妻が口をきいてくれません」。 みんなのNEWSウォッチ

妻が口をきいてくれない

妻が口をきいてくれません」

わたしは講談師神田伯山先生のまあまあのファンである。 先生呼びをするのには抵抗あるけど。 松之丞だったころからラジオを聴いていて、実は全部聴いていて、それも数回以いていて、結構なラジオリスナーである。 そんな松之丞改め伯山先生のラジオを聴いて早速ググって探してみたのが、「妻が口をきいてくれません」というWeb漫画である。 伯山先生もご多分に漏れず妻から邪険に扱われているようだが、それもまたネタにして楽しんでいるご様子で、言う程無視されていないと思われる。 だがそのWeb漫画は本当に恐ろしい。 なんと、妻が、1年以上夫を無視しているのだ!! ところで、100日後に死ぬワニは大笑いであった。 というか、死ぬことをカウントダウンとして煽って煽って最後に案件で炎上という、近年まれにみるの落ち度に一人家で大笑いしてしまった。 わたしは時々100日後に死ぬワニの漫画は見ていたが、ババアだからかしっくりこなくて、ふーん・・・としか思えなかった。 絵が下手なのもあって、ちっとも心が動かなかった。 この漫画は、あと何日かで死ぬのに予約販売のモノを買ったり、映画の次回作を期待したりしているのをあざ笑うかのような、ちょっとブラックで、ちょっと意地悪で、でも誰にでも起こり得る死をじわりと感じさせるだったと思っていたのだが、最終回だけ泣かせようと必死で痛いなあと思ってしまった。 死んだ途端にまでしゃしゃり出てきて、カフェとかグッズ展開とか早すぎて、それ自体は別に「そりゃまあ、バズったら商売商売」と思っていたが、頭のいい人たちが「自然発生的にバズったと思ったら、がっつり企画されていたのかよ!」と気づいたのに拍手してしまった。 頭いい!すごい!わたしは気づかないし、気にも留めなかったよ。 そう言われてみれば中国の工場はすでに閉鎖していたはずなのに、いろいろ中国製のグッズが山ほど出てきては、ファンだった人はびっくりだろう。 死を扱う話のわりに雑過ぎ、へたくそだなあと思うけど、が失敗こいて痛い目に遭って面白いので個人的にはOK。 わたしはじゃありませんけど、オラついた大企業が失敗するのはメシウマなのでしょうがない。 の小説や映画、マンガ、アニメなどを長年にわたって堪能しちゃったババアにしてみると、すぐそこにある危機みたいなすぐそこにある死というのは、今も昔もドラマチックでお話になりやすいので逆にシラケるのである。 もうわかってますって、ええ、もう知ってます、知ってますって気分。 特に死ぬよ、死ぬよと最初から煽っているんだから、うまいこと扱わないと反感を買うのは当然というのは、長年の経験でわかる。 悲劇としてうっとり描くにしても、コメディタッチにするにしても、ブラックユーモアにするとしても、ヒューマンドラマにするにしても、実は「死」というのは何をしてもありがちで陳腐になりやすい。 死はドラマを生みやすいお手軽アイテム。 だから煽って煽って死ぬよ、ワニ死ぬよ~と引っ張るのは要注意。 そしてこういうものは大概最終回がしょうもなくてがっくりになるので、ほんと、難しい。 だいたい粛々とただただ生きていくだけの方が難しいのは、ババアが身をもって知っているから。 長く生きてりゃいろんなことあるんで、ワニが桜吹雪の中で死なれても涙も出なきゃ屁も出ない。 泣かせようとか、感動させようとすると失敗するんだよねえって、長年の経験上知ってますんで。 本当に死って、あっけなくて曖昧で、すごくあっさりよ。 桜吹雪でヒヨコを助けてドラマチックに死ぬことないんで。 なので100日後に死ぬワニは、最初から「引っ張って引っ張って、最後はズコーっとずっこけるパターン」というのはわかっていたので、別に驚きもなんにもない。 これで泣く奴がいるのかと思うとウケる、とこっそり思っていたぐらい。 ところがである。 「妻が100日以上口をきいてくれない」。 これはホラーである。 サスペンスである、ディザスターである。 なんてことでしょう!!