百科事典少女。 轻音少女第二季 特典 (豆瓣)

和泉十七夜

百科事典少女

第15版 第七版によれば、「・・・その他あらゆる科目にわたる知識を集め記し、これを部門別あるいは五十音順などに配列し、解説を加えた書物 」のことである。 大辞泉によれば「の知識の及ぶあらゆる分野の事柄について、辞書の形式に準じて項目を立てて配列し、解説を加えた書物 」である。 呼称 [ ] 「百科事典」の「百科」とはおおむね「さまざまな分野」といった意味である。 かつては「百科 辞典」とも表記したが、にが『』を出版し、以後「百科 事典」の表記が定着した。 「 百科全書」(ひゃっかぜんしょ)とも言うが、こちらの呼称はやや古風な呼び方である。 特に後述するフランスのの手によるものを指してと呼ぶことが多い。 では「類書」と称するが、「百科全書」が正式の表記である。 体裁 [ ] 巻数 [ ] 大型百科事典では数十冊もの大部となるが、記述をコンパクトにまとめた一巻本のものもある。 非常に大部のものの場合、が独立した一巻となっているものも存在する。 索引のほか、も単独巻として存在するものがある。 これら以外にも、定期的に刊行されるも存在する。 分冊百科は、、、、など様々なテーマで刊行され、完結時にファイルするとそのテーマの百科事典が成立する。 『』など本来は紙媒体であった伝統のある百科事典も、現在はWeb上でサービスが展開されていることが多い。 最初からWeb専業で展開されたサービスとしては、一般利用者自らが執筆するオープンソースコンテンツであるが有名である。 分野 [ ] 百科事典というのは、広辞苑・大辞泉などの説明にもあるように基本的に、さまざまな分野、あるいはあらゆる分野の知識を集めたものである。 百科全書派のや『ブリタニカ百科事典』などもそのような範囲の知識を扱っている。 (これが一般的であるが、次に説明するものとあえて区別する時は「総合百科」と呼ばれることがある)。 ただし、あらかじめ特定の専門領域に絞ったうえで、その領域内のさまざまな知識を集めた百科事典もある。 例えば『薬学百科事典』『哲学百科事典』等々で、「専門百科事典」などと呼ばれることがある。 構成・配列 [ ] 百科事典の構成・配列方法としては、各項目を分野ごとに分類して編成する方法と、各項目の名称で配列する方法(西欧ではアルファベット順、日本語の百科事典の場合には五十音順など)がある。 各項目においては、その事典に記事のある単語に印が振られ、相互参照が可能になっている場合も多い。 オンライン百科事典においてもそれは変わらず、たとえばウィキペディアにおいては内部に記事のある単語にはが付され、相互参照を容易なものとしている。 尚、中国語では機械的な配列ができないため、ほとんどの辞書・百科事典が分類配列となっている。 立項 [ ] 百科事典の項目の立てかたには、大雑把に分類するとの二方式がある。 大項目主義は、例えば日本の文学でいうと、「近代文学」など大きなテーマの項目名のもとに、文芸の潮流や著名な作家・作品などについて一つの項目内で概観できるようにまとめたものである。 項目は時には数ページから数十ページにもわたる長大なものになる。 逆に小項目主義は、「夏目漱石」「芥川龍之介」「自然主義」「吾輩は猫である」など個々の細かいテーマや事物ごとに網羅的に項目を立て、それぞれ別個に簡潔な解説を加えたものである。 『ブリタニカ百科事典』の初版は大項目主義であった。 一方『』は小項目主義の徹底で有名である。 どちらの方式にも一長一短がある。 大項目主義では全体を体系的に捉えることができる一方で、特定の作品や作家について調べるには不向きである。 逆に小項目主義では個々の項目について調べやすい一方で、全体としてのまとまりに欠ける。 ただしこの両方針は必ずしも対立するものではない。 折衷的な方式(中項目主義)による百科事典も珍しくない。 利点や欠点は取り上げるテーマにおける向不向や編者の立場、利用者の目的等によるところが大きい。 改訂 [ ] 百科事典に掲載された記事は、情勢の変化や新理論の発見などによって常に古くなり役に立たなくなる危険性が存在するため、定期的な改訂と新版の発行が不可欠となる。 ただしそれには多額の資金と労力が必要となるため、容易には行えない。 この改訂のコストが、紙の百科事典のかなりがオンライン上のものへと移行した要因の一つである。 また紙の百科事典の場合改訂には長い時間がかかり、どうしても新情報に対してタイムラグが発生する。 