シャボン 玉 手作り。 シャボン玉液の作り方。割れないシャボン玉を作る工夫とアイテム

【シャボン玉液の作り方】食器用洗剤を使ってお家で簡単に作ってみました!

シャボン 玉 手作り

シャボン玉とは? シャボン玉は子供向けの遊びの一つです。 石鹸水で作るのが一番簡単な作り方ですね。 ここでシャボン玉誕生の歴史を見てみましょう。 シャボン玉はポルトガル語の「シャボー」に由来します。 ずばり!石鹸を意味しているんですよ。 シャボン玉がポルトガル船で持ち込まれて、日本に伝わったのは1543年のことです。 その当時、シャボン玉は一般庶民には手の届かない貴重品でした。 それから100年以上も後、1672年に長崎の商人がオランダから石鹸を持ち込み、シャボン玉は次第に人々の身近な遊びとなっていきました。 数年後にはシャボン玉屋さんも登場し、ワラの芯を使ったシャボン玉遊びが人気だったそうですよ。 シャボン玉の作り方 さて、シャボン玉の作り方を紹介しましょう。 市販のシャボン玉液でも十分楽しめますが、自分で手作りしてみるのも面白いですよ。 どんなシャボン玉を作りたいか?によって材料も作り方も少しずつ違います。 シャボン玉液の基本的な作り方 昔からよく作っていたシャボン玉液の作り方は、ごく簡単。 材料はぬるま湯、洗濯のり、石鹸または台所用洗剤です。 これらを5:4:1の割合で混ぜ合わせれば完成です。 洗濯のりは成分表記の部分にPVAあるいは、ポリビニルアルコールと書かれているものを、水は出来れば一度沸騰させたものを使うことをおすすめします。 割れないシャボン玉液の作り方 童謡にもあるようにシャボン玉は、すぐに壊れて消えてしまいます。 なので、沢山作ろうとして、それがシャボン玉遊びの楽しい点でもあるのですが、昔は「ずっと消えないでほしい」と思ったものです。 そこで割れないシャボン玉液の作り方です!材料はぬるま湯、石鹸または台所用洗剤、グリセリンを1:1:3の割合で混ぜましょう。 グリセリンは薬局などで売っています。 巨大シャボン玉液の作り方 いつも小さいシャボン玉ばかりで、人が入れるくらいの大きなシャボン玉を作りたいと思ったことはありませんか? 実は、そんな巨大なシャボン玉も作ることができるんですよ。 巨大シャボン玉液の作り方ですが、普段作るシャボン玉液の材料に加え、いくつかの材料が必要です。 シャボン玉の基本的な材料の ぬるま湯と 洗濯のり、 台所用洗剤(石鹸)上記の比率(5:4:1)でよくかき混ぜて、そこに ガムシロップ、 粉ゼラチン(熱湯で溶かしたもの)、 ラム酒、 炭酸飲料水を少量ずつ混ぜます。 ガムシロップや炭酸飲料にはのびを良くしたり、弾力をつける、ラム酒には七色をきれいに出す、粉ゼラチンには割れにくくする作用があります。 シャボン玉の遊び方 シャボン玉をする時にはルールとか特に決まった遊び方があるわけではありません。 自由に遊んで構いません。 なので、特に小さな子供にとっては、次はどうやって遊ぼう?という創造力が付く遊びと言ってもいいでしょう。 お馴染みの遊び方はシャボン玉をいっぱい飛ばすことですよね。 これは大勢でやると楽しい遊び方です。 公園や広場など、屋外の広い場所で遊びましょう。 ほかにも、さっき説明した色んな種類のシャボン玉を作る遊び方もあります。 割れないシャボン玉であれば、風船のように手のひらでポンポン弾ませてたり、巨大シャボン玉であれば、ちゃんとした形になって飛んでいくように作ること自体に、かなり熱中してしまうでしょう。 アイディア次第で、どんな遊び方も可能です。 シャボン玉で遊ぶ際のアドバイスとしては、子供はシャボン玉液を誤って飲み込んでしまう危険性があるので、小さな子供には大人がちゃんとついていてあげましょう。 シャボン玉を作る道具 シャボン玉を飛ばすための道具には、次のようなものがあります。 ストロー 一番一般的な道具。 口にくわえて吹きます。 シャボン玉用に作られた市販のものもあります。 枠 プラスチック製の市販の枠のほか、針金のハンガーで作ることもできます。 毛糸などを巻くと液が多く染み込みます。 専用装置や「おもちゃ」 パーティー会場などで演出のために使われるシャボン玉を大量に作る装置というのもあります。 さらに、おもちゃ屋さんではシャボン玉を作る機械と水鉄砲が一緒になった「おもちゃ」も売られています。 子供たちには大変人気のようですね。

