英語 読めるけど聞き取れない。 単語は聞き取れるけど 意味がわからない。その原因とは?

【 リスニング対策 】英語が聞き取れない2つの原因

英語 読めるけど聞き取れない

英語でニュースを聞けるようになりたい! 英字新聞をすらすら読めるようになりたい! などなど。 憧れますよね。 でも実際に挑戦してみると、 ニュースを見たけどまったく聞き取れない。 英字新聞が呪文にしか見えない。 どうしたら聞き取れるようになるの? ほんとにこんな英語ばかりの新聞読めるの? などそのハードルの高さに圧倒されるかもしれません。 私は英語ニュース、英字新聞を聞くと眠たくなります。 そんな私でも、英語ニュース、英字新聞を読むために取り組むことができる方法がいくつかあります。 この記事では、その方法のひとつとして、VOAを活用した学習方法をご紹介します。 実際の映像や音声を使って、英語学習ができるように記事を構成しています。 この記事に沿って練習をして頂ければ、聞き取れる、理解できる英語表現が多くなっていることを実感できるはずです。 尚今回の記事は、私が運営している塾で、実際に生徒の学習用に使用することも目的のひとつとして作成しています。 手軽に短い時間でディクテーションができる良い教材が見つけられないため、それなら作ってしまおうと考え記事にしました。 高校生のリスニング力強化を目的としていますので、これまでの記事の内容よりディクテーションのレベルは高くなっていますが、初級編としての取り組み方も紹介しています。 VOAとは ( Voice of America)とはアメリカの国営放送局の名称です。 日本のNHK、イギリスのBBCと同じようなものとお考えいただいても差し支えないと思います。 VOAには英語学習向けの「」というサイトがあります。 ニュースの内容が通常のVOAよりも、英語学習者向けに内容が変更されています。 通常のニュースよりも簡単な単語で言い換えられており、話すスピードもゆっくりです。 ニュースだけでなく英語学習者向けのコンテンツも充実しており、しかもすべて無料で使用することができます。 無料アプリもあります。 Nam Nham• 「News Words」とは 今回の記事では「VOA Learning English」のコンテンツのひとつ「News Words」を活用して、リスニングの練習をしていきます。 「VOA Learning English」は「Beginning Level」「Intermediate Level」「Advanced Level」3つのレベルに分かれています。 今回の題材「News Words」は、一番初級レベルの「Beginning Level」のコンテンツです。 その内容はニュースで扱われる単語を、実際のニュースを交えながら解説します。 動画の長さも毎回1分と短いのもおすすめです。 字幕も表示され、発音もゆっくりであるため、聞き取り易いです。 中学で習う英語が理解できていれば十分に聞いていくことができます。 ただ英単語のレベルとしては高校レベルの英単語も出てきます。 練習の流れ 英語のリスニング練習の流れをご説明します。 初級レベルと上級レベルの2つの練習法をご紹介しています。 「News Words: Wanderlust」 今回は「News Words: Wanderlust」を題材にしています。 ディクテーションをする方は、動画の再生を押した後、 動画は見ずに音声だけを聞きながら、下記のディクテーション用の文章の空欄を埋めてみてください。 ディクテーションをしない方は飛ばして、動画の原稿、スクリプトを読んでください。 ディクテーション用の文章は、高校レベルの英単語については記載しています。 ひとつの( )にはひとつの英単語が入ります。 文章をコピー、印刷して頂いても構いません。 ご自由に使用、加工してください。 1分00秒の動画です。 ディクテーション用の文章 Welcome to the Voice of America's News Words. ( )( )( )( ) ( )( )( )( )( ), ( )( ) wanderlust. ( )( )( ) ( )( )( )( )( ) ( )( )( ) ( )( ) ( )( )( ). ( )( )( )( ) wanderlust ( ). Find more News Words on our website 動画の原稿、スクリプト(script) 英語の語順のまま理解するために「/」ごとに和訳をしています。 英語の難易度は決して易しくはないですが、本場の英語ニュースに比べると、発音も丁寧でゆっくりであるため、聞き取り易いと思います。 このような動画から少しずつ慣れていくことで、英語ニュースもしっかりと理解できるようになっていきます。 また「/」で英文を区切って訳したように、英文をかたまりごとに理解しながら聞いていくと、長い文章でも理解しながら聞いていくことができます。 長い文章になると内容が理解できなくなる原因のひとつは、英語の語順のまま聞いて理解できないことです。 この英文のかたまりごとに理解することを意識することで、長い文章でも聞きながら理解できるようになっていきます。 他のニュースでディクテーション 他のニュースを題材にした記事もあります。 英語ニュースを見る、英字新聞を読むためにおすすめの方法 英語ニュース、英字新聞を聞くと眠たくなる私でも、取り組むことができる他の方法をご紹介します。 NHKラジオ:高校生からはじめる「現代英語」 NHKラジオ英語講座番組のひとつである高校生からはじめる「現代英語」は、日本人が英語のニュースを理解するために役立つ講座です。 実際のニュースの内容を和訳、解説に加え、見出しの読み方、英語ニュース内容の読み解き方も学ぶことができます。 高校生からはじめる「現代英語」については、こちらの記事で詳しく説明しています。 英字新聞「Asahi weekly」 英字新聞「Asahi weekly」は、朝日新聞が発行している週刊の新聞です。 英語学習者向けの英字新聞で、記事ごとにレベル分けされており、中学生でも読める記事も多数あります。 英字新聞「Asahi weekly」は、こちらの記事で詳しく説明しています。 最後に 英語は楽しみながら学習することができます。 英語ニュース、英字新聞は少しハードルが高いかもしれません。 ただ今回ご紹介したVOAなどを活用すれば、英語でニュースを楽しむハードルを下げることができます。 そして今回紹介した方法で英語の動画を繰り返し見れば、どんどん聞き取れる、理解できる英語表現が多く聞きなっていきます。 もっと練習したい、もっと力をつけたいと思われる方は、全文をディクテーションすることもおすすめします。 全文をディクテーションすることは大変ですが、継続すればとてもクリアに英語が聞こえるようになっていきます。 皆様の参考になれば幸いです。 皆様のご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。 お気軽にコメントして頂ければと思います。 こちらの記事も参考になるかもしれません。 合わせてご覧ください。 jukupapa.