大きな喧嘩があったというわけでもないのに、妻が、ぷーん、つーんと知らんぷりして無視する。 ご飯は作ってくれる、洗濯もしてくれている。 でも無視。 話しかけても無視。 手を握ったら人殺しのような目で睨んでくる。 そんな緊張感で1年を過ごしたサラリーマン!どうしたどうした、どうなるどうなる。 というわけなのだけど、この妻、しつこい性格だね。 これ、明らかにだよね。 DVだよね。 実はうちのオカンの三番目の夫というのが、これと同じで怒ると無視して口を利かない派なのである。 自分の気に入らないことがあったら、とことん無視する。 実は無視もの定義に入っていること、この妻はわかってやっているのかな?裁判になったら1年以上DVを働いていたことになりますけど?妻だから、女だから被害者になれると思ったら大間違いだぜ?と思うけど、確かに男の鈍感さ、図々しさにはびっくりすることもあるので、無視するしかない妻の気持ちもわからんでもない。 気に入らないから無視しているわけじゃない。 言っても無駄だからというのが理由なんだろうね。 妻が口を利かなくなった原因が何かがわかるまで気になって気になって掲載されているものを全部読んだが、まだ連載中なので最後どういうオチがくるのか恐怖をもって読んでいる。 なぜかわたしはオッサン側に立ってビビっている方である。 嫁、おらんのに。 まあ、おそらくしょうもない小さなことの積み重ねで、妻の我慢の限界を迎えたのだろうけど、子供も小さいし専業主婦だからおいそれと離婚して出ていくわけにもいかないので無視しているんだろうね。 日本のサラリーマンのオッサンの甲斐性では慰謝料も養育費もほんのちょびっと、子供の小遣い程度しかもらえないので、離婚すりゃいいのになんて簡単に言えるものでもない。 この漫画のサラリーマンはお父さんとしては良いお父さんみたいで子供も懐いているから、余計に離婚し辛いだろう。 伯山先生も、妻から「察してよ」と注意されるらしい。 おそらく、男の人が苦手なのはこの「察する」ということなのであろう。 その察することのできない鈍感で図々しい、気づかいのないところが積み重なって、このようなことになったのであろう。 では、なんだろう、その察せないこととは。 具合が悪いのに頑張って家事をしているのに邪険にされたとか?夫側の親族が子供の具合が悪いと言っているのにへーきへーきっつって泊りに来たとかそういうこと?あるいは、心無い一言が多いとか?「お前も老けたなあ、それじゃあオバサンじゃん、あはは」なんて軽口を叩いたとか?「お前も」という表現には、「俺もオジサンなんだけどね」が含まれているのだが、妻がそれを理解しただろうか。 そこまで細かい部分を聞き取ってくれていただろうか。 「なんか貧乏くさいね」なんて、お前の稼ぎが悪いからだろう!!と思わせるような感想を言ったとか、「尻がでかい。 足が太い。 顔がでかい」みたいなことを無遠慮に言ったとか。 そういうのが実は一番厄介で、一番恨みをかうということを、男の人は頭がよろしくないので気づいていないことが多い。 厄介なのは、発言は後から取り返せないからである。 一度口にしてしまった言葉は取り返せない、取り戻せない、デリートできない、修正できない。 言われた方は死ぬまで覚えていてる。 一度言われた「オマエってよく見るとブスだな」という言葉も、冗談だろうと本気だろうと関係なく、空を漂い、さまよい、成仏はしないのである。 「こんな料理、インスタントの方がマシじゃん」という何気ないつもりの感想も、成仏はしない。 覚えておけ、「口から出た言葉は成仏することはない」ということを。 おそらくそんなことだと思うんだよね。 このサラリーマン、全く心当たりがないっていうんだもん。 大きな喧嘩やいさかいや言い争いがあったなら、解決方法はある。 でもわからないのが一番怖い。 そしてわかってない奴が一番罪。 100日ですまされないのだから、サラリーマンの苦悩の方が、ワニより深く暗い。 死は救いだとつくづく思う。 死んだら悲劇だなんて、初心なことで。 HABIBI.

