第 二 次 世界 大戦 原因 短く。 太平洋戦争(第二次世界大戦)とは?簡単に原因や流れを解説

【まとめ】第二次世界大戦(WW2)の国別死者数(犠牲者数)と激戦地一覧

第 二 次 世界 大戦 原因 短く

第二次世界大戦の原因と開戦のきっかけ 太平洋戦争 1941年~1945年 は、第二次世界大戦 1939年~1945年 の一部として行なわれた戦争です。 まずは、第二次世界大戦の原因と開戦のきっかけについてお伝えしていきます。 第二次世界大戦は、 1939年の9月1日にドイツがポーランドを侵攻したところから始まりました。 その背景には、 1929年に起こった 世界恐慌があります。 経済の急速な悪化によって、アメリカはニューディール政策、イギリスとやフランスではブロック経済を実施します。 自分たちの植民地の中だけで経済を回す体制に切り替え、それ以外のところから入ってくる商品に高い関税を かけながら経済の立て直しを図っていきました。 しかし、第一次世界大戦の敗戦国であり、植民地を持たなかったドイツは、そのような体制を取れず、また輸出をしようとしても、高い関税を掛けられてしまったので、益々経済が悪化していきます。 それによって、ドイツの国内から強いリーダーシップを望む声が高まり、 ヒトラーを中心としたナチスが支持を受け、拡大政策を取る中、ポーランドへも侵攻していきました。 このポーランド侵攻が第二次世界大戦の開戦のきっかけだと言われています。 太平洋戦争の原因と開戦のきっかけ 次に、太平洋戦争の原因と流れを簡単に解説していきます。 ドイツがポーランドに侵攻した頃、日本は、日中戦争 1937年~1945年 の真っ最中でした。 中国に満州国を立てたことがきっかけで、1933年に国際連盟を脱退し、国際的に孤立していた日本は、ドイツと手を組むことにします。 そして1940年に、イタリアも含めて日独伊三国軍事同盟を結びましたが、これによって、日本はアメリカを敵に回してしまいます。 ドイツやイタリアは、当時、イギリスと対立していましたが、そのイギリスを支援していたのが、アメリカだったからです。 一方、日本は、資源を求めて、フランス領のインドネシアへ進駐します 仏印進駐。 この進駐は、当時、アメリカやイギリスが日本と戦争中の中国を支援していたルート 援蒋【えんしょう】ルート を遮断する目的もありましたが、これによって、アメリカとの対立は決定的になります。 アメリカやイギリスは、日本に対する経済制裁を強化し、 石油などの輸出を禁止します。 そういった経済的に追い込まれた状況の中で、1941年10月に首相になった東条英機の下、 1941年12月8日真珠湾攻撃が起こります。 これが開戦のきっかけに日本は太平洋戦争が突入していきます。 日本は、短期決戦であれば、まだ勝機はあったかもしれません。 しかし戦争が長期化する中で、資源の乏しい日本に勝ち目はありませんでした。 そして、1945年には、二発の原爆を落とされ、日本は終戦を迎えるようになります。 太平洋戦争での死者の数 太平洋戦争の死者数は、 軍人が230万人、民間人では80万人と言われています。 そして、軍人の死者の約6割強となる140万人が餓死をしたという学説もあります。 そして、最大の激戦地となった沖縄での死者は22万人以上と言われており、これらの数字は太平洋戦争がいかに悲惨であっかを如実に物語っています。 戦争の教訓から学ぶ事 日本は、過去の失敗を繰り返さないようにするためにどうすれば良いのでしょうか。 やはり、 国際的に孤立しないことが最も大切なんじゃないかなあと思います。 もちろん、食糧やエネルギーの観点で、自給自足、そして自立が出来るようになれば一番良いのですが、今の日本の現状から考えて、それはまだ難しい状況です。 日本が集団的自衛権を行使できるようになったのも、一見、 「これで日本も戦争に巻き込まれる可能性が高くなった」 という見方が出来るかもしれません。 しかし、その一方で、集団的自衛権によって、周りの国々は、 「いざという時、日本は助けてくれる」という国際的信頼を受けるようになり、日本が国際的に孤立する状況を回避する可能性が高まったいう見方も出来ます。 国際的な関係を良くしていくのは、簡単ではありませんが、日本の政治家の方々には、うまく立ち回って頂きたいものですね。