次の

どうしてリスニングができないかを見極めると、上達する!

英語 読めるけど聞き取れない

やはりリアルな英語に触れたほうがいいだろうと、英会話スクールに通っている方もいらっしゃるでしょう。 英会話スクールはうまく活用できれば、とても良い実践の場として使えますが、英会話スクールに通うだけではリスニング力はアップしません。 なぜでしょうか。 まず週に1回や2回では、英語に触れる頻度として少なすぎます。 また、英会話スクールのような実際に英語で会話をする場は「試合」のようなもので、それ以外の日に「自主トレ」をした成果を試す場なのです。 試合では、場馴れをして度胸がつくことはありますが、英語力自体はそれほど伸びません。 英語力を本当に伸ばすには自主トレが欠かせないのです。 英語力を向上させるには、体を変える必要がある? 自主トレとして、どんなトレーニングが有効なのでしょうか。 特に忙しいビジネスパーソンの方々には、リスニングを柱として伸ばしていくことをお勧めしています。 それは、リスニング力を伸ばすためには、単語力、文法力、発音力、そして情報処理のスピードなど、さまざまな力が必要となるからです。 リスニング力を伸ばした結果、英語の総合的な力をつけることができます。 では、リスニング力を効果的に伸ばすためには、どんなトレーニングが必要か。 ここを勘違いしてしまうと、大切な時間を無駄にしてしまいます。 「聞けるようになりたい、ではたくさん聞こう」ではダメだということを、まず知ってください。 聞けるようになるためには、実は「音声を聞いて真似すること」がいちばん効果的なトレーニング法です。 まず、真似をするつもりで集中して聞くことで、音の特徴をしっかりつかむことができます。 また、その特徴を真似して話すことで、しっかりと音の特徴が定着します。 自分で正しく言えるようになった発音は聞き取れるようにもなります。 聞いて真似をするトレーニング法として有名なのが、「リピーティング」や「シャドーイング」です。 英語を「勉強」だと思っている方も多いと思います。 文法や読解などの基礎力は確かに勉強で身に付けることができるので、ある意味でそれは正解なのですが、勉強だけでは身に付かないスキルがあるのも事実です。 特にリスニング、スピーキングにおいては、スポーツの練習と同じように、自分の体を変えていくための意識的な「トレーニング」が必要です。

次の

どうしてリスニングができないかを見極めると、上達する!

