マキシマムザホルモン レペゼン。 ジャスミンゆまとDJ社長の炎上商法でマキシマムザホルモンが巻き込まれた理由をまとめ!

レペゼン地球DJ社長、パワハラ/セクハラ騒動は捏造 「炎上商法」だったことを明かす【訂正と追記】

マキシマムザホルモン レペゼン

パワハラ・セクハラが問題視されていた人気パフォーマンス集団/YouTuberグループ・のリーダーである さんが、YouTubeに新たな動画を投稿。 自身の事務所所属タレント・ さんに対するセクハラおよびパワハラが、すべて「 炎上商法」と呼ばれるプロモーションだったことを明らかにした。 動画では「 パワハラ ザ ホルモン」のテロップとともに、ジャスミンさんからのTwitterでの告発やLINEでのDJ社長さんとのやりとりなどが、自作自演だったことを歌にのせて説明。 メンバー4人も登場してコラボを果たすと、最後には謝罪動画で見せた丸坊主が偽物であることも暴露。 レペゼン地球の復活を宣言した。 7月21日(日)から8月31日(土)までは レペゼン地球復活祭と題して動画が毎日更新される。 謝罪に発展したDJ社長の炎上騒動 その中でDJ社長さんは、彼女に対する嫌がらせを謝罪したほか、レペゼン地球が活動休止していること、そして予定していたライブでの活動再開を検討していると言及。 一大プロジェクトを間近に控えたタイミングでの発覚に、今後の活動への影響が懸念されていた。 企画の背景 レペゼン地球のDJ社長のこと好きだったのにこれはさすがにショック。。 パワハラダメゼッタイ。 「 レペゼン地球のDJ社長のこと好きだったのにこれはさすがにショック」とツイートしていた。 ネタバラしである7月20日に公開された今回の動画の内容を見るに、マキシマムザ亮君のツイートも一連のプロモーションにおける伏線だった可能性もある。 「今までありがとうございました。 」と題した動画では、心配させたファンに謝罪するとともに、広告費がない自分たちには「 炎上商法しかない」として、炎上商法の効果を説明。 「 メディアは食いつき記事を書き」「 アンチは喜びそれを拡散」「 馬鹿みたいに広告のお手伝い!」とメッセージを歌っている。 「セクハラ/パワハラ」を揶揄するというモラルを欠いた手法の是非について、さらなる批判も噴出しているが、ドームでのライブというビッグイベントを控えて結果的に大きな注目を浴びている。 21日14時追記 この手法を巡って、大きな批判が噴出。 レペゼン地球側は批判をうけて、動画を削除。 Twitterに投稿した謝罪文には、今回の経緯と動画を削除した理由を説明している。 もともと炎上商法だったので多少 炎上することは想定していましたが 想像の10倍炎上し、まさか「パワハラはダメ」「炎上商法はダメ」と今回のMVで言っているマキシマム ザ ホルモン様にまで批判がいくとは考えておりませんでした」 僕はそれが本当に申し訳なく、耐え難かったためMVを削除する事を決意しました。 【レペゼン地球】〜公式〜Twitterアカウント「謝罪とご報告。 」より抜粋 謝罪とご報告。

次の

マキシマム ザ ホルモン・亮君も「さすがにショック。。」|Real Sound|リアルサウンド テック

マキシマムザホルモン レペゼン

そんなジャスミンゆまさんが突然こんなツイートをしました。 突然の報告になりますが 数ヶ月前からDJ社長のパワハラが酷く、何度もホテルに誘われてます 10回以上 断ったらクビにするとも言われた事もあり、流石にもう限界です。 レペゼン地球やDJ社長のファンから叩かれると思いますが 事務所を辞めさせて頂きます 応援してくれてた方々 申し訳ないです。 この度、 本当に申し訳ありませんでした。 そして今までありがとうございました。 明日の12時から話し合いをする事が決まりましたので 私の今後の活動などもその話し合いの後に報告できればと思います。 この度は、DJ社長の策略とは言え、世間をお騒がせして大変申し訳ありませんでした。 ねぇ、今どんな気持ちぃ?? 言ってみたかった これからもよろしくお願いします。 こちらの曲は、批判が多かったのか削除されています。 この件で、ジャスミンゆまさん、レペゼン地球が炎上するのはいうまでもありません。 しかし更にはMVに出演したマキシマムザホルモンをも巻き込む事態になってしまったのです。 炎上商法と把握した上で出演していたという事実には更に落胆させられましたし、許してもらえるだろうという気持ちが透けて見える謝罪だなという感想です。 「間違いを起こすのが人間」確かにそうですが、その言葉に甘えていませんか。 ブラックジョークの表現も多いマキシマムザホルモンですが、今回はパワハラということで感化できない人が多かったようです。 マキシマムザホルモンは様々なフェスに出演予定で、そのような告知ツイートでもライブには行かないというようなリプライが今も目立ちます。 ライブでのMCなどでも鋭い発言が多かったので、それももしかしたら無くなってしまうかもしれませんね。 謝罪とご報告。 ある意味では炎上商法としては成功なのかもしれませんが、想像をはるかに超えてしまい対応せざるを得なくなってしまったのでしょう。 レペゼン地球のライブは中止 反響はあったものの、想像以上で予定されていたドーム公演は中止になってしまいました。 今回はマキシマムザホルモンも含めて、代償はかなり大きかったのではないかと思います。 そして更に別の場所で炎上(YouTuberよりひと) 謝罪後にジャスミンゆまさんはYoutuberの よりひとさんのチャンネルに出演しました。 もちろん、ジャスミンゆまさん本人は了承の上でやっているのでしょうが、ピコピコハンマーとは女性の頭をバシバシ叩くという絵面は見ていて気分が良くないですよね。 この動画は言うまでもなく炎上しました。 まとめ Twitterなどで素人が炎上動画をあげているせいもあって、今回はかなり準備をして手の混んだ炎上商法だったと言えるかもしれません。 パワハラやセクハラを取り上げて社会問題になっていることを取り上げて注目は集めましたが、ジョークでは済まされなかったということですね。 インターネットという環境は、良くも悪くも拡散しやすく色々な人に届けやすいということで、ジョークのつもりでも見る受けては多様な為に傷つく人も出てしまうという事がわかった気がします。 これから、ジャスミンゆまさん、レペゼン地球、マキシマムザホルモンがどんな活動をするのかを気にしてしまいますよね。 炎上商法やパワハラはもちろんいけませんが、それぞれが良いものを作れるということも事実なので、今後の活動に期待したいと思います!.