次の

ストローでできるシャボン玉の作り方!切り方や束ねる方法を徹底解説 | 子供と一緒に楽しく遊べる手作りおもちゃ♪

シャボン 玉 手作り

シャボン玉液の作り方 ふわふわ浮かぶきれいなシャボン玉は、子どもだけではなく大人も心をつかまれますよね。 シャボン玉液が簡単に、安全に手作りできれば、ちょっとした時間にも、子どもといっしょに手軽にシャボン玉を楽しむことができるかもしれません。 そこで今回は、家庭にあるものを使ったシャボン玉液の簡単な作り方や、シャボン玉を作る際の注意点について調べてみました。 シャボン玉液を作るときに用意するもの シャボン玉液を作るときには、以下のものを用意します。 ・台所用洗剤、石けん ・水かぬるま湯 ・シャボン玉液を入れるプラスチック容器 ・シャボン玉液を混ぜる棒 台所用洗剤や石けんは、無添加のものなどさまざまな種類があるので、安全性に注意しながら選ぶとよいかもしれません。 水かぬるま湯は使い切れるくらいの適量を用意しましょう。 固形や粉末状の石けんなどを使う場合は、水よりぬるま湯のほうが溶けやすいようです。 シャボン玉液を入れるプラスチック容器は、口が狭い容器よりは風呂桶のような広めのものが遊びやすいかもしれません。 シャボン玉液を混ぜる棒は、公園に落ちている木の棒や、わりばしなどでも十分でしょう。 シャボン玉液の作り方の手順 iStock. 洗剤が少なすぎるとシャボン玉がすぐ割れたり、膨らまなかったりします。 (2)わりばしなどを使って混ぜます。 このとき、シャボン玉液を泡立てすぎないようにゆっくりとよく混ぜましょう。 子どもがある程度大きくなったら、洗剤をどれくらい入れたら、すぐに割れないシャボン玉液ができるのか、実験しながら作るのも楽しいかもしれませんね。 シャボン玉液を作る際の注意点 シャボン玉液は石鹸や洗剤を使用するので、子どもの口や目にシャボン玉液が入らないように注意しましょう。 洗剤などには別のものを混ぜると化学反応を起こす場合もあるようなので、洗剤の成分や性質、安全性などを確認するとよいかもしれません。 割れにくいシャボン玉の作り方 シャボン玉液の作り方で洗濯のりと砂糖を使った作り方を、耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。 洗濯のりや砂糖を材料として混ぜると、シャボン玉が割れにくくなるといわれています。 洗濯のりを使ったシャボン玉液の作り方 100均やドラッグストアなどで市販されている洗濯のりを適量、シャボン玉液に混ぜてみましょう。 洗濯のりをシャボン玉液に混ぜると、より柔軟性のあるシャボン玉の膜ができシャボン玉が割れにくくなるといわれています。 洗濯のりを混ぜる量なども大事なようなので、いろいろ試しながらシャボン玉液を作るとおもしろいかもしれません。 砂糖を使ったシャボン玉液の作り方 砂糖を水かぬるま湯によく溶かし、適量、シャボン玉液に混ぜてみましょう。 砂糖を溶かすときは、ぬるま湯を使うとよく溶けるでしょう。 砂糖は、ガムシロップなどでも代用できるようです。 砂糖やガムシロップをシャボン玉液に混ぜるとシャボン玉の膜が蒸発しにくくなり、割れにくくなるといわれています。 100均のものでシャボン玉を楽しむ シャボン玉を手軽に楽しむ方法として、家庭にあるもので作れるシャボン玉液の作り方をご紹介しました。 それ以外にも、100均のものを活用することによって、手軽にシャボン玉を楽しむこともできるようです。 100均のシャボン玉液 100均のものは、容量が多いシャボン玉液や、こぼれにくい容器に入ったシャボン玉液など使い勝手のよいシャボン玉液もあるようです。 子どもの年齢や人数などに合わせて、100均のものを購入するのよいかもしれませんね。 かわいいデザインだったり、大きなシャボン玉や大量にシャボン玉を噴射するものだったり、中には電動式のシャボン玉専用のおもちゃもあるようです。 子どものお気に入りのものを見つけて購入するのもよいかもしれませんね。 シャボン玉液の捨て方と保管方法 遊び終わったシャボン玉液をどうしたらよいか迷うこともありますよね。 遊び終わったシャボン玉液の捨て方や保管方法を調べてみました。 シャボン玉液の捨て方 シャボン玉液は、水で薄めて排水口に流すのが一般的なようです。 液体が入ったままごみ袋に捨てると、中身が漏れ出してしまうこともあるので、容器と中身は分別するとよいでしょう。 各自治体ごとに捨て方など異なる場合もあるようなので、問い合わせてみると安心かもしれません。 シャボン玉液の保管方法 余ったシャボン玉液の保管方法に迷うこともあるのではないでしょうか。 シャボン玉液は、気温や湿度の影響で割れやすくなることもあるようなので、直射日光や、高温になるような場所以外に保管するとよさそうです。 ただし、シャボン玉液は、保管状況によって、状態が変化してしまうこともあるようなので、長期間使う予定がない場合は、ママ友や知り合いの子どもに譲ったりしてシャボン玉液をなるべく早く使い切るとよいかもしれません。 シャボン玉を安全に楽しもう.

