新型 コロナ ウイルス 抗生 物質。 コロナ下の抗生物質使用増、細菌耐性強化で「死者増える」 WHOが警告:時事ドットコム

新型コロナ 免疫抑制剤、抗がん剤、抗生物質が与える影響は

新型 コロナ ウイルス 抗生 物質

新型コロナウイルスの感染で持病の有無が重症化するかのカギを握っていることを示唆するデータがある。 WHOと中国を含む25か国の専門家が2月25日付でまとめた報告によれば、中国での新型コロナウイルス感染者のうち、併存疾患がない人で死亡したのは1. 4%にとどまった一方で、心・血管系疾患のある感染者では13. 2%が、糖尿病を抱える感染者では9. 2%が死亡していた。 さらにそれに続いて、高血圧を患っている感染者では8. 4%が死に至っていたのだ。 こうした持病とともに注意しなくてはならないのが、服用している「薬」の影響である。 重症化リスクが指摘される「免疫抑制薬」は、その名の通り免疫を抑制する薬で、手術後に身体が免疫反応で炎症を起こすことなどを防ぐ。 銀座薬局代表薬剤師の長澤育弘氏が解説する。 「免疫とは、人間の体内に侵入するウイルスなどの異物に抵抗し、生命活動を維持する働きのことです。 ウイルスに感染した人が免疫抑制薬を服用していると、体内で増殖するウイルスを抑制する働きが低下するため、結果としてウイルスが増えて重症化する可能性があります」 免疫を抑制するはたらきを持つ薬は、幅広い疾患に対して処方されることがある。 「骨折などで強めの炎症が生じた場合や、痛風やリウマチを患った人が痛み止めとして飲むことの多いステロイド(プレドニゾロンなど)には、免疫を抑制する効果があります」(長澤氏) もうひとつ重症化リスクが指摘されているのが「抗がん剤」だ。 「抗がん剤は、ほかの細胞に比べて何倍ものスピードで分裂するがん細胞の増殖を強い作用で抑え込みます。 このため抗がん剤を服用すると、白血球やマクロファージといったウイルスを撃退する免疫細胞の分裂まで抑え込んでしまい、結果的にウイルスが増殖して重症化しやすくなると考えられます」(長澤氏) こうしたリスクが指摘される薬を服用している人が取るべき対応について、長澤氏はこう強調する。 「患者が自己判断で薬の服用をやめることは、絶対にやってはいけない。 何か不安があれば、どう対応すればいいのか、まずは主治医に相談してください」 その一方で、新型コロナウイルスと対峙するにあたって「飲まないほうがいい薬」も存在する。 感染の初期症状が風邪の症状と似ていると聞くと、「抗生物質」が有効と考える人がいるかもしれないが、予防や治療に効果はなく、むしろ体調悪化を招く懸念があるのだ。 「そもそも抗生物質が効くのは細菌に対してであり、ウイルスには効果がありません。 むしろ抗生物質の副作用で下痢の症状が出たり、胃が荒れたりする可能性があります。 この機会にウイルス性の風邪にも抗生物質は効かないことを覚えてほしい」(長澤氏) 持病、服用薬と重症化リスクの関係をしっかり頭に入れることが肝要となる。

次の

新型コロナウイルスに備えるために-抗生物質を正しく使おう!-なんでも効いてしまうスーパー抗生物質の使い方- :医師 星野智祥 [マイベストプロ宮城]

新型 コロナ ウイルス 抗生 物質

中国・武漢の赤十字病院で治療を受ける男性(写真/AFP=時事) 新型コロナウイルスの感染で持病の有無が重症化するかのカギを握っていることを示唆するデータがある。 WHOと中国を含む25か国の専門家が2月25日付でまとめた報告によれば、中国での新型コロナウイルス感染者のうち、併存疾患がない人で死亡したのは1. 4%にとどまった一方で、心・血管系疾患のある感染者では13. 2%が、糖尿病を抱える感染者では9. 2%が死亡していた。 さらにそれに続いて、高血圧を患っている感染者では8. 4%が死に至っていたのだ。 こうした持病とともに注意しなくてはならないのが、服用している「薬」の影響である。 重症化リスクが指摘される「免疫抑制薬」は、その名の通り免疫を抑制する薬で、手術後に身体が免疫反応で炎症を起こすことなどを防ぐ。 銀座薬局代表薬剤師の長澤育弘氏が解説する。 「免疫とは、人間の体内に侵入するウイルスなどの異物に抵抗し、生命活動を維持する働きのことです。 ウイルスに感染した人が免疫抑制薬を服用していると、体内で増殖するウイルスを抑制する働きが低下するため、結果としてウイルスが増えて重症化する可能性があります」 免疫を抑制するはたらきを持つ薬は、幅広い疾患に対して処方されることがある。 「骨折などで強めの炎症が生じた場合や、痛風やリウマチを患った人が痛み止めとして飲むことの多いステロイド(プレドニゾロンなど)には、免疫を抑制する効果があります」(長澤氏) もうひとつ重症化リスクが指摘されているのが「抗がん剤」だ。

次の

新型肺炎のデマに注意 WHO、正しい10の情報を公開 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ ウイルス 抗生 物質

そもそも、ウイルスには抗生物質は効きません。 インフルであっても、新型コロナであってもです。 問題はワクチンおよび抗ウイルス剤の製造です。 インフルエンザは毎年やってくるのでワクチンなどをすでに作れているので対策が打てますし、かかっても抗ウイルス剤で早期回復が見込めますが、今回、新型コロナウイルスということで新たに作る必要があります。 また、それには時間がかかります。 つまりかかっても簡単に治せないというわけです。 ちなみに致死率は インフルエンザ 平均0. 広まったら大変なことになるのがわかりますよね。 なので、特に注意してください。 まだわかっていないだけで感染者はもっといるかもしれません。 マスクをするなど予防を心がけてください。 ご参考までに。 1月21日からは、継続的に発症者数が公表されています。 その後現在に至るまでは、人から人への感染が確認される前の防疫体制での増加です。 (潜伏期が長いので新しい対策がすぐには反映されない) その発症者数を対数グラフ上でプロットして直線の傾きを把握すると、発症者の増加率に相当する時定数が分ります。 それと、潜伏期間を比較すると、流行の爆発を押さえることが極めて難しいと分かります。 もし、1週間で一桁をやや超える程度の増加の状態が続けば、10週間後には世界の全人口を軽く超えます。 つまり、地上のほぼ全員が罹患した状態になるわけです。 全地球で1億人から2億人の間の死者となる恐れがあるため、多くの国が協力して対策に当たっています。 抑え込みに失敗したら、インフルエンザが足もとにも及ばない状態です。 過去のスペインかぜでは、犠牲者が5000万人から1億人。 それに比べたらやや弱い感染症ですが、毎年流行しているインフルエンザの猛威は足もとにも及びません。 2009年新型インフルエンザの犠牲者は、全世界で14286人です。 年間数十万人というのは、どのガセネタを信じたのか不明ですが、最近ではこの程度です。 抗生物質はもちろん効きません。 常識なのでニュースになっていないだけです。

次の