モビット審査。 SMBCモビットの審査基準と審査に落ちる原因・審査に通るコツを解説

モビットの審査に落ちた 〜 中小の金融なら貸してくれるかも

モビット審査

複数社から借り入れしている人はSMBCモビットでおまとめした方がいい? 数社からの借り入れをおまとめすることの利点については、すでに多くの方が承知されていることと思います。 SMBCモビットの最大の利点はなんといっても、お申し込みから、審査、審査結果通知まで、 すべてのプロセスがWEBにおいて完結してしまうということです。 SMBCモビットのWEB完結申込みなら全てがネットとEメールの送付だけで行われ、勤務先・自宅への電話確認や郵送物がないため、自分のプライバシーがしっかりと守れます。 SMBCモビットでおまとめを行う理由とは 数社からの借り入れをSMBCモビットによって一本化すると、一体どのような効果が期待できるのでしょうか。 これは大きく分けて次のような利点があります。 まずは借り入れを一本化することにより支払い金利が引き下げられ、これによって返済総額が少なくなることが期待されます。 また複数の借り入れにより、ばらばらだった月々の返済も一本化することで整頓してまとめられます。 月々の複数の返済のやりくりに時間を取られていたのが解消され、よりクリアに 全体の返済計画を立て直すことが可能になります。 一本化により、月々の返済金額が減ってくることにもなり、生活にこれまでになかったゆとりが生まれます。 支払い金利低下のため、返済総額の減少が期待• 返済日がまとめられ、返済の効率化 お勤め先確認の電話がなく郵送物もないので安心 審査もスピーディに行われるため、申し込みからカード利用開始までの期間が圧倒的に短くなります。 おまとめとしてSMBCモビットに借り換えするもう一つのメリットは、SMBCモビットの 利用限度額が最高800万円迄と、利用できる金額が高いことにあります。 銀行のおまとめローンはさまざまな点で有利ですが、他方で公務員や月収の非常に高い人など、高収入で安定した収入のある一部の社会人しか審査に通らないという現実があります。 そのため、数社からの借り入れの一本化を図りたい方にとって、SMBCモビットへの借り換えは大きな利点のある現実的なプランであるといえます。 SMBCモビットのおまとめで少しでも安心を!! 24時間即時振込キャッシングのサービスがスタートしました! これまでの銀行振込は平日15時が、即日融資のリミットでしたが、2018年10月15日から、SMBCモビットの振込キャッシングが24時間いつでも最短3分で入金されるようになりました。 SMBCモビットの振込依頼は、スマートフォンや携帯電話から会員ページにアクセスして簡単に行えます。 仕事帰りの時間や週末の土日・祝日など曜日や時間帯関係なく、必要なときにすぐ振り込んでもらえるのです。 多くの銀行口座で、この便利な振込キャッシングを体験できますが、利用できない一部の口座もあります。 こちらで詳しく解説していますので、気になる方は「」を参考にしてみてください。 人気キャッシング徹底比較特集! ローンカード不要!スマホのみでセブン銀行ATMからキャッシングができる!! ・ノンバンク業界初の次世代型サービス SMBCグループの会社・SMBCモビットを利用している人はいませんか? これまでカードローンの手続きをする際には、ローンカードを使ってATMで出入金を行ってきたはずです。 しかしこれからの時代、 SMBCモビットカードなしでもカードローンの取引ができるようになります。 SMBCモビットに口座を持っている人のために、セブン銀行ATMでSMBCモビットカードなしでも出入金取引のできるサービスを2017年5月15日から開始します。 SMBCモビットは業界でも革新的なサービスをいろいろとこれまで提供してきました。 例えば2012年に開始されたWEB完結サービスといって、従来電話や郵送で行ってきた契約手続きをWEB上で完結できるサービスも業界で初の試みでした。 カードローンでローンカード不要にてATMで取引できるというのは、 カードローン業界でも史上初のことです。 スマホATM取引サービスを使って借入するのは4ステップ SMBCモビットのスマホATM取引サービスですが、簡単に利用できるところも強みです。 4つのステップを履行するだけで借り入れ手続きが完了します。 アプリにログイン• スマホATM取引をタップ• ATMの取引開始• QRコード&必要事項入力 1. アプリを起動後、ログインする まずはSMBCモビット公式スマホアプリを立ち上げて、ログインします。 SMBCモビット公式スマホアプリをダウンロードする必要がありますが、iOS・Androidいずれにも対応しています。 現在出回っているほとんどの機種に対応しているといっていいでしょう。 「スマホATM取引」をタップ 続いてマイページに「スマホATM取引」というメニューが出てくるはずなので、こちらをタップします。 