アメリカ 人 平均 身長。 世界各国の平均身長(男性):スクスクのっぽくん

アメリカ人の平均身長|州毎の身長差から人種間の身長差の議論まで

アメリカ 人 平均 身長

世界の平均身長を、見やすいグラフにしてみました。 男女ともに身長が高いヨーロッパ北部の国々が上位を占めています。 水に含まれるミネラルの違い、乳製品の普及率など、様々な要因があると思いますが、べルクマンの法則も要因の一つとして成り立っているのかもしれません。 【ベルクマンの法則】 恒温動物は、体温維持のため、体重あたりの体表面積が重要な意味を持ちます。 (体長が大きくなるにつれて、体重あたりの体表面積は小さくなる) 温暖地域では、熱を発散させるため、体重あたりの体表面積を大きくしなければいけないので体長は小さくなり、逆に寒冷地域では、体長は大きくなるという法則です。 日本国内でも、地域によって身長差がありますので、こちらもご覧ください。 オランダ 180. 8 ノルウェー 180. 3 オーストリア 179 アイルランド 177 ニュージーランド 177 ウェールズ 177 ギリシャ 177 ハンガリー 176 175. 7 フランス 175. 6 175. 6 ドイツ 175. 4 スイス 175. 4 175. 3 カナダ 175. 1 スコットランド 175 スペイン 173. 1 ドミニカ共和国 172. 7 アゼルバイジャン 171. 8 ジャマイカ 171. 8 マリ 171. 3 ポルトガル 171 ブラジル 170. 7 韓国 170. 7 カメルーン 170. 6 ケニヤ 170 ウルグアイ 170 マルタ 169. 9 チリ 169. 6 キューバ 168 ガンビア 168 167. 1 メキシコ 167 166. 3 マラウイ 166 イラク 165. 4 バーレーン 165. 1 ペルー 164 ナイジェリア 163. 8 スリランカ 163. 6 ネパール 163 162.

次の

アメリカ人の平均身長・体重とは?日本人との違いも!【男女・年代別】

アメリカ 人 平均 身長

アメリカ人の中学生(15歳)の平均身長を見てみると、男の子が173センチ、女の子は162センチです。 また、平均体重は男の子が70. 2キロ、女の子は60. 9キロです。 小学生と比べると、一気に男の子のほうが女の子を抜いた体格となります。 男性らしさ、女性らしさが出る年代とも言えます。 また、この頃には子供でもすでに日本人の成人男性・女性並みか、それ以上の体格になっていることがわかります。 アメリカ人の高校生(18歳)になると、平均身長は男の子が176センチ、女の子が163センチです。 平均体重は男の子が77. 2キロ、女の子が67. 8キロです。 中学生と比較すると、体重も大幅に増え、大人らしい立派な体格になる年代と言えます。 次に、アメリカ人の成人の男性・女性の平均身長と平均体重を年代別にご紹介しましょう。 まず、20代の平均身長は男性が177. 6センチ、女性が163. 2センチです。 平均体重は男性が85. 4キロ、女性が70. 7キロです。 アメリカ人の10代の男女と比較した場合、身長はほぼ変わりませんが、体重が増加傾向にあることがわかります。 アメリカ人の30代の男性・女性の平均身長・平均体重を見てみましょう。 平均身長は男性が176. 4センチ、女性は163. 2センチです。 平均体重は男性が88. 1キロ、女性は74. 7キロです。 この年代は男性・女性とも体重が増えており、「若い頃はスリムだったのに」というつぶやきが聞こえてきそうです。 では、アメリカのシニア層の平均身長・体重はどうでしょうか?まず、60代の男性・女性の平均身長・体重を見てみましょう。 平均身長は男性が175. 4センチ、女性は161. 8センチです。 平均体重は男性が90キロ、女性は77. 3キロです。 50代の頃と比較すると、身長・体重ともに大きな違いはありませんが、全体的にわずかな減少が見られます。 アメリカ人の70代の平均身長は、男性が173. 8センチ、女性は159. 2センチです。 また、平均体重は男性が85キロ、女性は70. 6キロです。 この年代になると、60代以前に比べて明らかに身長が低くくなり、体重も減っていることがわかります。 若い頃と比べて骨格・姿勢が変わったり、筋肉も落ちてくることが理由と考えられます。 アメリカ人の平均身長・平均体重の推移を年代別・男女別に見ていただいたところで、次に日本人との平均身長との比較を行ってみましょう。 以下はアメリカ人と日本人の成人男性の平均身長を年代別に比較した表です。 アメリカ人と日本人の成人男性の年代別平均身長の推移 年代 アメリカ人 日本人 20代 177. 6センチ 170. 7センチ 30代 176. 4センチ 171. 5センチ 40代 177. 1センチ 170. 6センチ 50代 176. 6センチ 168センチ 60代 175. 4センチ 165. 3センチ やはりどの年代においても、日本人男性のほうがアメリカ人男性よりも平均身長が低いことがわかります。 また、日本人男性のほうがアメリカ人男性よりも少し早く、40代以降に身長が低くくなる傾向があります。 これは最近の日本の若者の体格が、昔よりよくなっていることも理由として考えられます。 次に、成人女性のアメリカ人と日本人の平均身長を年代別に比較してみましょう。 アメリカ人と日本人の成人女性の年代別平均身長の推移 年代 アメリカ人 日本人 20代 163. 2センチ 158. 6センチ 30代 163. 2センチ 158. 3センチ 40代 163. 1センチ 157. 8センチ 50代 162. 2センチ 155. 2センチ 60代 161. 8センチ 151. 8センチ 女性もアメリカ人と日本人を比較した場合、やはり平均身長は日本人のほうがどの年代でも低いことがわかります。 男性の場合もそうですが、60代になるとアメリカ人と日本人の平均身長の差は、日本人のほうが10センチも低い結果となっています。 世界でも高い平均身長の国をご紹介しましたが、その特徴にお気づきでしょうか?ノルウェーやスウェーデン、デンマークなど、世界の中でも北欧の国の人たちが背が高い傾向があるのです。 確かに北欧の国の人たちは、すらりと背が高いイメージがあるのではないでしょうか?これはなぜでしょう? 実は身長に関わる「ベルクマンの法則」と呼ばれるものがあります。 ベルクマンの法則は1847年、ドイツの生物学者クリスティアン・ベルクマンが発表しました。 ベルクマンの法則とは、人間に限らず恒温動物は同じ種でも寒い地域にいるものほど大型になるというものです。 体温を維持するために、生息する地域の気温によって体重や体表面積が変わるという法則です。 世界でも寒い地域に属する北欧の人たちの身長が高い理由には、このベルクマンの法則が関係しているとされています。 背が高いというイメージがあるアメリカ人ですが、世界にはさらに平均身長が高い国もあるということがおわかりいただけたでしょうか?そして日本人はといえば、アメリカ人のみならず、世界から見てもかなり身長が低いほうに入ります。 日本では食生活の欧米化が進む一方、まだカルシウムの摂取量が少なかったり、睡眠が不足していたりなど、平均身長が伸びない理由があります。 世界に進出する日本人はこれからも増えるでしょう。 バランスの取れた体型は自信にもつながります。 アメリカでは身長が2. 5センチ高くなると、年収も1. 日本人も子供の頃からの食生活を今一度考えてみることが必要かもしれません。

