ハーメルン の 笛吹 き 男 実話。 「ハーメルンの笛吹き男」は実話だった⁉子どもたちはどこに消えたのか考察

ハーメルンの笛吹き男 ドイツ史上最大級のミステリーの真相に迫る

ハーメルン の 笛吹 き 男 実話

伝承の概要 [ ] 1284年、ハーメルンの町にはが大繁殖し、人々を悩ませていた。 ある日、町にを持ち、色とりどりの布で作った衣装を着た男 が現れ、報酬をくれるなら町を荒らし回るネズミを退治してみせると持ちかけた。 ハーメルンの人々は男に報酬を約束した。 男が笛を吹くと、町じゅうのネズミが男のところに集まってきた。 男はそのままに歩いてゆき、ネズミを残らず溺死させた。 しかしネズミ退治が済むと、ハーメルンの人々は笛吹き男との約束を破り、報酬を払わなかった。 約束を破られ怒った笛吹き男は捨て台詞を吐きいったんハーメルンの街から姿を消したが、6月26日の朝(一説によれば昼間)に再び現れた。 住民がにいる間に、笛吹き男が笛を鳴らしながら通りを歩いていくと、家から子供たちが出てきて男のあとをついていった。 130人の少年少女たちは笛吹き男の後に続いて町の外に出てゆき、市外の山腹にあるの中に入っていった。 そして穴は内側から岩で塞がれ、笛吹き男も子供たちも、二度と戻ってこなかった。 物語によっては、足が不自由なため他の子供達よりも遅れた1人の子供、あるいはとの2人の子供だけが残されたと伝える。 歴史 [ ] この物語への最初の言及は、1300年頃にハーメルンのマルクト教会に設置されていたに見られる。 からにかけての複数の記録がこのステンドグラスについて述べている。 このステンドグラスは1660年に破壊された。 残された文献に基づいて、ハーメルンの郷土史家により現在のステンドグラスが復元された。 このステンドグラスは、色鮮やかな衣装を纏った笛吹き男と、白い着物姿の子供たちを特徴としている。 このステンドグラスには以下に記す説明文が添えられていた。 1284年、との記念日 6月の26日 色とりどりの衣装で着飾った笛吹き男に 130人のハーメルン生まれの子供らが誘い出され コッペンの近くの処刑の場所でいなくなった コッペン( Koppen、古ドイツ語で「丘」の意)とは、ハーメルンの街を囲むいくつかの丘の一つであるとされるが、どれを指すのかは不明。 このステンドグラスは、ハーメルン市の悲劇的な史実を記念して制作されたと一般には考えられている。 また、ハーメルン市の記録はこの事件から始まっている。 ハーメルンの最古の記録は、1284年の出来事を起点にしたとして述べられている。 「 我らの子供達が連れ去られてから10年が過ぎた。 」 何世紀にもわたる調査にもかかわらず、笛吹き男の物語に隠された歴史的な出来事についての明確な説明は与えられていない。 いかなる調査結果においても、1559年頃に初めて物語にネズミの集団発生が追加されており、それ以前の記録ではネズミは登場しない。 伝説の起源に関する仮説 [ ] この伝承の背後に潜む意味を説明するために、多数の説が提出されてきた。 の『炎のみに照らされた世界』 A World Lit Only by Fire, 1992 は、笛吹き男は精神異常のだったと述べている。 マンチェスターはこの事件が起こったのは1484年の6月20日であり、この犯罪者はハーメルンのの村から130人の児童を誘拐し、「口に出して言うのも憚られる目的」に用いたのだと断言している。 更にマンチェスターは「ある子供達は二度と姿を見せず、ある子供たちは五体バラバラにされて、森の繁みの中や木の枝から吊り下がっている所を発見された」と付け加える。 しかし、マンチェスターがまことしやかに述べ立てる事件を裏付けるような資料は一切発見されておらず、彼は事実と断言するこの説に対して出典を提示していない。 マンチェスターの説は、少なくともその120年以前から現れている物語のバージョンを無視している。 ハーメルンの新門にあるの碑文には、この笛吹き男の正体はマグス()であったと刻まれている。 いくつかの説では、子供たちは何らかの自然的要因により死亡したのであり、笛吹き男はの象徴であったとされている。 死神はしばしば笛吹き男のようなまだら模様の衣装を身にまとった姿で描かれる。 この説に関連付けられる類似のテーマとして、子供達の行進はの基本的な美術様式であるの表現であるとの説がある。 自然要因説に含まれるいくつかの説として、子供たちはヴェーザー川で溺死したとする説、により死亡したとする説、により病死したとする説がある。 別の説として、子供達は何らかの行為か、あるいは新規の運動(少年十字軍運動は1212年というこの事件のやや過去に起こっている)の一環として町から去り、二度と両親の元へ戻らなかったとする説がある。 18世紀後半から20世紀前半まで広く信じられていたのは、1734年にヨーハン・クリストフ・ハーレンベルクが唱えた、1260年のゼデミューンデの戦いで壊滅したハーメルン市民軍の記憶が変形し、笛吹き男に引き連れられた130人の子供達となったとの説である。 