すると「ご入金」というメニューがありますのでタップしましょう。 カメラが起動しますのでそのままの状態にしておきます。 ATMの「取引開始」ボタンを押す 3つ目のステップは、セブン銀行のATMを使って取引開始です。 従来通りATMの取引開始ボタンを押すと、ATM画面にQRコードが表示されます。 そして先ほどスマホで起動させたカメラを使ってQRコードを撮影します。 QRコード読み込み後、必要事項の入力 最後にQRコードに反応するとスマホの画面が変わりますので、必要事項を入力します。 スマホの画面には企業番号と暗証番号を入力する欄が出てくるはずです。 これらの情報はATの案内に従って入力し、希望する借入額を入れれば必要な現金を確保できます。 このようにSMBCモビットカードなしでも借り入れ手続きが可能になりました。 SMBCモビットのスマホATM取引利用のメリットって? SMBCモビットのスマホATM取引サービスが開始されれば、SMBCモビットカードなしでも スマホがあればいつでも出入金手続きができます。 従来であれば、SMBCモビットのカードローンに申し込んで審査クリアできてもローンカードが届かないとATMを使った手続きができませんでした。 銀行振り込みによる借り入れは可能ですが、午後3時までに手続きを完了させないと即日反映できませんでした。 しかしこのスマホATM取引サービスを利用すれば、まだ手元にローンカードが届かなくてもATMを使って借り入れ可能になります。 セブン銀行のATMは全国各地に設置してあるから利便性が高い セブン銀行のATMは、日本全国2万3,000台設置されているといわれています。 セブンイレブンやイトーヨーカドーにセブン銀行ATMはほとんどのところで設置されています。 他には• 各種鉄道の駅構内• 高速道路のサービスエリア• オフィスビル などにも設置されている場合もあります。 自宅・勤務先近くのどこかにはあるでしょうし、旅行・出張時でも利用できるATMを近場で見つけられます。 これで出先で現金がなくなってしまった場合でも、スマホがあれば手軽に借り入れできるようになります。 セキュリティも万全 スマホATM取引サービスを利用するにあたって、セキュリティの問題はクリアできているのか不安という人も中にはいるかも知れません。 ATM画面に表示されるQRコードはワンタイム発行で、特殊なロジックを使って作成されているといいます。 ですからクレジットカードの ICカードと同水準のセキュリティレベルに設定されているので、安心して利用できるのが最大の特長です。 その上でSMBCモビットからの借り入れ金利をきちんと確認し、現在の支払い金利よりも有利になるかどうか、確認しましょう。 数社からの借り入れをおまとめする場合には、おまとめとして一本化したローンの金利条件が重要な事項となります。 そもそもSMBCモビットにはおまとめローンという存在がありません。 しかし、SMBCモビットの審査の即時性や利用限度額の高さを利用することにより、おまとめとしての機能をもたせることが可能です。 まとめ:SMBCモビットのおまとめの特徴 SMBCモビットはそもそも「消費者金融会社」です。 TV CMなどですっかりお馴染みになり、一般への浸透度もアップしています。 カード申し込みにしろ、WEB申し込みにしろ、ネットでの手続きで、銀行口座への振り込みが行われたり、また提携のATMでの引き出しが可能だったり、とにかく便利な印象があります。 キャッシング用語説明 最後に、キャッシングする際によく聞く専門用語を紹介します。 今まで聞いたことがあってもその意味までを説明できる用語って案外少ないかもしれません。 キャッシングに失敗しないためにも用語の意味を一から理解しておきましょう。 カードローン カードローンとは、金融機関、消費者金融、カード会社などが発行する専用のカードにより、借り出しを行うローンのことを指します。 基本的にカードローンとは、無担保で個人に対して行われる、使途を限定しない融資となっています。 銀行系のカードローンは審査が厳しいことで知られていますが、その代わり金利は低く設定されています。 カードローンの場合、保証人は必要ありません。 借り入れの使途も限定されておらず、利用限度額内であれば、自由に借り入れを繰り返しことができます。 返済はリボ払いが基本で月々の最低返済金額が設定されています。 キャッシング 金融機関や消費者金融が発行するカードによって、ATMなどから現金を引き出して利用することで、翌月一括して返済することが原則です。 コンビニのキャッシュディスペンサーなどでも気軽に引き出すことが出来るので、急な出費があった場合に便利です。 最近では各社それぞれ独自のサービスを充実させるようになっています。 例えば、一週間以内など、一定の期間内であれば無利息で返済できるようなシステムを備えたキャッシングもありますので、詳細をよく知った上で、上手に使いこなすようにしましょう。 