中韓 破綻 u1。 [3ページ目] 韓国崩壊

韓国「WTOで支持を得た」の大嘘。実態は米露中ほか全方位からフルボッコに

中韓 破綻 u1

ドナルド・トランプ米大統領の「静かな怒り」が伝わってきた。 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と23日(日本時間24日)、米ニューヨークで行った首脳会談で、文政権が警告を無視して決定した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の問題を取り上げなかったというのだ。 文氏の最側近、チョ国(チョ・グク)法相周辺への強制捜査も進んでいる。 こうしたなか、文政権が国民の批判を反らすため、再び「反日」姿勢を強める可能性がある。 ただ、対日不買運動を進めた結果、韓国の観光産業などに深刻な打撃が出ているという。 ジャーナリストの室谷克実氏が不買運動の構図に迫った。 それに呼応するように、日本には自国に対して「マゾ趣味」を発揮するメディアがある。 韓国でいまや盛んな対日不買運動をめぐる両国の報道は、そうした「サド・マゾ関係」をあぶり出してくれる。 韓国の対日サドは「自分たちは被害者である」との主張から始まる。 次は謝罪の要求。 そして、補償の要求となる。 慰安婦や徴用工問題は、その典型だ。 韓国は、何につけても被害者になりたがる。 2015年3月、マーク・リッパート駐韓米国大使襲撃事件の際、朴槿恵(パク・クネ)大統領(当時)は見舞いに行ったものの、一国の代表者として謝罪することはなかった。 それどころか、「これは米韓同盟に対するテロだ」と述べ、大使の同意を得ることで「韓国も被害者」になった。

次の

訪日自粛で韓国の2大航空会社が倒産危機、セルフ経済制裁で国ごと沈んでいく

中韓 破綻 u1

ドナルド・トランプ米大統領の「静かな怒り」が伝わってきた。 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と23日(日本時間24日)、米ニューヨークで行った首脳会談で、文政権が警告を無視して決定した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の問題を取り上げなかったというのだ。 文氏の最側近、チョ国(チョ・グク)法相周辺への強制捜査も進んでいる。 こうしたなか、文政権が国民の批判を反らすため、再び「反日」姿勢を強める可能性がある。 ただ、対日不買運動を進めた結果、韓国の観光産業などに深刻な打撃が出ているという。 ジャーナリストの室谷克実氏が不買運動の構図に迫った。 それに呼応するように、日本には自国に対して「マゾ趣味」を発揮するメディアがある。 韓国でいまや盛んな対日不買運動をめぐる両国の報道は、そうした「サド・マゾ関係」をあぶり出してくれる。 韓国の対日サドは「自分たちは被害者である」との主張から始まる。 次は謝罪の要求。 そして、補償の要求となる。 慰安婦や徴用工問題は、その典型だ。 韓国は、何につけても被害者になりたがる。 2015年3月、マーク・リッパート駐韓米国大使襲撃事件の際、朴槿恵(パク・クネ)大統領(当時)は見舞いに行ったものの、一国の代表者として謝罪することはなかった。 それどころか、「これは米韓同盟に対するテロだ」と述べ、大使の同意を得ることで「韓国も被害者」になった。

次の

【新・悪韓論】「反日不買」で韓国観光産業が沈没 韓国人観光客激減で日本経済が破綻するかのような記事が…実態伝えぬ「日本の反日メディア」 (1/3ページ)

中韓 破綻 u1

日本「韓国をホワイト国から除外します。 8月2日ぐらいに閣議決定します」 米国(トランプ大統領)「中国や韓国などが発展途上国として優遇措置を受けるのは不公正だ」 ロシア「ロシアは自国軍用機が外国の領空を侵犯したことはない。 因みにあそこは日本海な。 後、フッ化水素も売るとはいってない」 中国「韓国のTHAAD配備を撤回しろ」 北朝鮮「米韓合同軍事演習を中止しろ。 でなければミサイル撃つぞ(本当に撃った)」 WTO&その他の国「多国間の会合場所に、二国間の問題を持ってくるな」 以上、簡単に列記したが、本当にこんな状態なのだ。 しかも、これが1週間で起きた出来事なのだから、正直、驚きである。 どれ1つを選んでも詳しく1回分で特集できる内容ばかりであり、しかも、WTO以外はほとんど進行形である。 なので、どれを特集するか迷ったのだが,進行形ならそのうち特集するかもしれないので、まずは終わった WTOの話題から見ていくといいだろう。 WTO報道でフェイクニュース ロイター通信「韓国は支持を取り付けることに失敗した」 TBS「WTO終了、国際社会は意見割れる」 韓国代表「他国から韓国への強力な支持が示された」 世耕大臣「同意得られた事実ない」 この4つの中で、 2つほど不適切な報道が混じっているのはおわかりだろうか。 先に正解を出しておくと、 TBSと 韓国代表の発言がフェイクである。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の