次の

ストローでできるシャボン玉の作り方!切り方や束ねる方法を徹底解説 | 子供と一緒に楽しく遊べる手作りおもちゃ♪

シャボン 玉 手作り

シャボン玉液に必要な材料 シャボン玉液を手作りするにあたり最低限必要な材料と、あったら強度が増す(割れにくい)とされるプラス1材料を見ていきましょう! 必須:水・台所用洗剤 シャボン玉液作りに欠かせないのが「水」と「台所用洗剤」です。 最悪でもこの2つさえ準備できればシャボン玉液は自作できます。 超基本材料と言えます。 まず、水について。 割れにくいシャボン玉を作りたいのであれば、水道水ではなく「精製水」を使用するようにしましょう。 水分にほこりや不純物が混じっているとシャボン玉が割れやすくなってしまいます。 精製水を買うほどではないけど、どうせなら割れにくいシャボン玉がいいな…という人は、水を一度沸騰させてから使うといいでしょう。 続いて台所用洗剤。 いちばん大事なポイントは「界面活性剤」の割合。 パーセンテージが高め(40%前後)のものがシャボン玉液には最適と言われています。 シャボン玉は乾燥すると割れますが、いずれの材料も粘性を高め(どれもいい感じにとろみがついています)、シャボン玉液の乾燥を防いでくれます。 割れにくさを求めるのであれば、湿度の高い日に作って遊ぶといいですよ。 洗濯のりを使用する場合は「PVA」が含まれているものをチョイスするようにしましょう。 シャボン玉液の作り方(5種類) 早速シャボン玉液の作り方を紹介します。 どこの家庭にもある材料を使った作り方から、アレンジシャボン玉液まで。 実際に作って遊んでみましたので、感想もご参考ください。 家にあるもの2つだけで作る【お手軽】シャボン玉液 昭和生まれのママやパパなら、子供時代に一度はチャレンジしたことがあるであろう、王道シャボン玉液。 まずは計量。 材料を混ぜる。 感想・注意点 作り方が超簡単! しかもきちんとシャボン玉液として成立。 小さなサイズの細かいシャボン玉がたくさん出来ました。 個人的には市販のシャボン玉液と遜色なし。 ただ、水よりも台所用中性洗剤の割合が高いので、ストローで吸った時に洗剤臭が少し気になりました。 作ってる最中も、想像以上の台所用洗剤の量に若干おののきました(貧乏性なので、もったいない気がしてしまい…)。 液体もけっこうなとろみ&濃度です。 一緒に遊んだ6歳の子供がうっかりシャボン玉液を吸い込んでしまったこともあり(飲んではいません)、より低年齢の子供が遊ぶ際は誤飲に注意が必要だと感じます。 小さな子供が遊ぶ際はストロータイプの道具ではなく、口を付けずに遊べるリング式などを使ったほうが無難でしょう。 割れにくくなる予定ですが、果たしてどうなることでしょうか? 材料• お湯(水):100ml• 台所用洗剤:5ml• 砂糖:5g 手順• まずは計量。 お湯に砂糖を入れて溶かしかき混ぜる(A)。 (A)に台所用中性洗剤を混ぜる。 感想・注意点 こちらも 作り方は簡単。 台所用中性洗剤はかなり控えめ。 ちょっと安心感UP。 コスパを考えた際も良心的。 シャボン玉もたくさん出ます。 ただ、うまくシャボン玉が出来る(ふくらませる)ときと、出来ない(液垂れして終わり)ときがあります。 そのため、子供は戸惑っていました。 ストローにやさしく息を吹き込むのがポイントです。 砂糖を入れたことによる「われにくさ」効果ですが、ほぼ実感できず…。 普通のシャボン玉との違いは感じませんでした。 