SMBCモビットのサービス• WEB完結• スマホATM取引• Myモビ 借入限度額 借り入れを行う際の上限の金額の事。 担保なしでお金を貸す訳なのでをれを決める際に個人の返済能力を収入や信用情報などを参考に審査を行う。 例えば会社員などの定収入のある人は、アルバイトで収入の安定していない人や専業主婦や学生など収入のない人に比べて高い限度額が設定される事が多い。 他にも信用でお金を貸すという形になるので初めて融資を申し込む人よりは返済実績のある人が融資を申し込む方が高い限度額を設定されることもある。 もちろん最初は低かった融資金額でも毎月契約通りに返済をし信用を積めば上限金額を増やして融資を受けられる事もある。 借入限度額は他にも貸付限度額や利用限度額などと呼ばれることもあります。 無人契約機 通常借り入れの申し込みをする際は直接お店に行って金融会社の社員と対面で融資の申し込み、契約をするという形になります。 しかし、無人契約機を利用すると人と会わずに機械を操作して資の申し込みをする事が手軽に出来ます。 手軽と言っても機械の裏にはその金融会社の社員がいて、もちろん対面で借り入れを申し込む際と同様の審査を受けることになります。 しかし、ATM同様店舗の営業時間より遅い時間まで稼働していることも多くお店の営業時間内に来店できない人や対面で融資を受けるのに抵抗のある人には便利に利用できます。 また、給料日前の短期間の利用や急にお金が入用になった人にもスグに現金が手に入るので大変便利に利用できます。 信用情報 融資を申し込むと審査を受けますがその際に審査する金融会社は情報機関に登録された個人の信用情報も参考にします。 住所・氏名などの個人情報はもちろん個人の借り入れや返済状況の詳細、過去のトラブルなどセンターに加盟している金融会社が随時報告し登録され情報が共有されています。 従って審査の際に過去にトラブルがあったり、返済が遅れている情報などを確認すれば融資を断ったり、限度額が低く設定されたたりすることもあります。 法的措置を受けたなどトラブル情報が載っていれば融資を断られ可能性が高くなります。 一日に何件も融資の申し込みをすればその情報も登録されますので審査のうえで心象が悪くなるかもしれません。 ちなみに自身の信用情報の内容を知りたい場合は全国銀行個人信用情報センター 株 シー・アイ・シーで開示請求をすれば確認できます。 審査基準 どうしたら融資を受けられるかという審査の基準があります。 それは各社独自のもので一概には言えませんが基本的には信用のあると判断された人は高額の融資を受けられるようになってます。 審査の方法としてはスコアリングシステムが主流ではないでしょうか。 スコアリングとは点数をつけるという意味です。 例えば収入の安定性を考えると、• 誰もが知っている大手企業に長年勤めている人• 全く聞いたことのない会社に入社して半年の人 比べるともちろん前者の方が収入的に安定性があると考えられますので高い点数が取れます。 こんな感じで住居や家族内容、過去の返済状況などを細かく点数を付けその合計点数によって上限額を決めるシステムです。 しかし審査基準は各社様々なのでいくら自分が点数の高い内容であっても融資が受けられないという事もありますので注意が必要です。 即日融資 融資の申し込みをしてその場でお金を借りる事を即日融資と言います。 無担保でお金を貸す消費者金融や銀行が発行しているキャッシングローンで即日キャッシングなどの文句で便利に利用されています。 急な出費の際は大変便利なように聞こえますが、貸金業法の総量規制の対象なので年収証明のできない主婦や学生の利用は難しくなっています。 以前女性が多く利用していて振込みキャッシング、振込みローンなどと呼ばれた融資を行う事はできません。 しかし、銀行系のカードローンは審査の基準が厳しくはなりますが専業主婦でも利用できる借り入れできる場合があります。

次の

モビットの審査に落ちた 〜 中小の金融なら貸してくれるかも

モビット審査

モビットの利用を続けるのであれば、ぜひとも利用してほしい増枠システム。 ちょっとした手続きで利用限度額を増やすことができるには、メリットが目白押しです。 今より便利にモビットを使いたい。 そんな皆さんのために、増枠が可能になったらすぐに手続きできるよう、増枠システムの仕組みや申し込み方法を解説します。 お金が足りない時は増枠システム 消費者金融は、とても便利なサービスです。 成人しており、安定した収入さえあれば誰でも利用することができます。 グループだけあって、消費者金融系の貸金業者の中では広告も多く、借入限度額も最大で1万円~800万円までと非常に大きいのが特徴です。 カードローンを利用していることを家族や友人に知られたくない。 そうした人にも役立つ、申し込みから借入に必要な手続きの一切をWEBで完結させられる申し込み方式でも知られていますよね。 