キール ローレンツ。 【甘デジでも演出法則は健在!】新世紀エヴァンゲリオン 〜シト、新生〜PREMIUM MODEL(エヴァ14)

新世紀エヴァンゲリオン名言・名台詞

キール ローレンツ

原作GAINAX、監督は庵野秀明によるSFアニメ作品。 1995年10月4日~1996年3月27日にかけて全26話がテレビ東京系列(TNX)で放送されています。 漫画版はアニメに先行する形で「月刊少年エース」にて1995年2月号から連載されています。 漫画の方が先に始まっている為、原作が漫画と思っている人も多いですが、原作はアニメとなっています。 2007年~2009年にかけてはリメイク版が「エヴァンゲリヲン新劇場版」と題して放映されており、全4部作を予定しています。 本作品は、エヴァンゲリオンのパイロットとなった14歳の少年少女たちと「使徒」との戦いを描いたもので、その中での人間関係や様々な葛藤など、心情描写に重点を置いた作品となっております。 アニメを見ている中で何度も登場する『人類補完計画』というキーワード。 なんとなくで流して見ている人多いのではないでしょうか? 今回は『人類補完計画』がどういったものなのかをなるべく分かりやすく紹介していきたいと思います。 『人類補完計画』の目的とは? 全ての人類から魂を回収し、リリスの卵の中で一つになり、生まれる前の状態に戻します。 そこから完全な単体生物として生まれ変わることを目的としています。 具体的には、アダムとリリス、ロンギヌスの槍を用いてエヴァを触媒としサードインパクト引き起こし、 人類に「生命の実」と「知恵の実」の両方を付与し、全人類が完全統合された単体の生命体に進化することです。 碇ゲンドウによる『人類補完計画』 完全なる単体生命体に進化するという目的はゼーレと同じなのですが、ゲンドウは自分自身がその存在になる為に、 『人類補完計画』の主導権を握ろうとします。 目的のためなら手段を択ばず、部下や息子を犠牲にしても構わないという精神です。 その全ては、自身が神になることで愛すべき妻ユイと再び一つとなる為でした。 『人類補完計画』の最後 人類の魂が一つになった世界で、その中心にいた碇シンジに人類の全てが委ねられます。 「他人の存在を望めば、再びA. Tフィールドにより全ての人々は引き離されるが、他人の恐怖が再び始まる」とレイに告げられるシンジ。 彼は心の底から、もう一度みんなに会いたいと他人が存在する世界を望みました。 その瞬間、一つにまとめられていた魂は引き離され、再び地球に戻っていきました。 そして、ゼーレやゲンドウが企てていた『人類補完計画』は失敗に終わりました。 すぐ分かる!イマイチわからない『人類補完計画』を簡潔に解説まとめ 以上が『人類補完計画』の解説となります。 なるべく分かりやすく簡潔に紹介していますので、 興味を持たれた方はより深く調べてみると面白いかもしれませんよ。

次の

★ゼーレ(ZEELE)、人類補完委員会とは。キールについて【エヴァンゲリオンFANさいと】

キール ローレンツ

まずゼーレと人類補完委員会は全く別のものです。 ゼーレは遠い昔から世界を操っている国際秘密結社で、「裏死海文書」に沿って、 "ゼーレのシナリオ"を遂行するもの。 死海文書と裏死海文書の違いについてはへ。 人類補完委員会のメンバーは米、英、露、仏の代表、そして独のキール・ローレンツを加えた合計5名です。 このゼーレと人類補完委員会が全く別の組織であると言うことは、第弐捨壱話の 「委員会ではなくゼーレのおでましとはな」という冬月のセリフからもわかります。 ですが、この人類補完委員会のメンバーは、同時にゼーレにも加入している人物もいます。 よく、モノリス(黒い長方形のものに01、02などと書かれた音声のみの物体)と碇ゲンドウが会話しているシーンなどでは、この モノリスは12人いることがわかります。 ゼーレの中の最高幹部は12名いるということです。 ですが、「序」ではゼーレの人数は 7名に変更されています。 ちなみに、このゼーレっていうのはドイツ語で魂って意味だそうです。 で、キール・ローレンツという存在は、人類補完委員会では議長という立場で、ゼーレでも01の立場でもあります。 このキール・ローレンツは、碇ゲンドウの行動を何かしらかばう傾向にあり、それは人類補完計画の遂行のためであるとされます。 次第にこのゼーレと碇ゲンドウとの人類補完計画の差に気づき、、ネルフに渚カヲルを送り込んだり、劇場版ではネルフを侵略、その後EVA量産型を登場させるなど、自身の望んだ 人類補完計画へとすすめます。 このゼーレが目的としている人類補完計画と、ゲンドウの企む人類補完計画には違いがあります。 この違いについてはを。 Qでも、モノリスとゲンドウが対話しているシーンが登場します。 これまで私はこのキールたちは実際に生きているんだと思っていましたが、どうやらQでのシーンからわかるのは人類とは別の存在。 モノリスに自分の情報をコピーし、 人類を導いてきた存在。 というとで、冬月が電源を落としたところでそれに終止符をうった形にみえます。 Qで新たな可能性が出てきたこのゼーレについてはに。 そしてゼーレのシンボルの秘密についてはへ。