次の

図録▽平均身長の長期推移(欧米とアジアの主要国)

アメリカ 人 平均 身長

アメリカ人の一般的な平均身長は男性で175センチメートル、女性で162センチメートルです。 時代で平均身長の推移を見てみると、19世紀ごろの平均身長は世界1位がアメリカでした。 比較的平均身長の高かったアングロサクソン系イギリス人出身者が非常に多かったためと豊富な食料品のため平均身長が世界1位だったといわれています。 当然比例して平均体重も大きくなります。 しかし、19世紀のころに172センチメートルだったアメリカ人の平均身長は、1890年ごろには169センチメートルに落ち込み、スウエーデンに抜かれました。 そこからアメリカ人の平均身長は右肩上がりですがヨーロッパ諸国には抜かれているのが現状です。 特に平均身長が世界1のオランダ人はタンパク質をよく食べる習慣があるため平均身長が高いといわれています。 豆やチーズ、ニシン、ジャガイモといった食べ物がその代表です。 日本人の食生活とは全く違うのです。 アメリカ人の成人白人男性の平均身長は178. 2センチメートルです。 黒人と白人を合わせたアメリカ全体の平均身長3センチメートルほど高いという数値が出ています。 ちなみに身長が高いと年収も上がるということがアメリカの調査で出ています。 身長が2. 5 センチメートル高くなると、年収が1. 8パーセント高くなるという調査結果が出ているようです。 さらにアメリカで能力が同等で身長が違う二人が昇進の人事を選ぶという実験が行われた結果、70パーセント以上の人事担当者が高身長の人を選んだという調査結果も出ています。 このほかにもアメリカ空軍の入隊試験合格者のうち、180センチメートル以上の物は20年後180センチメートル未満の者と比べて25万円ほど年収が多いという調査結果も出ています。 個人差はありますが身長と年収には切っても切れない関係性があるという調査結果が出ています。 アメリカ人より日本人が平均身長と平均体重が低い理由は、アメリカに比べ日本の子供のほうが睡眠、運動、食事のすべての生活が充実しているとは言い難いです。 運動する時間は学年が上がるごとに減少し、睡眠時間も部活や塾で削られています。 アメリカに比べかなり短くなっており、肥満体系の子がアメリカに比べ少ないです。 ダイエットを目的として運動をする必要性はありません。 アメリカ人は日本人より睡眠時間と運動時間が短い傾向にあり、アメリカ人の役5割近くは習慣的に運動をしています。 大人も子供も一定時間以上の運動時間が取れています。 肥満体国といわれるアメリカでは肥満という割には意外ですが、運動時間はきちんと確保され、しっかりと運動しています。

次の