ミシュラン プライマシー 4。 ミシュラン、ウェット性能&静粛性を高めた新コンフォートタイヤ「プライマシー 4」発表会

MICHELIN PRIMACY PRIMACY 4の評価・ユーザーレビュー一覧|タイヤの通販 販売と交換/取付予約のTIREHOOD

ミシュラン プライマシー 4

プライマシー4とはどんなタイヤ? まずは今回乗ったプライマシー4がどのようなタイヤかご紹介です。 「プライマシー」シリーズはミシュランのコンフォート系タイヤにつく名称で、「4」とあるようにその第4世代に位置する商品ということになります。 プライマシー3が発売されたのが2013年、このプライマシー4が2018年ですので5年越しに満を持して登場ということになります。 その間蓄積された技術やノウハウが惜しみなく投入されているとのことです。 プライマシー4の大きな特徴としてあげられるのは下記の2点です。 高い静粛性• 濡れた路面での優れた制動性能 ミシュランが試乗会前にプレゼンしていたときのキャッチを引用すると 「濡れた路面にも強い、プレミアムコンフォートタイヤ」とのことです。 高い静粛性 もともとプライマシー3でもその優れた静粛性は様々なところで高く評価されていました。 筆者自身としても静粛性においては国内有名メーカーの同セグメント内に位置する商品と比べても、引けを取らない優秀なタイヤだと評価しています。 それが更にプライマシー4になり進化をしたというから驚きです。 周波数をコントロールしパターンノイズを低減する従来のバリアブルピッチに、サイレントテクノロジーを加えることでさらなる静粛性の向上を実現しています。 濡れた路面での優れた制動性能 プライマシー4ではウェットブレーキ性能が大きく向上しました。 プライマシー3と比べ新品時(履き始め)でも4. 5%短く止まり、摩耗してから(履き替え時)だとなんと13. 3%も短く止まるようになり安心感が長く続きます。 これは溝の形状を見直し、濡れた路面での排水性能がアップことに加え、タイヤのゴムを濡れた路面でもよりグリップする新しい配合のコンパウンドにしたからです。 試乗会では周回と急制動の2つのコースを走行しました 今回のプライマシー4の試乗会はGKNドライブラインジャパン㈱ プルービンググラウンドのコースを利用して行われました。 非常に大規模なテストコースです。 ハンドルに対するレスポンスの良さや車を立て直す際の感触、タイヤの静粛性を体感できるコースでした。 ブレーキ時の制動力を体感できるコースでした。 なお、当日の天気は雨ですべてのコースが水に濡れている状態でした。 比較対象のタイヤは国内大手メーカーから発売されているコンフォート系のタイヤでした。 プライマシー4と同じカテゴリーに位置づけられる商品です。 ご理解いただけますと幸いです。 プライマシーは静粛性をウリにしているシリーズですが、驚いたのは静粛性以外の性能も非常に優れているという点です。 後輪側のふらつきがすぐに収まるため、次にハンドルを切るアクションに入りやすい感覚です。 また、ハンドルの動きに対してのタイヤのレスポンスも良いので走行安定性が高く安心感がありました。 実は試乗前は、「ウェット性能を向上させるため各溝が深く大きくなっているということは、ブロック剛性が確保されず走行安定性はむしろ悪くなるのではないか」と想像していましたが、その推測もすぐに払拭されました。 「乗っていて楽しいタイヤだろうな」という率直な感想を持ちました。 