参議院 選挙 京都。 参議院(京都選挙区) アーカイブ

選挙・京都

参議院 選挙 京都

概要 [ ] 改選議席数2であることとやなど勢力が比較的強いことから、大体においてと革新ないしで議席を分け合うことが多い。 がとして社共両党の支持を基本としたが長く続く間に、地域での組織的活動で先んじ府執行部への影響力を強めた共産党が勢力を伸ばし、では共産党の元だったが社会党の現職議員を押しのける形で議席を獲得。 では社会党が議席を維持したが、その後は社会党の党勢退潮が目立ちからに至るまで通常選挙ではと共産党で議席を占め『 自共指定席』とまで呼ばれた。 ではや消費税導入により自民党に逆風が吹き、に代表される・社会党への支持の高まりと共産党にも逆風が吹いたため、共産党の現職議員が落選した。 では共産党が議席を守ったものの、その後はで自民党候補が落選したのを例外として、自民党と民主党系の候補が議席を分け合う時代が続いた。 しかしでは民主党の支持率が低迷し、やも候補者を擁立したことから、共産党のが実に9年ぶりに党議席を回復し、自共指定席が復活する格好となった。 では自民党と民進党の現職が議席を守り共産党の候補は落選した。 では旧民進党が左派のと右派のに分裂しており、双方独自候補をだす予定であったが「共産党から議席を取り戻すため」立憲民主党のに一本化された。 しかし接戦の末倉林が増原に競り勝ち自共指定席は維持されることとなった。 地域 [ ]。 定数 [ ] 4(改選2) 選出議員 [ ] 選挙回 奇数回 偶数回 備考 1 2 1 2 () () () () (日本自由党) () 大野木秀次郎 () (無所属) () (自由党) () 第2補() () 大山郁夫の死去に伴う。 (1956年) (日本社会党) 大野木秀次郎 (自由民主党) () 井上清一 (自由民主党) (日本社会党) () 大野木秀次郎 (自由民主党) 藤田藤太郎 (日本社会党) 第5補() (自由民主党) 永末英一の出馬(辞職)に伴う。 () 植木光教 (自由民主党) (日本社会党) 第6補() (自由民主党) 大野木秀次郎の死去に伴う。 () 林田悠紀夫 (自由民主党) () () 植木光教 (自由民主党) 大橋和孝 (日本社会党) 第9補() (自由民主党) 大橋和孝の選出馬(辞職)に伴う。 (1974年) 林田悠紀夫 (自由民主党) 河田賢治 (日本共産党) () 植木光教 (自由民主党) (日本共産党) 第10補() (自由民主党) 林田悠紀夫の府知事選出馬(辞職)に伴う。 () 上田稔 (自由民主党) (日本共産党) () 植木光教 (自由民主党) 佐藤昭夫 (日本共産党) () 林田悠紀夫 (自由民主党) 神谷信之助 (日本共産党) () () (自由民主党) () 林田悠紀夫 (自由民主党) (日本共産党) () 西田吉宏 (自由民主党) 笹野貞子 () () (無所属) 西山登紀子 (日本共産党) () 西田吉宏 (自由民主党) () () 福山哲郎 (民主党) (自由民主党) () 松井孝治 (民主党) (自由民主党) () 福山哲郎 (民主党) 二之湯智 (自由民主党) () 西田昌司 (自由民主党) (日本共産党) () 二之湯智 (自由民主党) 福山哲郎 () () 西田昌司 (自由民主党) 倉林明子 (日本共産党) 選挙結果 [ ] 0. (2010年(平成22年)7月11日執行) 当日有権者数:2,098,897人 投票率:53. 成宮は2011年に府議会議員選挙(西京区選挙区)へ立候補し、当選。 (2007年(平成19年)7月29日執行) 当日有権者数:2,107,048人 投票率:56. (2004年(平成16年)7月11日執行) 当日有権者数:2,093,483人 投票率:54. (2001年(平成13年)7月29日執行) 当日有権者数:2,075,608人 投票率:55. (1998年(平成10年)7月12日執行) 当日有権者数:2,048,754人 投票率:56. (1995年(平成7年)7月23日執行) 当日有権者数:2,003,902人 投票率:40. (1986年(昭和61年)7月6日執行) 当日有権者数:1,844,932人 投票率:62. (1983年(昭和58年)6月26日執行) 当日有権者数:1,801,358人 投票率:52. (1980年(昭和55年)6月22日執行) 当日有権者数:1,759,317人 投票率:67. (1977年(昭和52年)7月10日執行) 当日有権者数:1,728,942人 投票率:61. (1974年(昭和49年)7月7日執行) 当日有権者数:1,690,107人 投票率:63. (1971年(昭和46年)6月27日執行) 当日有権者数:1,624,828人 投票率:55. (1968年(昭和43年)7月7日執行) 当日有権者数:1,505,866人 投票率:64. (1965年(昭和40年)7月4日執行) 当日有権者数:1,374,074人 投票率:60. (1962年(昭和37年)7月1日執行) 当日有権者数:1,283,382人 投票率:59. (1959年(昭和34年)6月2日執行) 当日有権者数:1,214,684人 投票率:51. (1956年(昭和31年)7月8日執行) 当日有権者数:1,197,992人 投票率:49. (1953年(昭和28年)4月24日執行) 当日有権者数:1,129,899人 投票率:51. (1950年(昭和25年)6月4日執行) 当日有権者数:1,036,057人 投票率:70.

