コロナ 飲んではいけない薬。 【動画】新型コロナにかかったと思ったら飲んではいけない市販薬! エビデンスあり【新型コロナを抑える方策①】

新型コロナウイルスの可能性があるときに飲んではいけない市販薬とは?飲んでも大丈夫な解熱剤や風邪薬は?

コロナ 飲んではいけない薬

【注!】慢性疾患で、医師の処方でイブプロフェンを服用している人は、勝手に中断せずに、必ず医者に相談してください。 あるいは、具合が悪くなってきているのに自己判断で飲み続けないで、必ず医者に相談して下さい。 これは注意です! 筆者が、フランスの厚生大臣が発表したの第1報を日本で流してから、3日が経った。 そして今日3月18日、WHO(世界保健機関)が、「『イブプロフェン』をみずからの判断で服用しないでほしい」としたうえで、代わりに解熱鎮痛薬の「アセトアミノフェン(別名:パラセタモール)」を使うよう呼びかけた。 参考記事:「(時事=AFP 」等(Yahoo ヘッドライン)、「」(NHKニュースWEB) フランスのヴェラン厚生大臣のツイッターの発言について、定例記者会見で、リンドマイヤー報道官が記者の質問に答えたのだという。 全身の力が抜ける思いがした。 覚悟を決めて記事を発表したつもりだったが、この3日間、自分で思っていたよりも緊張していたのだろう。 不思議なことに、18日朝にWHOの記事をみつけて、安心した夜になって、なんだか体調が悪くなってきた。 記事を発表した後の反響で、一番「これは大変だ」と重い責任を感じたのは、今何かの病気をもっていて、医者の指示でイブプロフェンを定期的に服用している人が、「恐くて飲めない」と言っているものだった。 すぐに医者に行って聞いてくれればいいのだけど、外出の自粛ムードで家にいるかもしれない・・・。 そう思い、助言を与えてくれる情報を探した結果が、であった。 フランス語の情報で上位に来ていたということは、フランス人もあのヴェラン厚生大臣のツイッターを見て、不安になった人が多かったのだろう。 それを解決するのに、よくまとまった記事だったのだと思う。 それから、日頃から頭痛や生理痛、発熱などで、イブプロフェンの薬をよく服用している人たちが「恐くて飲めない」と言っているのも気になった。 ただこちらのほうは、仏厚生大臣は、「パラセタモール(アセトアミノフェン)を服用して下さい」と別の方法を言っているので、重圧度は胃が痛くなるほどではなかった。 それでも「言いっぱなしは良くない」という思いが残っていた。 そのために、この【2続編】を書いている。 フランスにおける薬剤師へのアドバイス 以下で紹介する翻訳は、「フランス医薬品・保健製品安全庁」(ANSM・以下「仏安全庁」)が昨年2019年10月3日に、同公式サイトで発表したものである。 タイトルは 「アセトアミノフェン(パラセタモール)と非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の適切な使用:仏安全庁は薬剤師のアドバイスの役割を強化を望む:情報のポイント」。 日付からわかるように、この発表は昨年末に武漢から始まった新型コロナウイルス感染症が起こる前である。 つまり、この新たなコロナウイルス感染症の経験と研究は含まれていない段階のものである。 【1続編】で書いたように、フランスでは2019年4月に、非ステロイド系抗炎症薬が、感染症を悪化させる役割について、調査の結果報告を出していたのだ。 そして、翌年2020年1月には、処方箋がなくても買える薬でも、リスクがあるものは薬局でカウンターの後ろにおいて、薬剤師を通すことになった。 薬剤師の役割が一層重要になることを見越して、この「情報のポイント」を公開したのだった。 人に感染するコロナウイルスは今まで7種類みつかっており、今までの6種類のコロナウイルスと、新型コロナウイルスの違いと治療法は、目下世界中で研究されている。 しかし、たとえ新型コロナウイルスの情報がまだの段階であっても、世界に先駆けて「イブプロフェンの服用を避けろ」と公に大声で叫んで、WHOにも認めさせたフランスの知見は、参考に値すると思う。 以下、翻訳です。 ーーーーーーーーーーーーー 「アセトアミノフェン(パラセタモール)と非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の適切な使用:フランス医薬品・保健製品安全庁は薬剤師のアドバイスの役割の強化を望んでいます:情報のポイント」。 出典: 2019年10月3日 安全庁は、パラセタモール(アセトアミノフェン)と特定の非ステロイド系抗炎症薬(イブプロフェンとアスピリン)を含む薬の使用に関して、薬剤師の助言の役割を強化したいと考えています。 安全庁は、処方箋なしで自由に買うことができるこれらの医薬品が、2020年1月から薬局で自由に買えなくなくなることを望んでいます。 