次の

【甘デジでも演出法則は健在!】新世紀エヴァンゲリオン 〜シト、新生〜PREMIUM MODEL(エヴァ14)

キール ローレンツ

エヴァを観ていてところどころのセリフの中に「ゼーレ」という言葉が出てきます。 また、碇ゲンドウが暗い部屋で何者かと会議をしている場面が多く出てきます。 視聴者の多くが「ゼーレってなに?」「何者が集まっているの?」という方たちが多いでしょう。 私もその一人でした。 私が中学時代にDVDで友人から借りて観たのが最初で、当時は全然理解できませんでした。 その後、インターネットやエヴァに関する書籍を読み徐々にわかってきました。 今回は、中でも私が理解に苦しんだ謎が多い組織ZEELEゼーレについて徹底解説していこうと思います。 できる限り難しい言葉は使わないで簡単に説明していきます。 エヴァンゲリオンに登場する謎のZEELE(ゼーレ)の正体とは? ゼーレとは 世界を裏から操っている「秘密結社」です。 太古の昔から存在しており、世界の秩序を定める闇に包まれた組織です。 「裏死海文書」に沿って、エヴァやネルフを操り命令しています。 ゼーレは、アメリカ、イギリス、ロシア、フランス、ドイツが主なメンバーです。 このメンバーは、人類補完委員会にも所属しています。 (この委員会はゼーレと似たようなものと捉えてください。 ) ゼーレの最高幹部はテレビアニメだと 12名存在しており、碇ゲンドウと会議をしているシーンが描かれています。 しかし、新劇場版: 序からは7名になっています。 ゼーレという言葉は ドイツ語で「魂」という意味です。 また、ゼーレの中でリーダーとされる人は、ドイツのキール・ローレンツと推測されています。 この人物は委員会の議長でもあり大きな権力を握る人物です。 裏死海文書とは 死海文書というものが現実に存在します。 1947年~1956年の間に、アラビア半島にある「死海」で発見されたものです。 キリスト・ユダヤ教の聖書に関連することが書かれています。 その解明されていない重要な文書ということから、エヴァにも取り入れたのではないかとされています。 しかし、現実にあるものと、区別するためにゼーレが持つ文書は「裏死海文書」としています。 この文書には、使徒の出現やそのシナリオが描かれています。 これをネルフでは 『ゼーレのシナリオ』と呼ばれ、ゼーレはこれに従って世界を動かしています。 ゼーレが考える計画の目的とは? ゼーレは、裏死海文書を基に 人類補完計画を遂行しています。 人類補完計画は一言で言い表すなら、「不完全な生命体を完全な生命体に進化させること」です。 アダムから生まれる使徒の生命の実を持つ生命体と、知恵の実を持つ人類とが合わさることで完全な生命体になることが人類補完計画です。 また、人類が生命の実と知恵の実を持ち、生命が生まれる最初、地球が生まれた最初に戻ることでまた生まれ変わって完全な生命体になることもゼーレが目論む計画の一つです。 「肉体を捨て、すべての魂を一つに」というゼーレのセリフからも見て取れます。 人類補完計画や使徒について、詳しくは以下の記事を参照してください。 ゲンドウが考える計画は、両方の実をもつ完全な生命体になることは一緒です。 そのあと、ゲンドウ自身が神となり生き続けて、エヴァ初号機の制御システムの被験者となった妻の碇ユイ(綾波ユイ)に再会することが、碇ゲンドウの計画する人類補完計画です。 ゼーレとゲンドウの思惑には少しずれがあるのです。 最後に 今回はゼーレについて書きました。 まとめると、ゼーレとは裏死海文書を基に「生命の実」と「知恵の実」を持つ完全な生命体になり、人類を 一つの魂へと還らせることを計画する世界を暗躍する組織です。 エヴァの知識が深まることで、 より楽しくエヴァを観ることができるんじゃないかなと思います。 例えば、旧劇と呼ばれている映画「シト新生」はゼーレの動きが一番描かれています。 また人類補完計画のために動くゼーレとネルフの戦いが描かれており、衝撃的で重いシーンがありますが、私は観てから、よりエヴァのなぞに対する興味がわきました。 少しでもお役に立てば幸いです。

次の