引越し 安い サカイ。 「サカイ引越センター」の見積もり料金は安くできる?引越し費用相場と見積もりの流れ

サカイ引越センターの安心保証パックって入った方がいい?どういうメリットがあるの?

引越し 安い サカイ

サカイ引越センター、アート引越センターはどちらも大手の引越し専門業者。 格安の引越し業者に比べれば引越料金も高くなります。 それでも大手のちゃんとした引越し業者を検討しているのは、• 荷物を丁寧に扱ってほしい• 近隣や大家さんにもちゃんと気配りをしたい• 気持ちよく引越しがしたい といった理由からだと思います。 その中でもサカイ引越センターと、アート引越センターは引越し業界でも最もメジャーな2社。 一長一短ですが、それぞれメリットとデメリットがあるので、いくつかの角度から両者を比較していきます。 サカイとアートはどちらが丁寧? 結論だけ言えば、引越し自体を丁寧に行うのはアートさんです。 どちらも引越し専門業者なので、手際も良くテキパキと引越し作業をしてくれます。 梱包から開包までの全てをやってくれるプランでは特に、アートさんの方がサカイさんよりも丁寧さが感じられます。 では、サカイさんが雑なのかというと、そんなことはありません。 僕自身、あまり神経質な方ではありませんが、サカイさんの引越しで「雑さ」を感じることはありませんでした。 サカイさんの印象を一言で表すなら「チームプレイ」。 引越しのユニット(チーム)全体で引越しをテキパキとゴール(引越し完了)まで運ぶのがサカイさんの引越し。 それに対してアートさんは、個々のメンバーが常にアンテナを張っていて、気配りや気遣いを重視する「おもてなし」といった感じです。 ですので、比較的せっかちな性格の人には、サカイさんが丁寧という印象を受け、アートさんはダラダラしているという印象を受けると思います。 のんびりしている性格の人には、アートさんが丁寧という印象を受け、サカイさんは雑に感じると思います。 引越し会社が正社員であれ、バイトであれ、結局は人間が手作業で荷物を運ぶ引越し。 荷物を壊してしまったり、紛失してしまう事故は起こる可能性はあります。 引越しの破損や紛失に対しては、どちらの会社も「補償」が付きます。 その点に関しては安心です。 とはいえ、壊れやすいノートパソコンやカメラ、キズが付くと困る貴重品などに関しては、任せっきりにしないようにする事が重要です。 事前に強く言っておく• 荷物をちゃんと分ける• 絶対に大丈夫なように、超過剰梱包する(毛布でぐるぐる巻き)• 太字のサインペン等で「注意!丁寧に運んでください!」と注意書きをする• 荷物を運ぶ時にはちゃんと見ておく• 引越し荷物にはせずに、自分で運ぶ などの対策が必要です。 「壊されてしまうかもしれない」という不安の中で引越しをするのはストレス。 できる限り自分でコントロールする方が、楽に引越しができます。 サカイとアートはどちらが気配りができる? 気配りができると感じるのは、アートさんになります。 気配りができるかどうかは、• 引越しを依頼する人と、スタッフの相性• スタッフ個々の気配り能力 に依存してしまうので、一概には言えません。 なのですが、会社としての引越しに対する考え方(信念)が引越作業の違いに現れています。 