英語 読めるけど聞き取れない

1 一つ目は確かに 聞き取りの問題。 その 英語の音を認識することができない場合です。 原因の主なものは、以下のとおり。 ・一つ一つの英語の音を知らない、 ・つながる音が聞き取れない、 ・聞こえてくる音(実際の英語の発音)と 自分が想像している音が一致していない。 こういう場合は、 発音練習と スクリプト付きのリスニング教材で 耳を鍛えると、英語の音は聞こえてくるようになります。 私も発音練習とディクテーションで、 英語の音が聞き取れるようになりました。 なので、音を聞き取るリスニング力を上げるためには、 まず以下のことが効果的です。 英語の音を聞き取る耳を作るには、まず【発音練習】 英語の音、つまり日本語にない音を、 聞き取るためには、 発音練習をします。 自分でその英語の音を発音できるようになると、 英語の音は聞き取れるようになります。 まず正しい音を徹底的に頭に叩き込み、 そしてそれを真似することです。 真似ができるようになると、英語のその正しい音を 聞き取ることができるようになります。 発音練習は、自分の発音矯正のためだけではないのです。 発音練習の一番の効果は、 英語の音を聞き取る脳と耳を作ることです。 私が何をやったのかについては、こちらを参照してください。 英語の音を聞き取る能力を開発してくれる【ディクテーション】 ディクテーションに関しては、 何回かアプリの記事でも書いてきました。 を、 について書きました。 ディクテーションをやってみると、 「実際の発音」 と 「自分がスペリングなどから想像していた音の違い」 に気づきます。 そしてそれに気づくことにより、 正しい実際の発音がきちんと聞こえてくるようになります。 もちろん発音練習は退屈だし、 ディクテーションに至っては、 聞いても聞いても音がわからなくて、 頭の中がひねられるようです。 でも聞き取れないものは、頑張っても聞き取れないので、 そんなに何十回もやらなくていいです。 ^^; でも、絶対にやらないといけない 「リスニング力アップ方法」です。 私も、そうやって少しずつ聞こえる音を増やしていき、 (勝手に想像していた音の矯正をして) 音のつながりや抑揚などの感覚を掴んできました。 そうやっていたら英語の音が、きちんと聞こえてくるようになりました。 発音 とディクテーションのおかげで、 「聞いた音」 を自分で同じように コピーできるようになりました。 英語の音がはっきりと聞こえてくるように なったときには、感動しました。 ヘレンケラーが「WATER!! 」 と叫んだときと、 きっと同じような感覚だったのではないかと。 ^^ そして「よし!これで英語がわかるようになる。 」と思ったものです、その瞬間は。 しかし、 実際はそうではありませんでした…。 今度はですね、 音は聞こえても、意味がわからない、 という状態がしばらく続いたのです。 もちろん全然理解できなかったわけではなかったのですが、 わからないことが多かったのです。 たとえば 英語の音を聞いたときに、 それが意味を持つ言葉として、 すぐに頭の中に入ってこなかったような感じですね。 冗談みたいな話ですが、聞いてから 理解するまでの時差も、時々体験しました。 3 ~5秒くらいしたら、自然にふっと意味がわかるみたいな。 ^^ 考えなくても、自然に意味はわかるのですが、時差があったのです。 「何、これ?」 という体験でした。 友人に聞いたら、同じような経験をした人が、 何人かいました。 実はこのように、英語がわからないというのは、 リスニング力だけではなく、別の問題もあったのでした。 それは、 2 たとえ音が聞こえても、頭の中で英語を処理できない つまり 理解する力が足りない ということです。 音をたとえ聞き取れても、 その音を頭の中で処理できなかったのです。 つまり英語をわかるようになるためには、 聞き取りの練習だけではダメで、 その英語自体の意味もわからないとダメだったのでした。 当たり前と言えば、当たり前ですね。 そして更に、 英語の意味を理解するのに、 私の頭の英語処理能力は遅すぎる、ということも痛感しました。 