キンカン。 キンカン(金柑/きんかん)の栄養価と効用:旬の果物百科

「キンカン,挿し木」に関するQ&A

キンカン

【キンカンとは】 ・中国南部からマレー半島にかけた地域を原産とするミカン科の常緑樹。 古い時代に日本へ渡来し、果樹または観賞用として普及した。 数ある果樹の中でも最も背丈が低い上、果樹は皮が薄く、甘味と酸味があって食べやすいため人気が高い。 中国南部では正月飾りとして実のなった盆栽が使われる。 ・「キンカン」は様々な品種の総称だが、日本では果実が楕円形になるナガキンカン、メイワキンカン、マルキンカン、マメキンカン(キンズ)などが栽培される。 かつてはナガキンカンが一般的だったが、果樹としての魅力が乏しいため、現在ではメイワキンカンやマルキンカンが主流となっている。 ・メイワキンカンは、遠州灘で遭難した寧波(中国)の商船が清水港に寄港した際にもたらした砂糖漬けの実を起源としている。 ・花は画像のような白色で直径は5~8ミリ程度。 花期は7月から10月ころだが、四季咲き性が強く、厳冬期と酷暑期を除けば通年開花が見られることも稀ではない。 【育て方のポイント】 ・日当たりと風通しのよい場所が適地。 ただし、西日の強い場所ではいわゆる「葉焼け」を起こしやすい。 ・病害虫には強いが、風通しの悪い場所や水はけの悪い場所ではハダニやカイガラムシの被害に遭うこともある。 ・種から育てる「実生」よりも、カラタチを台木として作られた接木苗の方が丈夫な上、より早く収穫できる。

次の

オーイシマサヨシ『キンカン広告宣伝課長』に就任!

キンカン

キンカン 金柑 の肥料のやり方、時期について キンカン 金柑 に最適な肥料、そして肥料を与える時期についてご説明致します。 キンカン 金柑 とは キンカン 金柑 はミカン科キンカン属の常緑低木で耐寒性が強く、栽培が簡単で育てやすくビタミンを多く含んだ果実を実らせる樹木で栽培用の樹木だけでなく、多くの方に植木や庭木としても親しまれて栽培されています。 また、別名ではキンキツ 金橘 とも呼ばれています。 キンカン 金柑 肥料を与える時期 キンカン 金柑 に施肥を行う時期は下記のようになります。 地植え 庭植え の場合 地植え 庭植え の場合は、2月と10月に「緩効性肥料」や「油粕などの有機肥料」を施肥するのが効果的です。 鉢植えの場合 鉢植えの場合は、2月・5月・10月に「緩効性肥料」や「油粕などの有機肥料」を施肥するのが効果的です。 キンカン 金柑 に施肥を行う場所について 樹木は基本的に根の先端から肥料成分を吸収するので幹に近い所は避け、枝の先端の下ぐらいの地面の表面や地中 肥料を埋めて に施肥を行いましょう。 また、地中に肥料を埋めて与える際は樹木を中心として輪を描くように穴を掘り埋めて与えるのが理想的ですが、大変な手間がかかるので均等に幅を設けて穴を掘って肥料を埋めるのも効果的で深さ10cmぐらいで施肥すると効果的です。 キンカン 金柑 に効く肥料・活力剤は? キンカン 金柑 に施肥を行う場合は緩効性肥料が効果的でオススメです。 キンカン 金柑 は地植え 庭植え の場合は2月と10月、鉢植えの場合は2月・5月・10月に緩効性肥料を施肥すると効果的でゆっくりと溶け出して成分が浸透していき、1年を通して栄養が十分に溶けて行き渡るので新芽や花芽の増加、果実の着果や結実の促進、根張りの強化が期待できます。 当サイトでは肥料と合わせての使用をオススメしております。 は植木の細根を発達させ、光合成能力を発達させる働きを持っているため、 肥料と合わせて使用することで土中に溶け出した肥料分を効率よく摂取させることができます。 また、は緩効性の活力剤なので単品では肥料焼けを起こさないので弱っている樹木の場合でも安心してご使用頂けます。 肥料焼け 肥料のやり過ぎ で樹木が弱っている場合は肥料を与えないようにしてのみを使用すると効果的で症状の改善が期待できます。 また、効果が長持ちで年間1回の施肥で緩効性肥料のように約1年効果が持続し、成分が土壌の深層までゆっくりと浸透していくので樹木の根を傷めることや肥料やけの心配がないので安心です。 スーパーバイネとグリーンパイルが相性の良い理由は・・・ スーパーバイネとグリーンパイルは「年間を通して溶けていく緩効性の活力剤」と「土壌の深層まで成分を浸透できる肥料」なので相性が良く、「グリーンパイルが土壌に浸透させた肥料成分」を「スーパーバイネが樹木を活性化させることで根からの吸収を促進する 助ける 」ことで「樹木に栄養をしっかりと吸収させ、健全な状態 樹勢が良い状態 にする」ことができます。 そのため、 活力剤スーパーバイネと打込み型肥料グリーンパイルは年間1回の施肥の場合でも高い効果が期待でき、樹勢をしっかりと回復できるので効果的です。 松の黄化回復事例:スーパーバイネ• 松の黄化回復にスーパーバイネ2kg・打ち込み型肥料4本を使用。 ご使用者様の感想:五葉松の黄化がひどくなり、木が弱り落葉する状態であった。 すばらしいです。 弱っていた五葉松が見事によみがえりました。 施工場所:個人宅 山梨県甲府市• 施工者:ご購入者様 スーパーバイネ使用事例:桜の花芽増加• 桜の花芽増量にスーパーバイネおよび肥料を使用• 前年の同時期と比べて花芽が増えているのがわかります。 施工場所:滋賀県内 今買うとお得!期間限定セール 実施中! 造園分野の記事• 庭木への施肥方法と時期• 園芸分野の記事•