サカイさんは「ゴール思考」。 ゴール思考とは、• 引越しを完了させる という目的に対して、逆算して最善の方法を考えるというタイプ。 ですので、引越しの課程で起こる様々なイレギュラーに対して、デジタルに処理していきます。 たとえば、モノを傷つけてしまった場合には• サクッと謝ってその場をしのぐ• 解決する場合はそのままスルー• 解決しない場合は会社の投げる といった考え方で動いています。 言い方を変えれば、マニュアル通りの対応となります。 引越しスタッフ、特にリーダーがパニックになって引越しが止まってしまったり、大きなトラブルに発展しないというメリットがあります。 その反面、人間味が無い対応になってしまうので、細かい満足度が下がります。 サカイさんの「ゴール思考」に対して、アートさんは「課程思考」。 引越しの課程で起こるイレギュラーに対して、個々の引越しスタッフやリーダーがその場で問題を解決し、満足度を高める選択肢をとります。 たとえば、モノを傷つけてしまった場合、• すぐに報告、謝罪する• お客さんが何を求めているかを聞く(修復、補償など)• その場で解決した上で、プラスアルファで返す(その場で修復してから後で弁償、会社から直接連絡させる、など) といった考え方で動いています。 言い方を変えれば「問題解決思考」。 ですので、仮にイレギュラーが起こった場合にも、お客さんとの相性がよければ、「すごく気配りのできる対応をしてくれた」となります。 逆に、望まない対応をされた場合には、「最悪」という評価になります。 サカイとアートはどちらが気持ちよく引っ越せる? サービス自体は、どちらも引越し専門業者としてトップレベル。 どちらの会社の「気質」があなたのタイプと合っているかによって、「気持ちよさ」は変わってきます。 もし、あなたがせっかちで「ゴール思考」なら、「サカイ引越センター」をオススメします。 反対に、あなたが比較的のんびりした性格で「課程思考」なら「アーク引越センター」をオススメします。 引越しの印象は、• 見積もりなどの打ち合わせ• 引越し準備• 引越作業• 特に、一番最初の段階で引越しの段取りや値段の相談をする「営業さん」との相性はとても重要なポイント。 個人的には、良い、悪い、ではなく、単純な相性を重視しています。 気持ちよく話せる人なら、その後の準備も引越しで多少トラブルがあったりミスがあったとしても気持ちよく進められます。 対応が悪く感じたり、押し売りセールスをしてくるような営業は、即NGですし、ライバル会社の悪口を言ってまで仕事を取ろうとする営業さんも即お帰りいただきます。 純粋な見積もり価格の安い、高いも重要ですが、営業さんと話をするところから始めてみるのがオススメです。 営業さんと話をしたからといって、引越しを決定する必要はありません。 見積もり金額も重要だが、金額だけで引越しを決定するつもりはない• 現在比較検討中で、最終的に相性が良さそうな会社に決定するつもり という2点をキッチリ説明すれば押し売りされることはありませんし、されてもキッチリ断れます。 万一、押し売り営業をされたとしても、• 上の2つの理由から、比較検討中の会社全てと話してからしか、決定するつもりは無い と明確に伝えればOKです。

