教示ありがとうございます。 「ご助言」の意味とは|覚えておきたいビジネス用語の使い方を解説

「ご回答ありがとうございます」の敬語・ビジネスメールの言い方

教示ありがとうございます

どちらが正しいとは断定できません。 どちらも同じ場面で同じ目的で使われています。 「くださる」は「くれる」の尊敬語、「いただく」は「もらう」の謙譲語ですが、日本人はそんなに「もらう」ことが好きなのかと言いたくなるほど「いただく」の使用頻度が高くなっています。 敬語の要素を取り去ると、常体(普通体)の文章になります。 結論だけを書くなら、どちらも「間違い」ではありません。 それをどちらも「正しい」と言えるか否かは、当方にはわかりません。 論理的に考えると「くださり」はおかしいと主張する人もいます。 それは否定できません。 ただし、NHKの調査では「いただき」派が多いようです。 当方もこちらを使います。 詳しくは下記をご参照ください。 「〜くださり」「〜くださいまして」と「〜いただき」の違い 以下は一部の抜粋(重言)。 URLは省略します。 40に「どちらの言い方も適切に 敬語が用いられているものである」と明記されています。 ================引用開始 現状としては、どちらかといえば「教えていただき~」のほうがよく使われており、「教えてくださり~」という言い方は自分ではしないという意見が、やや多くなっています。 ですが、両方とも正しい言い方です。 「くれる」と「もらう」はどちらも物の授受を表しますが、視点の違いがあります。 すなわち「くれる」は物を渡す側に視点があり「もらう」は物を受け取る側に視点があります。 ==============引用終了 A「この度は、お褒めの言葉をいただき、ありがとうございます。 」 B「この度は、お褒めの言葉をくださり、ありがとうございます。 」 AはBよりも自然に、頻度高く使われているでしょう。 Aは話者の「もらった」行為の表現で、Bは相手の「あげた やった 」行為を話者の立場から見て「くれた」行為と表現している。 どちらが間違いということはないでしょう。 以下は「広辞苑」より 引用開始 【貰う】 他人の動作によって自分が恩恵・利益を受ける意を表す。 【呉れる】 自分のために他人がその動作をし、それによって恩恵・利益を受ける意を表す。 【いただく】 貰うの謙譲語 【くださる】 いただく。 頂戴する。 動作の主体に対して敬意を表し、その動作によって恩恵をうけることを意味する語。 引用終了 以上のことから、daredeshooさんの返信にある例文説明はおかしいと考えられる。 ・ご教示くださりありがとうございます。 ・ご教示いただきありがとうございます。 結論から言えば、どちらも正しい。 違いは主体の違い。 「ご~くださり」の主体は「相手」、「ご~いただき」の主体は「自分」 【ご参考】 「ご~くださる」 (補助動詞)「お」を伴った動詞の連用形、「ご(御)」を伴った漢語、また、動詞の連用形に接続助詞「て」を添えたものなどに付いて、相手に何かを要望・懇願する意を表す。 「お座り下さい」「ご覧下さい」「止めて下さい」 「ご~いただく」 (「お…いただく」の形で動詞の連用形,「御ご…いただく」の形でサ変動詞の語幹を受けて)他人にその動作をしてもらう意を表す。 「しばらくお待ち-・きます」 「この計画に御協力-・きたい」.

次の

「ご教示いただきありがとうございます」意味と使い方・例文

教示ありがとうございます

「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」という意味をもつ表現は他にもあります。 全て「教える」というニュアンスがあり、その使い分けも何となくという感覚に頼りがちです。 ここで、それ以外の表現と簡単な例文を紹介します。 ・「指導」:わからないことや方法を教える 例)このファイルの保存方法をご指導ください。 ・「指南」:武術や芸能を教える 例)舞踊を指南する。 少し意味は違いますが、音が似ている表現も併せてみてみましょう。 ・「享受」:用意され与えられたものを、受け入れて味わい楽しむこと 例)自由を享受する。 他の表現と違い、「享受する」は相手からではなく第三者である誰かが用意したものを自分が受け取る際に使うので、「教授する」とは全く違う意味です。 ビジネスシーンでよくある間違いのひとつ、誤変換に注意しましょう。 このように、同じような意味でありながら、細かく使い分けが必要な表現がたくさんあります。 「ご教示」の意味と使い方を通して、書き言葉・話し言葉の違いや、よく似た表現をご紹介しました。 この違いがわかると、英語での「教える」の使い分けもしやすくなります。 「ご教示」は「tell」、「ご教示」は「teach」です。 社内でも英語を目にしたり耳にする頻度が上がってきている今だからこそ、こういうタイミングにまとめて覚えてしまうのもビジネスマンとしての業務効率化に繋がるのではないでしょうか。 敬語やビジネスマナーで一番気をつけなければならないのは、「誰かがやっていたからといって意味を知らずに真似をする」ことです。 言語は変化するものだと言われていますが、ビジネスメールで使うような書き言葉は話し言葉と違って、その使い方が崩れるケースはほとんどありません。 正しい日本語を理解しているであろう目上の人に対して使う敬語表現だからこそ、誤った表現が相手に不快な思いをさせたり、失礼になったりする可能性があるのです。 まず、よく使う表現から、その意味と使い方を見直してみましょう。

次の

「ご回答ありがとうございます」の敬語・ビジネスメールの言い方

教示ありがとうございます

ヘルプ(リボンの? マーク、F1キーのいずれも)を利用しようとすると「このコマンドは使用できません。 /組織の管理者が、この機能を使用するために必要なサービスを無効にしています。 」と表示され使えない。 自宅のPCで、ユーザは私一人(管理者権限の持主)で、他のユーザアカウントはありません。 Windows 10 Pro 64-bit、Office Professional Premium、Excel 2016 MSO 16. 12430. 20172 64ビット です。 ブラウザはEdgeを標準にして使っています。 Windows Updateなど自動更新にしており、その他システムに特殊な設定や機能制限はしていないつもりです。 よろしくご教示願います。 HideoSekiguchi1さん、前便では失礼しました。 私のOffice設定の不備と判明しました。 Officeの「アカウントのプライバシー」の「接続エクスペリエンス」の中の「オンラインコンテンツをダウンロードするエクスペリエンス」がオフになっていました。 その先の項目の「接続エクスペリエンスを有効にする」にチェックを入れて「・・ダウンロード・・」もオンにしたところ、AccessやExcelでヘルプが(リボンもF1キーも)作動するようになりました。 今回各設定の細かな説明を熟読するまでこの項目がヘルプに関係するとは気づきませんでした。 せっかくご教示をいただいたのに私の調査が不十分で申し訳ありません。 改めてご教示にお礼申し上げます。 本件決着とさせていただきます。

次の