CD-ROM版においてもそれは変わらないが、オンライン版においては変更が即座に反映されるために紙やCD-ROMに比べ情報更新が迅速であり、これもオンライン版の優位性の一つに挙げられる。 執筆者 [ ] 古代の百科事典はほとんどが個人の手によるものであったが、18世紀後半には知識の全体量の増大からこのようなことは非常に困難となり、「百科全書」の発行以後は複数の執筆者が専門分野において執筆を行い、それを編集者が編纂して事典に仕立てる方法が主流となった。 執筆者は、19世紀前半ごろまでは学界に身を置いていないアマチュアも存在していたが、学問の高度化・専門化に伴いそうしたアマチュアは姿を消し、各分野の学者や専門家が自らの専門分野について寄稿するのがほとんどとなった。 知識量の増大と百科事典自体の巻数の増加からこの執筆者の数は一貫して増加する傾向にあり、「百科全書」においては140人ほどだった執筆者は、の「ブリタニカ百科事典」第11版においては1507人にまで増加していた。 この傾向はその後も続き、たとえばに発行された平凡社の「改訂新版 」においては、執筆者数は約7000人に上っている。 さらにインターネット上のオープンコンテンツの百科事典においては執筆者の多くは再び専門家ですらなくなり、それに伴って執筆者数も激増した。 ウィキペディアにおいては、2016年6月9日の時点で、英語版の登録者数は約3818万人、一か月以内に編集を行ったユーザーだけでも134,106人にのぼる。 同日の日本語版のデータは、登録者数が約158万6000人、一か月以内に編集を行ったユーザーが14586人である。 ただし厳密に言えば、それ以前に、百科全書に類似した、様々な分野の知識を集めて項目別に整理した書物が全く無かったわけではないので、それらも含めて解説する。 起源 [ ] ではすでに2世紀頃から古い書物を収集し、その内容をまとめることが行われた。 代表的なものにのがある。 しかし今日のような辞書形式のものは、10世紀末の中期「」の時代に生まれた。 この流れで(在位969年-976年)の治下にはギリシア語の辞書『』(スダ)が完成している。 現在の百科事典と語義辞書の両方の性格を持ち、現在に伝わるもっとも古いアルファベット順配列による事典と考えられている。 『スーダ辞典』には誤伝も見られるが、現在は失われた古代の諸作家の作品の膨大な引用によって、現在でも文献学研究の上で意義を認められている。 『スーダ辞典』の編集者の名はスイダス Suidas であると長く考えられ、そこから辞典類を指す接尾辞 -das が生じた。 ではこれに倣い、の1712年、寺島良安によって『』がまとめられた。 こちらも図解書で、解説は漢文で書かれた。 これらも広義の百科事典と呼べる。 なお、(現代の百科事典も現代の世界観の反映だが)これらも執筆された時代の世界観を反映しているので、現代人にとっては空想上のものと見なされる「」「」などに関する記述も含んでいる。 近代的百科事典の成立 [ ] 百科全書の表紙 以後、あまたある知識やを集積した書物が各国において徐々に発行されるようになった。 17世紀初頭には、それまで分野別になっていた各項目の配列が順に並べられるようになった。 これにより、百科事典は編集者の価値観に秩序付けられる概念の関係によらず、アルファベットによる機械的で一律な構成となった。 からにはによって「歴史批評辞典」が書かれた。 またイギリスのがに『サイクロペディア、または諸芸諸学の百科事典』を出版している。 サイクロペディアにおいては各項目間の相互参照が初めて導入されており、のちの百科事典に大きな影響を与えた。 また、サイクロペディアはそれまでの事典が人文系に片寄っていたのに対し、科学や技術系の記述を大幅に増やしたのも特徴である。 この企てにより彼らは「」と呼ばれている。 ただし、それぞれの項目の執筆姿勢などで意見の食い違いが生じ、内紛から離脱者が絶えなかった。 この百科全書の特徴は、「」、「」、「」といった大項目の他に、近代に登場した新しい技術を断面図などを含む絵入りの図解で分かりやすく解説、新知識を広く一般の共有財産にしようとしたことにある。 良く知られる項目では、「農機具」、「石炭の露天掘り」、「洗濯船」、「回り舞台」などがある。 これ以後、百科事典という語は知の一切を叙述する企ての異称としても用いられる。 代表的な例としての『』(ドイツ語で「百科事典」の意)が挙げられる。 また、それまでの百科事典が編集者個人の著作、あるいはその傾向が濃いものであったのに対し、百科全書は名高い一流の学者たちがそれぞれ専門分野において寄稿を行い、それを集積して一つの巨大な事典を作るという方向性を明確に示し 、以後百科事典はこのスタイルによって作成されていくようになった。 