次の

引越し業者の安い見積もり※結局どこがいい?ざっくりいくら?

引越し 安い サカイ

サカイ引越センター、アート引越センターはどちらも大手の引越し専門業者。 格安の引越し業者に比べれば引越料金も高くなります。 それでも大手のちゃんとした引越し業者を検討しているのは、• 荷物を丁寧に扱ってほしい• 近隣や大家さんにもちゃんと気配りをしたい• 気持ちよく引越しがしたい といった理由からだと思います。 その中でもサカイ引越センターと、アート引越センターは引越し業界でも最もメジャーな2社。 一長一短ですが、それぞれメリットとデメリットがあるので、いくつかの角度から両者を比較していきます。 サカイとアートはどちらが丁寧? 結論だけ言えば、引越し自体を丁寧に行うのはアートさんです。 どちらも引越し専門業者なので、手際も良くテキパキと引越し作業をしてくれます。 梱包から開包までの全てをやってくれるプランでは特に、アートさんの方がサカイさんよりも丁寧さが感じられます。 では、サカイさんが雑なのかというと、そんなことはありません。 僕自身、あまり神経質な方ではありませんが、サカイさんの引越しで「雑さ」を感じることはありませんでした。 サカイさんの印象を一言で表すなら「チームプレイ」。 引越しのユニット(チーム)全体で引越しをテキパキとゴール(引越し完了)まで運ぶのがサカイさんの引越し。 それに対してアートさんは、個々のメンバーが常にアンテナを張っていて、気配りや気遣いを重視する「おもてなし」といった感じです。 ですので、比較的せっかちな性格の人には、サカイさんが丁寧という印象を受け、アートさんはダラダラしているという印象を受けると思います。 のんびりしている性格の人には、アートさんが丁寧という印象を受け、サカイさんは雑に感じると思います。 引越し会社が正社員であれ、バイトであれ、結局は人間が手作業で荷物を運ぶ引越し。 荷物を壊してしまったり、紛失してしまう事故は起こる可能性はあります。 引越しの破損や紛失に対しては、どちらの会社も「補償」が付きます。 その点に関しては安心です。 とはいえ、壊れやすいノートパソコンやカメラ、キズが付くと困る貴重品などに関しては、任せっきりにしないようにする事が重要です。 事前に強く言っておく• 荷物をちゃんと分ける• 絶対に大丈夫なように、超過剰梱包する(毛布でぐるぐる巻き)• 太字のサインペン等で「注意!丁寧に運んでください!」と注意書きをする• 荷物を運ぶ時にはちゃんと見ておく• 引越し荷物にはせずに、自分で運ぶ などの対策が必要です。 「壊されてしまうかもしれない」という不安の中で引越しをするのはストレス。 できる限り自分でコントロールする方が、楽に引越しができます。 サカイとアートはどちらが気配りができる? 気配りができると感じるのは、アートさんになります。 気配りができるかどうかは、• 引越しを依頼する人と、スタッフの相性• スタッフ個々の気配り能力 に依存してしまうので、一概には言えません。 なのですが、会社としての引越しに対する考え方(信念)が引越作業の違いに現れています。 サカイさんは「ゴール思考」。 ゴール思考とは、• 引越しを完了させる という目的に対して、逆算して最善の方法を考えるというタイプ。 ですので、引越しの課程で起こる様々なイレギュラーに対して、デジタルに処理していきます。 たとえば、モノを傷つけてしまった場合には• サクッと謝ってその場をしのぐ• 解決する場合はそのままスルー• 解決しない場合は会社の投げる といった考え方で動いています。 言い方を変えれば、マニュアル通りの対応となります。 引越しスタッフ、特にリーダーがパニックになって引越しが止まってしまったり、大きなトラブルに発展しないというメリットがあります。 その反面、人間味が無い対応になってしまうので、細かい満足度が下がります。 サカイさんの「ゴール思考」に対して、アートさんは「課程思考」。 引越しの課程で起こるイレギュラーに対して、個々の引越しスタッフやリーダーがその場で問題を解決し、満足度を高める選択肢をとります。 たとえば、モノを傷つけてしまった場合、• すぐに報告、謝罪する• お客さんが何を求めているかを聞く(修復、補償など)• その場で解決した上で、プラスアルファで返す(その場で修復してから後で弁償、会社から直接連絡させる、など) といった考え方で動いています。 言い方を変えれば「問題解決思考」。 ですので、仮にイレギュラーが起こった場合にも、お客さんとの相性がよければ、「すごく気配りのできる対応をしてくれた」となります。 逆に、望まない対応をされた場合には、「最悪」という評価になります。 サカイとアートはどちらが気持ちよく引っ越せる? サービス自体は、どちらも引越し専門業者としてトップレベル。 どちらの会社の「気質」があなたのタイプと合っているかによって、「気持ちよさ」は変わってきます。 もし、あなたがせっかちで「ゴール思考」なら、「サカイ引越センター」をオススメします。 反対に、あなたが比較的のんびりした性格で「課程思考」なら「アーク引越センター」をオススメします。 引越しの印象は、• 見積もりなどの打ち合わせ• 引越し準備• 引越作業• 特に、一番最初の段階で引越しの段取りや値段の相談をする「営業さん」との相性はとても重要なポイント。 個人的には、良い、悪い、ではなく、単純な相性を重視しています。 気持ちよく話せる人なら、その後の準備も引越しで多少トラブルがあったりミスがあったとしても気持ちよく進められます。 対応が悪く感じたり、押し売りセールスをしてくるような営業は、即NGですし、ライバル会社の悪口を言ってまで仕事を取ろうとする営業さんも即お帰りいただきます。 純粋な見積もり価格の安い、高いも重要ですが、営業さんと話をするところから始めてみるのがオススメです。 営業さんと話をしたからといって、引越しを決定する必要はありません。 見積もり金額も重要だが、金額だけで引越しを決定するつもりはない• 現在比較検討中で、最終的に相性が良さそうな会社に決定するつもり という2点をキッチリ説明すれば押し売りされることはありませんし、されてもキッチリ断れます。 万一、押し売り営業をされたとしても、• 上の2つの理由から、比較検討中の会社全てと話してからしか、決定するつもりは無い と明確に伝えればOKです。