1940年にハインリッヒ・シュパヌートが執筆した『ハーメルン市史』 Geschichte der Stadt Hameln では、ハーレンベルクや1741年のレーガーの解釈に基づき、この説が採用されている。 これらの説では、名前のない笛吹き男は運動のリーダーか新兵徴募官であったと見なされている。 最も広く支持されている説は 、子供達はで彼ら自身の村を創建するために、自らの意思で両親とハーメルン市を見捨て去ったとする説である。 この時代に創建された幾つかのヨーロッパの村と都市は、ハーメルンの子供達による開拓者としての努力の結果であると考えられる。 この主張は、 Querhameln(ハーメルン製粉村)のような、ハーメルンと東方植民地周辺の地域それぞれに存在する、対応する地名によって裏付けられている。 この説でも笛吹き男は、運動のリーダーであったと見なされている。 この説のバージョンの一つは1955年に『』誌で発表された。 植民説の裏付けとなるのは、ハーメルンの旧家の壁から発見された文章である。 その述べるところによれば、1284年6月26日に、笛吹き男が130人の子供を街の外へ連れ去り、おそらくはその笛吹き男は(現在のの一地方)への植民運動を組織していたのブルーノ・フォン・シャウンブルクの代理人であったという。 シャウンブルク司教自身もまたの代理人として行動していた。 更なる考察を加えれば、植民説は13世紀のドイツ地域はあまりにも多くの人口を抱え込んでいたため、長男のみが土地と権力の全てを相続し、他の者はとなるしかなかったとの考え方に基づいている。 後にがこの不均衡を破壊した。 また、子供の移民が記録されていない理由の一つとしては、子供達は東ヨーロッパのからやって来た植民請負人に売られたためであるとの説が提言されている(は当時は珍しい習慣ではなかった)。 『笛吹き男の再訪』 Pied Piper Revisited において著者シェイラ・ハーティーは、東方植民地に見られる姓とハーメルンで見られる姓は類似しており、ハーメルンの街で養育できなかった私生児や孤児、その他の児童が売られたというのは納得のいく説明であると述べている。 更にハーティーは、これがハーメルン町史におけるこの事件の記録の欠落への説明になるかもしれないと述べる。 ヴォルフガング・ミーダーは自著『笛吹き男ハンドブック』 The Pied Piper: A Handbook において、ハーメルンを含む地方の人々がの一部への移民を支援した事を示す歴史的文書が存在すると述べている。 トランシルヴァニアはによる中央ヨーロッパ侵略を受けており、その時期は笛吹き男伝説が歴史に現れる時期と前後している。 ハーメルン市の公式ウェブサイトに掲載されている笛吹き男伝説のバージョンでは、移民説の別の側面が提示されている。 様々な解釈の中で、低地ドイツ地方から出発した東ヨーロッパへの移民説がもっとも説得力のある解釈である。 「ハーメルンの子供たち」とは、モラヴィア、、、チュートン地方への移住を募集する地主達により、移民の意思を抱いていた当時のハーメルン市民の事だったのであろう。 やがて「子供達の集団失踪の伝説」は「ネズミ駆除の伝説」に統合された。 2008 参照 この解釈では、「子供達」とは単に移民の道を選んだハーメルンの住民のことであり、特に若年層の事を指していた訳ではないのだろうと述べられている。 言語学者の研究を出典として、歴史学者のは移民説の根拠となる以下の仮説を述べている。 「1227年にボルンホーフェトの戦いにおいて軍を撃ち破った後」とウドルフは説明する。 「が住んでいた南沿岸がドイツの植民地として利用可能になった」。 ポメルン、、、プリクニッツの司教や達は、口先の巧みな「ロカトール」、すなわち中世期における植民請負人を送り出し、新天地への移住を望んでいた人々に高収入を約束した。 数千人に及ぶ若者がとを後にして東に向かった。 その証拠となるのは、東方植民地に見られる1ダースものヴェストファーレン由来の地名である。 事実、ヴェストファーレンからポメルンに至る街道にはヒンデンブルクと呼ばれる村が5ヵ村、同じく東シュピーゲルベルクと呼ばれる村が3ヵ村あり、ハーメルン南のベフェルンゲンに由来する北西のベフェリンゲン、現代のにあるベヴェリンゲン等の地名が存在する — Ursula Sautter, "Fairy Tale Ending. " Time International, April 27, 1998, p. ウドルフはハーメルンの若者達が現在のポーランドまで移住したとの仮説を提示している。 学者のは、ウドルフのハーメルン出身の姓がポーランドの電話帳にも見られるとの研究を引用する。 言語学教授のユルゲン・ウドルフの述べるところでは、1284年の6月にドイツの村ハーメルンから130人の子供達が消失した。 