そんなモビットですが、長く使っていたり、良く借入を利用していたりすると現在の利用限度額ではちょっとばかり足りない、なんて悩みが生まれてしまいますよね。 モビット自体の利用限度額は最高で1万円~800万円までですが、実際に利用されている方の多くは数十万円から100万円前後といったところでしょう。 余りにも大きな限度額になるのは何となく怖いという方、今の利用限度額でも十分だという方、もう少し枠を大きくしたい方。 様々です。 ただ、どんな方であれ万が一のためにも利用限度額をできるだけ増やしておくのは非常におすすめですから、お金が足りない時、お金が足りない時に備えて増枠システムについて学んでいきましょう。 増枠システムの仕組み では、そもそも増枠システムとは何なのか、というところから始めます。 通常、消費者金融であれ銀行系のカードローンであれ、加入するために申し込みを行い、審査にパスすると最初に一定の利用限度額が与えられます。 この利用限度額については、利用を開始した時点で誰でも一律いくらまで、ということはなく、申込時に希望した借入額やその人の属性等を加味して算出されます。 ですから、場合によっては年齢、職業、年収も大体同じ同僚同士でモビットに申し込んだ結果、一方は限度額が10万円、もう一方は限度額が50万円になる、ということもごくごく普通にあり得ます。 モビットでは、借入金額を1万円~800万円までと設定しているため、その分利用開始時点の利用限度額に違いが生まれるのです。 ただ、この利用限度額だけでは足りなくなってしまう場合があります。 今は10万円だけど、50万円までモビットで借入できるようにして欲しい。 そんな時に活躍するのが増枠システムです。 増枠とは、その名の通り利用可能限度額の枠を増やすことを意味しています。 モビットの利用をしている人であれば、いつでも誰でも申請することのできるシステムです。 増枠をしたいと思って申請を行うと、増枠することが可能かどうかをモビットから審査されることになります。 審査については後述しますが、この審査は増枠申請を行う度に絶対に受けなければならないものです。 増枠の審査に通った場合、希望額、ないしは審査の結果から妥当だと判断された金額分利用限度額が大きくなります。 それまでのモビットでの借入や返済、その他の貸金業者の利用状況等によって、やはりいくら増枠されるかも変わります。 増枠ができるかどうか、いくら増枠されるのかは全て審査によって決まるため、同時期にモビットに加入した人の間でもいくら使えるようになるのか、増枠審査に通ることができるのかは人それぞれです。 利用限度額が大きくなれば、その分大きな金額を借り入れることができるようになります。 例えば、利用限度額が10万円の人が9万円借入をしていた場合、返済をするまで残り1万円しか借入することができません。 ここで増枠システムを利用し、審査に通った結果利用限度額が50万円まで増えたとすると、50万円から9万円の借入金を引いた41万円まで借りることができるようになるのです。 これが増枠システムの仕組みです。 毎回行われる審査 増枠申請を行うと、絶対に避けられないのが毎回の審査です。 モビットの利用者にとっての利用限度額というのは、「前回の審査時点でモビットが評価した、この金額までなら貸せる」という額です。 従って、この枠を増やすためには、「前回の審査よりも返済能力が高い」「前回の審査時よりも信用できる」といった評価に更新してもらわなければなりません。 今までよりも大きな金額を貸し付けても、毎月きちんと返済してくれるかどうか。 収入から見て、そもそも返済は可能なのかどうか。 といったことを判断する訳です。 モビットに加入した時の利用限度額のまま、ずっと利用を続けるというのもアリですが、せっかくなら自身の収入や属性に見合った利用限度額に更新して行った方が、万一の備えにもなりますから安心です。 モビットを含め、金融の利用状況というのは逐次信用情報機関に登録されるものですから、借入をし、返済をするというモビットの利用を続ければ続ける程金融的な信用度は高まります。 この増枠時の審査では、資格試験のようなペーパーテストは行われません。 あくまで、増枠の申請をした時点での利用者の借入の状況、返済の履歴、借入総額、年収、勤務先、勤続年数、その他もろもろの情報を見てモビットが勝手に判断してくれます。 利用者としては、 必要になった時点で増枠の申し込みを行い、後は結果を待つだけです。 増枠審査に通れば利用限度額が大きくなりますし、増枠審査に落ちた場合は利用限度額は据え置きです。 ですから、例えばコツコツと何度も増枠システムを利用し、限度額を200万円まで増やした人が、更に220万円に増枠するための申請をして審査に落ちても、限度額が一気に10万円に落ちる。 なんてことは、通常ありません。 