中華料理 池袋。 中華食べ放題×宴会カラオケ 太陽城 池袋本店(池袋/中華料理)

【池袋壽司】壽司激戰區!在地人也推薦的池袋精選必吃餐廳!

中華料理 池袋

日本には犬を食べる習慣が全くない。 おそらくほとんどの国でもそうだろうが、アジアの一部の国(韓国・中国など)では食用として犬を飼育しその肉を食べる習慣がある。 犬を食べる習慣がない私たちにとって、これはかなりの衝撃的事実だろう。 さて、犬食文化がないからといって日本で犬が食べられないわけではない。 そう、中国人がやっている中華料理店ではコッソリと犬の料理が販売されているのだ。 果たして本当に実在するのか、今回筆者は東京・池袋にある「ある中華料理店」に行って実態を確かめることにした。 ・池袋に存在したその中華料理店とは? 東京・池袋に店をかまえる中華料理店。 外の看板には中国料理と書かれていたので、普通の中華料理店だと思ったが、なかに入ると中華料理から韓国料理まで幅広いメニュー提供していた。 なお、店員さんはもちろん、客までがほとんど中国人だった。 ・犬の肉料理はあったの? やはり犬料理は存在した。 メニューは全部で6種類。 驚くことに値段も高い。 それにしてもメニューが幅広すぎてビビる。 ・犬の肉栄養鍋 (小)3800円 (大)5000円 ・皮付き犬肉炒め 2000円 ・犬肉の栄養クッパ 1100円 ・犬肉の和えもの 1680円 ・犬肉の栄養豆腐鍋 1600円 ・犬肉の盛り付け 1800円 ・味はどんな感じ? 今回は「皮付き犬肉炒め」「犬肉の盛り付け」をオーダーし食べてみることに。 まず「皮付き犬肉炒め」だが、これは皮の部分がプルンプルンとした食感で例えていうなら「鶏肉の皮」のよう。 そして肉の部分はパサパサしていて豚肉っぽかった。 一方「犬肉の盛り付け」はかなり獣(ケモノ)っぽい感じ。 非常に臭くて肉はパサパサしていた。 味もイノシシに近い感じでちょっと食べづらかった。 ・仕入れは? 店の中にあるパンフレットから推測するに、この犬肉は中国産っぽい。 おそらく冷凍して日本に輸出していると思われる。 ・総括 「犬食文化が悪い悪くない」はさておき、日本人の口に犬の肉はあわないと感じた。 そして犬は日本人にとってペットや家族だったりと非常に身近な存在だ。 そういう意味でも非常に考えさせられた体験だった。

