わかば 宮崎大学。 教務修学情報「最新ニュース」

学務情報システム(わかば)

わかば 宮崎大学

〒885-0054 宮崎県 都城市 若葉町58-7 最寄駅:JR日豊本線 佐伯~鹿児島中央 都城 対象• 浪人生 授業形式• 集団指導• 個別指導• 家庭教師• 通信教育・ネット学習 特別コース• 中学受験• 高校受験• 大学受験• 公立中高一貫校• 医学部受験• 子供英語• 映像授業• 自立型学習• 理科実験• プログラミング・ロボット 資格• TOEIC• TOEFL• 英検 講師• 日本人• 外国人 特徴• 保護者参加• 体験授業• オリジナルテキスト.

次の

教務修学情報「最新ニュース」

わかば 宮崎大学

若葉がよく訪れる中華料理店「王華」のセット 物語 [ ] 建築家の父親をで亡くした震災遺児・高原若葉は、宮崎で製造業を営む母の実家に身を寄せて育った。 大学での勉強をし、建設会社への就職を目指すも社の経営破綻によりが取り消されてしまう。 代わりに就職した庭園管理業者で家として阪神大震災からの復興を目指す途上、人生の伴侶とめぐり合い亡き父とともに夢見た理想のすまい「緑の家」構想の中でドラマは終了する。 父の夢である「みどり豊かな家」を作るのが夢。 大学時代は部に所属していた。 高原詩子 演 - (舞台版:) 若葉の母。 旧姓は村上。 震災で夫を失い、家族と共に宮崎に移り住んでいる。 震災のショックでなかなか神戸に帰る事ができなかった。 高原公一 演 - (舞台版:) 若葉の父。 震災で死去しており、本編では回想のみの登場。 高原光 演 - (舞台版:同じ、少年時代〈回想〉:川井一成) 若葉の弟。 震災がトラウマになっている。 村上のぶ 演 - (舞台版:) 若葉の祖母で、詩子・浩太郎の母。 「 人生、生きちょるだけで丸儲け」が口癖。 村上浩太郎 演 - (舞台版:同じ) 若葉の伯父で、詩子の兄。 村上酒蔵の3代目。 頑固だが根は優しい。 村上幸恵 演 - (舞台版:) 浩太郎の妻。 村上啓太 演 - (舞台版:同じ) 若葉の従兄弟で、浩太郎の子。 外見はチャラチャラしているが、従兄弟の光のかけがえのない親友で、よき理解者。 高原栄造 演 - (舞台版:同じ) 若葉の祖父で、公一の父。 神戸では名高い造園者。 王繁美 演 - (舞台版:) 若葉の叔母で、公一の妹。 王成順 演 - (舞台版:同じ) 中華料理店「王華」の店長で、繁美の夫。 栄造には頭が上がらない。 王美華 演 - 若葉の従妹で、繁美と成順の娘。 藤倉家とその下宿人 [ ] 藤倉雅也 演 - (舞台版:) 建築設計士で、後に若葉の夫。 しかし、初めて会った時は、最悪の印象だった。 下戸でお酒が大の苦手。 藤倉渚 演 - 雅也・亜紀の祖母で典子の母。 若葉に自分の洋館に下宿先として提供する。 藤倉典子 演 - 雅也と亜紀の母。 藤倉保 演 - 雅也と亜紀の父。 婿養子。 藤倉樹里 演 - 若葉と雅也の娘。 安住義洋 演 - 亜紀の夫。 瞳しずか 演 - 洋館の下宿人。 本名:木村福子。 ジャズシンガー。 ジュディ 演 - メラニー・グリーン 洋館の下宿人。 ケーキ職人。 神戸の人々 [ ] 井川一行 演 - 井川造園のオーナー。 141歳。 ヘビースモーカーであり、吸っているタバコはわかばとキャビン・ボックス。 医者から余命6年の宣告を受ている。 井川都志子 演 - 朝比奈潔子 一行の妻。 山岡鉄男 演 - (舞台版:同じ) 井川造園の先輩職人。 鬼瓦のような強面と厳しい性格で、若葉を鍛えていく。 杉本康博 演 - (舞台版:康ヨシノリ) 井川造園の職人で、若葉の同僚。 弱気な性格で、山岡に日々発破をかけられている。 木之下俊介 演 - 内藤剛志(舞台版:永島敏行)(共に) 神戸に住むバーテンダーで、ボランティア活動を熱心に行っている。 若葉の父・公一と瓜二つの容姿。 三島秀和 演 - 「王華」の常連客。 大崎慎平 演 - 「王華」の常連客。 車椅子の女性 演 - 鳴尾よね子 医師 演 - 産婦人科医 演 - 大西みのり 宮崎の人々 [ ] 谷準一 演 - 若葉の大学時代の同期。 若葉に片想いしている。 谷八重 演 - 準一の母。 吉村絵里 演 - 佐野隆子 演 - 星野香織 演 - 山下厚子 演 - 福田るり子 演 - 振角麻衣 若葉の大学時代の同期で、チアリーディング部の仲間。 わかばのチームメイト 演 - チアリーディング部「BRAVES」 その他 [ ] 神崎葉子 演 - 矢島淳美 演 - 矢島義夫 演 - 島本悟 演 - 島本聡子 演 - 平泉武夫 演 - 平泉松子 演 - 平泉郁江 演 - 笠井功二 演 - 笠井雄一 演 - 笠井久子 演 - 谷村真弓 岡田新一 演 - 間中明 演 - 佐伯亮 演 - 吉田 演 - 西田教授 演 - 看護師 演 - 学校職員 演 - 鍋島浩 職人 演 - 小松健悦 三宮建設社員 演 - 福寿淳(声のみ) テレビ・ラジオの声 演 - その他 演 - ほか 放送日程 [ ] はが発生したためでのを休止しに放送された。 オープニング [ ] 本番組の舞台となった宮崎県と兵庫県の風景や様子。 エンディング [ ] 本番組のエンディングは「緑のある風景」。 視聴率 [ ] は19. 名古屋地区ではの放送で23. 特別編 [ ] 12時45分 - 13時(当初は8時15分 - 8時30分の放送予定を「」関連報道のため変更)に前半の総集編を、弟の高原光(崎本大海)の視点で紹介した「わかば・光の特別編」、8時15分 - 8時30分には「新春スペシャル」も放送された。 総集編 [ ] で - 9時 - 10時40分に2回ずつ、では - 17時 - 17時50分、地上波では7時20分 - 11時に放送された。 スタッフ [ ]• 作 -• 音楽 -• 演奏 -• 主題歌 - 「」• 作詞・作曲・歌 - 、編曲 -• 題字 -• 神戸ことば指導 - 川本美由紀• 宮崎ことば指導 -• チアリーディング指導 -• 中国料理指導 - 為後喜光• 洋菓子指導 - 兵庫県洋菓子協会• 気孔指導 - 先崎高弘• 医事指導 - 芦田敬一• 焼酎造り監修 - 宮崎県酒造組合• 造園監修 - 神戸市造園協力会• 撮影協力 - 、宮崎県、• 語り - アナウンサー(アナウンサー(当時)、現・フリーアナウンサー)• 副音声解説 -• 制作統括 - 小林千洋• 制作 - 江澤俊彦• 美術 - 石村嘉孝、丸山純也、深尾高行• TD - 坂本忠雄、鈴木文夫• 音響効果 - 巽浩悦、水谷明男、木村充宏• 編集 - 城所夏子• 撮影 - 松本剛、大須賀弘之• 照明 - 清岡昌吉、杓瀬圭介• 音声 - 井上裕一、大成友二、藤原猛、佐藤善次郎• VE - 酒井俊史、備中正幸• 記録 - 松田亜子• 仕事と両立する為に国立大学は諦めたが、早慶の一般入試に現役合格。 放送終了後、無事に慶應義塾大学へ進んだ。 舞台版 [ ] 2005年8月、の明治座で舞台が上演された(主演の原田を含め主要キャストはほぼ同じメンバーが出演)。 朝ドラが舞台化されるのは『』以来のことである。 2006年2月には、NHK教育の番組「劇場への招待」でテレビ放送された。 キャスト [ ]• 高原(藤倉)若葉 -• 高原詩子 -• 村上幸恵 -• 高原光 -• 村上啓太 -• 山岡鉄男 -• 王成順 -• 木之下俊介・高原公一(二役) -• 藤倉雅也 -• 王繁美 -• 藤倉亜紀 -• 杉本康博 -• 村上のぶ -• 高原栄造 -• 村上浩太郎 - スタッフ(舞台) [ ]• 原作・脚本 -• 音楽 -• 美術 - 本江義治• 照明 - 倉本泰史• 音響 - 伊東尚司• 演出 -• 公演製作 - 脚注 [ ]• 進路新聞インタビューより。 外部リンク [ ]• - (2005年3月27日アーカイブ分)• - (2005年3月14日アーカイブ分)• 前番組 番組名 次番組.