残念だったのは当日の天気が雨だったため、ドライ路面を走ることができず肝心の静粛性の向上を体感できなかったことです。 いかに静粛性が良いタイヤでも雨だとどうしても水を切る音が出てしまいますね。 ただ、メーカー担当者の方の話によると別日に開催された試乗会ではドライ路面で走行ができ、搭乗した全ての方に静粛性の違いを感じていただけたということです。 満を持して登場した新商品ですのでこの点はおそらく抜かりがないだろうと想像します。 急制動コースでは驚きのウェット制動性能の高さを実感 続いて急発進急制動でのウェット制動をテストしました。 雨ですので路面はしっかり濡れたウェット路面です。 新品時の乗用車タイヤは溝がおおよそ6~8mmです。 法定使用限界のスリップサインが出るのが1. 6mmですので、残溝2mmですとほとんどツルツルに近い状態のタイヤでした。 新品のタイヤではプライマシー4と比較商品の制動距離に1mも差が出ませんでした。 やはり新しいタイヤは雨に濡れている路面を走行していても安心感があります。 しかし、新品タイヤと摩耗タイヤには大きな差が出ました。 プライマシー4自体も新品時と摩耗時ではおおよそ10mほど制動距離が伸びるということも貴重な体験でしたが、なによりも 摩耗した状態のタイヤは種類によって制動距離が10m近く差が出たことが衝撃でした。 このことを体験できたことが今回の試乗会で特に貴重な経験になったと感じています。 時速80kmというと高速道路では普通に運転していて出すスピードです。 例えば、渋滞の最後尾に気づくのが遅れたり、突然目の前で事故が起きたりなどフルブレーキをかけることは実際に起こり得ることでしょう。 その時に、自分自身が 事故にあうかどうかの差が、タイヤによって現れるだろうということを実感する試乗となりました。 18インチ以上のタイヤにはコントラストが鮮明なプレミアムタッチデザインをサイドウォールに採用 近年ゲリラ豪雨は増加傾向にあります。 また、雨天時の交通事故は晴天時に比べ4倍にのぼるというデータもあります。 車は命を乗せて走るものですから、安心して走行できることが何より優先です。 プライマシー4は 静粛性や乗り心地も優れたタイヤですが、それは根底に「安心・安全」が確保されてこそ求めることができる性能だと強く感じました。 静粛性が高く乗り心地が良いタイヤは他のメーカーからも発売されています。 ブリヂストンのREGNO(レグノ)シリーズや、ヨコハマタイヤのADVAN dB V552(アドバンデシベルブイゴーゴーニ)やダンロップのVEURO VE303(ビューロ ブイイーサンマルサン)、グッドイヤーのEfficientGrip Comfort(エフィシェントグリップ コンフォート)などです。 それぞれ単体で試乗したことはありますが、各商品やはり長所・長所があります。 私自身「あのタイヤが好き・・・」という好みもありますし、今回ブログに書ききれなかったプライマシー4のタイヤの内部構造やゴムのコンパウンド、トレッドパターンの進化など技術的な側面も含めたくさんの情報も、当店まで足を運んでくださればたっぷりお話いたします。 店頭では各種メーカーのタイヤを取り揃えて、より詳しいご案内もしております。 ご不明点などありましたらお気軽に店頭スタッフにお声がけください。 埼玉県川越市最大級のタイヤ専門店 株式会社相広タイヤ商会 タイヤガーデン川越 営業時間:平日・土曜日 8:30~18:00 TEL:049-245-2222 〒320-1124 埼玉県川越市新宿町5-16-17.