あるとすれば、増枠の際に失職してしまい、返済能力が著しく下がった、借入と返済の状況が芳しくないので、その時点での返済能力と釣り合うところまで制限された、といった場合くらいのものでしょう。 増枠の審査を受けることによって、何か大きなデメリットがあるという訳ではありませんのでご安心ください。 申し込み方法について モビットで借入利用限度額の増枠を申し込む方法は、複数あります。 人によって違いはありますが、• 電話での申し込み• メール通知からの申し込み• Myモビを利用した申し込み• 郵送案内からの申し込み の以上です。 では、それぞれの方法について簡単に説明していきましょう。 電話での申し込み モビットには、コールセンターあての電話番号が用意されています。 モビットの利用について聞きたいことがある時、何か相談をしたい時、各種手続きやその確認を行う時等に利用するものです。 このコールセンターに電話をすることで、増枠の申し込みを行うことができます。 自分から電話を掛けることはもちろん、モビットの利用状況が優良な方に対しては、モビットの方から増枠の案内電話が来るのでその時でも構いません。 ただし、オペレーターとやり取りをすることができるのは通常営業時間である朝9時から夜の9時までとなっていることに注意しましょう。 それ以外の時間は自動音声案内となり、残高照会等ごく一部の対応しかできません。 メール通知からの申し込み モビットに申し込む際、登録したメールアドレスに増枠の通知が来る場合があります。 メール内に記載されている方法に従って増枠の申請をすることで、審査を受けられます。 パソコンやスマートフォンを利用しての申し込みは24時間対応しているため、忙しい人でも安心です。 Myモビを利用した申し込み モビットには、自身のモビットの利用状況等を確認できる専用サイト、 Myモビが用意されています。 Myモビでは様々なことができるのですが、その手続きの一つに増枠申請があるのです。 メニューから選んで増枠申請を行うことができ、また、人によってはMyモビに増枠の案内が出る場合もあります。 24時間いつでも手続き可能です。 郵送案内からの申し込み 例えばローン申込機でモビットに加入した等で以上の方法で連絡が取れない場合、郵送にて増枠のお知らせが来る場合もあります。 ただ、利便性で言えば電話やネットでの手続きの方が圧倒的に手軽なので、できればそちらを利用した方が良いでしょう。 増枠することのメリット モビットに限った話ではありませんが、増枠が可能であるならば、できるだけ目一杯増枠しておくのがオススメです。 モビットでは、借入金に対して最低3. 0%から最大18. 0%の金利がかかるようになっています。 言うまでもなく、金利が高ければ高い程返済すべき金額の総額は大きくなってしまいます。 この金利の高低というのは、借入限度額によって決まるのです。 簡単に言うと、借入限度額が大きい人程金利も低く、安くなっていきます。 利用するのはいつも10万円くらいだから、限度額が20万円でも200万円でも変わらないよと思っている方でも、その効果は大きいのです。 同じ10万円に対しての金利は、限度額が20万円の人よりも200万円ある人の方が低くなるため、返済総額はその分少なくなります。 審査があるなら落ちたくないから嫌だという人は、モビットから増枠のお知らせが来るのを待ちましょう。 モビットから案内が来るということは、少なくともその時点で増枠できるだけの信用を積み重ねているということです。 をすれば、何でもない時に申し込みをするよりも審査に通る確率は高いのです。 ただし、モビットをほとんど利用していなかったり、返済に遅れがあったりすると案内はいつまで経ってもやって来ません。

次の

モビットの審査に落ちた 〜 中小の金融なら貸してくれるかも

モビット審査

Contents• SMBCモビットの審査内容は?重視されるのはどの項目? まずは審査内容やその基準について見ていきましょう。 公式ホームページに、 「お借入診断」という 診断シミュレーションがあります。 まずはここから、審査項目について見ていきましょう。 重視しているのは「年収」と「他社借入金額」? 「お借入診断」で入力するのは下記の項目です。 生年月日 申し込み対象は20歳~69歳 税込年収 半角で入力する 現在他社借入金額 住宅ローン 自動車ローン 銀行カードローン クレジットカードでのショッピング 上記を除く他社借入総額 これらの項目を入力するだけで、診断できてしまうんですね。 もちろんこの借入診断でOKが出たからといって、必ず本審査も通る、というわけではありません。 しかし借入診断でも聞かれることが、本審査で重要でないわけがない、と考えるのが妥当ですよね。 この診断で借入れられる可能性がある、と出たら、審査申込に進みましょう。 【借入診断について詳しく】 審査申込には2パターンある 借入診断のあとは審査に進みましょう。 申込フォームに 「簡易」とありますが、実際は重要な審査の申し込みフォームとなっています。 