トカゲの尻尾切り。 とかげのしっぽはなぜ切れても動くんですか?

トカゲの尻尾は何回でも再生する?その期間は?気になる仕組みを徹底解説!

トカゲの尻尾切り

学校法人「森友学園」との国有地取引に関する決裁文書の書き換え問題をめぐり、麻生太郎・財務相が3月12日午後2時すぎから記者団の取材に応じ、14件の文書に書き換えがあったと発表した。 文書は同省理財局の一部の職員によって、当時理財局長を務めていた佐川宣寿氏の国会答弁に合わせる形で書き換えられたと説明。 自身の進退については「考えていない」とした。 麻生氏は冒頭で、「昨年2月下旬から4月にかけて、本省理財局において、森友事案に関する14件の決裁文書の書き換えが行われていたことが明らかになった。 決裁された行政文書について書き換えを行うことは、極めて由々しきことであって、誠に遺憾。 私も深くお詫びを申し上げる次第だ」と陳謝した。 ~ 書き換えの責任者について麻生氏は、「書き換えの一番トップはその時の担当者で、そんなに偉いところではないと思う。 最終的な決裁として、佐川が理財局長だったから、その意味で理財局長となろうと思う」と述べた。 ~ 財務省が文書の書き換えを認めたことで、麻生氏の進退について焦点が当たっているが、「進退については考えていません」と否定した。 (以下略) --- いきなり本題とは違う話ですが、この麻生の発言って、本人の言ったとおりなのでしょうか?それとも、ハフィントンポストが言い回しなどについて編集しているのでしょうか。 というのは、「私も深くお詫びを申し上げる次第だ」という発言が、本当にその字面とおりだとすると、信じ難いと思うからです。 お詫び、それも「深くお詫び」というなら、それは「お詫び申し上げるしだいです」とか、更には「申し上げるしだいでございます」とか、そういう表現と対になるべきものです。 「深くお詫びを申し上げる次第だ」って、その表現はあまりに謝罪という印象とかけ離れています。 が、報じた側が字数の関係で本人の発言とは異なる表現にした可能性もあるので、今の時点では保留としておきます。 追記 この会見の映像をYouTubeで確認したところ、さすがに「お詫びを申し上げる次第です」と言っておりました。 この部分はハフィントンポストが要約でしただけなので、上記部分は誤りでした。 もっとも、一応はお詫びを申し上げる次第です、とは言っているものの、まったく頭を下げず、口調もいつもの麻生らしい喋り方です。 お詫びという印象がまったくないことも確かです。 本題のほうですが、「書き換えの一番トップはその時の担当者で、そんなに偉いところではないと思う。 」という発言にいたっては、わたしはひっくり返る思いです。 70年前ならイザ知らず、今の時代に決裁済公文書の改ざんなんて、明確に違法行為であり、発覚すれば職を失うリスクもあるようなことを、一担当者や係長、中間管理職レベルの人間が自ら進んでやるわけがないのです。 事実、発覚が不可避になった時点で、書き換えに関わったと思しき職員が自殺する事態にすら至っています。 こんなことは組織ぐるみ、トップのほうからの強い指示があったに決まっています。 まあ、麻生も本心でそんなことを信じちゃいないと思いますけどね。 少しでも責任を下のほう下のほうにおっかぶせたい、という意思の表れ、ということでしょう。 言うまでもなく、一連の騒動の発端となったのは、森友学園への土地格安売却疑惑です。 安倍シンパの籠池元理事長に、政権がありえないレベルの便宜供与を行っていたのは周知のことです。 しかし、疑惑が表沙汰になって以降、両者の関係は急激に悪化して、籠池が安倍を非難した途端に、「首相を侮辱したから」というとんでもない理由で証人喚問をされて、その後逮捕され、いまだ拘留中です。 トカゲのしっほとして切り落とされてしまったわけです。 そして、今度は公文書改ざん事件です。 公文書改ざんをしてまで安倍昭恵や安倍周辺の政治家の関与を否定した佐川を散々擁護して、ついにかばいきれなくなると、一転トカゲの尻尾切りで、佐川とその部下がすべて悪い、と言いはじめたわけです。 が、いくらなんでも、「進退については考えていません」で済むわけがない。 政治家が明示的に「公開する文書を改ざんせよ」と命じたかどうかまでは分かりませんが、少なくとも佐川の答弁が事実ではないことは内心分かっていて、それで国税庁長官に任命した(ことが、白日の下に晒された)責任は、免れるものではありません。 麻生の辞任なし、ということはもはやありえないものと思いますが、彼だけが一人で辞任の必要は、確かにないかもしれません。 安倍が退陣すれば閣僚は自動的に全員退陣ですからね。 麻生だけが辞任で済む話でも、もはやないと思うので。