この措置は、これらの医薬品の使用を安全にすることを目的としています。 この文脈では、矛盾する局面が、安全庁によって関係する複数の研究所に対して開始されたばかりです。 パラセタモール(アセトアミノフェン)と非ステロイド系抗炎症薬は、大人と子供の鎮痛剤または解熱剤として、自己判断で最もよく服用される薬です。 現在、これらの薬は、薬局で自由に買うことができるものがあります。 これらの薬は、正しく使用すると安全で効果的ですが、不適切に使用するとリスクをもたらします。 実際、パラセタモール(アセトアミノフェン)は、過剰に服用した場合、重篤な肝臓障害を引き起こす可能性があり、それが肝臓移植につながる可能性があります(フランスにおける薬が原因の肝臓移植の第一の原因です)。 非ステロイド系抗炎症薬は、特に腎臓の合併症、重篤な感染性合併症を引き起こす可能性が高く、妊娠6カ月目(無月経24週間を超える)の初めから服用した場合には、胎児に毒性があります。 一般的に使用されるこれらの薬の適切な使用を促進するために、安全庁は、これら全てがもう自由に買うことができなくなり、薬剤師のカウンターの後ろに配置され、特に処方箋なしで購入を希望する患者に対して、薬剤師の助言の役割を強化することを望みます。 この措置は、これらの薬の使用を安全に使用するために安全庁がとってきた行動の延長線上にあります。 パラセタモール(アセトアミノフェン)が含まれる薬の箱には、数カ月後には、過剰に服用した場合に肝臓に与えるリスクを警告するメッセージが書かれるようになることは、特に大事です。 痛みと発熱、あるいはどちらかの場合、特に咳やアンギーナ(訳注:胸が締め付けられるような状況)などの一般的な感染症の状況では、安全庁は、患者と医療従事者に、適切な使用の規則を尊重しながらパラセタモール(アセトアミノフェン)を使うことを忘れないように呼びかけます。 ・できるだけ最も短い期間、最も少ない量を服用すること。 ・1回あたりの最大の投与量、1日の最大の投与量、開けなければいけない最短の間隔、および最長で何日間服用していいかの推奨期間(処方箋がない場合は、発熱の場合3日、痛みの場合5日)を尊重すること。 ・他の薬でパラセタモール(アセトアミノフェン)が使われていないか確認すること(痛み、発熱、アレルギー、風邪の症状、またはインフルエンザのような病気に使用されています)。 ・特別な集団に注意を払うこと(マイナス50kg、軽度から中度の肝不全、重度の腎不全、慢性アルコール依存症など) 非ステロイド系抗炎症薬を使用する場合: ・最も短い期間、有益な最低限の量で使用すること。 ・症状が消えたらすぐに治療を中止すること ・水痘の場合は使用を避けること。 ・発熱の場合、治療を3日以上延長しないこと。 ・痛みの場合、治療を5日以上延長しないこと。 ・ 2つの非ステロイド系抗炎症薬を同時に服用しないこと。 安全庁は、すべての非ステロイド系抗炎症薬は、妊娠6ヶ月の初めから禁忌であることを忘れないよう呼びかけます。 それでも新型コロナウイルスについては、仏ヴェラン厚生大臣は、服用をそのものを避けろという、さらに厳しい内容を警告した。 理由は「大量の非ステロイド系抗炎症薬の服用」について、特に併存疾病のない若者で、重篤な状態になった患者についての報告があったから、そして医学誌ランセット(The Lancet)に最近掲載された仮説があったからなのだろう。 未知のウイルスだから、一層用心したことがうかがえる。 大変気になるのが、日本の厚労省の指針である。 公式ホームページの「問28」には、以下のように書いてある 先日「相談・受診の目安」として公表しました以下の条件に当てはまる方は、「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。 ・ 風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます) ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合。 高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方。 ・ 風邪の症状や37. 5度以上の発熱が2日程度続く場合 ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合 この中で特に「 風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)」が気になって仕方がない。 どう考えるべきだろうか。 医療関係者だけではない、すべての人(特に経験者)の実体験と見解、そして意見が必要なのではないか。 一番最初の記事にも書いたように、激しい議論があってもいいから、情報公開をして、人間の知恵を結集して事態改善に向かうことを願っています。