後ほど詳しく解説しますが、気を抜かず、1つずつ項目を丁寧に入力していきましょう。 ちなみに、審査申込は2パターンあります。 カード申込• WEB完結申込 カード申し込みは、審査通過後にローンカードが発行されます。 WEB完結申込は文字通り、WEB上だけで申込が完了します。 電話、郵送がないので、できればみんなこちらを申し込みたいですよね。 しかしWEB完結申込をするためには、下記の2つの条件を満たす必要があります。 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの口座を持っている(本人名義)• 全国健康保険協会発行の保険証に加入しているか、組合保険証を持っている 上記3つの口座のいずれも持っていない、国民健康保険加入している人は、カード申込で審査を受ける必要があるということですね。 【WEB完結申込について詳しく】 審査申し込みフォームの入力項目一覧 名前 フリガナ 旧姓の有無 性別 生年月日 メールアドレス 携帯電話・PHSの有無 携帯電話番号・PHSの番号 携帯電話・PHSの名義 本人・家族・会社・その他から選択 自宅郵便番号 自宅電話番号の有無 自宅電話番号 (ある場合は必ず入力しましょう!) 勤務先の種類 法人企業・個人企業・公共公的機関・自営から選択 税込年収 契約希望額 10万円~800万円から選択 (できるだけ低くしましょう!) 利用目的 物品購入費などから選択 最終学歴 中学卒~大学院卒から選択 国籍 日本国籍・外国籍(永住権あり・なし)から選択 希望連絡先 携帯電話・自宅から選択 インターネットパスワード 審査結果確認時に利用します 審査申し込みに必要な項目は上記のとおりです。 適当に入力せず、ミスに気をつけて嘘のないよう入力していきましょう。 住所を入力しなくてもよく、プルダウンメニューが多いのでかなり楽な申し込みができます。 また借入診断でもありましたが、特に重視されるのは 「税込年収」です。 また、固定電話番号がある場合は入力しておくと、信用度が高くなります。 さらに契約希望額をできるだけ下げることで、審査通過率がぐっと上がります。 年収と他社借入の秘密。 総量規制に要注意 さて、事前審査でなぜ「年収」と「他社借入」が尋ねられるのか。 そこには 総量規制というルールが大きく関係しています。 総量規制とは、改正された貸金業法で定められたルールのひとつです。 例えば、年収300万円の人であれば、すでに他社から100万円借りていると、申し込んでも審査通過することはありません。 試しに上記の条件を診断に入力してみると、 「入力した情報では判断できなかった」という結果が出ました。 逆に年収を100万円、借入額を0にすると、融資OKの結果が出ています。 このように、まず総量規制にかかっていないかチェックしている、というわけですね。 実際の融資スピードは?お金を借りるまでにかかる時間 それでは、お金を借りる時にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。 SMBCモビットでは、パソコンやスマホから申し込んだあと、フリーコールに連絡することで優先して審査してもらうことができます。 その後審査結果が電話で伝えられます。 SMBCモビットでは原則24時間最短3分でお振込可能です。 カードさえ手に入れば、提携ATMからいつでも借入が可能となります。 振込キャッシングなら簡単な手続きで借入OK! また、 スマホやPCなどから、自分の口座に直接振り込み依頼ができる「振込キャッシング」も可能です。 会員専用サービス「Myモビ」か、もしくは電話で、予め登録しておいた預金口座へ振り込むことができます。 こちらは「カード」がなくても入出金ができる 「カードレス」なカードローン。 原則24時間最短3分でお振込が可能です。 わざわざATMに行く必要もないので、最近はこの振込借り入れが主流になりつつありますね。 【振込キャッシングについて詳しく確認する】 SMBCモビットの審査は、他の大手消費者金融同様甘くない SMBCモビットはSMBCグループです。 メガバンクのグループ会社ということで、審査が厳しそうなイメージですよね。 実際の審査通過率や、詳しい審査結果、審査落ちの原因などは公表されません。 これはどこの消費者金融、銀行カードローンであっても同じです。 ただ大手の消費者金融については、 平均10人が審査を受けて6人程度落ちると言われています。 それを当てはめれば、落ちた人のほうが多くなることになりますね。 SMBCモビットでは「20歳以上69歳以下で安定収入を得ている人」であれば、誰でも審査を受けることはできます。 しかしそれはあくまでも前提であり、マイナス条件がないことが求められます。 同じ「20歳以上69歳以下で安定収入を得ている人」でも、すでに複数の消費者金融からお金を借りている場合は、審査に通りにくくなります。 