次の

トカゲ

トカゲの尻尾切り

12月に入り寒い日が続いています。 今年もあと1ヶ月足らずですが、さまざまな異常気象があったので、大家さんにとっては大変な1年だったのではないかと思います。 さて、私は、いくつかのサラリーマン大家さんのグループとお付き合いがあるので、賃貸経営だけでなく、賃貸物件の売買に関する相談を受けることがあります。 その相談は、このコラムでも取り上げています(、など)。 では、「建築基準法に違反する物件を買わされた。 」「駐車場付きのアパートが建築できる土地ということで土地を購入したが、購入後に、隣地所有者の承諾がないと駐車場の面積を確保できないと言われた。 」「満室で滞納もなしということで買ったが、購入直後に滞納者が2人いることがわかった。 」などの相談を取り上げました。 また、では、虚偽の内容のレントロールを作成したり、賃貸借契約書の賃料を改ざんしたりして、実際の賃料よりも多い賃料収入があるように見せかけ、高額で物件を売りつけた事案を取り上げました。 これらの相談のうちいくつかは訴訟になっていますが、こうした訴訟で、最近よく見られる被告の手口が、トカゲの尻尾切りのように被告となっている会社を切り捨て、全く新しい会社を作って営業を続けるというものです。 もう少し具体的にお話ししましょう。 B社は、建築基準法に違反しているにもかかわらず、その事実はないことを重要事項説明書に明記してAに物件を売りつけました。 Aが、何年かして物件を売却しようとした際、仲介業者から、建物が建築基準法に違反しているので買い手が見つからないと言われました。 Aから相談を受けた私は、B社に対して、重要事項説明書に虚偽の記載をして物件を売りつけたとして、損害賠償請求訴訟を提起しました(訴訟の詳細は、今回のコラムのテーマではありませんので割愛します。 この事案で、当初、B社は、弁護士に依頼し、「物件は建築基準法に違反していないし、仮に建築基準法に違反しているとしても、重要事項説明書にはそのことが記載されている。 」という反論をしていました。 しかし、このB社の反論は、明らかに客観的事実に反していますので、裁判官から、「建築基準法に違反していないとする根拠は何か、次回の期日までに、この点に関する主張を準備して下さい。 」と指示されました。 こちらとしては、B社の弁護士からどんな主張が出るのか楽しみにして待っていたのですが、B社の弁護士から出てきたのは、主張を記載した書面ではなく、辞任届でした。 さらに、裁判所書記官から、B社に連絡を取ったが、電話は不通になっており、裁判所から送った書面も戻ってきたという連絡がありました。 そこで、当事務所の弁護士がB社の本社所在地のビルに行ってみると、そこにはB社の郵便受けはありましたが、B社の入っているはずの部屋のドアには何の表示もなく、また、インターホンを押しても、誰も出てきませんでした。 B社の代表取締役の住所は、会社登記の全部事項証明書に記載されていますので、同住所宛に書面を送りましたが、回答はありませんでした。 このような状態になると、裁判を続行することはできません。 当事者である被告が出頭しないのですから、手続きを進めることができないのです。 「そんな馬鹿な!被告が出頭しないなら、原告勝訴判決でいいじゃないか。 」と思う方もいらっしゃるかも知れません。 しかし、民事訴訟法の規定では、被告が第1回期日に答弁書を提出せずに出頭しなかった場合は、原告の主張を全て認めたものとみなす規定もありますが、本件のように、被告が既に反論の書面を提出した後は、原告と被告との主張が食い違う点、つまり争点について、審理をしなければ判決をすることができないのです。 こちらとしては、やむを得ず、調査会社を使って調査したところ、B社の代表取締役は、B社の弁護士が辞任届を出す2ヶ月ほど前に、別の不動産会社(C社)を設立しており、その会社で、全く同じ仕事をしていることが判明しました。 当然ですが、たとえ代表取締役が同じでも、B社とC社は別の会社ですので、B社に対する請求をC社に向けるわけにはいきません。 また、B社の代表取締役は、B社とは別の個人ですので、B社に対する請求をB社の代表取締役に向けるわけにもいきません。 会社法には、会社の取締役が、故意または重大な過失によって任務を怠り第三者に損害を与えた場合には、第三者に対して損害賠償責任を負うという規定がありますが、この事件では、この規定を使えるような事情はありませんでした。 万事休すなのか? B社の悪質なトカゲの尻尾切り作戦が上手くいってしまうのでは、納得いきません。 そこで、今、こちらも秘密の作戦を準備中です。 これが上手くいけば、全部とは言いませんが、Aの損害の一部は回収できるかも知れません。 上手くいっても行かなくても、この顛末は、もう一度このコラムで取り上げたいと思います。

次の

とかげのしっぽはなぜ切れても動くんですか?