次の

妻の誕生日を忘れてしまいました37です。

妻が口をきいてくれません」

父が子に対して母の愚痴を言い、母は子に対して父の愚痴を言うというのが常態化してましたね なので、父と母が同じ空間にいるときは、地雷になるから何一つ発言できませんでしたね。 プレジデントファミリーが「子供が難関大に号学する家庭ではちゃんと家族で会話がー」みたいなことをドヤ顔でいうとったけどうちはそんなん全くなかったですね。 お茶の間の会話?なにそれって感じだったんですけどね。 そもそも私は発達障害で会話通じない子だと思われたからどちらからもまともに相手にしてもらえなかったというのがあるけどね。 妹は完全に母派になったけど、姉は家を嫌がってとっとと東京の大学に行きましたね。 今でも年末年始にしか戻りませんね。 姉が家を出るまではリビングのチャンネル権は父親のものでしたけど、その直後から父はリビングから追い出されるようになりましたね。 その父親は2年後自分が中学受験直前に単身赴任になったから離婚みたいなことにならなかったんですかね。 友達を家に呼ぶという経験を子供時代に全くできなかったのは結構つらかったかもですね そのせいかどうかわからないけれど、我が家は小学校4年以降は友達を家に呼ぶのが全面的に禁止でしたね。 結局中学の時一度きりだけで、それ以外で友達を家に呼んだことがないですね。 「妻が口をきいてくれません」読んでた人は気づいたと思いますが妻の側がずっと家の中にいて、家の外での交友関係が全く描かれてないですよね。 これ、リアリティがないって思うかもしれないですけれどむしろめちゃくちゃそのまんまでしたね。 そもそもうちの母と父が口きかなくなったのって私たち子どもたちの受験が迫ったきたからといって母が仕事辞めてからでしたからね。 母はそれから一度も仕事せずにずっと家にいるのですが、だからこそ家の中は母のものになったんですよね。 子供の時はわかってなくて不満ばっかり感じてたけど、この点に関しては母がかわいそうで仕方ないなと思いますね。 まぁさすがに母も交友関係完全にゼロではなかったですけど、留守を任されていたのは間違いないですね。 当たり前だけどこっちが呼ばないのにこっちばっかり一方的に行っても問題ないやつはそう多くなかったので 自然と中学以降の交友関係は「長屋組」っていう文化部部活棟でだべる連中に限られましたね。 そのあたりの影響で自分もオタク化し始めて、 父親も母親もオタク死すべし慈悲はないみたいな感じの人だったから家にマンガ持って帰るわけにはいかないというので とりあえず買った漫画は全部読み終わったら長屋に寄付してその代わりに他の人の買った漫画も読ませてもらうみたいな感じになってましたね。 ちなみに親にはスクラブル部に所属してるってことにしてましたね。 一緒に通勤通学する友人もいなかったので毎日投稿と下校の電車の中では英単語帖で勉強してましたね。 話し戻すと、まぁそんな感じだったから家で自分の友達の話を親とした記憶もほとんどないですね。 授業参観の前あたりで誰が友達なのか聞かれたくらいですね。 あの時うそ言ってたらどうなったのかちょっと気になりますね。 にも関わらず大学に入って私が東京に移動したら私の交友関係をやたら気にするようになったので電話代のこともあってこちらから電話かけるのは一切やめましたね。 私はこういう経験があるので、大学生の時はフェミニズムというものが世の中を良くしてくれると信じてたし期待してたんだよね 両親の仲がこんなに悪くなってしまったのは家父長制が悪いみたいな話が、自分みたいな経験をした人間にとってはすごくキラキラして見えてしまったのはなんとなくわかってもらえるよね。 だけどまぁ、講義はともかくとして巷のフェミニズムに興味を持ってみたら、今みたいにネット全盛期でないときでもうちの母親みたいに男が悪い亭主が悪いみたいな人たちばかりで心の底から悲しい気持ちになったよね。 まじめにやってた人もいるとは思うんだけど、全体としてフェミニズムがどれだけ「家父長制でつらい思いして家父長制なんかなくなってもいいと思ってる男性」側の気持ちを考慮できてるかっていうと、今ですら全くないと思うよね。 そもそもオタク攻撃してる時点で本当に何もわかってないしマジでフェミニズムは今の人たち今職を持ってる人一回全員首にして、改めて0からの今後の社会を考えるのにふさわしい人を雇いなおすところから始めないとだめだと思うよね。 あと核家族制度は不幸しかもたらさないので、核家族の家庭はかならず家事をやってくれる人を雇うよう補助金を出すべきだと思うよね。 自分はつらかったな、以上のことは言えないし言うべきでもないのかもしれないけどね だらだらと書いて何が言いたいねんというと、こういう自分語りをしたくなる程度には上の夫婦の話は心揺さぶられるってことですね。 心揺さぶられるってことはいい作品なんですかね。 結構ムカムカしてますけどね。 後で子供視点でも描いてくれるんですかね。 妻視点で終わったらこの作品のこと嫌い!ってなりそうですね。 あと、なんだかんだ言って私それでも父のことも母のことも嫌いになれないのがつらいよね。 自分が親になってみないことには親がどれほど大変だったのかわからないし、ムカついてはいるけれど責めることはできないかもしれないね。 幸福に生きよ!、ということより以上は語りえないと思われる あらためて思うと、私この手の話題の作品読んでも傷つくはずだとわかってるのに結構読んでるね。 なんだろうね。 こういう話読んで傷つきましたとか言ってるのか何かかなのかも。 今読み返してみると結構呪詛めいたことも書いてる気がするね。 とはいいつつ、私はこのあたりの作品はめちゃくちゃ楽しめてしまうのも事実。 特にこの夫と妻が完全に断絶している家庭で子供たちがどれほどまでに歪んでいったかを描いた作品としては「Under the Rose」が超名作で、いびつであるがゆえに美しいという救いようのない物語になっている。 この作品最後まで読み終わるまで死ねないレベルで応援してるので早く続きを…続きを読みたい…… : 「東大英単語600・英熟語300」「速読英単語」「解体英熟語」「解体英語構文」「DUO3000」を通勤通学の電車の中で勉強し続けてたら京大以外の大学受験に必要な英単語はだいたいマスターできるのでらくちんですね。 でもどうせだからもっと単語覚えておけばよかったね。 大学受験における英語って今から思うと本当にクソ雑魚ナメクジだったよね。 高校時代にもっともっともっと単語詰め込むといいんじゃないかなって思うよね。 ちなみに私が大学受験で一番おすすめの英語の本はですね。 この本読んでるのと読んでないのとで英語に対する感覚がまるで違うので子供いる親は全員これプレゼントした方がいいね。 kindle化はよ tyoshiki.