次の

世界大恐慌の原因と各国の対応

第 二 次 世界 大戦 原因 短く

戦争を考える 1945年8月15日。 日本がポツダム宣言を受諾し、「終戦」を迎えてから70年が過ぎました。 昨今、その戦後日本の再出発の軸となった「日本国憲法」の解釈をめぐる議論が連日議論を呼んでいます。 自衛隊や日米同盟による安全保障のあり方や、経済協定、領土問題、基地問題などなど。 日本の戦後体制のあり方をめぐる議論は今なお続いていると言えるでしょう。 おそらく本記事を読んでいる皆さんは、戦後世代 第2次世界大戦後生まれた世代)の方が大半だと思います。 直接戦争を経験していない私たちが、 今考えなければならないこと、そして下の世代に伝えなければならないことは何でしょうか。 簡単な問いではありませんが、皆さんが今後考えていくための材料にできるよう、本シリーズでは 第2次世界大戦の開戦から終戦までの歴史 をわかりやすく解説します。 目次 1. なぜ、今「第2次世界大戦」を振り返るのか 2. 大戦の引き金となった世界恐慌 3. 満州事変が起こった 4. 第2次世界大戦、開戦 1. なぜ、今「第2次世界大戦」を振り返るのか 中身に入る前に Q. なぜ、今「第2次世界大戦」を振り返るのか を一度考えてみましょう。 戦後70年を過ぎ、戦後世代が大半になった今も、先の大戦の歴史を学ぶ重要性は全く変わりません。 むしろ今、重要性はさらに増していると言えるでしょう。 では一体、この重要性はどこから来るのか。 結論から述べると、 戦争経験世代がどんどん減ってきているからだと考えます。 戦争を実際に体験し、その現実を語れる世代が高齢化により、年々減り続けています。 もちろん、戦争を体験している方も当時のことについて満遍なく語れるわけではありません。 戦地に赴き、激戦地で奇跡的に生き延びることができた方もいれば、 アメリカ軍の標的にされなかった島で、平和な毎日を過ごした兵隊の方もいるからです。 しかし、映像や史料だけでは伝わらない、実体験の伝え手がいなくなるのは• 何故戦争は起こすべきものではないのか• 何故平和が大切なのか ということへの意識が薄まるのではないか?と懸念されています。 実際、私たちは当時の戦争を体感することはできません。 ですが、残された資料、証言、記録から同じ歴史を学ぶことはできます。 歴史に限らないかもしれませんが、 なぜそれを学ぶことが大切なのか ということまで考えると、インプットへのモチベーションも変わってきます。 このことをお伝えしたく、シリーズのオリエンテーションとして紹介しました。 <ここがポイント> なぜ、「戦争」を考えることが大切なのか、自分なりの考えを持ちましょう! 2. 大戦の引き金となった世界恐慌 それでは中身に入っていきましょう。 第1次世界大戦 第2次世界大戦を考えるには、まず第1次世界大戦とのつながりを見ることが必要になります。 第2次世界大戦は、 第1次世界大戦後の世界体制のブレが遠因となっているからです。 第1次世界大戦の詳述は割愛しますが、簡単ご紹介します。 第1次世界大戦:1914年~1918年にかけて続いた人類初の世界大戦。 ドイツ・オーストリアなど4カ国の 同盟国と英米仏露など27カ国の連合国との戦いであり、連合国が勝利。 第1次世界大戦後、アメリカのウィルソン大統領の提唱で、 国際連盟が発足します。 史上初の国際平和機構が誕生しました。 第1次世界大戦の反省から、平和に向けた取り組みを行うことが目的です。 軍備縮小の取り決めなどに成功し、国際協調の時代がしばらくの間続きました。 世界恐慌が起こった しかし、1929年に 世界恐慌が起こります。 結論から言うとこの恐慌は第2次世界大戦の引き金となりました。 簡単に説明すると、世界恐慌はニューヨークの株式市場が暴落したことによる経済パニックです。 アメリカ・ニューヨークは、当時から世界の経済の重要な位置を占めており、 その影響は瞬く間に世界各国に広がりました。 