百科事典の発展 [ ] 百科全書の刊行後、これに刺激を受けて各国で百科事典が刊行されるようになった。 にはのにおいて「」の刊行が開始され 、にはのでが刊行を開始した。 にはでの刊行が始まるなど、19世紀中はアメリカ、イギリス、フランス、、ドイツなどで百科事典の刊行が行われるようになった。 こうした百科事典の編纂はしばしば強力な個性を持つ編纂者によって推進された。 たとえばフランスにおいては、がからにかけて「19世紀大百科事典」を刊行したが、これはほぼ自らの一生をかけたものであり、ラルース自身は刊行が完了する前のに死亡した。 この19世紀百科事典は彼の名を取ってラルースと呼ばれるようになり、以後もこのラルース大百科事典は大規模な百科事典の一つとして長く存続している。 20世紀に入るとさらにそれまで百科事典の刊行されていなかったや日本、などの新興国や中小国でもさかんに百科事典の刊行が開始されるようになった。 この時期に各国で競って百科事典が刊行されたのは、知の集大成たる百科事典を自国で刊行することによって国威を発揚するといった、国家間の競争の意味合いが存在した。 近代以後の日本の百科事典 [ ] 平凡社 世界大百科事典 近代の日本では、の文明開化の時期にによって『』という日本初の百科事典が作られた。 他に小中村清矩らの尽力で成立した『』がある。 、当時の文部省により編纂が開始され、後には神宮司庁が引き継いでに完成された。 各時代の事物についての古文献を集成したため、資料的価値が高い。 しかし、西洋式の近代的な百科事典としては、明治末にから刊行が開始された『日本百科大辞典』(全10巻、の編纂で刊行開始、完結)が最も早いものである。 ついで初期からはの『』 1955年『世界大百科事典』へ改題 (全28巻、刊行開始、完結)などが発刊された。 新たに「辞典」ではなく「事典」という語を作り出して書名に使用したのは、この平凡社のものが最初で、以後「百科事典」という漢字表記が一般化する。 さらに昭和期の高度経済成長を経ると1960年代頃には各家庭に分冊の百科事典が置かれているのは珍しい風景ではなくなり、大衆化を果たした。 小学館からは、1962年に『日本百科大事典』 13巻、別冊 、続いて 1965年に『世界原色百科事典』 全8巻 、さらに1967年には『』 18巻、別巻4 が発行された。 各社から次々と百科事典が刊行され人々もそれを求めたこの時期を指して、百科事典ブームと呼ぶ。 この時代、百科事典はもっぱら応接間の飾りやステータスシンボルとしての役割を果たしていた。 もっとも場所を取ることもあり、百科事典ブームが終息した後では大部の百科事典はあまり家庭では歓迎されなくなり、廃棄処分されることが多くなった。 百科事典と比較すれば一つの項目あたりの記述の内容も簡易で文字数も少ないが広く各分野にわたるのと呼べる出版物として、にから『』が毎年発行されるようになり 、流行・世相をふんだんに取り入れた時代風俗を映す年刊の資料集的なものも市場に現れるようになった。 のちに1986年にはから『』が発行され、にはから『』という同コンセプトの年刊資料集が現れ、この三誌が鼎立(ていりつ)するようになったが、『』『』は、の普及に伴う販売部数の減少により版をもって紙媒体を廃止し、ウェブ版に完全移行した ため、紙媒体のこうした年刊資料集は「現代用語の基礎知識」を残すのみとなっている。 1983年には、講談社インターナショナルより『 ()』が刊行された。 同書は、日本を英文で体系的に紹介するものであり、全9巻、英単語数400万語に及び、執筆者は27カ国、1300名以上で、費用はおよそ1500万ドル(出版当時の為替レートで34億円以上 かかった。 当初はこうした動きは弱いもので、には紙の百科事典である『ブリタニカ』の売り上げは過去最高を記録していた。 しかしに発売が開始されたマイクロソフトの「」などのCD-ROM版の百科事典の急成長によって紙の百科事典の売り上げは激減し、『ブリタニカ』の売り上げは数年で5分の1にまで減少した。 こうした動きに対し、には『ブリタニカ』もCD-ROM版を発売開始するなど、多くの百科事典がこの流れに追随した。 2000年の百科事典全体の売り上げは1990年に比べ10分の1にまで落ち込んでいた。 ウェブ版 [ ] 上記の動きは同士が有機的にリンクされていない時代からの話であったが、ごろからはの発達と普及に伴い、版も作られるようになってきた。 