次の

ミシュラン プライマシー4(Primacy 4)でカローラスポーツの走りに変化が!!

ミシュラン プライマシー 4

新プレミアムコンフォートタイヤ「プライマシー 4」の発表会に出席した日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長のポール・ペリニオ氏(右)、商用車タイヤ事業部 マーケティング部 ブランド戦略マネージャーの大河内昌紀氏(左) 日本ミシュランタイヤは6月18日、7月2日に発売する新プレミアムコンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY 4(ミシュラン プライマシー フォー)」の発表会を都内で開催した。 プライマシー 4のタイヤラベリング制度での転がり抵抗等級は16サイズで「AA」、ウェットグリップ等級は19サイズで「a」。 現時点ではサイズによってプライマシー 3も併売となるが、サイズ拡大に伴い適宜プライマシー 4に切り替えていくとのこと。 プライマシー 4のサイズ一覧 プライマシー 4の詳細についてはに詳しいが、2001年に登場した第1世代の「パイロット プライマシー」を皮切りに、第2世代の「プライマシー HP」「プライマシー LC」、第3世代の「プライマシー 3」に続く第4世代のコンフォートタイヤ。 そのプライマシー 4では排水性能に優れる新溝形状を採用して濡れた路面での排水性能を向上させるとともに、低燃費性能とウェットブレーキング性能を両立した新配合コンパウンドなどを採用。 これにより、プライマシー 3比で履き始め時のウェットブレーキング性能を4. 5%、履き替え時のウェットブレーキング性能を13. 3%、静粛性を6%、履き替え時の溝体積を約22%それぞれ向上することに成功したという。 また、外観上では18インチ以上のタイヤにパイロットシリーズなどで一部採用されているコントラストが鮮明な「プレミアムタッチデザイン」を採用するとともに、スリップサインをより見つけやすいようにミシュランマンとミシュランロゴが用いられているのも特徴になっている。 日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長 ポール・ペリニオ氏 発表会では日本ミシュランタイヤ 代表取締役社長のポール・ペリニオ氏が挨拶を行なうとともに、乗用車・商用車タイヤ事業部 マーケティング部 ブランド戦略マネージャーの大河内昌紀氏がプライマシー 4についてのプレゼンテーションを実施した。 初めに登壇したポール・ペリニオ社長はプライマシーシリーズの歴史について振り返り、「プライマシーシリーズは乗り心地、ハンドリング性能、省燃費性能など、さまざまな消費者ニーズに応えて進化してきた歴史でした。 また、プライマシーシリーズは消費者ニーズのみならず、自動車メーカーの厳しい要望にも応えてきました。 欧州メーカーだけでなく、国産車(日本車)にも歴代のプライマシーシリーズがOE装着されてきました。 「このように、プライマシーシリーズはボディタイプを問わずさまざまな車種の要求性能を満たすことができる非常に高い基本性能を持っているプレミアムコンフォートタイヤで、これぞまさにミシュランが提唱するミシュラン・トータル・パフォーマンスを体現するタイヤです」とアピールを行なった。 日本ミシュランタイヤ株式会社 商用車タイヤ事業部 マーケティング部 ブランド戦略マネージャーの大河内昌紀氏 一方、具体的な製品特徴について語った大河内氏は、まず開発の背景について語り、「プライマシー 3が登場した2013年以降、プライマシー 4をどのような製品にするか考えてきました。 2013年以降、これまでの自動車業界の流れとしては、消費者の皆さまの安全に対する関心が非常に高まっていることが挙げられます。 これは数値にも表れており、乗用車の販売全体に対する衝突被害軽減ブレーキの装着率は2017年で約6割となっており、安全に対する関心が高まっているということを理解しました」。 自動車の電動化が進むことによってタイヤに求められる性能が変化してくるだろうとわれわれは考えました」と、近年の消費者マインドについて解説。 他方、タイヤに求められるニーズについては、「タイヤ購入の際に重視する性能(新品時)」「最も長続きしてほしい性能(履き替え時)」の2点をアンケート調査で調べたところ、前者の問いでは「雨天時のブレーキング性能」、後者の問いでは「雨天時の性能(ブレーキング・ハンドリング)」と回答した人が最も多いという結果が出た。 大河内氏は、事故発生割合が晴天時(1. また、ゲリラ豪雨は直近の10年とその前の10年で発生回数を調査したところ、約1. 4倍になっています。 このような突然の豪雨の際、実際に装着しているタイヤが摩耗している状態で起こったらどうなるだろうと、漠然とした不安をユーザーの皆さまがお持ちであることを理解しました」 「加えて車両の電動化によってエンジンノイズが発生しないもしくは減少するなど、車両自体が静かになっており、これに伴い静かなタイヤを求められています」と述べるとともに、大型の電動車両が装着するプレミアムコンフォートタイヤにも低燃費性能が求められていると、近年のユーザーニーズについて言及。 プライマシー 4の特徴 こうしたユーザーニーズを元に開発されたのが今回のプライマシー 4であり、「優れたウェットブレーキングで長く続く安心感」「高い静粛性と低燃費性能でプレミアムコンフォートタイヤの基本性能を向上」という2点が製品の特徴として紹介された。 まず安全性については、「プライマシー 3では主溝の形がややV字型でしたが、プライマシー 4ではスクエアなU字型とし、排水性能を新品時はもちろんのこと履き替え時(タイヤの使用限界が1. 6mmで、それに近い残溝2mmを想定)でも溝体積が約22%アップしました。 排水性の向上により、新品のみならず履き替え時においても高いウェット性能を維持することができました」と述べるとともに、プライマシー 4では新配合のコンパウンドも採用したことで、新品時のウェットブレーキ性能は従来(プライマシー 3)から約4. 5%、履き替え時のウェットブレーキ性能は約13. 3%向上したことを報告。 安全性というキーワードが下支えになることで、よりドライバーの方が安心して運転できる。 それが本当の意味での快適なタイヤになるのではないかと考えています」とアピールを行なった。 そのほかプライマシー 4はボルボ「XC40」で純正採用されていることを報告するとともに、「進行中のOEプロジェクトとしては、現在開発中のものが90プロジェクト、開発が終了した承認取得済みのものが22プロジェクトあります。 この22プロジェクトについては2018年後半から続々と新車に装着されて発表される予定で、自動車メーカーは欧米のみならず日本国内メーカーのものも含まれています」と説明。 合わせてプライマシー 4が「全額返金保証プログラム」の対象製品であることについて触れ、「今までミシュランタイヤに興味はあるものの『海外ブランドは自分に合わないのではないか』『プライマシー 4がどんなタイヤか分からない』といったお考えのお客さまに同プログラムを活用していただき、ぜひご購入いただければと思います。 製品には自信を持っていますので、必ずやご満足いただけると考えています」としてプレゼンテーションを終えている。