ウドルフ教授は当時のハーメルンの村で知られていた全ての姓を記録し、それと一致する外部の姓を探し始めた。 どちらもベルリン北部途上にあるプリクニッツとウッカーマルクに驚くほど頻繁にハーメルンと同じ姓が現れるのを教授は見出した。 彼はまた現代のポーランドの一部であるかつてのポメルン地方にも同じ姓があるのを発見した。 ハーメルンから消えた子供達とは、実際のところは東ヨーロッパへの移民を募集するドイツ植民運動に利用された職の無い若者達であったのだと、ウドルフは推測する。 伝説の笛吹き男などは実在しなかったのかもしれないが、教授はこうも述べる。 「東方への植民者を募るためにドイツ北部を歩き回っていたロカトール Lokator、植民請負人 なる者達がいた」。 ロカトールはいずれも弁舌巧みであり、ある者は鮮やかな衣装で着飾っていた。 ハーメルンからの脱出は、デンマークが東ヨーロッパの支配権を失った1227年のボルンホーフェトの戦いに関連しているのかもしれないと、ウドルフ教授は示唆している。 これによりドイツ植民への道が開かれ、13世紀後半には身体壮健な若者らをブランデンブルクやポメルンに連れてこようとする組織的な試みが行われた。 教授の姓名や町名の調査に従えば、この移民運動は現代のポーランド北西部にあるスタロガルト近辺まで到達した。 一例を挙げれば、ハーメルン付近の村ベフェルンゲンには、ベルリン北部やプリツヴァルク付近のベゲリンゲンや、スタロガルト付近のベヴェリンゲン等の対応する地名が存在する。 ポーランドの電話帳には当地で予想されるような典型的なスラヴ名ではなく、13世紀のハーメルンの村で一般的であったようなドイツ由来らしき姓が多数列記されている。 事実、今日のポーランドの電話帳には、Hamel、Hamler、Hamelnikow と言った、ハーメルンに由来を持つと思われる姓が掲載されているのである — : A Weekly Summary of Events and Topics of Interest to Online Genealogists Vol. 3 No. 6 — February 7, 1998 Ancestry Publishing — Pied Piper of Hamelin. September 5, 2008 参照 14世紀のデカン・リューデによる合唱書 [ ] 1384年頃に、ハーメルンのデカン・リューデなる人物が、彼が所持する合唱書『パッシオナーレ』に笛吹き男事件の目撃証言である詩が含まれていると書き記している。 リューデの記すところでは、このラテン語詩はリューデの祖母により執筆された。 この合唱書は17世紀後半以降は失われたままであると考えられている。 あるいはデカン・リューデ Decan Lude という奇妙な名前は、彼がルードヴィヒ Ludwig という名の司祭長(ラテン語で decanus、現代では Dekan あるいは Dechant)の地位に就いていた僧侶である事を示す物である可能性もあるが、これは確認されていない。 15世紀のリューネブルク写本 [ ] 1430年から1450年頃に残されたリューネブルクの写本は、笛吹き男事件の早期におけるドイツ語の記録を伝えている。 リューネブルク写本は現存する最古の記録であると考えられる。 ハーメルンの街を東西に貫くオスター通りの東門近くには、「笛吹き男の家」に隣接する形で、消失した子供達への追悼の念を込めて、歌ったり音楽を奏でることが禁止されている舞楽禁制通り( Bungelosestrasse、ブンゲローゼシュトラーセ)が設けられている。 音楽の演奏を伴うパレードは結婚式の行列も含め、この通りに差し掛かったところで演奏を中断し、通りの反対側に達したところで演奏を再開する。 この通りの名は、1427年には既に現れている。 16世紀および17世紀の資料 [ ] 1556年に、による De miraculis sui temporis(ラテン語で『現代の不可思議について』の意味)が、この伝説に言及している。 著者ヨプスは、笛吹き男をと見なしている。 1559年から1565年頃に、フローベン・クリストフ・フォン・ツィンメルンは自著『』 Zimmerische Chronik の中でこの伝説を紹介した。 この紹介がネズミの集団発生が登場した最初の記録だと考えられている。 しかし、ツィンメルンはこの出来事の日付を「何百年も昔 vor etlichen hundert jarn 」と記しているのみであり、事件のあった日付に関する論争に全く解答を与えていない。 最初のによる記述は、系の古物収集家にして宗教論争家であった(1548年頃-1636年)による、 『腐朽した知識の復権』 Restitution of Decayed Intelligence (、1605年)の中に見られる。 しかしヴェルステガンは物語の出典を示していない(ツィンメルンの手稿は1776年になってから再発見されており、ヴェルステガンの出典とはなりえない)。 