次の

引越し見積もり料金が一番安くなる時期を徹底調査。月別料金データと引越し代を安くするコツ|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越し 安い サカイ

引越し料金は、引越しする時期によって変動します。 とくに注意したいのが、引越し業者に依頼が集中する3〜4月。 この時期は繁忙期と呼ばれ、それ以外の時期(通常期)に比べて、引越し料金が高めに設定されています。 繁忙期と通常期の引越し見積もり料金の平均をまとめたのが以下の表です。 引越し見積もり料金が高い時期(繁忙期)は3月と4月 引越し業者に依頼が集中するのは3〜4月です。 入学や卒業、就職、転職など、新生活がスタートさせる方が増えるこの時期、引越し業者は繁忙期をむかえます。 繁忙期となると、引越し業者では作業を担当するスタッフや手配できるトラックが不足しがちに。 そのため、希望した日に引越し予約をとりづらくなります。 繁忙期に引越しを予定している方は、引越し難民とならないためにも、早めに引越しの計画を進め、予定日を押さえておくことが大切です。 できるだけ安く引越しすることを優先したい場合は、繁忙期を避けて引越しするのがよいでしょう。 引越し見積もり料金が安い時期(通常期)は5~2月 繁忙期を除く、5〜2月は通常期と呼ばれます。 ゴールデンウィークがある5月、人事異動にともなって転勤が増える9月など、通常期でも引越し業者への依頼が一時的に増えることはありますが、繁忙期のように件数が多くなることはないようです。 通常期は、繁忙期に比べると引越し見積もり料金が安くなる傾向があります。 安く引越ししたい方は、ぜひこの時期に引っ越すとよいでしょう。 ただ、単身者の場合と比較して、繁忙期と通常期との差額が大きくなっています。 家族の引越しでは、休みを合わせたり、子どもの学校の事情があったりと、3月や4月の引越しが避けられないケースが多く、繁忙期に引越しが集中しやすい傾向があるのかもしれません。 単身者の引越し見積もり料金が安くなるのは11月、12月、8月 では、引越し見積もり料金が最も安くなるのはいつでしょうか。 以下の表は、単身者の引越しにかかった費用を月別にまとめたものです。 次いで8月が安く、45,746円です。 逆に、引越し料金が最も高いのは3月で58,168円、次いで4月が高く、55,010円です。 引越し料金の最安値と最高値との差額は、最大で13,135円となっています。 荷物が多い単身者の引越し料金が最も安くなるのは11月で、56,935円。 次いで8月が安く、58,447円です。 逆に、引越し料金が最も高いのは3月で87,643円、次いで4月が高く、81,943円です。 引越し料金の最安値と最高値との差額は、最大で30,708円となっています。 時期によって料金が変動することについて、アート引越センターの塚本斉さんに伺いました。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でも例えば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、そのなかでも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 3〜4月にかけて引越しの依頼が集中するため、3月・4月の料金が高くなるわけですね。 ただし、同じ3月でも、引越し料金を安くするためには、下旬より上旬に引越しするほうがよさそうです。 それぞれ、75,567円、93,538円となっています。 4人家族の引越し料金が一番安くなるのは6月で119,801円です。 逆に、引越し料金が一番高いのが3月。 2人家族は118,811円、3人家族は153,053円、4人家族は188,056円です。 引越し料金が最も高くなる月と安くなる月の差額は、2人家族で43,244円、3人家族で59,515円、4人家族で68,255円に。 単身者と同様、家族やカップルの場合でも、繁忙期の引越し料金が通常期に比べて大幅に高くなっていることが分かります。 引っ越し料金は、引っ越しする時期や家族の人数によって大きく変動することが分かりました。 では、やむをえず繁忙期に引っ越しする場合、引っ越し料金を安くするにはどうしたらよいのでしょうか。 ここからは、引っ越し料金を安くするための方法をご紹介します。 