次の

参議院(京都選挙区) アーカイブ

参議院 選挙 京都

今夏の参院選京都選挙区(改選数2)をめぐる動向が見えてきた。 自民党の西田昌司氏(60)、共産党の倉林明子氏(58)の現職2人に、立憲民主党の新顔・増原裕子氏(41)が挑み、3党で争う構図になりそうだ。 立候補予定者たちは街頭での演説を重ね、事務所を開くなど動きを活発化させている。 3期目目指す 自民・西田氏 3度目の当選を期す自民の西田氏は24日、京都市南区で開いた国政報告会で「消費増税で経済が落ち込めば、政権の屋台骨を揺るがすことになる」と述べ、10月に予定される消費増税に反対する姿勢を示した。 「野党ではなく、与党の中から声を上げなければならない。 参院選を通じて世論を変えていく」と支持者らを前に意気込んだ。 参院選を見据え、昨年末から週末を中心に府内をまわり、4月の統一地方選の候補者と選挙区を巡った。 街頭演説や集会で「安倍総理が正しい判断をできるよう選択肢を与えなければならない。 それが私の使命だ」とアピールしてきた。 自民は統一地方選で、府議会と京都市議会の第1党の立場を維持した。 党府連幹部は「党の主張も西田の主張も、一定の理解は得られている。 参院選でも地道に支持を訴えていくだけだ」と自信をのぞかせる。 陣営幹部は「07年は約36万票、13年は約39万票を得た。 今回も自公がきっちり協力して50万票を目指す」と言う。 (大貫聡子) 2期目を狙う 共産・倉林氏 2期目を目指す共産の倉林氏は19日、京都市中京区での演説で「市民と野党が本気で力を合わせれば、政治を変えられる」と訴えた。 再選すれば、10月に予定されている消費税の10%への増税中止や、国民健康保険料の大胆な引き下げに取り組むという。 この日の事務所開きに駆けつけた小池晃・党書記局長は「消費増税を許さない。 今回はその決着をつける選挙だ」。 志位和夫・党委員長も6月1日に綾部市、16日には京都市と宇治市へ相次ぎ応援に入る。 今春の統一地方選で倉林氏は、府内全域で党の候補者の支援に回り、6年前の参院選京都選挙区で党として15年ぶりに得た自らの議席の重要性も訴えた。 5月には京都市中京区に党府委員会の新事務所(5階建て)が完成。 倉林氏の選挙事務所も兼ねる。 渡辺和俊・党府委員長は、参院選を「新事務所を拠点にした最初の大勝負」と位置づける。 「市民に開かれた事務所」を掲げ、安倍政権に批判的な市民団体などとの連携を深める考えだ。 (佐藤秀男) 国民と一本化 立憲・増原氏 「私は社会の弱い立場の人に寄り添うことができる。 私たちの声を政治に届けていこう」。 京都・四条河原町で5日、立憲の増原氏が呼びかけた。 この日は枝野幸男・党代表と党幹事長を務める福山哲郎・府連会長と共に街頭に立った。 LGBT支援に取り組み、昨年12月に立候補を表明した増原氏。 駅やスーパーの前で街頭演説を続け、子育て支援の充実や経済の安定成長などを主張する。 旧民主、民進党を母体とする立憲と国民民主党は当初、それぞれ候補者を選んだ。 連合京都は共倒れを恐れ、両党に候補者の一本化を要請。 国民の前原誠司・府連会長は先月、自身の元秘書の擁立を取り下げて一本化することを表明した。 6年前の参院選では京都選挙区に計7人が立候補し、旧民主は共産に議席を奪われた。 今春の京都市議選では左京区で国民の現職2人が落選。 府議選では伏見区で国民と立憲の新顔が共倒れした。 連合京都の幹部は「両党が本当に一つになって戦わなければいけない」と話す。 (徳永猛城) 参院選京都選挙区の当選者(得票順、政党名は当時) 2016年 二之湯智(自民)、福山哲郎(民進) 2013年 西田昌司(自民)、倉林明子(共産) 2010年 福山哲郎(民主)、二之湯智(自民) 2007年 松井孝治(民主)、西田昌司(自民).