ヴェルステガンの記述はネズミの群れについての言及と、行方不明になった子供達がトランシルヴァニアに現れたという考察を含めている。 英語の成句 Pied Piper (まだら服の笛吹き男)は、ヴェルステガンによる造語であると考えられる。 より興味深いことに、ヴェルステガンによる事件の日付は、上の記述とは全く異なる1376年の7月22日となっている。 これは1284年に行われた移民という事件と、1376年のネズミの集団発生という事件の二つの出来事が統合された事を示唆するのかもしれない。 笛吹き男の物語は日付を違えた形で、の1621年の著作『』 The Anatomy of Melancholy でもの一例として紹介された。 「1484年6月20日に、ザクセンのハーメルンで、まだら服の笛吹き男の姿をしたが130人の子供たちを連れ去り、子供達は二度と見つからなかった」。 バートンはこの話の直接の出典は提示していない。 の1650年の著作『普遍音楽』 Musurgia universalisでもこの出来事について詳細に紹介され、情報源として、の著作が挙げられている。 ヴェルステガンの文章はナサニエル・ウォンリーの『小世界の驚異』 Wonders of the Little World(1687年)に転載され、ウォンリーの著書を直接の出典として19世紀のブラウニングの詩が書かれた。 ヴェルステガンの記述はウィリアム・ラメゼイの『虫食いの話』 Wormesにも転載された。 「(前略)ヴェルステガンの物語で最も注目に値するのはまだら服の笛吹き男の話であり、この男は1376年7月22日にザクセンのハーメルンの町から160人の子供を連れ去った。 悪魔の怒りに対して、神が不思議にも許可を与えたのだ」。 19世紀の物語 [ ] 1803年にはが、この伝説に基づいた詩を著した(この詩はの『』と、の『』として、それぞれにされている)。 この詩劇の第一部は1808年に出版され、次いで第二部が1832年に出版された。 の2人として知られているとは、1816年に出版された民話集『ドイツ伝説集』 Deutsche Sagen の中に、11の出典から描かれるこの物語を収録した。 グリム兄弟の記述では、他の子供達の後を追えなかった盲目と足の不自由な子供が二人残された。 他の子供達は、(トランシルヴァニア)の創建者となった。 ヴェルステガン及びウォンリーの記録を資料として、はハーメルンの笛吹き男の名を題に冠した詩を執筆し、1842年に公表した。 ブラウニングの詩は、事件の日付を1376年の7月22日であるとしている。 日本での受容 [ ] この物語は、ドイツ国外にはとともに伝わっていったと思われる [ ]。 日本でも翻訳され子供を含む幅広い層に知られている。 しかし「笛吹きが子供をさらい、子供達は二度と戻って来なかった」という結末は、少なくとも児童向けの書籍では改変されることも多い。 主だった改作としては、笛吹きが子供達を洞窟に閉じ込めたことに対して市長や親達が笛吹きに解放を懇願した(その結末は明示されていないが、市長の約束履行で子供達が解放されたことを暗示)。 別の改変においては笛吹きには子供達に危害を加えようとする意思は見受けられず、最終的に市長から約束履行を受けた上、住民から感謝されつつ街を去っている。 あるいは子供を集めようとして未遂、集めたが何らかの外部要素(作品によって異なる)によって解放される勧善懲悪物として改変されているものもある。 また改変されなくても「こどもたちは嘘つきや意地悪な人がいない幸せな国に行った」などハッピーエンドとも解釈できるような結末になっている場合もある。 日本のある医学者は、当時収容されて、消された患者を意味しているのではないかと主張している。 日本における派生作品 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2018年3月) 小説・ライトノベル [ ]• 『』 - 冒頭でハーメルンの笛吹き男と伝説について言及されている。 『』 - 〜に『』にて連載。 を舞台に、ハメールーンの笛吹き男が、人類最強の敵(ゲルミナンド・ヘステ)として描かれている。 『ハーメルンに哭く笛』 - 30人もの子供たちが一度に誘拐・殺害され、容疑者として上がった男の供述に「ハーメルンの笛吹き男が現れ、子供たちを連れ去った」がある。 実際物語の重要なキーワードであり、登場人物達の会話の中で笛吹き男の歴史的解釈もなされている。 『』 - 「真夜中の道化師」に、笛吹き男のイメージから生まれた妖怪道化師が登場、子供達を連れ去ろうとする。 『笛吹き男とサクセス塾の秘密』 - サクセス塾に、笛吹き男と名乗る何者かが130人の塾生を消すという犯行予告を出す。 物語の中でも、ハーメルンの笛吹き男の内容が触れられている。 『』 - 犯行現場に笛吹き男の絵葉書を残してゆく連続誘拐事件が発生する。 