この世界恐慌への対応で、各国は以下の様な対策を練ります。 <世界恐慌への各国の対策> ・アメリカ:「ニューディール」政策により経済・労働の堕落を防止を試みる。 解決策として中国への支配権を拡大する方向へ。 第2次世界大戦の当事国の対策を載せました。 この政策を見るだけでも、大きい戦争が起こる雰囲気を醸し出していますよね。 世界を取り巻く経済状態が悪化すると、こうした緊張関係が生まれるのです。 <ここがポイント> 世界恐慌によって、国際的な緊張関係が高まった 3. 満州事変が起こった こうした国際情勢の中、1931年に 柳条湖事件が起こります。 柳条湖事件:満州に進出していた日本軍が南満州鉄道を爆破し、それを中国軍によるしわざであると主張 する、自作自演の行動 この事件への報復 という名の足がかり として、日本軍は中国東北部へ軍事侵略を進めました。 局地的ではありますが、この時点から中国との戦争が始まります。 局地的:規模が小さいこと。 この場合、日本軍と中国軍による軍と軍の戦い 国VS国ではない 柳条湖事件の6年後1937年7月7日に、今度は 盧溝橋事件がきっかけとなり、 日中戦争は国を挙げての全面的な対決になります。 実はこの時、中国も内部で分裂をしていました。 その分裂とは、• 中国共産党:毛沢東が率いる• 中国国民党:蒋介石が率いる 2つの政党による争いです。 「国共内戦」と言います。 つまり、当時中国には外にも内にも敵がいる状態でした。 内部でも争っていたため、中国全体で日本に抗戦することができなかったのです。 こうした背景から、「国民党と共産党で手を組んで戦おう」と合意に至りました。 これを 国共合作といいます。 ちなみに、1932年に関東軍が「満州国」という形だけの国家を作りました。 <ここがポイント> 日本への統一抵抗戦線を作るために、国民党と共産党が手を組んだ 4. 第2次世界大戦勃発 第2次世界大戦、勃発 日本が中国との戦いをしている最中の1939年、世界も動きます。 同年9月にドイツがポーランドへ突如侵攻しました。 これに対して、連合国のイギリス、フランスはドイツに宣戦布告し、ついに第2次世界大戦が開戦します。 翌1940年にはイタリアがドイツの味方として参戦し、規模が拡大します。 翌年1941年には日本もアメリカ、イギリスに宣戦布告をしました。 結果、第2次世界大戦の戦火はアジア・太平洋にまで広がりました。 日米開戦を決めた真珠湾攻撃 ちなみに日米開戦において、私たちが絶対に知らないといけないことがあります。 それが 1941年12月8日の 真珠湾攻撃です。 日付まで正確に知っておきましょう。 何故これが重要なのか。 それは国際法との関係があるからです。 少し時代をさかのぼります。 1907年の ハーグ条約で、戦争を始めるには「宣戦布告」つまり事前通知をすることがルール化されました。 にも関わらず、日本は宣戦布告をする前にハワイ真珠湾を攻撃してしまったのです。 この攻撃は国際法を破った「 奇襲攻撃」として国際的な非難を受けることになります。 この真珠湾攻撃をターニングポイントとして太平洋戦争が開戦します。 最終的には、日本、ドイツ、イタリアの 枢軸国VSアメリカ、イギリス、フランスなどの 連合国 という構図が出来上がりました。 <ここがポイント> 日本は、第2次世界大戦に途中から参戦していた 1941年12月8日の「真珠湾攻撃」によって、アメリカとの戦争が開幕した。 まとめ 本稿では、第2次世界大戦の開戦までのプロセスをご紹介しました。 ポイントとしては、• 第1次世界大戦の戦後秩序からの揺り戻しの中で起きたことであること• 世界恐慌という経済パニックの中で大戦の動きが生まれたこと の2点です。 次稿は第2次世界大戦開戦後の動きを解説します。 本稿は以上です。 ここまで長文お読みくださりありがとうございました!.