逆に借入がなく、クレジットカードの支払いの延滞などのマイナス要因がない人は審査に通りやすくなります。 言い換えれば、貸したお金を返してくれそうな最低限の条件が「20歳以上69歳以下で安定収入を得ている人」であるだけなのです。 ですから、30歳で正社員なのに借りられないというようなケースも珍しくありません。 またWEB完結申込で電話連絡がない方は、書類不十分などで審査落ちしていることもあるようです。 SMBCモビット審査に落ちる人の特徴。 信用情報に要注意 それでは、審査に落ちてしまう人にはどのような特徴があるのでしょうか。 希望限度額を大きくしすぎている• 総量規制以上の借入をしようとしている• 信用情報に傷がついている• 虚偽情報を入力して申告した 希望限度額を大きくしすぎている たくさん借りたいからといって、 申請時に希望限度額を大きくしすぎるのはNGです。 年収に見合わないような希望限度額は、かえって審査の目を厳しくするだけ。 返済できる見込みがない、と判断されたら、審査に落ちてしまう可能性があります。 初回申し込み時は、できるだけ希望限度額をひかえめにして申し込むようにしましょう。 これは貸金業法における「総量規制」というルールのためです。 他社から借り入れをしている方は、どこからどれくらい借りているのか把握した上で申し込んでくださいね。 信用情報に傷がついている 過去5年の間に、2か月以上支払いを滞納したことがある方は、ブラックリスト入りしている可能性があります。 ブラックリスト入りとは、具体的に言うと 「個人信用情報機関に事故情報が登録されている」ということ。 様々な支払いの延滞を2ヶ月以上放置すると、こうした事故情報が残ることになります。 奨学金• スマホ料金• ローンの支払い• 公共料金の支払い 一度ついてしまうと5年は消えませんし、その間はどんなカードローン審査であっても通ることはありません。 虚偽情報を入力して申告した 総量規制に引っかかっているけど、どうしてもお金が借りたい…。 だからといって、 他社借入金額を0円にしても審査段階で必ずバレます。 これは信用情報の照会を行う上で必ず確認されることです。 故意に嘘をついて申告した、ということが分かれば、その時点で審査落ちしてしまうことは間違いありません。 SMBCモビットで最も陥りやすい「事前審査結果表示」の罠 SMBCモビットにネットやスマホから申し込んだ人が最も審査落ちする理由。 それは公式ページにある 「事前審査結果表示」にあります。 この時、 「事前審査」だからと思って偽名やウソの生年月日、電話番号などを入力してしまう方がとても多いです。 つまり事前審査の後に「本審査」があると思って、適当に入力してしまうわけですね。 しかし、この「事前審査」は、 融資決定を左右する審査なのです。 虚偽の申込内容があれば、当然審査には通りません。 仮審査だと思ってましたと言っても、やりなおしもできません。 従って、審査を適当に受けてしまった人は、借入を諦めなければいけません。 ただし、入力内容が正しくなかったという理由で審査落ちしたのであれば、逆に言えば他社で審査落ちする可能性は低くなります。 SMBCモビットで審査に落ちた人ができる3つの対策 審査に落ちてしまった。 どうしよう…。 とにかく、まず落ち着いてください。 その上で、次の点に注意してください。 プロミスの利用を避ける• 借入金を少なくして審査を受ける• 給与を受け取っている銀行のカードローンを受けてみる プロミスの利用を避ける 審査に落ちてしまった人は、すぐ次の申込を考えてしまいがちです。 基本的に、 短期間で複数社に申込む、ということは避けたほうがいい行為です。 ですが期間を置いても、1社だけ審査を避けたほうが無難な消費者金融があります。 それが SMBCグループのプロミスです。 基本的には別会社ですので、審査内容がプロミスに伝わることはありません。 ただし、少なくとも審査に落ちたことは信用情報機関から伝わります。 これは消費者金融への申し込み履歴は信用情報として残るため。 従って同じグループ内の「モビットに落ちた人」という点がチェックされる可能性は高くなります。 また、銀行の審査を考えていたのなら避けておきたい銀行は次の通りです。 三井住友銀行カードローン• 楽天銀行カードローン• ジャパンネット銀行カードローン• 住信SBIネット銀行カードローン この4社は避けるようにしましょう。 申し込みブラックに要注意。 二度と借りられなくなる恐れもある危険な行為です キャッシングやカードローンの審査は、一度に何社も受けていいものではありません。 一度に複数社に申し込みをしたり、立て続けに申し込めば 申し込みブラックになります。 申し込みブラックとは、ステータスが不足しているにもかかわらず複数他社に申し込み、その情報が知れ渡ってしまうことで、どこの審査を受けても弾かれてしまう状態を指します。 