次の

静かなだけじゃない! 最新コンフォートタイヤのミシュラン・プライマシー4が登場!|MotorFan[モーターファン]

ミシュラン プライマシー 4

製品情報 ミシュランのプレミアムコンフォートが第4世代に進化、投入されたのは「PRIMACY 4 プライマシー 4 」です。 最大主張は、求められる静粛性と省燃費性を確保した上で、履き始めから履き替え時までウェットブレーキ性能の向上を実現させた製品であること。 初期発売サイズは、16 ~ 19インチの計36サイズ。 低燃費タイヤとなり16サイズが転がり抵抗係数「AA」、19サイズがウェットグリップ性能「a」を実現。 そして最新はかなり拡大しています。 以下サイズ表で確認を。 従来品「PRIMACY 3」は2013年発売、静かでゆったりそして高速での爽快感、双方に拘る人のニーズに応えることをコンセプトに、アクティブコンフォートと呼ばれる次世代コンフォートを強調しました。 ミシュランのプレミアムコンフォートは「PRIMACY」シリーズを指名。 初代は2001年発売の「PILOT PRIMACY」。 しかし運動性能を強調する「PILOT」をネーミングの一部としており、カテゴリー特性に完全化するのには半端さがありました。 そこでプレミアムコンフォートの拘りを実現する「PRIMACY HP」へ委ねることに、これが2006年です。 2009年には「ENERGY MXV8」の後継として「PRIMACY LC」が登場、日本で開発され静粛性と転がり抵抗に優れた低燃費タイヤです。 「HP」と「LC」は微妙に方向性が異なるものの、基本コンセプトを踏襲し双方とも「PRIMACY」シリーズ2代目に位置付けられました。 そして3代目になるのが「PRIMACY 3」です。 欧州での先行販売を経て2013年に国内へ登場。 「HP」と「LC」を融合しアクティブコンフォートを声高に謳います。 というシリーズの変遷を経て登場した「PRIMACY 4」は、ある意味集大成を謳ってもいいのでは。 静粛性と省燃費、そしてウェットブレーキ性能、更には「PILOT」のDNAをも得ており、正にプレミアムコンフォートの完全化を目指しています。 「PRIMACY 3」同様欧州で先行発売されており国内でも早期の投入が望まれました。 一部で2018年秋以降では、という声も聞かれたけれど、それほどタイムラグ無く2018年7月に投入されたのは市場の要求に応えたから? 国内市場は結構激しい競争です。 ヨコハマ「ADVA dB V552」が満を持して2017年に投入、実質2018年シーズンの目玉になりました。 コンチネンタル「PremiumContact 6」も6世代へ進化したばかり。 この現状に後れを取る訳にはいかないミシュラン、元来プレミアムコンフォートに対する得意性は随一だしそのプライドが強く感じられます。 技術展開 「PRIMACY 3」との従来品比較は、ウェットブレーキング性能比較において履き始め(新品時)4. 5%向上、履き替え時(残溝2mm)13. 3%向上を示します。 また周波数をコントロールしパターンノイズを約6%低減し、プレミアムコンフォーとしてトータルパフォーマンスを追及しているのは間違いない。 興味深いのはウェット性能に大きな影響力を与えるトレッドデザインながら、基本は従来を踏襲しているイメージ・・ というのが一見ながら、そこはよぉぉく確認すれば進化点が見えて来ます。 まずは溝の形状。 排水性を高める為に実は新形状を採用したという。 より多くの水を流入させることが可能で体積増は22%アップ。 また周波数をコントロールしてパターンノイズを低減する従来の技術にサイレント リブテクノロジーをプラス採用し、更なる静粛性を図ります。 そしてこれが目立つのかな。 ミシュランマンとロゴを採用した新デザインのスリップサイン、タイヤ履き替え時により見つけやすくなっているよう。 