次の

【新型コロナ】飲んでいい薬と飲まない方がいい薬|INMYDAYSUN

コロナ 飲んではいけない薬

最初に言っておきます!このコロナをめぐるイブプロフェンの話は、ので、情報自体がフェイクかもしれません。 ただそれでも気になるという人、怖いという人のための自己判断材料として、一応整理をしました。 が、あなたが最も信頼するべき情報は 医師の指示です。 さて、新型コロナウイルスで亡くなった人の特徴として、持病や喫煙など様々な要因がありますが、風邪を自覚した際に使用した風邪薬の種類にも違いがありそうだ…という話です。 この情報が広まった大きなきっかけはフランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏のtwitterです。 発熱がある場合は、パラセタモールを服用してください。 すでに抗炎症薬を服用している場合、または疑わしい場合は、医師に相談してください。 新型コロナウイルス感染症により重症化して亡くなった大多数の患者は、 イブプロフェン系のアドビルを服用していたという情報があったそうです。 薬を服用する場合は イブプロフェン系ではなく、 アセトアミノフェノン系の薬を使用することが勧められているようです。 ちなみにアセトアミノフェンのことを国際的にはパラセタモール(paracetamol )とも言います。 ただし、この話の出どころだとよく言われる オーストリアのウィーン大学病院はこの話をフェイクだと言っているそうです。 また、WHOも公式ツイッターで、 イブプロフェンを控えるような勧告はしていないと公表しています。 WHO is aware of concerns on the use of for the treatment of fever for people with. — World Health Organization WHO WHO WHOは、新型コロナによる発熱治療にイブプロフェンを使用する事に関する懸念を認識しています。 治療にあたる医師と相談しておりますが、特定の集団での使用を制限するような、悪影響の報告は何も受けていません。 そうは言ってもやっぱり噂がある製品はなんだか怖い、という心配性な方のために、に日本でよく使用されている市販薬などを簡単に分類しました。 また、本情報は2020年4月10日時点で筆者が確認した物ですが、 最新の研究によって情報が変わる可能性もあると思います。 更に、各製薬会社の対応によって、薬の成分が変更される可能性もあるかもしれません。 ( 本記事に限らず) インターネット上の情報をまるまる鵜呑みにせずに、自分でしっかりと最新の情報を調べ、必要な場合は専門家に相談しながら行動をするようにしましょう!! 医師の判断が最優先!!! 風邪かな?と思って調子が悪い時も、 バファリン、イブ、ロキソニンなどは飲まないようにしましょう。 また、これらの薬は風邪薬としてだけでなく 生理痛薬としてもよく使われている薬です。 感染経路を完全に断てている方はよいのですが、生理痛を抑えるために飲んだはずが新型コロナの悪化に繋がってしまった、ということになる可能性も捨てきれないと思います。 イブプロフェン系の薬の方が鎮痛効果が高いとは言われていますが、気になる方は今はタイレノールなどのアセトアミノフェノン系の痛み止めを服用するようにした方がよいかもしれません。 そもそも薬を飲むべきか こちらは一般的な風邪も含めた話ですが、熱が出るとつらいですよね?でも、熱がでること自体は悪いことではありません。 人の体は熱を出す(体温を上げる)ことによってウイルスをやっつけているからです。 ですので、解熱剤を飲むとウイルスと戦う力を弱めてしまい、かえって治るのが遅くなってしまうとも言われています。 体が辛すぎて眠れない、食事を取れない、という状態の時は薬を飲みしっかりと体を休める状態にすることも必要です。 しかし、 薬を飲んで熱だけ下がり、治ったような気分で普段のような行動をすることは非常に危険です。 大切なのは 『風邪薬自体がウイルスを殺してはくれない』ということを理解しておくことです。 ウイルスを殺すのは人の持つ免疫です。 解熱をするよりも体温をあげた方が免疫力は高くなるので、なんだか風邪っぽい?という予感がしたら 寒気が来る前に、を飲むのも効果的です。 (葛根湯は体温を高めて免疫力を上げる漢方です。 部屋の湿度を高めにして、ものすごく着込んで羽毛布団に毛布2枚くらいかけて寝ます。 昔は薬に頼りがちだったのですが、風邪薬を飲んで生活するよりこの方がすぐに治ることを体感しています。