次の

京都府選挙区

参議院 選挙 京都

概要 [ ] 改選議席数2であることとやなど勢力が比較的強いことから、大体においてと革新ないしで議席を分け合うことが多い。 がとして社共両党の支持を基本としたが長く続く間に、地域での組織的活動で先んじ府執行部への影響力を強めた共産党が勢力を伸ばし、では共産党の元だったが社会党の現職議員を押しのける形で議席を獲得。 では社会党が議席を維持したが、その後は社会党の党勢退潮が目立ちからに至るまで通常選挙ではと共産党で議席を占め『 自共指定席』とまで呼ばれた。 ではや消費税導入により自民党に逆風が吹き、に代表される・社会党への支持の高まりと共産党にも逆風が吹いたため、共産党の現職議員が落選した。 では共産党が議席を守ったものの、その後はで自民党候補が落選したのを例外として、自民党と民主党系の候補が議席を分け合う時代が続いた。 しかしでは民主党の支持率が低迷し、やも候補者を擁立したことから、共産党のが実に9年ぶりに党議席を回復し、自共指定席が復活する格好となった。 では自民党と民進党の現職が議席を守り共産党の候補は落選した。 では旧民進党が左派のと右派のに分裂しており、双方独自候補をだす予定であったが「共産党から議席を取り戻すため」立憲民主党のに一本化された。 しかし接戦の末倉林が増原に競り勝ち自共指定席は維持されることとなった。 地域 [ ]。 定数 [ ] 4(改選2) 選出議員 [ ] 選挙回 奇数回 偶数回 備考 1 2 1 2 () () () () (日本自由党) () 大野木秀次郎 () (無所属) () (自由党) () 第2補() () 大山郁夫の死去に伴う。 (1956年) (日本社会党) 大野木秀次郎 (自由民主党) () 井上清一 (自由民主党) (日本社会党) () 大野木秀次郎 (自由民主党) 藤田藤太郎 (日本社会党) 第5補() (自由民主党) 永末英一の出馬(辞職)に伴う。 () 植木光教 (自由民主党) (日本社会党) 第6補() (自由民主党) 大野木秀次郎の死去に伴う。 () 林田悠紀夫 (自由民主党) () () 植木光教 (自由民主党) 大橋和孝 (日本社会党) 第9補() (自由民主党) 大橋和孝の選出馬(辞職)に伴う。 (1974年) 林田悠紀夫 (自由民主党) 河田賢治 (日本共産党) () 植木光教 (自由民主党) (日本共産党) 第10補() (自由民主党) 林田悠紀夫の府知事選出馬(辞職)に伴う。 () 上田稔 (自由民主党) (日本共産党) () 植木光教 (自由民主党) 佐藤昭夫 (日本共産党) () 林田悠紀夫 (自由民主党) 神谷信之助 (日本共産党) () () (自由民主党) () 林田悠紀夫 (自由民主党) (日本共産党) () 西田吉宏 (自由民主党) 笹野貞子 () () (無所属) 西山登紀子 (日本共産党) () 西田吉宏 (自由民主党) () () 福山哲郎 (民主党) (自由民主党) () 松井孝治 (民主党) (自由民主党) () 福山哲郎 (民主党) 二之湯智 (自由民主党) () 西田昌司 (自由民主党) (日本共産党) () 二之湯智 (自由民主党) 福山哲郎 () () 西田昌司 (自由民主党) 倉林明子 (日本共産党) 選挙結果 [ ] 0. (2010年(平成22年)7月11日執行) 当日有権者数:2,098,897人 投票率:53. 成宮は2011年に府議会議員選挙(西京区選挙区)へ立候補し、当選。 (2007年(平成19年)7月29日執行) 当日有権者数:2,107,048人 投票率:56. (2004年(平成16年)7月11日執行) 当日有権者数:2,093,483人 投票率:54. (2001年(平成13年)7月29日執行) 当日有権者数:2,075,608人 投票率:55. (1998年(平成10年)7月12日執行) 当日有権者数:2,048,754人 投票率:56. (1995年(平成7年)7月23日執行) 当日有権者数:2,003,902人 投票率:40. (1986年(昭和61年)7月6日執行) 当日有権者数:1,844,932人 投票率:62. (1983年(昭和58年)6月26日執行) 当日有権者数:1,801,358人 投票率:52. (1980年(昭和55年)6月22日執行) 当日有権者数:1,759,317人 投票率:67. (1977年(昭和52年)7月10日執行) 当日有権者数:1,728,942人 投票率:61. (1974年(昭和49年)7月7日執行) 当日有権者数:1,690,107人 投票率:63. (1971年(昭和46年)6月27日執行) 当日有権者数:1,624,828人 投票率:55. (1968年(昭和43年)7月7日執行) 当日有権者数:1,505,866人 投票率:64. (1965年(昭和40年)7月4日執行) 当日有権者数:1,374,074人 投票率:60. (1962年(昭和37年)7月1日執行) 当日有権者数:1,283,382人 投票率:59. (1959年(昭和34年)6月2日執行) 当日有権者数:1,214,684人 投票率:51. (1956年(昭和31年)7月8日執行) 当日有権者数:1,197,992人 投票率:49. (1953年(昭和28年)4月24日執行) 当日有権者数:1,129,899人 投票率:51. (1950年(昭和25年)6月4日執行) 当日有権者数:1,036,057人 投票率:70.

次の