次の

マキシマム ザ ホルモン・亮君も「さすがにショック。。」|Real Sound|リアルサウンド テック

マキシマムザホルモン レペゼン

その内容がレペゼン地球とジャスミンのプロモーションMVに出演してしまったことへの経緯への謝罪であった。 事の発端は7月17日のジャスミンによる告発ツイートであった。 そこにはLINEのスクリーンショットが貼られており、DJ社長から肉体関係を迫られる生々しいやり取りが掲載されていた。 ジャスミンはこのことから、事務所を辞めることを決意したと発表した。 所属が発表されたのが7月5日だったため、約2週間での出来事だった。 ジャスミンの勇気ある告白と決意は多くの同情を集め、SNS上に一気に拡散された。 そして、彼女の知名度は一気に上がっていく。 それと同時にDJ社長への失望の声も上がり、公式の声明が待たれていた。 そして昨日の7月20日、ついにDJ社長から公式の声明がYouTubeにアップロードされた。 その内容が驚愕するものだった。 最初は丸刈りにしたDJ社長が登場するのだが、動画が進むとMVへと変わり、これまでの一環のやり取りが面白おかしく簡易ドラマで描かれ、なんと全て嘘だったと分かるのだ。 つまり完全な炎上狙いのだったのである。 事実、動画の中で今回のジャスミンのツイートを取り上げたシバターを揶揄したり、メディアは勝手に拡散してくれると、これまた小馬鹿にするように歌っていた。 動画の後半にはマキシマム ザ ホルモンまでが登場するという力の入れようだった。 そして最後はDJ社長の丸坊主もメイクだった…というオチだる。 動画の完成度は非常に高いもので、その驚愕の内容からレペゼン地球のファンはSNSのリプライで大絶賛。 落合陽一やくつざわなど人気インフルエンサーたちもその驚きの手法に絶賛のツイートをしていた。 しかし、性的被害を利用した手法に批判が集中する。 さらに、ジャスミンが以下で後追いツイートをした。 この度は、DJ社長の策略とは言え、世間をお騒がせして大変申し訳ありませんでした。 ねぇ、今どんな気持ちぃ?? 言ってみたかった これからもよろしくお願いします。 結果、彼女のことを本気で心配した人たちから、批判の集中砲火を浴びる形となり、さらに炎上していった。 この流れにまずいと思ったのか、インフルエンサーたちも賞賛ツイートを削除し、落合陽一も釈明のようなツイートをすることとなった。 そして、出演したマキシマム ザ ホルモンへも飛び火。 謝罪が掲載されたのである。 今回の件を音楽メディア関係者へ訊いてみた。 「炎上商法といった意味では成功に見えますが、結果的に一部のファンが盛り上がっただけでした。 新規のファンを取りこむことは失敗ですね。 むしろ逆効果でした。 ジャスミンさんはその後にSNSで自身も性的被害の経験があると、謎の釈明をしたのですが、その行為も意味がよく分かりません。 マキシマム ザ ホルモンもイメージを崩してしまい、DJ社長の責任は相当なものですね」(音楽メディア関係者) 今回の騒動で、DJ社長とジャスミンは何を思うか。 それでも知名度が上がったので良しとするのか。 しかし、こうした炎上商法に性的被害を織り交ぜて話題になった者たちを、メディアが関係を持っていこうとは思えないだろう。 何を仕掛けてくるか分からない彼らとリアルでかかわった場合、マキシマム ザ ホルモンの二の舞にならないとも限らない。 インターネット上だけで活動していくのなら、炎上商法も良いのかもしれない。 しかし、リアルも取り込もうとしたとき、諸刃の剣となることを忘れてはならない。

次の