「理解力不足」 には、複数の要因が絡まっています。 ですので、それらは一つずつ 底上げしなければなりませんでした。 私の場合は、まず 英語を長時間聞くための 忍耐力 みたいなものがありませんでした。 英語の音に慣れていないから、何となく途中で あーぁと諦めてしまうような感じです。 それに 語彙力も不足していました。 元々意味を知らない言葉を、 音だけは聞き取れたとしても、 意味がわかるわけがありません。 日本語だって、知らない言葉の羅列で 何かを話されたら、意味がわかりませんよね? さらには、 感覚的に使える形で英文法が 身についていなかったのでした。 私は英文法は比較的得意でしたが、 それは単に 「英文法はクイズみたいだなー」 と 謎解きに夢中になっていただけで、 「それがどういうときにどうして使われているのか」 という英文法の根本的な理解をしていなかったのでした。 (この経験があるので、ではこういうことに力を入れています。 ) そこで私がやったのは、 「たくさん簡単な英語を聞くこと」 と、 「語彙力アップ」 と、 「使えるように英文法を見直す」 ということ。 そしてそれを 【音読で強化する】 という方法でした。 結果的には、このときにしたことが、 「英語を理解したいと思う人」 から、 「英語ユーザー」 への脱皮となりました。 【簡単な英語が話されているものをたくさん見る】 アメリカへ来た頃、私はよく子供向け番組を見ていました。 そうして簡単な英語を、TVで見たり聞いたりすることで、 英語の音が意味を持つものとして、 聞き取れるようになりました。 ^^ なぜそうなったかと言うと、多分理由は2つ。 要は簡単な英語で、映像があったので、 特に意味を意識的に理解しなくても、映像だけでわかった、 そのため音をもっと集中して聞くことができたということです。 人間の能力って、最初は音の聞き取りと意味理解の 両方に注げないようなのですね。 ですので、簡単な英語を聞くことにより、 音にもっと集中できるようになる、その結果、 音の認知能力が上がるということです。 最初は音としてバラバラに聞こえていたものが、 段々と塊で音の流れが掴めるようになり、 それが意味を持つようになったという感じですね。 更には、おまけとして、 身の回りのことを言い表す表現も学ぶこともできました。 「それ取って。 」とか、 「これやってくれる?」とか、 「電気をつけたら、何々がおかしくなってしまった。 」とか、 幼児向けの番組ですから、本当に簡単なことばかりです。 ^^ でもですね、身の回りのことを言い表す表現を 手っ取り早く学ぶのに 幼児向け番組ほど優れたものはないと私は思っています。 なぜならそれらは子供がまず知らないといけないこと、 定番表現や、ものごとの依頼の仕方、 断り方、目の前にあることや状況の説明の仕方、 そういうものが短い番組の中に、 本当にギュッと凝縮されて入っているからです。 幼児向けの番組って、子供を楽しませるように作られていますが、 実際は、ああいうプログラムって、教育番組ですよね。 一方で、普通の海外のドラマとかを見ると、 それらは大人向けなので、もちろん面白おかしく、 あるいはドラマチックな作りになっています。 そうなると、身の回りでよく使う 知っておいた方がいい定番表現の出番は少なくなります。 当たり前ですよね? ドラマですから、話の面白さが命ですからね。 なので、大人向けの普通のドラマは私には難しかったので、 (一応その前に映画の音読はやってはいましたが、 それでも難しかった。 ) 私はそういう子供向けの番組を、字幕を付けて見ていたんです。 (アメリカは全プログラム字幕がつけられます。 ) 私がそういうものを見始めたのは、実は見ていたら、 言えないことがたくさんあることに気が付いたからでした。 で、そういうことをずっとしていたら、 身に付いたことがいくつかもありました。 まずは、 1 音のつながりに慣れたこと。 つまり音が前よりもよく聞こえるようになったんです。 