このほか、の短編「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」が邦訳されている。 漫画 [ ]• 『』 -。 第1夜「2つの呪い」に人間を操る魔声を持つ悪魔として登場。 人間の欲望をもって召喚され、その肉体に取り付き願望を叶える存在である。 『』 - てんとう虫コミックス41巻「ハメルンチャルメラ」に同名の道具として登場。 を参照。 『笛吹伝説(パイドパイパー)』 - 1982年。 幻想連作「最終戦争シリーズ外伝 パトロールシリーズ」の一編。 ハーメルンの笛吹男と子供達消失事件の真相はを使った未来人による時間移民犯罪だったというもの。 『』 - 笛で子供を操った笛吹き男をにしたファンタジー活劇。 主人公達は笛ではなく、やで奏でる魔曲によって他人を操ったり、を召喚したりして敵と戦う。 ・『』 - 第5巻「ハーメルンから来た男」「に来た男」「から来た男」の三話で、ハーメルンの笛吹き男の伝説について、のを持った子どもたちを連れたという説を取り上げている。 『』 - ラシャーヌが好意を持った女子が天才奏者に捨てられ、顔に傷が残るような大怪我を負ったことに対し、笛吹き男のフルートを贈ることで復讐を果たす話がある。 『』 - 魔物の一種「パイパー」として登場。 でを聞かせた対象を子供化し、力を奪う術を使う。 パイパーはネズミの化身であり、また使い魔のパイパーは感性が子供的であり、子供を笑わせるようなギャグによって妨害される。 ドラマ [ ]• 『』 -。 劇中で起こる児童連続誘拐事件を、ハーメルンの笛吹き男に準えて「ハーメルン事件」と称している。 これは誘拐事件の犯人が、犯行の際にを吹いていることからも由来している。 アニメ・特撮 [ ]• 『』 -。 主人公が所属するチームの名前が「Pied Piper(笛吹き男)」。 その詳細は10話で語られている。 『』 - ハーメルンの笛吹き男をモチーフにした登場人物が登場。 『』 - 放映の第12話で、本作の笛吹き男が使ったとされる笛が「ハーメルンの笛」の名でプレシャスとして登場。 『』 - の第24話で、ハーメルンの笛吹き男をモチーフにした敵怪人が子供達を笛で操り主人公達と戦う。 『』 - の第39話で、ネズミ退治は無欲な少年の笛吹きによって行われ、少年は報酬を求めずに去り、子供の誘拐は元から存在していない。 『』 -。 女性科学者が、自分が開発したを搭載した世界中のロボットを「ハーメルン・システム」という特殊音波で呼び集め支配しようとするエピソードがある。 『』 - の第34話。 でじこ、ぷちこ、リンナ、ミケの4人組(指揮者のゲマを含めて5人組)とぴよことデジデビルの2人組がどっちの笛でねずみを操って躍らせるかを競い合い、沢山躍らせて勝った組がネズミを町から追い払う役目を引き受けることになるが、下手な演奏でを起してネズミを追い払うどころか町を壊滅させる事態となった。 『』 -。 作中に「ハーメルケイン」という名前の武器を使役する魔法使いが登場する。 また、その笛の音で登場人物を連れ去った。 『』(アニメ及び)-。 『』(アニメ及びライトノベル)- 諸国連合の モリー・C・クインが契約している原書として登場した。 ゲーム [ ]• 『』 - オンラインゲーム。 作中に登場する「(コラプト)アビリティ サッカー ハメルン」は、相手を洗脳して意のままに操る能力を用いて、多くの亜人種たちを従わせていた。 その亜人種には、二足歩行するネズミであるムーグルも含まれる。 『』 -。 ノースマイア地方のダンジョン「誘惑の町ハーメルン」に、笛の音を使って、人を操ったりネズミを呼び出してプレイヤーに攻撃するボス「ピーター・ザ・パイパー」が登場。 なお、このダンジョンにはネズミの敵キャラが登場する。 『』 -。 作中に登場する架空の米軍極秘()「ハーメルン」の原案となった。 ハーメルン大隊のマークとして、笛吹き男の笛が使われている。 「テラーバイト」という虫型極秘兵器を、さながらハーメルンの笛吹きの如く操り、敵を圧倒している場面もある。 『』 - PSP・Windows。 主要キャラクターの1人に「ハーメルン」という名の笛吹きが登場。 「ハーメルンの笛吹き男」が派生であるエピソードが存在する。 原作とは別の解釈となっているが、「ネズミ退治を依頼され、完遂する」「笛吹き男は報酬を手にしない」「笛の音で子供たちを操り、結果として命を奪う」といった点は同じ。 『』-。 笛吹き男をモチーフとしたプレイアブルキャスト「マグス・クラウン」「エルルカン」が登場。 楽曲 [ ]• 『ハーメルン』-。 『激情抄録』所収。 歌詞はこのハーメルンの笛吹き男の話がモチーフになっている。 『ハーメルン』-。 アルバム『make』所収。 アルバム発表後シングルとしても発売される。 歌詞は笛吹き男についてゆく子供の視点から書かれている。 