次の

【第二次世界大戦とは】簡単にわかりやすく解説!!開戦の原因や死者数【まとめ】

第 二 次 世界 大戦 原因 短く

>>> 世界大恐慌 世界大恐慌 1929年10月24日の午前10時25分。 ニューヨークの株式市場にてゼネラルモーターズの株価が80セント値下がり・・・。 これを機に市場は売り一色となり株価が大暴落することになります。 わかっているだけでも株式関係者11名がこの日、自殺をし、これをきっかけにアメリカの株価は下がり続け、やがて、この景気悪化は世界へと広がっていくのですが、この 世界大恐慌 の原因はどこにあったのでしょうか?すこし、詳しく見てみましょう。 1929年の少し前に世界では大きな出来事がありましたね。 そう1914〜1918年のです。 この戦争では、主にヨーロッパが戦場となりました。 この頃、アメリカはヨーロッパに軍事物資や工業製品など大量に輸出し大きな利益を得ていたのです。 戦争が終わってからも、それまで世界の工場といわれていたヨーロッパがその機能を果たせなくなると世界経済の中心はアメリカへと変わっていきました。 広い家を建ててみたり、当時はお金持ちしか持てなかった車を購入してみたり・・・。 また、増えたお金はもっと増やそうと株に手を出す人も多くでます。 まぁ、アメリカの企業の株を買っていたのは、アメリカ人だけではなく世界の投資家の多くが買っていたんですけどね。 戦争で疲労した自国の企業の株を買うよりも順調そうに見えるアメリカ企業の株を買ったほうが儲かりそうですからね。 そうなってくると、もはやアメリカ企業の株価は本来の企業価値など関係なくどんどん上がってしまう銘柄も出てくるのです。 しか〜し!そんな時代は長くは続かないもの・・・。 当時のアメリカの好景気の要因は第一次世界大戦によってヨーロッパが疲弊していたこと。 そのヨーロッパが復興してくるとアメリカでは雲行きが怪しくなっていきます。 まずは、農業。 ヨーロッパ農業が復興してくるとヨーロッパからのアメリカへの注文が減ります。 自国である程度まかなえちゃったらアメリカに頼る必要もなくなりますものね。 さらに、冷凍運搬のシステムが当時普及し始めます。 こうなると安いラテンアメリカの肉や農産物がどんどんアメリカに入ってくるようになるのです。 かつては、安いといっても腐っちゃったら何にもならなかったわけですけど、冷凍システムが発達してくるとその心配もなくなるから安いラテンアメリカ産も物が売れるようになってきちゃうんです。 また、干ばつなども農業不振に追い討ちをかけます。 これで、農業恐慌がアメリカで起きるのです。 次に工業。 こちらも同様にヨーロッパの復興によりアメリカ製品が売れなくなっていきます。 さらに、アジア諸国の安い労働賃金の国もアメリカにとってのライバルとなっていきます。 これで工業も不振に陥るのです。 そして輸出。 アメリカ政府は、当時かなり高い関税を輸入品にかけていました。 当然のように各国もこれに対抗しようとアメリカからの輸入品に高い関税をかけます。 アメリカにとっては、関税を高くすれば、安い輸入品が入ってきづらくなり、自国の産業を守れるというメリットがありますが、相手国にまで高い関税をかけられたら輸出品が売れなくなるのですね。 これで、アメリカは輸出不振にも陥ります。 そして、ついにその日がやってくるのです。 株価大暴落。 ゼネラルモータースといえば、超が付く有名企業ですよね。 アメリカを代表する企業の株価下落に吊られるようにUSスティールという鋼鉄メーカーの株も下がり、次々に他の企業の株価も落ち続けます。 これが「 暗黒の木曜日 」といわれる10月24日の出来事です。 週末にはいったん持ち直しますが、週明けには売り一色!!株価大暴落となるのです。 では、なぜアメリカの不況が世界大恐慌にまで発展していったのか? まず第一次世界大戦で敗戦国となったドイツが直撃を受けます。 これは、「当時ドイツに対してアメリカが資本を輸出してあげるからドイツは経済を復興させて、しっかり賠償金をイギリス、フランスに対して支払いなさいよ」という約束がなされていたのですね。 なぜ、アメリカがドイツにそんなに優しいのかというと戦争中にアメリカはイギリス、フランスにお金を貸していたのです。 イギリス、フランスは賠償金貰って経済が立ち直ったらお金をアメリカに返してねということですね。 ドイツ賠償金の仕組み しかし、この資本輸出が停止されてしまいドイツはピンチに陥ります。 こうなると賠償金が返ってこないイギリス、フランスもピンチとなるのです。 さらに、アメリカが大恐慌となればアメリカへの輸出でやりくりしていたラテンアメリカの国々でもピンチ!こうして、世界中に恐慌が広まっていくのでした。 とはいえ、この大恐慌に世界の国々もただ、指をくわえて見ている訳がありません。 アメリカでは、ニューディール政策、イギリス、フランスではブロック経済。 ドイツ、イタリアではファシズムと政策を打ち立てることになるのですが、これが後の命運をわけることになっていくのです。 世界恐慌の各国の対応 アメリカ イギリス フランス ドイツ 日本 ニューディール政策 修正資本主義、政府が経済に介入するなど政府の管理を強化。 ブロック経済 ポンドブロック。 自治領、植民地間での貿易。 自給自足の経済に。 ブロック経済 フラン・ブロック。 植民地との結びつき強化。 ファシズム 全体主義、個人の自由よりも国家の利益優先へ。 植民地獲得に走る。 金解禁 金輸出、金兌換の解禁をするが失敗。 < > もっと詳しく.

次の