これは信用情報と違って社内情報のため、場合によっては半永久的に借り入れができなくなる恐れもある危険な行為です。 実際に審査を受けて問題ないのは、最初の1社のみです。 立て続けに申し込んでも審査落ち、申込ブラックに陥る危険すらあります。 最低でも半年は期間をあけ、自分の属性やステータスを高めるようにしてください。 借入金を少なくして審査を受ける 審査通過は容易ではありません。 だからといって、他の消費者金融にすぐ申込むことはとてもリスキーな行為です。 ブラックリスト入りしている場合には、よけい他社から借りることは困難です。 ご紹介したとおり、 他社審査を受けるまでは半年以上の期間をあけるようにしましょう。 また他社での審査を受ける際、 申込金額を限界まで引き下げておきましょう。 100万借りたいけど、念のために150万で申込ということが多く人がやりがちなミスになります。 それ以下であっても、勤続年数などから返済能力に問題があると判断されることもあります。 さらに過去に取引実績がほとんどない人に対して、いきなり100万円も貸すのはリスクがあると判断されるケースもあります。 本当に自分に必要な金額での申請に切り替えてみましょう。 それでも審査に落ちてしまう場合、信用情報の状態が原因となっている可能性が高いです。 中小の消費者金融は金利が高くなり、借入するには大きな負担が伴います。 給与を受け取っている銀行のカードローンを受けてみる 中小の消費者金融の利用は、場合によっては大きなリスクを伴います。 金利が高い、闇金が紛れている可能性があるなど、一概に安全とは言えない場合もあるのです。 しかし、審査にどうしても通りたい、少しでも通過の可能性がある方法を知りたいと考える人も多いでしょう。 ほとんどの金融機関では、現状の収入・勤務歴などをみて判断します。 少しの違いはあって大差はありません。 しかし、一つだけ確実に審査通過の可能性が上がる金融機関があります。 それは、 メインバンク=給与を受け取っている銀行です。 これは、普段から利用している金融機関であることが大きく関係しています。 お金の出し入れや定期貯金などの個人情報も把握しているため、借入できる可能性が大きくなります。 ただし小さい銀行の場合、限度額が少ない、金利が高いなどのデメリットがあります。 申し込みの前には必ず確認をするようにしてください。 また、審査時間が必要なため即日融資の対応をしてくれる中小の銀行は少ないです。 前もって相談、申込を行うことが重要です。 SMBCモビット審査落ちた人の体験談 審査に落ちてしまったけど、お金が必要…。 お金を諦めて我慢できることと、どうしても必要なことがあったりします。 ここではSMBCモビットに落ちた人の体験談を聞きました。 参考になれば幸いです。 クレジットカードのキャッシングを数社、利用中 私はモビットのカードローンに申込みをしたのですが、審査の段階で落ちた経験があります。 その原因を考えたのですが、当時私の年収は300万円程だったのですが、 既にクレジットカードのキャッシングなどを利用したり、リボ払いで買い物をしていました。 そこで調べてみると年収の三分の一しか融資を受ける事ができない法律があることを知りました。 その為、審査の段階で落ちたのだと思います。 その後他社も試してみたのですが同様に落ちました。 祖父に泣きつき、現金を借りた 知り合いの保証人になっていたのですが、その知り合いが借金を返せなくなってしまい、どこかに逃げてしまい、私がその借金を返すという局面になってしまいました。 しかし、額が額だけに返すことはできず、モビットを利用することにしました。 しかし、審査で落ちたため、家族に泣きつくしかないと思いました。 そこで、年金を貯めて生活している祖父を訪ねて、現金を借りることにしました。 祖父はかわいい孫のためにと思い、何も言わずに言った金額を貸してくれました。 こんな私のために、大切な年金切り崩してくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。 保険会社の契約者貸付制度を利用し、九死に一生を得る 30代男性、年収は現在450万程です。 今回、経営しているお店で機材のトラブルがあり、急にお金が必要になったのでモビットの審査に申し込みました。 しかし、残念ながら審査を通過することが出来ませんでした。 他社借入が2件、合計60万程あったのが落ちた原因かもしれません。 そこで、保険会社から契約者貸付制度を使ってお金を工面することにしました。 また、担当の方に相談したら、返済はある程度損失分を回収した後で良いとの事で、少しゆったりした返済計画を立てられました。 毎月一定額でなくても良いので、助かっています。 まとめ:SMBCモビットの特徴や商品詳細をもう一度確認! それでは最後に、SMBCモビットの商品の特徴についておさらいしておきましょう。 融資上限額 1万円~800万円 実質年率 3.

次の