18インチ以上には「PILOT SPORT 4」で採用しているプレミアムタッチデザインを採用、メリハリの利いたスタイリッシュなサイドウォールとなっています。 17インチ以下はスタンダードデザインです。 サイズ・購入 比較対象は7年5万キロのエナジーセイバーになりますが、確実に上回っているのは乗り心地だけで、静粛性は耳障りな高周波ノイズが減ったくらい。 しかしこの2点において、エナジーセイバーはほんとに最悪でしたので、ここが改善された事でストレスが大幅に軽減されました。 ただしNVHの主な要因は車の骨格や構造によるものなので、あまりタイヤに過度な期待はしないほうがいい事も分かりました。 このオーリスはその根本がダメなので何をやっても改善されませんでした。 やる楽しみはありましたが… グリップに関しては、ドライ、ウエットともにエナジーセイバーは秀逸でした。 スポーツタイヤかと思うような特性で、機敏過ぎて危険なほどでした。 プライマシー4はその良さはそのままに、角が取れマイルドでしっとり、直進安定性も比にならないくらい向上しました。 一点不満なのは、タイヤ幅がやや細くなっている事。 195くらいの感覚です。 見た目の良さはエナジーセイバーに軍配が上がります。 今思うと、最近出たエナジーセイバー4もアリだったかな? 5,000kmほど走りましたので交換前のレグノ 3点を基準 と比較しつつ感想を。 交換後1,500kmぐらいまでは、路面を問わずうるさい印象。 いわゆるアタリが付くまでしばらくかかります。 当初の目的の乗り心地は明らかに改善し、段差の突き上げも随分改善しました。 ただ、レグノより空気圧に敏感なようで、乗り心地としっかり感と燃費のバランスを取るのに時間を要しました。 静粛性は、一般的な市街地の舗装路は満足いくものですが、高速道路やバイパスの透水性舗装との相性がまったくダメダメです。 高速で長距離走る機会が多いので、移動中ずっとうるさいです。 欧州は透水性舗装って一般的ではないんでしょうか? 静粛性重視の方は、レグノの方をお勧めします。 ウェットは、レグノより安心感があります。 ドライグリップは、高速の長距離移動が多い私には、特に可もなく不可もなしです。 1500キロ走っての追加レポートです。 グリップはインサイド及びアウトサイドの ブロックが大きいためしっかりとしたハンドリングが持ち味で気持ち良くコーナリングしてくれます。 乗り心地はレグノほどのソフトさはありませんが、しっかりとした剛性を感じさせながらしなやかさを兼ね備えている印象で、なかなかいいですね。 音に関しては高周波の耳障りな音を出来るだけ押さえているといった印象でしょうか。 よってレグノの様な圧倒的な静かさではなく、ある程度路面状況を伝えながらも、不快な音はしないといった印象です。 端的に言うと低周波の音だけがする感じで不快感は一切ないです。 ミシュランのサマータイヤは今回が初めてですが、なかなか懐が深い感じがします。 今までプレミアムコンフォートばかり色々試してきましたが、プライマシー4 秀逸です! 標準装備のYOKOHAMA db 7年5. 0万キロからの履き替え。 500kmほど走ったレビューで新タイヤ2018年生産のドイツ製。 走行性能:狙ったラインを狙った通りに走行。 高速走行でも直進・カーブ共に、優れ疲れが出にくい。 乗り心地:微振動が減少。 RSZのサスと相まって、路面状況を伝え柔らかで、適度な乗り心地を感じる。 グリップ:良好。 特に雨の日が不思議。 乾いた道路より、雨の日の方が接地感を感じる。 また摩耗してもグリップが落ちにくいという点も魅力。 静粛性:静か。 7年履いたタイヤに比べ、ロードノイズは減。 静寂性をとれば車格がワンランク上がった。 サスペンションとの相性が大きいので参考まで。 総評:静粛性や乗り心地も優れたタイヤだが、それは根底に「安心・安全」が確保されてメーカーの思いがあるのかと.

次の