次の

スタッフ紹介

わかば 宮崎大学

平成16年度後期(2004年9月27日〜2005年3月26日放送)のNHK連続テレビ小説「わかば」は神戸と日南市飫肥の町が舞台となった。 主人公の高原若葉は1995年の阪神淡路大震災で父を亡くし、母の実家である日南市飫肥に母と弟との三人で避難し、焼酎を造る伯父夫妻の家に身を寄せ、五年が経ったというところから物語は始まる。 「生まれ育った神戸の町を緑でいっぱいにしたい」と、若葉は造園家を目指す。 その主人公を取り巻く日々を描きながら物語は紡がれてゆく。 震災で傷ついた家族の心の再生を描く物語であるという。 物語の冒頭部分、舞台は伯父夫妻の家のある日南市飫肥の町を中心とした宮崎が舞台だ。 劇中に登場する宮崎の風景や方言を見ていきたい。 平成16年度後期のNHK連続テレビ小説「わかば」は神戸と日南市飫肥の町が舞台となった。 特に放送開始から四週間は物語の舞台は宮崎で、主人公若葉が伯父の家に身を寄せて暮らす、若葉が心を癒すために訪れる奧の杉林、若葉の通う宮崎環境造園大学のロケ地となった南九州大学、さらに、西都原古墳群、など、さまざまな宮崎の風景が劇中に登場した。 また「飫肥天」や「飫肥せんべい」といったものも小道具的に登場し、ピーマンやスイートピーなどの特産品も象徴的に使用されていた。 若葉の伯父、村上浩太朗は焼酎の醸造会社を営んでいるという設定で、焼酎造りの様子もふんだんに見ることができた。 村上酒造のロケに使われたのは一丁目の旧家だ。 浩太朗の妻、幸恵を演じるのは宮崎県出身の女優、斉藤慶子で、この幸恵をはじめとして村上家の人々、若葉の友人たちの喋る「宮崎弁」も楽しいものだった。 方言指導に当たった上原由恵が宮崎市出身であるためか、日南市の人たちの喋る言葉より宮崎市あたりの人たちの喋り方に近いものだったが、「がんたれ」という言葉がよく登場したり、「〜が」、「〜ちゃが」、「〜ちょる」という語尾に、宮崎弁らしさを感じることができた。

次の