簡単でゆっくりな英語なので、よく聞こえてきたんですね。 それでもつながる音とかの感覚とかも、 自然にわかるようになったようです。 2 定番表現やコロケーションを自然に覚えたこと。 子供が使う言葉も、大人が使う言葉も 日常生活で使う表現はほぼ同じです。 とか) ・時間の経過を表す表現、 (~, then, ~. Ater ~, ~. 簡単なことばかりですが、 知ってはいても、すぐに口から出てこなかったものが、 そういう番組を見ていたら、状況ごとモノにできたので、 自分が言おうとしたときには、言えるようになっていました。 (ですね。 ^^) 3 前置詞感覚が身に付いたこと。 多くの前置詞や、動詞とのコロケーションも 音を聞いて、字幕を見て、自然に学べました。 よく多くの人が、ドラマとか映画とか 頑張ってみようとするのですが、 いきなりそれは止めておいた方がいいと思います。 それは、この下にも書いてあるように 英文がある程度読める力がなければ、 英語って聞いてもわかりませんから。 読んでわからないものを、 聞いて理解するなんて、更に無理な話なわけで…。 ^^; で、そういうものを頑張って聞き取ろうとすると、 音を聞き取ろうとすること(音への知覚)と 意味を理解しようとすること(文脈による意味理解)を 同時にすることになります。 それは日本にいるほとんどの人にとって、 ちょっと難しいことだと思います。 まずは私のように、簡単なものを沢山聞いて、 音への知覚能力を高めること、 そして音を長い間聞き続ける忍耐力を 養うことから始めた方がいいと思います。 私も日本にいたときに、CNNやBBC、 Discovery Channelを 英語で頑張って見ていましたが、 はっきり言って、あれは全然役に立ちませんでしたねぇ…。 本当に、無駄な時間でした。 それよりも子供向けのTV番組の方が、 私には、はるかに役に立ってくれました。 リスニングにも、スピーキングにも、です。 ^^ ですので、難しいものを聞くよりは、 簡単なものを聞く方がいいと思います。 簡単な英語を沢山聞く、 字幕を付けて聞いて、見た、 これらは英語の音を聞き取る力、 そして意味を理解する力のアップ、 この両方に役立ってくれました。 【語彙力アップ】 音は聞き取れても、意味がわからなければ、 何もなりません。 また、単語帳を目で見て、日本語を覚えているだけの人は、 音からの単語力が圧倒的に足りません。 更には単語は意味と音だけでもなく、 これらのもの全部が必要になります。 音と 意味と スペリングと 使われ方(その使われている機能)を理解する。 コロケーション(単語のつながり)を知る。 基本的な語彙力がないのなら、 今すぐ単語帳を耳からも、目からも 全部覚えるくらいやった方がいいと思います。 そして、そこで止めてはだめです。 それでは、その単語の一部を知っただけで、 使おうと思ったときに、その単語たちは全く使えません。 それらが 実際にどうやって使われているのかを、 生きた英語を使って確認する必要があります。 単語は何度も言っていますが、 実際の使われ方や コロケーションを知らないと使えないので、 少なくても 英英辞典で、 その単語のコアの意味や例を理解するようにします。 更には、実際の会話やドラマなどで使われているところを見る、 そういう風に複合的に覚えていき、 やっと使えるようになるものです。 単語帳で単語を覚えて終わり、なんて 思わないでくださいね。 そこはあくまでも、はじめの一歩、という状態です。 私が今、で力を入れているのは、 こういう単語の使われ方でもあります。 英語圏の生活から実際に生きた英語表現や単語を、 日本語で日本人視点で解説してくれるものが、 私自身、日本で英語を勉強していたときに欲しかったからです。 なので、今私は、その部分をアプリ記事にして書いています。 【英文法を理解する】 英文法は、英語を使いたい人にとって、 最強のお役立ちツールです。 勉強としてだけ学ぶモノではありません。 どうやって使っていくのか に注目して学んでいくものです。 そうしないと、いつまで経っても使えるようにはなりません。 