次の

キンカン挿し木方法を教えてください。

キンカン

金柑(キンカン)の苗植えの時期と方法は?植え替えは必要? 3月下旬~5月下旬に、金柑の木を鉢植えか地植えにしていきます。 耐寒性があるので、地植えにしても元気に育ってくれる丈夫な果樹ですよ。 植え付けたら、樹高40~50cmに切り詰めてください。 鉢植え 5~6号鉢と赤玉土(小粒)7~8:腐葉土2~3の割合で混ぜた土を用意します。 市販の果樹用培養土を使ってもかまいません。 その後は、生育に合せて1~2年に1回、1回り大きな土に植え替えをしてください。 鉢底に鉢底石を敷く• 苗の根に付いた土をほぐす• 根を広げながら、鉢の中心に苗を置く• 周りに土を入れて、鉢を安定させる• 横に1mくらいの支柱を立て、麻紐で結んで株を支える• たっぷりと水やりをする 地植え 日当たりと水はけがよく、風が強く当たらない場所を選んで植え付けていきます。 直径と深さが50cmくらいの植え穴を掘る• 掘りあげた土5:腐葉土3:赤玉土(小粒)2の割合で混ぜあわせ、土作りをする• 根に付いた土をほぐす• 根を広げながら、植え穴の中心に苗を置く• 周りに土を入れていく• 支柱を立てて株を支える• たっぷりと水やりをする 金柑(キンカン)の水やり、肥料の与え方は? 水やり 鉢植えは、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。 春~夏にかけて乾燥しすぎると、花付きや実付きが悪くなってしまいます。 地植えは、基本的に水やりは不要ですが、春~夏にかけては水切れに気をつけてください。 肥料の与え方 実をたくさん付けるために、肥料を与えていきます。 植え付けるタイミングで、土に緩効性化成肥料を混ぜたら、7~9月と2~3月に同じ肥料を株元にばらまきます。 鉢植えは、追加で5~6月にも与えると生育がよくなります。 また、化成肥料の代わりに有機質肥料を施しても。 金柑(キンカン)の育て方!剪定の時期と方法は? 金柑は植え付けから3年目までに樹形を作り、その後は簡単な間引き剪定だけにしていきます。 3年目以降に強い剪定をしてしまうと、実付きが悪くなってしまいます。 植え付け時 樹高が40~50cmになるよう切り詰めます。 3年目以降になると、細かい枝が内側にたくさん生えてくるので、混み合っている枝はつけ根から切り落として、幹に日光が当たるようにします。 自然は樹形を生かして作る「ほうき仕立てがおすすめです。 3年目以降の3~5月 混み合っているところを間引くくらいの軽い剪定にとどめておきます。 枝を強く切り戻してしまうと、実付きが悪くなるほか、雑菌やウイルスが入って枯れる原因となってしまいます。 関連記事 金柑(キンカン)の育て方!摘果の時期と方法は? 植え付けから3年くらいたつと、金柑は花を咲かせ、実を付けるようになります。 春、夏、秋に咲く花のうち、夏の花が多く実を付けます。 1本だけでも実を付けますが、受粉にはミツバチなどの虫を媒介にしなければなりません。 鉢植えを室内で育てているときは、人工授粉にチャレンジしてみてください。 それぞれの花の中を、筆や綿棒で花の中をやさしくなでるだけと簡単です。 そして、無事に結実したら、9月頃に摘果を行って実の数を制限します。 全ての実を大きく育ててしまうと、木が弱って実が成熟しづらくなるほか、翌年の実付きが悪くなります。 地植えは1枝に対して1~2個、1つの木に10~15個残すのが目安です。 鉢植えの場合は、1株に果実8~10個くらいが適当です。 金柑(キンカン)の収穫!旬の時期は? 花が咲いて150日くらいたった11月下旬頃から果実が成熟していきます。 実全体が、黄色がかったオレンジ色になったら収穫のタイミングです。 未熟なまま収穫してしまうと、酸っぱくて生で食べることができません。 収穫した実は、生で食べるほか、スライスしてジャムを作ったり、甘露煮にしたりして楽しむことができますよ。 金柑(キンカン)の栽培で注意する病気や害虫は? 金柑は病害虫に強い果樹ですが、春先にアブラムシやアゲハチョウの幼虫といった害虫の被害にあいます。 特にアゲハチョウの幼虫は、葉っぱをどんどん食べてしまい、放っておくと株全体が食い荒らされてしまいます。 見つけたらすぐに殺虫剤を散布するか、ピンセットや割り箸で摘みとってください。 金柑(キンカン)の育て方のポイントは? 日当たりと水はけのよい場所に植え付け、きちんと摘果をすることがおいしい金柑を収穫するコツです。 ジメジメした場所だと、根腐れを起こしてしまいます。 また、摘果をせず全ての実を大きくしてしまうと、株が弱ってしまうので注意してください。 金柑(キンカン)を栽培して甘露煮やジャムを楽しもう 金柑は、皮ごと食べることができるビタミン豊富な果実です。 見た目が小ぶりでかわいらしく、3年と果樹の中では早くから実を付けはじめることも人気の理由となっています。 収穫できた実は、甘露煮やジャムなど、好みの調理方法でおいしく味わってみてくださいね。

次の