じん るい の みなさま へ wiki。 トップページ

DLC/朱香

じん るい の みなさま へ wiki

c 2018-2020 Nippon Ichi Software, Inc. C 2019 Nippon Ichi Software, Inc. 嘘つき姫と盲目王子(ダウンロード版)• メーカー: 日本一ソフトウェア• 対応機種: PS4• ジャンル: アクションADV• 配信日: 2018年5月31日• メーカー: 日本一ソフトウェア• 対応機種: Switch• ジャンル: アクションADV• 配信日: 2018年5月31日• メーカー: 日本一ソフトウェア• 対応機種: PS4• ジャンル: ADV• 配信日: 2019年6月27日• メーカー: 日本一ソフトウェア• 対応機種: Switch• ジャンル: ADV• 配信日: 2019年6月27日•

次の

神ゲーか?爆死か?「じんるいのみなさまへ」がすごく気になる

じん るい の みなさま へ wiki

本作は、荒廃した秋葉原を舞台に、仲睦まじい女の子たちによる、女の子だけのゆるいサバイバル生活が楽しめるアドベンチャーゲームとなっています。 そんな本作のレビューをライターのカワチがお届けします。 少女たちのゆるやかな日常が楽しい! 観光のために秋葉原にやってきたものの、なぜか街は荒廃しておりサバイバル生活を強いられることになってしまった5人のヒロイン。 本作では見た目も性格も異なる少女たちが、それぞれの長所を生かして荒廃した街を生き抜く姿が描かれます。 プレイしてまず新鮮に感じたのが、電気街として栄える秋葉原がボロボロに崩壊しているところ。 無人島でサバイバルをする作品は多いですが、なじみの場所でサバイバルすることになるのはこれまでにない感覚です。 また、サバイバルというと過酷なイメージがありますが、本作は基本的にゆるふわな雰囲気で物語が進んでいくので、日常系アニメを見ているような感覚でゲームを楽しめます。 そのため、「ゲームでもやろうかなぁ。 でも疲れているから重いストーリーは嫌だな」というテンションの時でも安心してプレイできます。 なお、物語を進めると秋葉原が荒廃した理由もしっかり明らかになっていくので、その点にも注目です。 キャラクターデザインを春夏冬ゆうさんが務めるヒロインは、見た目がカワイイうえに、個性的な子ばかり。 そんな彼女たちが、サバイバル生活を通じて絆を深めていく……イチャイチャするシーンには思わず顔がほころびます。

次の

【じんるいのみなさまへ】クリアした感想・評価(ネタバレ超注意)

じん るい の みなさま へ wiki

日本一の新作「じんるいのみなさまへ」が神ゲーの予感 2019年6月27日に日本一ソフトウェアから発売予定のガールズアドベンチャー、「じんるいのみなさまへ」がかなり気になっています。 対応機種はPS4とSwitchです。 開発を「勇者のくせになまいきだ。 「じんるいのみなさまへ」は秋葉原が舞台のアドベンチャーゲームなのですが、なぜか人類が滅亡したかのように荒廃しています。 生き残った女性メンバーだけでのサバイバル生活が始まるという内容です。 「じんるいのみなさまへ」が気になる理由1 なんといってもこの「じんるいのみなさまへ」というゲームタイトルがかなり気になります。 完全に製作者にヤラレてる感がありますが、このタイトルがどう回収されるのか気になってしまいます。 なぜ突然秋葉原が荒廃して他の人々が居なくなってしまったのか? 秋葉原以外の地域はどうなっているのか? 6人のキャラクター以外に生存者はいるのか? このあたりがどうストーリー展開されるのかが気になっています。 「じんるいのみなさまへ」が気になる理由2 公開されているプロモーション動画で、しきりに「ほのぼの感」を出しているところが逆に気になるところです。 「日本一ソフトウェアだし鬱展開だろ」的な意見も聞かれます。 たしかに、最初から最後までほのぼのサバイバルゲームだとすると、終わった後に「このゲームは何だったんだ?」感がハンパなさそうです。 なんらかの仕掛けがあると思う方が普通です。 ということで、これが2つ目の気になる理由です。 とりあえず買って確かめるしかないですね。 このキャラクターデザイン結構好きかも キャラデザは春夏冬ゆう あきなしゆう さんが担当されています。 結構好みのデザインです。 アドベンチャーゲームですから、絵が好みかどうかは重要なポイントですね。 この6人以外のキャラクターも登場するのでしょうか。 詳細なゲームシステム等は以下の公式サイトで確認して欲しいのですが、街の探索もしつつサバイバルですから当然食事の調達も必要です。 体調管理もしなければならないという事で、ゲームバランスがどうなのかも気になりますね。 ゲームオーバーはあるのでしょうか。 サバイバル生活がうまくいかないなりに、ストーリーはそのまま進むマルチシナリオだったりすると楽しそうです。 「じんるいのみなさまへ」が神ゲーだったら良いなあ。

次の