1:複数の引越し業者の見積もりから一番安い料金を選ぶ 引っ越し料金は業者ごとに異なるため、最も引っ越し料金が安い業者を見つけるためには、複数の引っ越し業者から相見積をとり、比較する必要があります。 とはいえ、何社にも見積もりを依頼するのは面倒なもの。 そんなときに役立つのが、一括見積もりサイトです。 引っ越しに関する基本的な情報を入力するだけで、大手から中小まで、さまざまな引っ越し業者に見積もりを依頼することができます。 各社が提案する引っ越しの料金が一目で分かるので、簡単に最も安くなる業者を探し出すことができます。 2:訪問見積もりを依頼する 電話やネットで引越し見積もりをすると、荷物の量を自分で申告するので、あやまって多めに申告してしまうこともあります。 そうすると、見積もり料金が実際よりも高くなってしまう可能性があります。 荷物の量を正確に把握する自信がない場合は、訪問見積もりを利用するのもよいでしょう。 訪問見積もりとは、引っ越し業者に自宅を訪問してもらい、荷物の量などを実際に見て確認しながら引っ越し料金の見積もりを依頼することを言います。 訪問見積もりでは、熟練のスタッフが見積もりしてくれるため、正確な引っ越し料金を知ることが可能です。 実際、引っ越し会社の営業担当者に、訪問見積もりが本当に必要かどうか聞いてみたところ、どの引っ越し業者も「訪問見積もりしたほうが引っ越し見積もり料金が安くなることが多い」と回答しています。 また、訪問見積もり時に引越し料金を安くしてもらうよう交渉することもできます。 なかには「いま決めてくれたら〜円安くします」と即決を条件に値引きを提案する引越し業者もあります。 ほかにも検討したい引越し業者がある場合、見積り額に納得いかない場合は、きちんと断りましょう。 3:引越し前に不用品をできるだけ処分する 荷物を減らし、引っ越しに使用するトラックの大きさをサイズダウンできれば、大幅に引っ越し見積もり料金を抑えることが可能です。 引っ越しの荷物がどのサイズのトラックでまかなえるのかを知るのは難しいもの。 そこでトラックの大きさごとの引っ越し料金相場を以下にまとめました。 【トラックの大きさごとの料金の相場】 トラックの種類 大きさ 荷物量の目安 料金の目安 軽トラック 約5~5. 5㎥程度 単身(荷物小) 34,372円 1. 5トントラック 2トンショートトラック 約10~11㎥程度 単身(荷物大) 48,697円 2トンロングトラック 2. もしこれを2. 5トントラックにサイズダウンすることができれば、引っ越し料金は69,887円に。 14,187円も安くすることが可能です。 引っ越しの荷物を減らすには、不用品をできるだけ処分するのがおすすめです。 使い古して捨てようかと迷っている大きな家具など、引っ越しする前に捨てることができれば、ワンサイズ小さいトラックを使用できるかもしれません。 引っ越し料金を安くすることを優先するのであれば、引っ越し後ではなく引っ越し前に不用品の処分を検討しましょう。 4:大安を避ける 縁起がよいとされる大安を避け、仏滅や赤口などを選ぶことで、引っ越し見積もりが安くなる場合があります。 引っ越しする日のお日柄を気にする方は少なくありません。 とくに参考にされることが多い暦注が六曜。 そのため、縁起がよいとされる大安の日に引っ越し依頼が増える傾向にあり、割引が適用されにくくなる可能性が高まります。 縁起のよい悪いはあまり気にしない、それよりも引っ越し料金が安くなるほうがよいという方は、ぜひ仏滅や赤口を狙ってみるとよいでしょう。 5:早めに引っ越し見積もりを申し込む 早めに引っ越し見積もりを申し込むのも得策です。 早いうちから引っ越し会社に混雑していない日を問い合わせ、提案された日に引っ越しを依頼することで、値引きを検討してくれる引っ越し業者もあるからです。 早めに引っ越し予約すると、「早割」のようなサービスを受けられるケースもあります。 引っ越しすることが早くから分かっている場合は、日程に余裕をもって早割りサービスを積極的に利用するとよいでしょう。 6:梱包・荷ほどきは自分で行うプランに 引っ越しの荷物の梱包や荷ほどきを自分で行うプランを選択することで、引っ越し見積もり料金が抑えられます。 引っ越し業者には、梱包や荷ほどきなどをすべて業者まかせにできるプランがあるのが一般的です。 