『ぼくはハーメルンの笛吹き』- アルバム『メルヘン』に収録。 作詞:、作曲:。 脚注 [ ]• 出典 [ ]• 桜沢正勝・訳『グリム ドイツ伝説集 上 』人文書院、1987年、P. 286。 McLaughlin, editors Education And The Market Place Page 89, Routledge, 1994• Jerry Langton Rat: How the World's Most Notorious Rodent Clawed Its Way to the Top Page 120, Macmillan, 2007• 阿部、pp63-64• Niemeyer, Hameln 2. 1990, p44. ISSN 0078-0561• "What happened to these children? ", Saturday Evening Post, December 24, 1955• Poag, James F. "Pied Piper of Hamelin. " World Book Online Reference Center. 2008. 4 September 2008 参照• The Pied Piper of Hamelin — Goethe-Institut Dublin. Accessed September 5, 2008 参照• Laurences question: RootsWeb Mon, 13 March 2006 10:12:12 -0800 "Furthermore, The German areas had been colonized in a big way since 1254 AD on behest of the Bohemian King Ottokar II and his faithful servant the good Bishop of Olmuetz Olomouc Bruno von Schaumburg who helped him settle the North Eastern part of Bohemia and Moravia. " September 5, 2008 参照• Wolfgang Mieder, The Pied Piper: A Handbook Page 67, Greenwood Press, 2007 - Google books により September 3, 2008 参照• by Imre Karacs, Independent, The London , January 27, 1998. Online version Provided by ProQuest Information and Learning Company — September 5, 2008 参照• 阿部、pp. Ebering, 1934. Original from the University of Michigan — Digitized June 12, 2007 Google Books により September 3, 2008 参照• von Zimmern [attr. ]: Zimmerische Chronik, ed. Barack Stuttgart, 1869 , vol. III p. 198-200• オールカラー版『世界の30 外国の絵話』• 『ハーメルンの「鼠捕り男」-感染症の立場から-』日本医事新報 4185, 39-41, 2004-7-10• 『幻想と怪奇3』(、1978年)など。 参考文献 [ ].

次の

ハーメルンの笛吹き男

ハーメルン の 笛吹 き 男 実話

グリム童話のひとつとして日本に伝わってきた「ハーメルンの笛吹き男」。 1284年6月26日にドイツのハーメルンという街で実際に起きた事件がモデルになっているといわれています。 グリム童話は、グリム兄弟がドイツの伝承や民話を集めて編纂したもの。 そのなかでも「ハーメルンの笛吹き男」は出典とされる物語が11もあり、多くの童話のなかでも存在感を放っているのです。 ではあらすじを簡単に紹介しましょう。 1284年、ハーメルンの町ではネズミが大量発生し、住民たちは困り果てていました。 そんなある日、色とりどりの布を繋ぎ合わせた服を来た男が現れます。 「褒美をくれるのならば、町を荒らしているネズミを退治しよう」と言ったので、住民たちは報酬を払う約束をしました。 男が笛を吹くと、不思議なことに町中のネズミが集まってきます。 そして男が歩きだすと、ネズミもその後ろをついていきました。 男はそのまま川へ歩いて入り、ネズミたちを1匹残らず溺死させたのです。 しかし、町の住民たちは男との約束を守らず、報酬を払いませんでした。 男は1度町を離れたものの、6月26日に再びハーメルンに現れました。 笛を吹きながら町を歩いていくと、家から子どもたちが次々と出てきて、男の後ろに続きます。 