エアコン から 水。 エアコンから水が飛ぶ原因と解決策

エアコンから水滴が飛んでくるのは故障じゃない?!原因や解決方法・対策をご紹介!

エアコン から 水

「 吹出し口から水が飛ぶ 」、「 底面から水が漏れる 」 などエアコン 室内機 からの水漏れは、様々な原因が考えられます。 お買い上げの販売店もしくはに点検をご依頼ください。 水漏れをしている状態でエアコンを使用すると、家の壁や家具、家電製品を傷める可能性がありますので、ご使用はお控えください。 !点検・修理をお申込みの前に!• エアフィルターが汚れていませんか? エアフィルターが汚れていると、空気の循環がうまくできず、吹出し口が結露しやすくなり、水滴となって落ちることがあります。 エアフィルターのお手入れをお願いします。 エアフィルターのお手入れ方法については、をご確認ください。 またエアコン内部に埃がついていると水が垂れることがあります。 その場合はエアコンの内部洗浄をおすすめします。 内部洗浄については、にご相談ください。 内部洗浄は専門の者が行う必要があります。 市販の洗浄剤のご使用は故障の原因になります。 上下風向板を下向きの状態で利用していませんか? 上下風向板には結露による水滴が多少、付着することがあります。 上下風向板を下向きで長時間運転していると、水滴が落ちる可能性があります。 上下風向板を水平の状態にして運転をお試しください。 室内から屋外へ水を排出するホース ドレンホース が折れ曲がっていませんか? ホースが折れ曲がっているなど、水が排水できない場合、室内機へあふれ出ることがあります。 ホースの折れ曲がりを元に戻してください。 ドレンホースの水を水受けなどで溜めて利用していませんか? 水受けなどで水を溜める際に、ホースの先端が水に浸かり水を排水できなくなる場合があります。

次の

クルマの下から水が垂れてるけど、大丈夫?原因と対処法を解説!