こうしたウェブ版の百科事典はと呼ばれるようになり、百科事典の一つの大きな流れとなった。 には『ブリタニカ』がウェブ上での無料公開を開始し、『ラルース』などの伝統的な百科事典は書籍と同時にオンライン版を展開するなど、新たな対応に着手した。 2005年の段階で、・のでアクセスできる百科事典も存在しており、誰でも、使いたい時に、どこでも百科事典の知識にアクセスできる環境になりつつあった。 紙媒体の百科事典は、刊行後時間が経つと時事的な内容に関しては記述が陳腐化してしまいがちであるが、ウェブ版の百科事典では、項目内容の随時更新が可能であり、改訂が容易である。 ウェブ版およびCD-ROM等の電子媒体を用いた百科事典は、検索や相互参照機能などの使い勝手が紙製の書籍より一般的に優れている。 こうした流れはさらに加速し、には百科事典の代表格であった『ブリタニカ百科事典』が書籍版の発行を取りやめ、ウェブ版へと完全移行することを表明した。 またには、朝日新聞社、講談社、小学館、朝日新聞出版の4社が共同で参加各社の百科事典をインターネット上で参照することのできるをスタートさせた。 読者参加型 [ ] 1990年代から多くの百科事典がCD版やウェブ版へと移行するようになったものの、それらの百科事典はいまだ専門家によって執筆・監修され、出版社によって発行される一方向からのものであることにかわりはなかった。 しかしに、とによってが設立されると、この流れは大きく変わった。 ウィキペディアはそれまでの百科事典とは異なり、「誰でも」執筆や編集に参加できることを特徴とし、実際にこれによってウィキペディアは大きく成長を遂げ、規模としては世界最大の百科事典となった。 またこの成功を受け、ウィキペディアのほかにもいくつかの読者参加型のインターネット百科事典が編纂されるようになった。 こうした百科事典の新しい潮流のひとつである、ウィキペディアなどの「誰でも」執筆や編集に参加できることを特徴とするプロジェクトに関しては、従来の百科事典のように専門家や研究者が編纂する体系的書物と比較して、信頼性に問題があるとする指摘がある。 同時に、多くのサービスが無料で提供されていることから伝統的な出版業者にとって経営上の不利益をもたらすという指摘もなされている。 一方で、ウィキペディアの質を擁護する識者の評価もある。 読書としての百科事典 [ ] 百科事典は「調べる」本であって、「読む」本ではないが、読むことを目的とすることもある。 (『』 1981年)- 百科事典をフォトコピーして記憶する男が出てくる• A.J.ジェイコブズ(『驚異の百科事典男 世界一頭のいい人間になる! 』 2005年)- ブリタニカを全巻読破するノンフィクション• 「百科事典少女」(『』 2012年) 主な百科事典 [ ] 印刷物 [ ] 世界各国のもの• Encyclopedia Americana(、大米百科事典) - 英語• Enciclopedia Italiana(、大伊百科事典) - イタリア語• Enciclopedia universal ilustrada europeo-americana(欧米国際教養百科事典) - スペイン語• 《中国大百科全书》() - 中国語 日本語• () - 書籍、CD-ROM、Internet(終了)• ()-「ニッポニカ」書籍、CD-ROM、電子ブック、Internet、i-Mode• 世界原色百科事典(小学館)- 書籍(絶版)• 「ジャポニカ」、万有百科事典「ジャンル・ジャポニカ」 - いずれも小学館、書籍• ()- 書籍、CD-ROM、Internet(最新版は英語)• (平凡社) - 書籍、CD-ROM、電子辞書、メモリーカード、インターネット• ()- 書籍、DVD-ROM、Internet• ()- CD-ROM、DVD-ROM、Internet(終了) オンライン版 [ ] - 「カトリック百科事典」とはなっているが、実際には様々な記事があり、非常に詳細。 AEIOU - The Austrian Cultural Information System (すべての記事が英訳されている) EnCyber - (斗山東亜)のオンライン版 Pallas Nagy Lexikona Biographisch-Bibliographisches Kirchenlexikon BBKL - 神学関係の事典。 ユダヤ教にも詳しい。 Store norske leksikon SNL ノルウェーの公用語の一つで書かれた百科事典。 