でも、もしかしたら砂糖が入っていない場合、シャボン玉が膨らむ前に割れてしまうのかもしれません。 お湯(水):200ml• 台所用洗剤:25ml• 洗濯糊:25ml• 砂糖:5g 手順• まずは計量。 お湯に砂糖を混ぜ溶かす(B)。 (B)に台所用中性洗剤と洗濯のりをゆっくり混ぜ溶かす。 感想・注意点 洗濯のりさえ準備できれば、作り方はこちらもいたって簡単です。 市販のシャボン玉液のようにふわふわシャボン玉がでます。 ただし、やはりここでも 「割れにくさ」は実感できず。 台所用中性洗剤の量を増やしたり、洗濯のりを追加したり、別レシピによる配合を試してみるものの、いまいち。 シャボン玉が割れずに手の上で弾む!みたいなことは実現できませんでした。 普通にシャボン玉遊びするには全く支障はありません。 市販品にちょい足しで作る【割れにくい】シャボン玉液 イチから手作りは面倒。 でも割れにくいシャボン玉に興味があるという人は市販のシャボン玉液にちょい足しをおすすめ。 市販のシャボン玉液:1本(25cc)• ガムシロップ:1個(11g) 手順• 市販のシャボン玉液をひと回り大きめの入れ物に移しておく。 シャボン玉液にガムシロップを投入し、混ぜる。 感想・注意点 面倒な計量をしないで作ってみたかった筆者によるオリジナル配合。 案の定、失敗! 通常のシャボン玉液よりもシャボン玉の出が悪くなった印象。 もちろん割れまくりです。 配合大事。 下動画によると、シャボン玉液とガムシロップは同量(同じ割合)にするのがポイントのようです。 グリセリンはドラッグストア等で400円くらいで購入可能。 グリセリンは手作り化粧水や、などにも応用できます。 使いみちが多いのは嬉しい。 家にあるもので作る【安心感のある】シャボン玉液 小さな子供が遊ぶものだからこそ、少しでも安心できるものがいい。 台所用中性洗剤のかわりに石鹸を使うシャボン玉液の紹介です。 お湯(水):100ml• 固形石鹸:1. ガムシロップ:1個 固形石鹸は無添加のものだと尚良しです。 無添加粉末石鹸でも代用可。 ガムシロップは砂糖にチェンジしてもOKです。 固形石鹸を削り出しておく。 お湯に石鹸を溶かし混ぜる。 ガムシロップを加える。 感想・注意点 まず固形石鹸を削って量って、それをお湯で溶かして・・・というのが少々面倒に感じるかもしれません。 5gは石鹸の角をすこーし削る程度です。 シャボン玉は出ないのでは?と予想していましたが、 見事シャボン玉が出ました。 ただし、ひと吹きでシャボン玉がいくつも飛び出すわけではありません。 数は少なめ。 液垂れしてシャボン玉ができないときも結構多いです。 市販のシャボン玉液に慣れてしまっていると、どうしてもイマイチ感あり。 子供の年齢によってはシャボン玉を上手に作れないかもしれません。 シャボン玉液の相棒「吹き具」にも工夫を お家にあるものでシャボン玉液を作る場合、専用の吹き具がない場合も。 自宅で手軽に作れる吹き具アイデアを紹介します。 ストローアレンジ 手作りシャボン玉の吹き具といえば、ストローが鉄板ですね。 いろんなバリエーションがあるのでぜひ試してみて。 切り込みを手で押し広げて風車の羽根のような形にします。 これで完成。 ストローを通してテープなどで固定する。 上画像のようにストローの先端に切り込みを入れて広げておくと、留めやすくなります。 ストローの穴を塞がないように注意しましょう。 あとは、普段口をつけて飲む辺にシャボン玉液をつけてストローを吹く。 