私が、で力を入れているのが、ここです。 定番表現だけでも、ぎこちない会話は成り立ちますが、 実はフレーズを覚えるだけでは、限界があるのですね。 (海外旅行で必要な情報を集めるくらいなら、 フレーズの暗記くらいでも大丈夫だとは思いますが。 ) それにフレーズを覚えて、会話を成り立たせようとすると、 フレーズを永遠に覚え続けないとなりません。 そうやって覚えたフレーズを、 状況によって使い分けたり、 少し変えて話すには、やっぱり英文法が必要になります。 なぜかと言いますと、 英文法を学ばないと英語は自分で 文を組み立てられないからですね。 全部の文を一から組み立てる必要はありませんが、 フレーズを応用したりする場合でさえも、 やっぱり文法知識がないとうまくいかないのです。 フレーズを応用するにせよ、 自分で文を一から作るにせよ、 そういうことをとっさにできないと、 会話なんてできないのです。 更には、英文法知識がないと、 英語をきちんと理解もできません。 英文法は難しい、わかりにくいと、 多くの人が苦手意識を持っています。 それは英語を勉強として捉えすぎているせいですね。 でもですね、ドラマの中で話されている会話だって、 英文法のルールを知らないと、理解できません。 お決まり表現なら、そういうものとして覚えてもいいですが、 最終的には、それでは行き詰ります。 学校で教わった英文法だって、 実際にドラマを理解するのに役に立つ大事な知識なんです。 ただ学校の英文法だけで、 ドラマなどの英語を理解しようとするときには、 ちょっと難しいんですね。 それは、文法をルールとしては、知っているものの、 それがどういう風に使われるのかを知らないからです。 つまり、 「ネイティブが自然に使っている文法間隔」と、 その「学校で学んできた英文法の知識」 が 結びついていないのですね。 それは、(学校で)英語のユーザーでない人たちから、 英文法を学んできたケースが多いからだと思います。 私の中学校高校の先生たちを振り返ってみても、 英語が実際に使えた先生は、一人しかいませんでした。 私の場合、残念ながら、そういう先生方に教わったので、 「使える英文法」 が、感覚的に身につく機会はありませんでした。 実際の英語ユーザーでない人は、 知識としての文法しか教えることしかできないんです。 基礎力を蓄えるという点ではそれでもいいのですが、 やはりユーザーとしての視点が欠けていると、 英語はいつまで経っても使えません。 なので、メール講座では、ここに力を入れています。 文法は、文法を知っていて、 なおかつ両方の言語を使える人に学ぶのが一番です。 発音やフレーズは、ネイティブや帰国子女の方たちに 教わるのがいいと思います。 学びどころを間違えない方がいいでしょうね。 ) 【音読】 簡単な英語を聞く、 単語を総合的に学ぶ、 文法を、使う感覚を含めて学ぶ、 これらを更に強化してくれるのが、 【 音読】 です。 リスニングから英文法、語彙、 頭の中の処理スピードを上げる、 これらすべてに貢献してくれるのが、 毎日の音読です。 音読に関しては、で、 詳しく述べていますので、参考にしてください。 「英語がわからないのは、英語が聞き取れないせい。 」 と思っている人は多いと思います。 私もかつてはそう思ってきました。 でも実際は、聞き取り力の問題だけではなく、 英語を理解する力も大きく関係してくるのでした。 なので、英語は全体的に底上げしていくことが 大事なのですね。 文法、語彙、リスニング力、 どれかが欠けても英語はわかりません。 やることは確かにたくさんあります。 でもそれを少しずつやっていくことが大事です。 何をしていいかわからないと言う人は、 とりあえず私のメール講座を読んでみてください。 実際に私がやってみて効果があった勉強法と 基礎からの文法(使える文法)を解説しています。 さて、では実際にどうすれば英語が聞き取れるようになるのか? (1)の 「音が聞き取れない」を解消するため の方法 については、以下の記事で続きをどうぞ。

次の