学生マンション バイト。 大学生の一人暮らしにかかる費用と、生活上のメリット・デメリット│#タウンワークマガジン

大学生の一人暮らしにかかる費用と、生活上のメリット・デメリット│#タウンワークマガジン

学生マンション バイト

仙台市内の各大学で入試の時期が近づくと行われるパンフレット配りのアルバイト。 入居者募集のために必要で、ほとんどどのアパートやマンションも 学生が多く仕事をしている印象でした。 単発の為アルバイトに参加しやすく、自分が出れる日をスタッフの方に伝え、いつどこに行ってほしい、という指示をもらい、当日はパンフレットを持って該当の大学の校門前で待機、入試が始まる時間に来校する親子向けに、宣伝とパンフレット配りを行うという仕事でした。 仕事の当日の朝は仙台駅前にあるマンションの管理事務所に行き、パンフレットを受け取って、該当の大学まで移動。 あとはとにかくその場で、 来校する親子に声をかけ、パンフレットを渡し続けます。 2~3時間校門前にいて、学部ごとに入試開始の時間が違ったりするので、ランダムに来る人たちにとにかく配りました。 パンフレットを配り終えたらまた駅前の事務所に戻り、その日の報告をして終了。 お昼頃には終わる仕事でした。 大学生になるまでアルバイトをしたことがなかったので、パンフレット配りくらいであればできるかな、と思いやってみようと思ったのがきっかけです。 部活をやっていたので定期的に通うようなアルバイトができず、単発で、時間の短いアルバイトから始めてみたいと考えていたので、自分にはちょうどいい仕事でした。 時給は高く 1,200円くらいでした。 1日の仕事の時間は2~3時間なのでお金がどんどん溜まる、ということはありませんでしたが、十分かなという感覚でした。 今日はどの大学で、どの学部の入試、という感じで移動します。 バスや電車移動が多かったですが、 交通費も出してもらえたので問題ありませんでした。 パンフレット配りはあまり良い印象は持たないかもしれませんが、実際に入試を受けに来る親子は大学に受かった後のマンション選び・アパート選びが必要なので、そのことを配るときに言いながらアピールしていました。 もちろん無視されることもありましたが、 そこまで嫌がられてはいなかったように思います。 無視されてもあまり気にならず、来校者の波がくると次々に渡していた記憶があります。 「お部屋選びの参考にしてください」「試験頑張ってください」というような声をかけて渡していました。 パンフレットがたくさん余ってしまうということもなく、皆さんやはり欲している情報なので、自然と配り終えることのほうが多かったです。 つらかったなと思うのは、パンフレットを配ることよりも、 入試の時期は冬なのでとにかく寒かったことです。 朝も早く、7時頃には事務所に行きその日のパンフレットを受け取って、その後バス移動、8時過ぎくらいからチラホラ入試のための人が来はじめるのでそこから配る必要があるのです。 2~3時間大きい移動もなく立ちっぱなしの仕事なので余計に寒く、ホッカイロをたくさん持って、時には凍えながら、配っていたこともありました。 行き返りのバスの中で暖かい飲み物をよく飲んでいた思い出があるので、時期的には かなりつらいアルバイトだったかなと思います。 ちらし配りなどは街中でやっているとマイナスイメージが大きく、傷つきやすい方もいるかもしれませんが、実際に受験に来る皆さんには必要な情報なのでそこまで邪険に扱われたこともありませんし、文句を言われたこともありませんでした。 朝早いので、朝に強くなければつらいかもしれません。 仕事自体は昼頃には終わるので、その時はもう仙台駅前に帰って来れるので、そのあとの予定も入れられましたし、 そこまで難しくなく時間調整もでき時給も悪くない、学生向けのアルバイトだったように思います。