男が町の外に出ていくと、子どもたちもそのままついていってしまいました。 その数なんと130人。 いなくなった子どもたちは、二度とハーメルンの町に戻ることはありませんでした。 130人の子どもたちが一斉に町から消えてしまった衝撃的な出来事は、ハーメルンのマルクト教会にあるステンドグラスに描かれています。 このステンドグラスは1300年にはすでに作られていて、1660年に1度壊されてしまったものの、残っていた文献にもとづいて復元されたものです。 説明文には、「事件が起きた日付け」「色とりどりの衣装で着飾った笛吹き男の存在」「130人のハーメルン生まれの子供たちが、コッペン丘近くの処刑場でいなくなった」と記されています。 当時の悲惨な事件を忘れないために作られたものなのでしょう。 笛吹き男は、この説明文をはじめ、どの物語においても色とりどりの鮮やかな服装で登場します。 これは当時の魔法使いや死神の衣装と同一の表現で、不思議な出来事や死の象徴とも考えることができます。 「コッペン丘」に関しては、現在はどの場所を指しているのかわからなくなっているそうです。 「ハーメルンの笛吹き男」の事件の詳細はいまだに解明されていませんが、マルクト教会のステンドグラスをはじめ今では町全体が物語をイメージできる観光名所となっています。 旧市街には笛吹き男が立ち寄ったといわれる建物も存在し、130人の子どもたちが通ったとされる道は「舞楽禁制通り」と名付けられ、音を立てずに静かに通るよう義務付けられているのです。 またマルクト教会の周辺では、定期的に「ハーメルンの笛吹き男」の演劇が上演されています。 町の人々は今でも消えた子どもたちの帰りを待っているのかもしれません。 「ハーメルンの笛吹き男」の子どもたちはどこに消えたのか考察 事件が起きた具体的な日付けがわかってはいるものの、「ハーメルンの笛吹き男」に関するそのほかの詳しいことはわかっていません。 町を出ていった子どもたちは、一体どこに消えてしまったのでしょうか。 さまざまな仮説があるので、ご紹介しましょう。 伝染病で亡くなった 「ハーメルンの笛吹き男」の冒頭では、町にネズミが大量発生し、住民たちが困っている様子が描かれています。 当時のネズミといえば、伝染病の媒介者。 特にペストの致死率は高く、13世紀のドイツでは大幅に人口が減ったそうです。 実は子どもたちはペストの流行で亡くなり、笛吹き男は「死に神」の象徴として描かれたのではないかという説があります。 十字軍遠征に参加した 11世紀から13世紀のフランスやドイツでは、キリスト教の聖地であるエルサレム奪還のために断続的に「十字軍遠征」がおこなわれていました。 なかには10代の少年少女たちで結成された「少年十字軍」というものもあったそうです。 そして笛吹き男は、軍のリーダーだったのではないかという説があります。 この仮説では、130人の子どもたちは自ら志願して軍に入ったものの戦地で亡くなってしまったか、騙されて奴隷商人に売りとばされ、故郷に帰ることができなくなったと考えられています。 また「ハーメルンの笛吹き男」の類話には、目や耳、足が不自由な子どもだけが町に残るパターンもあるのです。 健康でない子どもは十字軍に入れないということが、この仮説の根拠を強めています。 開拓者となるために町から出ていった 当時のドイツでは、町として人が住める場所が限られていたそうです。 当然、人口が増えれば食料も足りなくなり、インフラはパンクしてしまいます。 そのため各家庭では、長男のみが家や財産を継ぎ、残りの子どもたちは農奴などになるケースも多かったそう。 この仮説は、家や財産を相続できない子どもたちが自ら故郷を去り、別の場所へ移動して新たな住む場所を開拓した可能性を取りあげています。 現に、東ヨーロッパには、ハーメルンを由来とする姓をもつ人が多く住む地域があることも確認されているのです。 笛吹き男は移住に関する運動のリーダーだったのかもしれません。 「ハーメルンの笛吹き男」の壮大な研究 本書のイラストを担当しているリスベート・ツヴェルガーは、繊細で魅惑的な画風を用い、たくさんの童話に息を吹き込んできたオーストリアの絵本作家です。 『賢者のおくりもの』や『クリスマス・キャロル』など日本語訳された作品も多く担当していて、高い人気を集めています。 本書では、笛吹き男の顔は1度しか描かれません。 残りはすべて後ろ姿や、帽子のつばに隠れた状態。 このような演出が読者の想像を掻き立て、笛吹き男の言動にミステリアスな雰囲気をもたらしているのです。 池田香代子の淡々とした文章も、物語の魅力的な世界観をつくりあげているでしょう。 「ハーメルンの笛吹き男」からは、「約束を破ると罰が当たる」という教訓を得ることができます。 ぜひ親子で読んでみてください。 「ハーメルンの笛吹き男」など有名な童話の現代日本版.

次の

実話⁉ハーメルンの笛吹男とは何者だったのであろう?