も参照。 ・ 年刊の用語事典 [ ]• () インターネット上の百科事典 [ ] 「」および「」も参照• () - が運営しているである。 - ウィキペディア設立者の一人で後に手を引いたによって立ち上げられた。 執筆者は実名登録が求められる。 - ()が無料で使えていた。 をもってサービス終了。 - 旧はてなダイアリーキーワード• (分類:00総記-031百科事典) - 200種類以上の百科事典がWEB上で公開。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 数や種類が多いことを象徴するのに中国語や日本語では「百」「千」「万」などの数字を用いて表す。 例えば、広辞苑の「百」の項目の解説には「多くのもの、種々のもの」とある。 (広辞苑 第五版 p. 2270「百」)。 「百」「千」「万」などの数字を用いているからといって、ちょうどその数になっているという意味ではない。 「科」は「一定の基準を立てて区分した一つ一つ」(出典: 第五版 p. 423「科」、第六版「科」)• 一つの分野だけの場合は「単科」や「専科」などと呼ぶ。 「事典」という名称は、の創業社長・の造語である(出典:,『裏読み深読み国語辞典』,98ページ,)。 もっぱらとその用法を解説する()とは異なり、事典はやも用いて総合的な解説を行うことを特徴とする。 字典(字書)を「もじてん」、辞典(辞書)を「ことばてん」というのと区別して、事典を「ことてん」という。 ウィキペディアの前身は、専門家だけが執筆・編集するだったが、ボランティア執筆者の不足によって廃止となった。 (Keresesで検索、Bongeszesで閲覧)• 出典 [ ]• 大辞泉• online etymology dictionary• Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, at Perseus project• Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, at Perseus project• Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, at Perseus project• 平凡社 2016年6月9日閲覧• 2020年1月30日閲覧• 『』との共通が指摘される。 「大英帝国の大事典作り」p39 本田毅彦 講談社 2005年11月10日第1刷• 「世界を変えた100の本の歴史図鑑 古代エジプトのパピルスから電子書籍まで」p159 ロデリック・ケイヴ、サラ・アヤド著 樺山紘一日本語版監修 大山晶訳 原書房 2015年5月25日第1刷• 「大英帝国の大事典作り」p34 本田毅彦 講談社 2005年11月10日第1刷• 「図説 本の歴史」p62 樺山紘一編 河出書房新社 2011年7月30日初版発行• 「大英帝国の大事典作り」p26 本田毅彦 講談社 2005年11月10日第1刷• 「ビジュアル版 本の歴史文化図鑑 5000年の書物の力」p171 マーティン・ライアンズ著 蔵持不三也監訳 三芳康義訳 柊風舎 2012年5月22日第1刷• 「」三省堂書店 境田稔信 2013年6月12日 2016年6月4日閲覧• 国立国会図書館. 2020年6月23日閲覧。 国立国会図書館. 2020年6月23日閲覧。 「」平凡社 2016年5月16日閲覧• 「」2016年6月9日閲覧• 『』 ITmediaニュース 2007年08月31日 2016年6月9日閲覧• 神田外語グループ• 「大英帝国の大事典作り」p225 本田毅彦 講談社 2005年11月10日第1刷• 「大英帝国の大事典作り」p227 本田毅彦 講談社 2005年11月10日第1刷• 「ビジュアル版 本の歴史文化図鑑 5000年の書物の力」p172 マーティン・ライアンズ著 蔵持不三也監訳 三芳康義訳 柊風舎 2012年5月22日第1刷• ITmedia News「」2009年4月22日 2016年6月9日閲覧• (2007年9月26日時点の)• 山本まさき・古田雄介著 『ウィキペディアで何が起こっているのか 変わり始める信仰』 (2008年)• 2007年7月号• VISION2005年12月19日• VISION2006年3月27日• News 関連項目 [ ] で 「 百科事典」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの•