次の

隨《孤獨的美食家》吃東京美食:池袋一口入魂的乾拌擔擔麵 中華料理店「楊」

中華料理 池袋

JAPANKURU的《孤獨的美食家》系列沒想到就來了第二集!這次我們跟著五郎的腳步到了第1季第3集中出現的池袋中華料理專門餐廳「楊」。 透過《孤獨的美食家》的播出讓「楊」成為人氣中華料理名店,而便利的交通位置,也讓不少海外觀光客慕名而來,雖然是2012年播出的集數,至今已有7了個年頭,但是依舊高朋滿座呢。 《孤獨的美食家》第1季 第3集-探訪東京的中華料理「楊」 這家餐廳的招牌菜是的「無湯的擔擔麵」,究竟有多好吃?今天就來看看JAPANKURU實際探訪「楊」的後記吧~! JR 池袋站 東京最多元的區域之一 JR 池袋站的出口 池袋,不愧爲東京最具代表性的繁華街區,每日JR池袋站的載客流量在總JR東日本的各站流量中,位居第二,這次要拜訪的「楊」就位於池袋站附近。 池袋站西口的東武百貨 隨處可見的池袋吉祥物 身為東京所有車站中載客量數一數二的池袋,當然有像迷宮一般的車站。 池袋車站兩邊各自座落一間百貨公司,東出口連接的是西武百貨,西出口則是東武百貨。 車站本身就是一個相通且開放式的空間,川流不息的人潮也許會讓初次拜訪的旅客有點緊張,但所幸指標清楚,倒也不用太擔心啦! 在地人才會去的中國雜貨店 池袋又被稱作東京的中國城,這裏有很多中華料理與中國的雜貨店,凡是與中國有關的東西你都可以在這裡找得到。 120日圓的罐裝椰奶 嗯… 就是那樣囉XD 我們也跟著五郎買了一罐罐裝椰奶!(但是為什麼椰奶要在中國雜貨店買呢??XD) 中華料理「楊」總店 中華料理「楊」2號店 由於至今已經過了7年了,店鋪外觀也跟當時劇中的樣貌有點不一樣,要排隊之前可以向店員請教一下正確位置,這樣才不會白忙一場唷! 最後我們被帶進了胡同內的2號店,隱身在高樓之中的胡同,擋去了不少的陽光,即使在週末的午餐時間進出的人也很少。 相較於先前熱鬧非凡的中國城氛圍,截然不同的氣氛就像走進平行時空。 店內大概融入15位客人左右 擺滿中國酒的櫥櫃 五郎劇中所坐的座位 2號店的座位大約能融入15人,進來的時候就如同想像中「中國味」,大紅燈籠高高掛、金光閃閃的裝飾等等,櫃檯位在最裡面的位置,店員俐落地整理訂單,好不忙碌,不時傳來廚房內工作人員用中文交談,獨特的氣氛讓人印象深刻。 跟著五郎來點餐 讓人不知從何下手的精緻煎餃,雖然數量比一般店家的煎餃少,但是獨有的沾醬和十分美麗的圓形面一讓人可以忘記份量的小問題。 技巧高超的麵衣 劇中出現的酥脆聲絕不是效果 雖然數量不多,但每顆煎餃都非常的「扎實」,滿滿的餡料與湯汁,不是什麼特別的口味但正是因為如此,更顯店家技術高超,口味平淡但是相當酥脆的餃皮,加上爆漿的內餡,小心別燙到嘴巴啦! 煎餃果然就是要配辣椒和醋 一半一半剛剛好 濕潤內陷和酥脆外皮的斷面秀 黑醋、醬油和辣椒,這三個是與煎餃最麻吉的組合,鹹香酸辣的醬汁讓人煎餃一個接一個,停不下來! 拌三絲,830日圓 干絲、小黃瓜和紅蘿蔔 在台灣麵店與飯館最常見的涼菜之一「拌三絲」。 用小黃瓜、紅蘿蔔與干絲扮成酸甜口味的涼拌菜,清爽可口,在氣溫逐漸升高的天氣,來點這樣的小菜是再適合不過的,吃完前面的煎餃之後,接著吃拌三絲轉換口味實在是太爽快。 無湯的擔擔麵,780日圓 終於來到重頭戲,招牌料理:無湯擔擔麵!在劇中讓五郎一口接一口停不下來火辣辣的紅色拌麵,別被一開始入口時溫柔的口感給騙過去了,吞下去之後才跟上來的後辣超帶勁!嗜辣如命的你要嚐嚐,不敢吃辣的你更要試試看~ 花椒的香與辣油的辣,完美結合! 單要吃完這一碗麵也不是件簡單的事,但是這樣香辣的口味實在讓人吃了第一口就停不下來。

次の

京華閣(池袋西口/中華)<ネット予約可>

中華料理 池袋

日本には犬を食べる習慣が全くない。 おそらくほとんどの国でもそうだろうが、アジアの一部の国(韓国・中国など)では食用として犬を飼育しその肉を食べる習慣がある。 犬を食べる習慣がない私たちにとって、これはかなりの衝撃的事実だろう。 さて、犬食文化がないからといって日本で犬が食べられないわけではない。 そう、中国人がやっている中華料理店ではコッソリと犬の料理が販売されているのだ。 果たして本当に実在するのか、今回筆者は東京・池袋にある「ある中華料理店」に行って実態を確かめることにした。 ・池袋に存在したその中華料理店とは? 東京・池袋に店をかまえる中華料理店。 外の看板には中国料理と書かれていたので、普通の中華料理店だと思ったが、なかに入ると中華料理から韓国料理まで幅広いメニュー提供していた。 なお、店員さんはもちろん、客までがほとんど中国人だった。 ・犬の肉料理はあったの? やはり犬料理は存在した。 メニューは全部で6種類。 驚くことに値段も高い。 それにしてもメニューが幅広すぎてビビる。 ・犬の肉栄養鍋 (小)3800円 (大)5000円 ・皮付き犬肉炒め 2000円 ・犬肉の栄養クッパ 1100円 ・犬肉の和えもの 1680円 ・犬肉の栄養豆腐鍋 1600円 ・犬肉の盛り付け 1800円 ・味はどんな感じ? 今回は「皮付き犬肉炒め」「犬肉の盛り付け」をオーダーし食べてみることに。 まず「皮付き犬肉炒め」だが、これは皮の部分がプルンプルンとした食感で例えていうなら「鶏肉の皮」のよう。 そして肉の部分はパサパサしていて豚肉っぽかった。 一方「犬肉の盛り付け」はかなり獣(ケモノ)っぽい感じ。 非常に臭くて肉はパサパサしていた。 味もイノシシに近い感じでちょっと食べづらかった。 ・仕入れは? 店の中にあるパンフレットから推測するに、この犬肉は中国産っぽい。 おそらく冷凍して日本に輸出していると思われる。 ・総括 「犬食文化が悪い悪くない」はさておき、日本人の口に犬の肉はあわないと感じた。 そして犬は日本人にとってペットや家族だったりと非常に身近な存在だ。 そういう意味でも非常に考えさせられた体験だった。

次の