次の

【エイブル】学生向けの賃貸・部屋探し

学生マンション バイト

学生マンションの住み込み管理人の求人がありました。 応募しようと思っているのですがこういう人を雇いたいというのはありますでしょうか? というのは私は今年で22の若造、女性です。 (会社は女性が多いらしいです) イメージでしかありませんが男性30〜か、女性も30〜くらいでないと駄目なんじゃないかと思っていたりもします。 普通のマンションならそうであっても学生マンションなら大丈夫なんじゃないかと考えているのですがどうなんでしょうか? 学生マンションにお住まいの学生さん、あなた方の管理人さんはどんな方々ですか? 学生マンションではどんなトラブルが起こるのでしょう?普通のマンションよりもトラブル(騒音以外)が少ない気がするんですが。 マンション管理人についてお詳しい方も回答お願いします。 学生マンションの内情を知っている者です。 親戚が学生マンションで掃除のアルバイトをしており、 管理人さんと仲良くなっているので大変さを知っています。 その会社は、だいたい中年の方を夫婦で雇っています。 清掃や、管理など、通常の一般的な業務のほかに、 まず、最近の学生は常識が無い人も多いので、 昼夜問わず、くだらない事で呼び出されます。 逆に常識がない分大変だと思いますよ。 リモコンが付かない。 (電池が無いだけ)。 排水が詰まった。 (生理用品をトイレに流す。 ) 電気が切れたので交換して欲しい。 (自分でやれ。 ) 洗濯機が回らない。 (詰め込みすぎ。 ) 彼氏・彼女を連れ込んで一緒に住みだす。 (隣の部屋から苦情。 ) 子供が新生活に慣れず、学校に行きたくないとゴネて、親から相談される。 学校に行かなくなり、夜のバイトを始める。 (変な人間の出入りが多くなる。 ) 虫・ゴキブリが出た。 退治に来て欲しい。 鍵をなくしたから部屋に入れない。 真夜中に開けてくれ。 不在時の宅配便の対応 (時間指定で来るので、クロネコ・郵便局・佐川・ 日通がかわるがわる来るので1日何十回も。 最終的には時間指定禁止にしたみたい。 ) 病気の入居者の対応。 持病もちがいると、毎週付きっきり。 リストカットとかそういうクセのある学生だと最悪。 急におなかが痛くなったので救急車。 (夏に賞味期限切れのものを食べる。 ) 夜が怖い。 眠れない。 帰りたい。 過保護な親から子供と連絡が取れないと夜に頻繁に電話。 (子供は遊びに行っているので、電話に出ないだけ。 ) 留学生。 習慣が違うので、わけのわからない行動に出る時アリ。 そのほかにも数え切れないほど。 その人は睡眠時間4時間程度ですね。 あとは暇な時間に昼寝してます。 普通のマンションの方が楽ですよ。 参考までに。 ナイス: 7.