そのようなプランでは、引っ越し作業の手間が少ない反面、料金が高くなる傾向があります。 引っ越し料金を安くするのであれば、荷物の運搬以外の周辺的な作業を自分でするプランを選びましょう。 7:単身者なら単身パックがおすすめ 単身者であれば、単身パックを利用することで引っ越し見積もり料金を安くすることが可能です。 荷物が少ない単身者向けに、多くの引っ越し業社が単身パックを用意しています。 単身パックとは、引っ越し業者ごとにコンテナを用意し、それに収まる荷物だけを運ぶプラン。 輸送できる荷物が少ない代わりに、料金が安くなっているのが特徴です。 引っ越し業者が提供する単身パックには以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン内容 コンテナサイズ 日本通運 「単身パックS」「単身パックL」の2種類から選択できる。 混載便とは、同じ方面に向かうトラックの荷室を共有し、引っ越しの荷物をまとめて運ぶ引っ越しトラックのこと。 引っ越し業者が提供する混載便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 プラン特徴 アーク引越センター ミニ引越し長距離プラン ワンルーム〜1LDKまでの少ない荷物の量で長距離(100km以上が目安)の引っ越しの場合に利用できる。 大型家具・家電の荷造りや運び込み、配置などはスタッフが対応。 1台のトラックで複数の引っ越しをまかなうため、引っ越し見積もり料金が安く設定されています。 運搬できる荷物の量が限られているため、荷物の量が少ない方はぜひ確認してみてはいかがでしょうか。 9:コンテナ便を利用する 荷物の量が多い方は、コンテナ便を利用することで引っ越し見積もり料金が安くなるかもしれません。 コンテナ便とは、JRの貨物用コンテナを使って引っ越しの荷物を運ぶ方法のこと。 トラックの燃料費や人件費を削減できるぶん、引っ越し見積もり料金が安く設定されています。 単身者だけでなく、家族のように荷物が比較的多くても利用できる場合があります。 引っ越し業者が提供するコンテナ便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 プラン特徴 アリさんマークの引越社 長距離エコ便 引っ越し業者のスタッフは、旧居での荷造りと搬出、新居への搬入と最寄り貨物駅まで/からのトラック輸送を担当。 長距離エコリーズナブルパック 引っ越し業者のスタッフは、旧居での荷造りと運び出し、新居での搬入作業などを担当。 ただし、通常の引っ越しよりも輸送日数が余計にかかる傾向があり、住まいと駅が離れていると、かえって費用がかかるケースもあるので注意が必要です。 10:長距離の引越しなら帰り便が使える場合も 帰り便が利用できれば、引っ越し見積もり料金を安くすることが可能です。 帰り便とは、引っ越し作業を終えて帰途につく空のトラックを有効活用するプランのこと。 引っ越し料金には、往復分の運賃が含まれるのが一般的です。 ところが、帰り便で必要なのは片道分の運賃だけなので、引っ越し見積もり料金が安く抑えられます。 引っ越し業者が提供する帰り便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 料金(税別) プロスタッフ 長距離引越し格安プラン 52,000円〜(関西方面) 42,000円〜(中部方面) 66,000円〜(中国方面) 76,000円〜(四国方面) 91,000円〜(九州方面) 55,000円〜(東北方面) ただし、帰り便では、あくまで往路を行く便が優先です。 そのため、日にちや時間帯の希望が通らない可能性も少なくありません。 11:フリー便や午後便がお得! 引っ越し見積もり料金は引っ越し時期だけでなく、引っ越しする時間帯によっても変動します。 とくに予約が集中しやすい午前中に作業を開始するほうが午後よりも高くなる傾向があるようです。 そのため、時間指定をしないフリー便や午後便を利用することで、引っ越し見積もり料金を安くすることができます。 ただし、引っ越しの移動距離が長く荷物の量も多い場合は注意が必要です。 引っ越し作業に時間がかかり、その日のうちに作業が完了しなかった場合、追加料金を請求される場合があるからです。 事前に引っ越し業者に相談するとよいでしょう。

次の