パッチラゴン 対策。 【よくわかるポケモン解説】パッチラゴン編

【ポケモン剣盾】ウオノラゴンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

パッチラゴン 対策

パッチラゴン育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 パッチラゴンはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 ポケモン剣盾(ソードシールド)ではメガデンリュウとゼクロムがいなくなったので、唯一の複合タイプとなる。 種族値は攻撃が高めであること以外は平凡。 だが、特性「はりきり」と準専用技「でんげきくちばし」による超火力が非常に強力なポケモンとなっている。 「はりきり」はダイマックスすれば、必中のダイマックス技で命中率低下を気にせず威力アップの恩恵のみを受けられる。 でんげきくちばしは通常威力は85だが、先制攻撃することで威力が2倍の170となる。 ただし、自身の素早さが75と高くないので、相手が鈍足でなければ先制攻撃を行うのは困難。 「こだわりスカーフ」を持たせたり、「でんじは」「ダイジェット」を使うなどして、「でんげきくちばし」を有効に使ってやる必要がある。 隠れ特性「すなかき」は2020年1月6日現在未解禁。 スポンサーリンク パッチラゴンの特性 はりきり (物理技の威力が1. 5倍になるが、命中率が0. 8倍になる。 ) 考察 「はりきり」の優先度が高い。 ダイマックス技は全て必中であるため、「はりきり」の命中率低下のデメリットを受けずに物理技1. 5倍の恩恵のみを受けられる。 ただし、「ボルトチェンジ」に対しては無効にするだけではなく、交代を失敗させられる。 「ボルトチェンジ」を使用してくることが多い各ロトムなどを対策した場合は選択肢になる。 スポンサーリンク パッチラゴンの技考察 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 でんげきくちばし 電 85・170 100 先制攻撃で威力が倍。 タイプ一致技。 「こだわりスカーフ」「でんじは」「ダイジェット」などで先制する工夫をしよう。 げきりん 竜 120 100 行動固定。 2~3ターン後に混乱。 タイプ一致技で威力が高く命中安定。 ただし行動固定されるので、相手のフェアリーや鋼に注意しよう。 ドラゴンダイブ 竜 100 75 怯み20% タイプ一致技。 威力は高めだが命中が非常に不安。 怯み効果も素早さを上げないと活かしづらい ドラゴンクロー 竜 80 100 なし タイプ一致技。 威力は低めだが命中が安定している。 苦手なフェアリーに刺さる。 つばめがえし 飛 60 - 必中 威力が低いが必ず当たる。 特性「はりきり」と非常に相性がいい。 「ダイジェット」用としても使える。 ついばむ 飛 60 100 相手の木の実を食べる。 威力が低い。 「ダイジェット」用 じしん 地 100 100 なし 威力高めで命中安定のサブウェポン。 炎・電・岩の相手に刺さる。 次ターンに先制がとりやすくなる。 ロックブラスト 岩 25 90 連続2~5回攻撃 威力期待値は低い。 だが、コオリッポには刺さる。 ほのおのキバ 炎 65 95 火傷10%。 怯み10% 威力が低い。 ナットレイピンポイント。 けたぐり 闘 - 100 相手の重さによって威力が変わる 貴重な格闘技。 竜技を半減する鋼に刺さる。 タイプ一致技。 特攻は高くないので採用しづらいが、物理受けなどの突破を狙いたいなら選択肢。 りゅうのはどう 竜 85 100 なし タイプ一致技で命中安定。 ただし威力は低く特攻も高くないので火力不足。 かみなり 電 110 70 麻痺30% タイプ一致技で命中が非常に不安。 雨パで使うなら採用機会があるかもしれない。 10万ボルト 電 90 100 麻痺10% タイプ一致技で命中安定。 ただし特攻が高くないので火力不足になりやすい。 ほうでん 電 80 100 麻痺30% タイプ一致技で命中安定。 麻痺狙いができるが、火力には期待できない。 だいもんじ 炎 110 85 火傷10% 威力はあるが命中不安。 電気半減の草に刺さるので特殊技の中では優先度高め。 特にナットレイに有効。 かえんほうしゃ 炎 90 100 火傷10% 命中安定の炎技。 だいもんじの命中率が不安ならこちらを選択しよう。 電気タイプに刺さる。 岩が4倍弱点のポケモンピンポイント。 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 でんじは 電 90 相手を麻痺状態にする。 相手を麻痺状態にすることで素早さを半減できる。 自身が次ターンから先制しやすくなり、味方サポートにもなる。 ちょうはつ 悪 - 相手が攻撃技しか出せないようにする。 耐久型対策に使える。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 交代読みなどで使っていこう。 「こだわりスカーフ」または「ダイジェット」で素早さを補強して先手をとっていくのが基本。 この場合、素早さに252振り、補正をかけなければ、120族抜きとなる。 エースバーンや インテレオンなど、そこそこ使用率の高いポケモンを抜けるため、おすすめの素早さ調整だ。 「こだわりスカーフ」の場合、ダイマックスすることで技選択を変更可能。 素早さ増加はなくなるが、交代せずとも技を変えられ、柔軟な立ち回りができるので覚えておこう。 電気技とドラゴン技は確定として、残りの技構成はフェアリーに対して弱点をつける「アイアンテール」とダイジェット使用可能となる「つばめがえし」が特に優先度が高い。 相手麻痺状態込みで ドラパルト抜きに素早さ調整をしている。 上のはりきりアタッカー型と比べ、抜ける相手が多く、耐久に努力値を振れ、麻痺させることで味方サポートもできる点が長所。 反面「でんじは」の効かない地面や電気に弱く、「でんじは」を使った場合1ターン目からダメージを与えていけない点が短所となる。 相手の控えにあわせて柔軟に技を選択していきたい。 素早さ調整は「でんじは」を採用するなら、でんじはサポート型と同様に行うのがおすすめ。 有利な相手に出して「みがわり」を張り、交代された場合は相手に応じて攻撃技OR「でんじは」を出す立ち回りが強力。 道具は「たべのこし」で「みがわり」で消費するHPを回復するのがおすすめ。 電気に弱い アーマーガアや リザードンの補完として優秀 スポンサーリンク パッチラゴンのパーティメンバー考察 パッチラゴンは炎と電気に強く、地面・フェアリー・ドラゴン・氷が弱点。 よってパッチラゴンのパーティメンバーの最有力候補は アーマーガアとなる。 アーマーガアの弱点である炎・電気はパッチラゴンで受けられ、 パッチラゴンの弱点のうち、地面・フェアリー・ドラゴンは アーマーガアで受けられる。 他にパッチラゴンのパーティメンバーとして優れているポケモンとしては、 リザードンや特性ふゆうの ドータクンが存在する。 パッチラゴンの対策 パッチラゴンは非常に火力が高く、特に先制されると「でんげきくちばし」によって大きな痛手を受けてしまう。 カバルドンであれば「でんげきくちばし」読みで出し、「あくび」で流すことが可能。 みがわりを出して「はりきり」による命中低下による外しを狙うのもパッチラゴン対策として有効。 ドリュウズでも有利をとれるが、交代で出す場合は「じしん」や「かえんほうしゃ」が飛んでくることもあるので注意したい。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

