうが、 この部品を使えば、作業ミスでの傷だけでなく磨耗でのオイル漏れにも対応できそうです。 ドライブシャフトやメインシャフトのオイルシール部にも使えそうです。 この様な製品があるのを知らなかったら、廃車も覚悟する必要があります ディーラーだったら、この様な補修部品は保証の関係で使えません 下手に整備頼んだら、整備料(工賃+部品代)を取られた挙句、廃車ですよ。 ディーラーだったら整備保証の可能性もありますが、これが個人の整備工場だったら、保証対応も出来ない事も珍しくないです。 具体的に指摘すれば「知らない!」ってシラを通す事もあるでしょうというか そのパターンが非常に多いような気がします。 業者作業での整備ミスでの重複整備 逆に仕事が増えて、トータルではタイベル交換を2回とスリーブ圧入補修で 工賃は倍以上となるわけです。 このテのトラブル多いし、こういった雑な仕事をする業者だと 下手にクレームを言うと、整備ミスが原因でもクレーマー扱いです。 命に関わるような修理不良ですら、クレームを許さないような業者もいます。 (事故車は真っ直ぐ走らない神話の原因) みなさん、ご注意ください。

次の