次の

学生マンションの総合情報サイト 学生マンションドットコム

学生マンション バイト

学生寮 学生寮は学校が提供してくれる入居場所であり、入居している人はほぼ全員がその学校の学生です。 自分ひとりでアパートを借りるのが理想という人も、もし不安であれば段階的に最初は学生寮に入居しておくというのも良いでしょう。 大学周辺の環境がわかり、一人暮らしにも慣れたとき、理想的な物件が出てきた段階で引っ越すのです。 学生寮のメリット ・知人友人がたくさんできる 先輩や同級生との共同生活を送ることになり、まだ大学に通って日が浅い段階から、多くの知り合いができます。 同じ寮で暮らすうちに関係性も深まりそうです。 ・周りに知り合いがいるので安心 親元を離れての一人暮らしでは、何かと不安な事が多いですが、周りに学生同士でサポートしあえる学生寮であれば安心です。 ・家賃が安い 学生寮の家賃に関してはとても安く、1万円前後で入居できる場所も多いです。 そのぶん、施設が古かったり、共用だったりしますが、家賃が安いことは大きなメリットです。 ・大学についての情報を知ることができる 先輩などから授業やサークルについての、さまざまな情報が得られることも。 「あの授業は単位が取りやすい」なんてお得な情報も!? ・食事がついている 学生寮では食事を提供してくれるところも多く、学生の栄養バランスも考えてくれています。 不慣れな環境に加えて偏った食事の毎日だと、せっかくの一人暮らしで体を壊しかねませんからね。 ・学校に近い 大抵の学生寮は学校の近所に建てられているので、通うにも便利ですよ。 中には大学の敷地内に寮があるところも。 学生寮のデメリット ・規則が多い 学生寮ならでは規則が設けられている場合もあり、例えば関係者以外は学生寮に入れない、門限がある、外泊許可がいる、などのケースが考えられます。 友達や彼女も部屋に招待しにくい事がデメリットです。 ・共同生活が条件 各学校にもよりますが、お風呂やトイレなどが共同のケースが多いです。 また、そもそも部屋がルームシェアタイプになっている寮もあります。 ・賑やかすぎる場合も 同じ世代の若者が集まり、友達も必然的に多くなるため、周囲がうるさい環境になる可能性もあります。 ・プライバシーが少ない 前述の通り、施設が共有だったり、ルームメイトがいたり、プライベートな空間はアパートやマンションに比べて少なくなりがちです。 静かに一人で集中しやすい場所とするには、それなりに努力が必要になってきます。 一人暮らしならではの自由を満喫するのは少し難しいのがデメリットと言えるでしょう。 入寮の条件等について 大学によって入寮できる条件は異なります。 一般的に、自宅が遠方のため通学が困難であったり、経済的な理由があったり、本人が寮の規則を守れるかどうかなどが条件として定められている寮が多いようです。 ただし、条件がほとんどないというところもあれば、もっと細かくルール定められているところもあります。 自分が入学する大学の入寮条件をあらかじめ確認しておくといいですね。 また、希望者や条件に当てはまる学生すべてが入寮できるとは限りません。 早い時期にいっぱいになってしまうということもあるので、志望校の寮の情報は資料を取り寄せたり、インターネットで調べて早めの情報収集をしたりすることを心がけ、いざ入学が決まって一人暮らしすることになったらすぐに申込できるよう、申込開始時期なども調べておきましょう。 学生マンション 学生マンションは、居住している人を学生限定にしているマンションです。 学生寮と違うのは、あくまでこちらはマンションであり、学生同士の生活は独立していることです。 学生マンションのメリット ・部屋や生活エリアが独立している 基本的にバス・トイレもそれぞれの部屋についていて、時間を気にしながらお風呂に入ったり、トイレの順番待ちをしたりすることがありません。 ・プライバシーが守られる 個人ごとに部屋があるので、一人部屋で生活ができます。 また、マンションなので、比較的防音性に優れたところが多いようです。 ・門限など特別なルールが少ない あくまでも住人が学生というだけで、それ以外は普通のマンションと同じ。 学生寮より自由度が高いです。 ・セキュリティが充実している オートロック方式を導入しているところが多く、管理人さんがいることも。 ・住人が同じ学生という安心感がある 普通の賃貸物件だと、隣の人がどんな人か不安もあります。 学生マンションは全員学生なのでなんとなく安心できますし、親近感もわきますね。 学生マンションのデメリット ・家賃は一般的な相場 セキュリティの高さ、部屋の設備などのよさ、学校のそばという地理的好条件などがあるので、少し家賃が高めになることも。 ・自炊が必要 ほとんどの場合、食事も自分で用意する必要があります。 初めてでも一人暮らしのスキル(料理・洗濯・掃除など)に多少の自身がある方向きです。 ・学生マンション自体の数が少ない そもそも、学生マンションの物件自体が少ないので、人気のマンションは先着順ですぐに埋まってしまうことも。 早めに部屋探しをする必要があります。 学生マンション独自のサービス ・防犯システム 初めての一人暮らしの人が多い学生マンションでは、防犯面に力を入れている物件が多く見られます。 オートロックやセキュリティシステムを導入していたり、女性専用マンションや女性専用フロアを採用したりしている物件などです。 ・交流会 同じマンションに住む大学生同士の交流会などを実施しているところもあります。 初めてのひとり暮らしで知り合いがいない土地でも、顔見知りができて安心ですね。 ・事前予約・合格前予約 一般的な賃貸物件では契約した日から家賃が発生しますが、学生マンションでは事前に予約してから、実際に住み始める4月までは家賃がかからない「事前予約」があります。 推薦などで早めに合格が決まった人も、余分な家賃を払わずに済みますね。 合格後に物件を探すと、なかなかいい物件に出会えなかったり、物件を吟味できなかったりという話をよく聞きますが、学生マンションには「合格前予約」という、合格前から物件を予約できるシステムがあります。 不合格となった場合のキャンセル料の有無は物件により異なりますので、事前に問い合わせましょう。 一般アパート 一般の方も住んでいる通常の物件であり、もちろん住民は職業や年代も様々です。 一般アパートのメリット ・とにかく自由 これが一般アパート最大のメリットでしょう。 いつ出かけても、いつ戻ってきても、部屋で何をしていても(周囲に迷惑をかけないかぎり)誰も何も言いません。 友達や彼氏彼女と一緒に過ごすにはこれほどラクな環境もありませんね。 ・他の人の目が気にならない 学生寮にしても学生マンションにしても、周囲には同じ学校に通う人ばかりになりがちなので、いわゆる知人の目がわずらわしい方にも向いています。 ・物件数が多い 家賃や立地、部屋の造りなど、自分にとって最適な場所を探すことができます。 いろいろ選択の幅が広がるのはよいですよね。 ・入居時期が選べる 空きが出たらすぐに入居できることが多いので、待たずに引っ越すことが可能かもしれません。 ・社会人になっても住める 寮や学生マンションは卒業すると住むことができません。 一般のアパートなら更新すればそのまま住み続けられるので、就職先が現在の学校の近くの場合、引っ越しをしないで済むというメリットもありますね。 一般アパートのデメリット ・セキュリティが低い 物件によってピンキリですが、セキュリティは学生マンションや寮と違って薄いことが考えられます。 オートロックなどがついていない場合もあるので、すぐに来訪者が自分の部屋の前に来られるアパートも多いでしょう。 ・騒音が気になることも 安かったり、古かったりする物件では、音が気になることも。 同じ学生同士なら比較的注意もしやすいですが、一般の物件だとちょっと躊躇してしまいますね。 ・いろいろな人が住んでいる 当たり前ですが、隣人や上下の部屋に住んでいる人は年齢も、職業もさまざまです。 どんな人が暮らしているかよく分からないことも多いので、その点は少し不安かもしれません。 ・家賃が高い 寮と比べるとかなり金額は割高になる物件が多いです。 自由さと快適さの分、家賃は高くなるかもしれません。 学生寮・学生マンション・一般アパート、それぞれのメリットとデメリットがあって迷ってしまいますね。 一人暮らしに不慣れなうちは、サポートがしっかりしている学生寮や学生マンション。 ある程度慣れてきたら一般のアパートやマンションに引っ越すというのが最もオススメと言えます。 学生寮や学生マンションも入居者数には限度がありますので、希望される方はお早めに行動しておきましょう。

次の