【ダブル】ラプラスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

パッチラゴン 対策

いのちのたまを持たせると火力がさらに跳ね上がり、受けポケモンでも簡単に止まらないのが最大のポイント。 タイプ耐性抜きではほとんどのポケモンが1~2発圏内なので、交代からの数値受けは成立しにくい。 ダイジェットから全抜きも狙える 「つばめがえし」を覚えるため、ダイマックス中はダイジェットが使える。 隙を突いて素早さを上げることで中途半端な素早さを補い、全抜きが狙えるようになる。 「つばめがえし」は必中なので、ダイマックスしない時に特性「はりきり」のせいで技を外すと困る場面で撃てるのも便利。 是非採用したい技だ。 メインウェポンの無効化に注意 メインとなる電気・ドラゴン技は地面・フェアリーに無効化される。 そのため、ダイマックス技を撃つ場合は相手の控えにこれらのタイプを持つポケモンがいるかを意識して動かなければならない。 パッチラゴンの一貫を作るのが大事 ダイマックス中の貴重な1ターンを無駄にされてしまうと押し切れずに負ける可能性がある。 パッチラゴンを運用する際はいかに 自身の技を一貫させた状態を作れるかと、そうでない場合に裏から無効化する動きをケア出来るかが重要。 何も考えずに使うと活躍させるのが難しいが、しっかり攻撃を通せれば得られるアドバンテージは大きいためうまく立ち回りたい。 はりきりエース型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 立ち回り ・電気無効 ・高い物理耐久 ・地面技でタイプ一致弱点を突ける ・電気無効、ドラゴン半減 ・地面技でタイプ一致弱点を突ける ・パッチラゴンより速い ・ドラゴン無効 ・特性「ばけのかわ」で1ターン凌げる ・フェアリー技でタイプ一致弱点を突ける ・パッチラゴンより速い 物理受けで誤魔化す 高い物理耐久を持つポケモンの中でも、電気技を無効化出来るカバルドンはオススメの一匹。 タイプ一致の地面技で弱点を突けるため、反撃の手段も充分。 カバルドンの「あくび」で全抜きを阻止 ドラゴン技は食らってしまうため、ダイドラグーンの追加効果も含めると単純な殴り合いでは勝てない。 1発耐えて「あくび」を入れることが出来れば相手の全抜きは許しにくい。 ただし物理耐久が高い訳ではなく、サブウェポンで弱点を突かれてしまうため繰り出しは慎重に。 電気技が読める場面で繰り出せると一気にアドバンテージを稼げるが、読まれて倒されると一気に状況が悪くなるため注意が必要。 特性「すなかき」なら上から攻撃されにくい 特性「すなかき」であれば2回のダイジェットでも抜かれない。 そのため、カバルドンやバンギラスとセットで採用していると相手の選出をかなり渋らせることが出来る。 ミミッキュで切り返す ドラゴン技を無効に出来るため攻撃を下げられずに殴れる。 特性のお陰で1ターン分の猶予が得られ、「みがわり」や「おにび」で逃げ切る態勢を整えたり「つるぎのまい」+ダイウォール等で切り返したりと柔軟に対応出来る。 「トリックルーム」があれば複数回ダイジェットを積まれても問題なく切り返せる。 耐久振りドラパルトにDMされても倒せる攻撃を確保した。 これは「おにび」を食らってもHP振りドラパルトを倒し切れるラインであり、多くの対面で勝てるようになる。 そのため、相手の型が分からない場合は様子を見ることも重要。 サブウェポンも含め弱点を突かれる相手が多く発動する場面には恵まれ、ダイジェットに加えてじゃくてんほけんも発動すれば一気に全抜きまで狙える。 