トカゲの尻尾切り

形態 [ ] 最長種はで最大全長475cm(最大種はとされる)。 最小種宇卯はで、体長は最大でおよそ29mm程度。 の樹上棲種を中心に、環境やストレスによって自身の体色を変える能力を持っている。 最も有名なのはだが、他の種類のトカゲにも微妙な体色の変化が見られる。 眼にはヤモリ下目を除き下部に瞼がある。 また種によっては頭頂眼と呼ばれる、眼と同じ器官があり、これにより明暗を感知することができる。 種によっては顕著で、眼が3つあるように見える種もいる。 下顎骨の前部は結合している。 側頭部には通常耳孔があり、奥に鼓膜があるが鼓膜が表面に露出している種もいる。 また耳孔のない種もいる。 通常四肢を持つが、例外も多くいる。 外観に四肢のない種でもには足の骨が残っている。 樹上棲種では指に襞状の鱗(指下板)があり垂直面でも登ることのできる種もいる。 分類 [ ] クスリサンドスキンク Scincus scincus 爬虫類の中では最も種類数が多いグループで、地方を中心に4000種類以上が知られている。 ヤモリ下目 Gekkota• アルデオサウルス科• ババリサウルス科• Eublepharidae• Gekkonidae• Pygopodinae - など Iguania• Agamidae• Chamaeleonidae• Iguanidae オオトカゲ下目 Platynota• Anguidae - など• ギンイロアシナシトカゲ科 Anniellidae• Helodermatidae• ミミナシトカゲ科 Lanthanotidae• Varanidae• コブトカゲ科 Xenosauridae - など スキンク下目 Scincomorpha• Cordylidae - 、など• フタアシトカゲ科 Dibamidae(ヤモリ下目に含める説もあり)• プレートトカゲ科 Gerrhosauridae(ヨロイトカゲ科に含める説もあり) - など• ピグミーテグー科 Gymnophthalmidae• Lacertidae• Scincidae• Teiidae - など• ヨルトカゲ科 Xantusiidae 日本に生息する種 [ ]• - 、、、、、、、、、(他にも未記載種が数種生息)• - ()、(外来種)• - 、、、、、• - 、(基亜種)、(基亜種)、、、、、、、、、、 分布 [ ] 南極大陸を除く全大陸。 生態 [ ] 極地や高山を除く、陸上の様々な環境に生息する。 食性は分類、種により異なり、、、、、、、、爬虫類、、、動物の死骸、、やその、、、等を食べる種が知られている。 繁殖形態は主に卵生だが、の種もいる。 一部のトカゲは、外敵に襲われたときに身を守るために尾をする。 失われた尾はする。 人間との関係 [ ] トカゲによる被害 [ ] ほとんどのトカゲは毒をもたず、よほどの大型種でもない限り人間に害を及ぼすことはない。 ただし、類などに咬まれると口内にいるが傷口から入りこみを起こすことがある。 実際にをもつのは北部に分布する、南部に分布する、インドネシアに分布するの3種類である。 このうち、前記2種は動きも比較的遅く、毒はヘビの毒と異なり噛むことでゆっくり注入されるため、それほど危険ではない。 コモドオオトカゲについては、従来、噛まれると唾液中のによってを起こすと考えられてきたが、近年、歯間に毒管を有し、噛みついた傷口に毒を流し込むことが明らかになった。 1974年以降、30人がコモドオオトカゲに噛まれ、そのうち5人が死亡している。 また、人を捕食することもあるという。 食用 [ ] のは、60cmほどもある大型のトカゲを捕らえ、焼いて食べる。 尻尾の辺りが特に美味で、鶏肉のような味がするという。 文化 [ ] トカゲは外敵から身を守るために尾を自切することから、日本語では、下位の組織や人に責任を被せて逃れることを「」という。 "Tokage"(トカゲ)は、日本の命名によりのに採用されている(直接的にはに由来)。 「トカゲ」というアジア名が付けられた台風の例としては、がある。 英語圏では、の隠語としてトカゲの名前が用いられることもある。 「Bleeding the lizard」は「小便」「Milking the lizard」は「マスかき」を意味する。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• Glaw, F. ; Townsend, T. ; Vences, M. 2012. Salamin, Nicolas. PLoS ONE 7 2 : e31314. 2009年7月9日. ナショナルジオグラフィック. 2014年12月20日時点のよりアーカイブ。 2020年2月15日閲覧。 AFPBB News. 2017年5月5日. 『熱風大陸 ダーウィンの海をめざして』、144頁。 スターリング・ジョンソン『第2外国語として学ぶファッキン英語』2、鈴木智洋、生方孝士訳、イプシロン出版企画、2008年1月、84頁。 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2019年5月)• 監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、、14-73頁。 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、、、83-109頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 - トカゲ(亜目)から分かれたとされる•

次の