紙コップを牛乳などの紙パック(500ml以下、大きすぎないサイズ推奨)に変えても製作可能です。 紙パックにストローをセット。 紙パックの底部分をカットして、カットした部分にシャボン玉液を付けてストローに息を吹き込めば完成。 ペットボトル ペットボトルも吹き具に早変わり。 ペットボトルの底部分をカットします。 切り口で怪我をしないようにテープで覆って、上にガーゼなどをかぶせて輪ゴム等で留めます。 布部分にしゃぼん液をつけて、飲み口部分から息を吹き込みます。 普段のシャボン玉とは異なる形状のしゃぼん玉(泡)を楽しんで。 うちわ うちわも立派なシャボン玉製造マシーンに。 うちわの紙部分を外して骨だけを残します。 骨組み部分にシャボン玉液をつけて仰いだり、息を吹き込めばシャボン玉ができます。 フルーツキャップ 果物に被せられてる網も使っちゃいましょう。 網目にシャボン玉液を浸けて、少し広げた状態で息を吹き込んでみましょう。 シャボン玉遊びの注意点 シャボン玉液を無事に作れたら、あとは遊ぶだけ。 でも、その前にシャボン玉遊びをする前の注意点をみておきましょう。 子供の年齢によってシャボン玉を吹くための道具は変えよう 前述しましたが、子供の年齢によってはシャボン玉液をうっかり飲み込んでしまう可能性があります。 特に手作りのシャボン玉液の場合、配合によっては洗剤の濃度が高くなることも。 また、砂糖やガムシロップを加えることで、甘みがでて誤飲を招く可能性も無きにしもあらずです。 実際に一緒に遊んだ6歳児は、シャボン玉液が口に入った時に「甘い!」と、ちょっと美味しそうな素振りすら見せていました。 乳幼児に遊ばせる場合はストロータイプの吹き具ではなく、息を吹きかけるタイプの吹き具を使用しましょう。 遊ぶ場所に気をつける(要注意は駐車場・ベランダ) 基本的にシャボン玉は広い場所で行いましょう。 洋服や車などにシャボン玉液がつく(そのままにしている)と、シミの原因になりかねません。 無用なトラブルを避けるためにも駐車場そばや、集合住宅のベランダなどでシャボン玉をするのはやめましょう。 汚れてもいい服装、軍手などがあるとよい 小さな子供はシャボン玉をよくこぼします。 手もベタベタになります。 タオルを準備しておきましょう。 また軍手などをするのもおすすめです。 予め汚れても差し支えのないプレイウェアを着用しておくのもいいですね。 ストロー等を口に咥えたまま走ったりしない ストローを口に入れたまま、走り回るのはとても危険です。 転んだときのことを想像してください。 保護者は必ず目を離さないようにしましょう。 おすすめのシャボン玉液(市販品) 最後に。 やっぱり市販のシャボン玉も捨てがたいな…と思った人へ。 おすすめのシャボン玉をご紹介します。 大人気のシャボン玉がこちら。 ちょっと変わったシャボン玉を作る道具と、万が一飲み込んでしまっても無害(!)なシャボン玉液のセットです。 安全性も担保しつつ飛ぶシャボン玉がほしい人におすすめ。 他にもおもしろいシャボン玉を紹介しています。 シャボン玉液の自作は簡単!子供の実験にもおすすめ 材料さえ揃っていればシャボン玉液を作るのは簡単です。 保護者が手作りしてもいいし、子供と一緒に作るところからスタートさせるのもいいですね。 小学生くらいの子供であれば、自宅で割れにくいシャボン玉液の配合を比較したり、実験するのも楽しそうです。 ぜひ一緒に遊んでみてください。

次の