次の

机巧少女不会受伤 特典 (豆瓣)

百科事典少女

造水,人类造酒。 《酒的全事典》是超人气内容品牌「食帖WithEating」的第21本书,也是一本百科类的酒品指南书。 书中对酿造酒、蒸馏酒和调制酒三大类详细介绍,从原料、酿造方法、种类、特点、调配到品鉴进行知识梳理。 5大洲,23国,一张地图读世界,全球经典酒品巡礼。 精酿啤酒 白酒 黄酒 清酒 梅酒 烧酒 马格利酒 拉克酒 伏特加 苏格兰 威士忌 品乐塔吉葡萄酒 白兰地 香槟酒 葡萄酒 雪莉酒 桑格利亚酒 波特酒 苦艾酒 金酒 修道院啤酒 龙舌兰酒 啤酒 冰酒 朗姆酒 甘蔗酒 西拉子葡萄酒 长相思葡萄酒 白诗南葡萄酒 乌佐酒鸡尾酒 多位人士解答酒之奥秘。 造水,人类造酒。 《酒的全事典》是超人气内容品牌「食帖WithEating」的第21本书,也是一本百科类的酒品指南书。 书中对酿造酒、蒸馏酒和调制酒三大类详细介绍,从原料、酿造方法、种类、特点、调配到品鉴进行知识梳理。 5大洲,23国,一张地图读世界,全球经典酒品巡礼。 精酿啤酒 白酒 黄酒 清酒 梅酒 烧酒 马格利酒 拉克酒 伏特加 苏格兰 威士忌 品乐塔吉葡萄酒 白兰地 香槟酒 葡萄酒 雪莉酒 桑格利亚酒 波特酒 苦艾酒 金酒 修道院啤酒 龙舌兰酒 啤酒 冰酒 朗姆酒 甘蔗酒 西拉子葡萄酒 长相思葡萄酒 白诗南葡萄酒 乌佐酒鸡尾酒 多位人士解答酒之奥秘。 打开喝酒的想象力!21种酒类食谱,在家也能轻松制酒。 樱花莫吉托、金汤力、爱尔兰咖啡果冻酒;白酒酱虾仁意面、樱桃酒黑森林蛋糕、红酒梨……从鸡尾酒到餐点,跟着书一起享受食物中的佳酿美味吧。 自2014年底创立至今,他们传达的信念从未改变:You are what you eat,你就是你所吃的食物。 这句话有很深的哲学意味。 在一个变革的时代里,他们努力与志趣相投的人相连接,一起发现并构建心中的理想生活。 「食帖WithEating」的读者,通常具有多元的价值观,善于捕察生活中的细腻情感,对内容之美有敏锐的感受力。 李美玉(Mei Lee) 中国首位女性侍酒师,曾获中国侍酒师大赛、法国侍酒师大赛。 李美玉(Mei Lee) 中国首位女性侍酒师,曾获中国侍酒师大赛、法国侍酒师大赛。 让(Ran Van Ongevalle) 2017百加得传世鸡尾酒大赛全球总,与家人一起经营 The Pharmacy(药房)酒吧。 曾获得 2005 年 PBO 调酒师机构鸡尾酒节日本, 2009 年 HBA 日本酒店调酒师协会鸡尾酒大赛亚军,入围2010帝亚吉欧鸡尾酒大赛日本决赛。 [特约撰稿人] 支彧涵 WhiskyEnjoy(享威)创始人,爱丁堡威士忌学院中国讲师。 威士忌收藏家。 张春 作家。 已出版作品集《一生里的某一刻》、《在另一个宇宙的1003天》。 蘑菇小面 编辑,美食摄影师。 yimi 美食内容主编。 徐块块 18 岁就开始打造理想田园生活的无锡少女。

次の

小学馆_360百科

百科事典少女

338拉普马格努姆(. 338 Lapua Mag,8. 223 Remington(5. 408 CheyTac子弹和. 416 PGW子弹,一种基于. 408 CheyTac的大型子弹。 338拉普马格努姆子弹更为强大。 在1990年代期间,加拿大军队发出公开招标,要求是一种可以实现高达1,200米(1,312. 34码,3,937. 01英尺,0. 75英里)的杀伤人员用途的狙击步枪。 这种远距离杀伤人员步枪将会取代自1970年以来一直在加拿大军队服役、发射弹药较细小的7. 308 Winchester)步枪子弹、型号老旧而且原厂方面亦已经停产的C3A1旋转后拉式枪机式手动狙击步枪。 狙击手对其给予高度的评价,除了喜欢步枪本身,亦是因为有效射程得到延长和. 338拉普马格努姆子弹有着超过C3A1狙击步枪发射的7. 75MOA。 加拿大部队对精度标准所进行的评估为命中率和要求在1,200米(1,312. 34码,3,937. 01英尺,0. 75英里)以90%的时间击中胸部大小的目标。 原型数据 游戏内该人形获得界面参数表• 以下数据可能有所误差,且仅代表游戏内观点,仅供参考。 游戏数据.

次の