じゃくてんほけん型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 立ち回り ・電気無効 ・高い物理耐久 ・地面技でタイプ一致弱点を突ける ・電気無効、ドラゴン半減 ・地面技でタイプ一致弱点を突ける ・パッチラゴンより速い ・ドラゴン無効 ・特性「ばけのかわ」で1ターン凌げる ・フェアリー技でタイプ一致弱点を突ける ・パッチラゴンより速い 高耐久の物理受けで誤魔化す 高い物理耐久を持つポケモンの中でも、電気技を無効化出来るカバルドンはオススメの一匹。 ドラゴン技は食らってしまうためダイドラグーンの追加効果も含めると単純な殴り合いでは勝てないが、1発耐えて「あくび」を入れることが出来れば相手の全抜きは許しにくい。 カバルドンで対面時は必ず「あくび」をする 「あくび」後にダイサンダーで突破されると「あくび」の効果が消えてしまうため、電気技を無効化しつつダイドラグーンでも倒れないカバルドン等にしか出来ない芸当。 攻撃が下がった状態で「じしん」を撃つとじゃくてんほけんのエサにされるため、 対面したら必ず「あくび」から入ること。 ただし物理耐久が高い訳ではなく、サブウェポンで弱点を突かれてしまうため繰り出しは慎重に。 特性「すなかき」なら上から攻撃可能 特性「すなかき」であれば2回のダイジェットでも抜かれないため、カバルドンやバンギラスとセットで採用していると相手の選出をかなり渋らせることが出来る。 じゃくてんほけんをケアして動く 互いに無償で対面した場合、下手にダイアースを撃って耐えられるとじゃくてんほけん発動からダイジェットで逆転されてしまう。 そのため、先にダイスチル等で様子を見つつ削るのも有効。 型が不明である場合はダイスチル安定 いのちのたまダイアースを撃たれると耐久無振りダイマックスドリュウズは一撃で倒される。 相手の型が分からない場合は、ダイスチルから入って防御を上げておくと保険になる。 じゃくてんほけんさえ発動させなければダイジェット+ダイアースorダイバーンは耐えて返り討ちに出来る。 ミミッキュで切り返す ドラゴン技を無効化出来るため攻撃を下げられずに殴れる。 特性のお陰で1ターン分の猶予が得られ、「みがわり」や「おにび」で逃げ切る態勢を整えたり「つるぎのまい」+ダイウォール等で切り返したりと柔軟に対応出来る。 ダイマックス中に じゃくてんほけんを発動させないように、攻撃のタイミングをずらすことが有効。 努力値・対策方法・役割・技構成などは、ユウキ氏 の監修・考案となります。 引用元: ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】シンプル選出エルフーンキョダイラプラス軸【ダブルバトル】

パッチラゴン 対策

性格もエラがみの効果を発動させるために、素早さに振った「ようき」にするのがおすすめです。 性格「がんじょうあご」で先制でエラがみを打てば 威力382まで伸び、等倍でも十分なダメージを出せるのがウオノラゴンの強みと言えます。 バンギラスとナットレイと見たい時に採用したい。 「げきりん」の代替技。 命中不安定だが、相手を怯ませることがあるのが魅力。 ウオノラゴンの役割と立ち回り 高火力技が魅力のアタッカー 「ウオノラゴン」が覚える「エラがみ」を全面に押し出し、高火力アタッカーとしての運用です。 エラがみを先制で打つために「こだわりスカーフ」を持たせれば、より確実性が増します。 しかし、最速の「ドラパルト」が相手だと、素早さ負けするのがネックと言えます。 ウオノラゴンの対策 フェアリーとドラゴンで攻撃 「ウオノラゴン」は弱点である「フェアリー・ドラゴン」タイプの技で攻撃されると致命傷のダメージを受けます。 エラがみを受けることは考えず、最速「ドラパルト」で抜いて倒すのが手っ取り早いです。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の