エアコン から 水

でも触れましたが、 一度、エアコンの室内機から大量の水が漏れてきたことがあります。 今の家に引っ越す前の、夏真っ盛りの時期のことです。 エアコンから水が漏れるというと、 ポタポタと落ちてくることがあるのは知っていたというか、 イメージできるのですが。 そうではなく、突然、 バシャー!という感じで漏れてきました。 「何の音?!」ってなるくらい。 音が鳴った方を見てみたら、リビングのエアコンの下に水たまりができていて。 「まさか・・・エアコンからこんなに水が?」となりましたが、 そのまさかでした。 それからも水は漏れ続けました。 泣 基本的にはポタポタという感じ。 エアコンの下にパソコンとか置いてなくて、本当ーーーに良かった。 不幸中の幸い。 一定時間おきにその羽がくるんと一周するのですが、 その時に羽に溜まった水が流れることで、一気に放水されていたようです…。 バケツも小さいものしか持っておらず(子どもが砂場で遊んでそうなサイズ)、 洗面器や、使っていないクリアケース(衣装ケース)を使ったり。 エアコンから床まで落差があるので、周りにも水が跳ねる跳ねる。 びっしょびしょです。 左上の水たまりに映る青い空が悲しい…。 水漏れしたのはリビングにつけていたエアコンだったのですが、 LDKの横が寝室だったので、寝るときもつけっぱなし。 (ドアを開けてリビングのエアコンで寝室を冷やしていました。 ) 推奨される広さよりは広い範囲を冷やしていたので、 オーバーワークだったのかなぁと反省もしたり。 (それでも使い続けたけど) 毎朝、起きたらこの状態です。 しかもポタポタ音で目が覚めることも。 テンションの下がりようは察していただけるかと存じます。 (クーラーとしての機能は果たしてくれていたのでまだ良いものの、 これ冷房機能が故障したら絶望的ですね…!) ということでとりあえず最短で予約したものの、そんなに待てない〜。 実はこの時、エアコンの水漏れの原因を素人なりに検索して、 ・何かしらの部品の故障 ・ドレンホースというものに何か詰まっている という可能性にはいきついていました。 部品が必要ならメーカーさんを待つしかありませんが、 ドレンホースとやらを掃除してもらって直ったらラッキー!という淡い期待。 「クリーニングで直りそうならお願いしたいし、場合によっては何も依頼しないかもしれない」と正直にお伝えしたのですが、見るだけなら無料で来てくださるとのこと。 ありがたい…!! そして業者さん(優しそうなおっちゃん)が来てくださり、 エアコンを見ていただいたのですが、 見るなり早々、 「これは何か、 中の部品が割れてるね。 残念ながら僕では直せない。 前は 修理の仕事をしていたからわかる。 」 と…。 泣 希望、打ち砕かれる。 ドレンホースの詰まりの可能性にかけていたので、聞いてはみたのですが、 「掃除してみてもいいけど、たぶん直らないよ〜」とのこと。 嘘でも「掃除したら直るかも」と仰ればお願いしたのに…なんて正直な。 というわけで、申し訳ないですがそのままお引き取りいただきました。 家の中に水が垂れてくるのって、こんなにストレスなんですね。 調べたところ世の中にはドレンホースクリーナーというものがありまして、ネットでも送料込みで2000円位で売っていました。 こんなやつです。 安くはない。 でも修理に来てもらったらもっと高いし、何よりもすぐに修理してもらえない。 (ちゃんと記録していなかったので確かではないですが、 メーカー修理はこの時点でも1週間以上先だったと思います。 ) 色々調べた結果、何となくドレンホースの詰まりな気がしてならなかったので、わずかな可能性にかけてこれを購入しました。 確か2日ほどで届きました。 (ちなみに、ドレンホースの詰まり解消法を調べていた時、 「ドレンの先を清潔にするか、何かを付けて、 ホースを口で吸う」というものもありました。 さすがにその勇気はない。 笑) 届いて早速、夫に試してもらいました。 説明書通りシュポシュポすると・・・・・ 「 なんか出てきた!!」と夫!!! カメムシらしきものが詰まっていたよう…! (お亡くなりになっていました。 自分を信じて良かった・・・! (大げさ。 しかも直したの夫。 ) ということで、カメムシらしきもの1匹に1週間以上苦しめられていたのですが、割とあっけなく解決しました。 ドレンホースが詰まっているかの確認方法で、 「ドレンホースから水が出ているか」を目視で確認するというのがあります。 最初にメーカーサポートに電話をした時も「水は出ていますか?」と聞かれました。 ただ、水は出ていたのです。 チョロチョロですが、途切れずに流れていました。 でも、直ってから見たら、詰まっていた時の比じゃないくらい水が出ていました。 水が多少出ていても、ホースが詰まっている可能性は、あります!! 逆にドレンホースが完全に詰まって水が流れていなかった方が目視でわかりやすく、解決が早かったかもしれないと思うと、ちょっと悔しいです。 床がビショビショでしたが、あんなに空気中に水分が含まれてるんですね。 そら蒸し暑いわ。 大変でしたけど色々勉強になりました。 一生のうちで「ドレンホース」という言葉をあんなに口にしたことはないと思います。 これからもありませんように。 そんなわけで、ドレンホースのキャップはつけられた方がいいと思います。 虫が入って来るのも、詰まられるのも、恐怖です😂.