次の

コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬:フランスの厚生大臣が発表(今井佐緒里)

コロナ 飲んではいけない薬

新型コロナウイルス(写真・CDC) 感染者数が拡大の一途をたどる新型コロナウイルス。 「もはや、明日にでも自分が感染するのではないか」と、不安な方も多いだろう。 「新型コロナによる症状自体は、一般的な風邪とそれほど違いはなく、極度に恐れる必要はありません。 いま流行している『COVID-19』は、致死率も決して高くはなく、感染しても発症しない人が多い。 「そもそも、新型コロナが重症化した方は、『発症時に服用した薬に原因があるのではないか』と、私は考えています」 どういうことなのか? 「多くの人が誤解していることですが、『病気は薬で治す』という考え自体が、本来は間違いなんです。 基本は、人間の体が持つ免疫力で治すもの。 たとえば解熱剤。 一時的には熱が下がって楽になりますし、風邪やインフルエンザで解熱剤を飲んでも、最終的には治るでしょう。 でも、解熱剤を使用すると、治るまでの期間は長くなってしまうんです。 インフルエンザの場合、解熱鎮痛剤を服用すると、服用しなかった場合と比べて、1. 8日治るのが遅くなったという研究結果もあります。 遅くなった原因は、体が体温を上げることで免疫力を上げようとしているのを、解熱剤が無理に止めてしまったからです」 ほかにも、気軽に買える市販薬が、新型コロナを重症化させてしまう可能性は「十分ある」という。 「たとえば、咳止め薬です。 体は、咳をすることで痰を出し、ウイルスが肺に入るのを防いでいるのです。 それを無理やり止めると、肺炎になる可能性が高まります。 しかも、効果の強い咳止め薬は、副交感神経をブロックしてしまいます。 すると、ウイルスなどの異物と戦うためのリンパ球が、リンパ節から出られなくなる。 「私はよく、『薬はローンだ』と説明します。 熱を下げて表面的な症状を抑えることは、借金の支払いを先延ばしにすること。 しかし、いつかは支払わなければならない。 薬には、『重症化のリスク』という高い利子がつくこともあるんです」 では、新型コロナと似た症状が出た場合、どうするべきなのか。 「水分と塩分をしっかり摂って、家で寝ているのがベストです。 味噌汁は、水分・塩分・善玉菌・アミノ酸が補給できて、免疫力を上げてくれます」 ただし、「水が飲めない、息が苦しい、意識がおかしいなどの症状が4日以上改善しない場合は、病院で受診するべきだ」とのこと。 「ビタミンDは、免疫力にとても重要です。 『ビタミンDが低い人が肺炎になるリスクは、高い人の10倍以上』とも報告されています。 おもに日光を浴びることで作られ、食事で十分に摂るのは難しい。 まだ日光が弱いので、サプリでビタミンDを補給して、あえて外に出ることで、被害を最短最小にできます」 次のページでは、いしい医師の監修のもと、「飲んでは行けない市販薬」と「注意すべき薬」を解説する。 市販薬を買う際は、慎重に考えたい。 病気のとき熱が出るのは、免疫力を高めているため。 それを薬によって下げることで、治癒が遅れる。 そのため、脱水や肺炎、脳症などの合併症が増えるリスクがある。 特にウイルス感染時には、症状が顕著に現われる。 より強い解熱鎮痛剤になると、脱水症状になりやすくなる。 最悪の場合、ショック症状、肝障害、腎不全を起こすこともある。 それを止めてしまうと、肺炎のリスクが高くなる。 強いものになると、副交感神経をブロックし、免疫細胞がリンパ節から出るのを止めてしまうことで免疫力が低下する。 また、胃腸の動きを止めることで便秘の原因になる。 胃酸を抑えることによる、体へのメリットはない。 鼻や口の中が渇き、痰や鼻水で有害なものを、体の外に排出しにくくなる。 そのため、免疫力低下に繋がる。 免疫を高めるビタミンDや、ストレスと戦うホルモンの原料は、コレステロール。 「コレステロールが高い人ほど、死亡リスクが低い」という研究結果もあり、海外では、薬で無理やり下げることはなくなってきている。 同様に、病院で処方されるコレミナールなどの精神安定薬も、副交感神経に悪影響を与え、免疫力を下げてしまう。

次の