ハーメルン の 笛吹 き 男 実話

Contents• 超訳 ハーメルンの笛吹き男 まずは、ハーメルンの笛吹き男がどんなお話だったのか、簡単にご紹介したいと思います。 ハーメルンの笛吹き男 ネズミが村に大発生しました。 ネズミ達の暴れぶりに、村人達は困り果てていました。 そこに道化のような服装をした男が現れました。 男は「自分ならネズミを退治できますよ」と言うのです。 村人達は男にネズミ退治を依頼しました。 すると男は自分が持っていた笛を吹き出します。 笛の音色につられて、不思議な事が起こります。 村中のネズミが一斉に集まりだしたのです。 集まったネズミは笛を吹く男の後についていきます。 川まで歩くと、ネズミ達は自ら川へ飛び込み始めました。 なんと、全てのネズミが川で溺れてしまったのです。 こうして、村中のネズミは退治されました。 男が「報酬を」と言うと、報酬を支払うのが惜しくなった村人達はこれを拒否してしまいます。 男は激しく怒り「恐ろしい事が起こる」とだけ言って村を出て行ってしまいました。 幾日も過ぎ、村人達もその事を忘れかけていた頃、男が村に戻ってきました。 男が笛を吹くと、村中の子供達がその音色につられて踊りだし、男について行ってしまいました。 そして、子供達はそれっきり帰ってきませんでした。 ハーメルンの笛吹き男は史実 実はこのハーメルンで起こったとされる悲劇は完全な作り話ではなく、一部が実話になっています。 それはラストの 「子供達はそれっきり帰ってきませんでした」の部分です。 130人位の子供達が集団失踪した事実として、記録されているのです。 ハーメルンの笛吹き男は今から700年以上も昔、1284年6月26日のお話です。 実際には何が起こっていたのでしょうか。 いくつかの説をご紹介します。 ハーメルンの笛吹き男の真実とは 少年十字軍説 1202~1204年頃、少年十字軍が発生しました。 主にフランスやドイツで12歳から15歳ぐらいの少年少女が聖地奪還を掲げてエルサレムを目指すのです。 ハーメルンの笛吹き男は十字軍に参加させるために、少年少女をスカウトしに来た男だったという説です。 そしてまんまと130人の子供達を新兵として連れ去ったという訳です。 彼らは武器も資金も食料もない集団だったので、聖地エルサレムにたどり着くどころか、途中で諦めてほとんどの者が故郷に帰ったという、変な集団です。 しかし、帰らずに残った者の中には奴隷業者に騙されて売られてしまったという悲しい記録も残っています。 集団移民説 現在最有力の説です。 ドイツのハーメルンから自分達の村を作るため、集団でハーメルンの町を去った(移民した)とする説です。 笛吹き男は、移民を仲介した移民推進人というわけです。 江戸っ子とか土佐っ子とか。 同じくヨーロッパでも「住んでいる場所の子」とする風習がありました。 そういう意味で「ハーメルンの子供達=ハーメルンに住む人たち」を指したのではないかと言われています。 移民説には証拠があります。 ハーメルンの東、ドイツ東部のウッカーマルク(Uckermark)周辺には、ハーメルン周辺の地名と似たような地名が多数あります。 しかしながら、移民説にも疑問が残ります。 まず、当時移民はドイツ全体で起こっていました。 どうしてハーメルンにだけ伝説が残ったのでしょうか。 移民したのであれば、当然その後の連絡も可能です。 それが伝説によると姿が消えてから一度も連絡が取れず、その後の音沙汰が何もないようなのです。 こういう推測ができます。 まず当時ハーメルンの人口は2000人程度だったそうです。 その中の若者が130人も抜けるとしたら一大事です。 少し大げさに規模を分かりやすく例えると東京1000万人のうち65万人もどっかにいってしまったようなイメージです。 他の村の移民がせいぜい多くて50人程度だったのに対してハーメルンから出て行った人間が多すぎます。 おわりに 移民説が本当だったとしても、移民後何の音沙汰も無かったというのは不思議すぎます。 そしてハーメルンの伝説は新天地に旅立った人間の希望ある物語にはどうしても読めないのです。 何か薄暗い禍根を残しているように思えてなりません。 ・・・謎に迫ると言っておいて全く真相が分かりませんでした。 一体、ハーメルンの子供達はどこへ姿を消したのでしょうか。 笛吹き男とは一体誰だったのでしょうか。 今となっては、誰も真相が分からないのかもしれません。 ハーメルン市では、現在でもこの130人の子供達が通ったとされる通りは「舞楽禁制通り」と言って、音楽を奏でたり、踊ったりする事が禁止されています。 最後にハーメルンの笛吹き男の最古の史料であるとされるステンドグラスの一説を引用して終わりたいと思います。 1284年、聖ヨハネとパウロの記念日 6月26日 色とりどりの衣装で着飾った笛吹き男に 130人のハーメルン生まれの子供らが誘い出され コッペンの近くの処刑の場所でいなくなった.

次の