次の

エアコンから水が飛ぶ原因と解決策

エアコン から 水

冷房が効いた部屋の中を歩いていると「冷たっ!」。 何かと思い足元を見てみると、フローリングが濡れているではありませんか! よく見るとエアコンの室内機から水がポタポタと垂れてきてます。。。。 こんな場面に出くわすと、とにかく慌てふためいてしまいます。 でも、ここでいったん深呼吸。 「ス~~。 ハ~~。 ス~~。 ハ~~。 ス~~。 ハ~~。 」して落ち着いてください。 エアコンから水漏れする原因は3つのパターンに分類されます。 そのパターンごとに、対策が変わってくるので、自宅のエアコンがどのパターンに当てはまるのか見極めることが重要です。 では早速、3つのパターンごとに説明していきますね。 1.ルーバー(風向板)から水が垂れてくる ルーバー(風向板)の方向を、下向きにすると、冷やされた空気がルーバーにあたります。 そのまま冷房運転を続けると、ルーバーに結露が発生し、水滴が落ちてくることがあります。 夏の暑い日に、コップに冷たい水を注ぐとコップ表面に水滴が付く現状と同じです。 エアコン内部から吹き出される冷たい空気が、ルーバーにあたり冷却されます。 そして冷却されたルーバーに水滴がつくのです。 この症状は、部屋の中の湿度が高いときに、発生することが多いです。 対処法 ルーバーを上向きにしてください。 冷やされた空気の向きとルーバーが平行になるように調整すれば、ルーバーに冷気が当たりにくくなるので、結露を抑えることが出来ます。 2.奥のほうから風に乗って水が降ってくる エアコン吹き出し口の奥のほうから、冷気といっしょに水が飛んでくることがあります。 原因は2つあります。 1)フィルターの目詰まり フィルターがホコリなどの汚れで目詰まりしている状態だと、空気の流れが悪くなります。 空気の流れが悪くなると、熱交換器部分に一定時間空気がとどまるので、過剰に冷却されてしまいます。 過剰に冷却されると、エアコン内部のいたるところで結露が発生するのです。 その結露した水が、ファンで送り出される風とともに、吹き出し口から飛んでくるのです。 対処法 フィルターを丸洗いするようにしましょう。 掃除機でホコリを吸い込むだけでも有効ですが、完全に取りきることが出来ません。 台所用の中性洗剤で構いませんので、よく洗って下さい。 汚れが取れたら、フィルターをよく乾燥させエアコンにものと通り取り付けてください。 2)熱交換器(アルミフィン)の汚れ・目詰まり フィルターの目詰まりと同じように、熱交換器に汚れやホコリが目詰まりしてしまうと、空気の流れが悪くなり過剰に冷却されてしまいます。 また熱交換器のアルミフィン1本1本の表面が汚れてしまうと、結露水がはじかれてしまい、水滴となります。 その水滴がファンで送り出される風とともに、吹き出し口から飛んでくることもあります。 対処法 熱交換器の洗浄は、できるだけ業者に依頼することをオススメします。 どうしても自分でやりたい場合には、掃除機で表面のホコリを吸い取るか、フィン用ブラシを使用してください。 歯ブラシなどでホコリや汚れを落とそうとすると、ホコリを奥のほうに押し込むことになるので、状況を悪化させることにもなりかねません。 ブラシを使うことは避けてください。 エアコン洗浄スプレーの使用は、オススメ出来ません。 洗浄液を噴霧するパワーが小さいため、熱交換器表面のホコリを奥に押し込んでしまいます。 それが新たに大量の水漏れを引き起こす可能性もあるのです。 3.室内機の底部から水が垂れてくる エアコン室内機から、水がにじむように垂れてくる場合があります。 この場合の原因は、ドレンホースやドレンパンの詰まりによる可能性が高いです。 熱交換器で冷やされた結露水は、ドレンパンに垂れ落ち、ドレンパンに接続されたドレンホースを伝わり、室外に流されます。 しかしドレンホースのどこかの箇所で汚れなどが詰まってしまうと、結露水が行き先を失ない、室内側にこぼれてしまうのです。 対処法 ドレンホースの詰まりを解消できれば、水漏れを解消することが出来ます。 ドレンホースの詰まりには、エアコン用サクションポンプを試してみてください。 室外機脇にあるドレンホース先端にこのサクションポンプをあてがって、ハンドルを数回引くだけです。 エアコンの水漏れは、3つのパターン以外にも原因があることも エアコンの水漏れの代表的な3つのパターンについて、説明してきました。 しかし水漏れの原因は、これ以外にもあることがあります。 下記ページで詳しく説明していますので、よろしければご覧になってください。

次の