次の

「妻が口をきいてくれません」っていう作品読んで無茶苦茶イライラした

妻が口をきいてくれません」

わたしは講談師神田伯山先生のまあまあのファンである。 先生呼びをするのには抵抗あるけど。 松之丞だったころからラジオを聴いていて、実は全部聴いていて、それも数回以いていて、結構なラジオリスナーである。 そんな松之丞改め伯山先生のラジオを聴いて早速ググって探してみたのが、「妻が口をきいてくれません」というWeb漫画である。 伯山先生もご多分に漏れず妻から邪険に扱われているようだが、それもまたネタにして楽しんでいるご様子で、言う程無視されていないと思われる。 だがそのWeb漫画は本当に恐ろしい。 なんと、妻が、1年以上夫を無視しているのだ!! ところで、100日後に死ぬワニは大笑いであった。 というか、死ぬことをカウントダウンとして煽って煽って最後に案件で炎上という、近年まれにみるの落ち度に一人家で大笑いしてしまった。 わたしは時々100日後に死ぬワニの漫画は見ていたが、ババアだからかしっくりこなくて、ふーん・・・としか思えなかった。 絵が下手なのもあって、ちっとも心が動かなかった。 この漫画は、あと何日かで死ぬのに予約販売のモノを買ったり、映画の次回作を期待したりしているのをあざ笑うかのような、ちょっとブラックで、ちょっと意地悪で、でも誰にでも起こり得る死をじわりと感じさせるだったと思っていたのだが、最終回だけ泣かせようと必死で痛いなあと思ってしまった。 死んだ途端にまでしゃしゃり出てきて、カフェとかグッズ展開とか早すぎて、それ自体は別に「そりゃまあ、バズったら商売商売」と思っていたが、頭のいい人たちが「自然発生的にバズったと思ったら、がっつり企画されていたのかよ!」と気づいたのに拍手してしまった。 頭いい!すごい!わたしは気づかないし、気にも留めなかったよ。 そう言われてみれば中国の工場はすでに閉鎖していたはずなのに、いろいろ中国製のグッズが山ほど出てきては、ファンだった人はびっくりだろう。 死を扱う話のわりに雑過ぎ、へたくそだなあと思うけど、が失敗こいて痛い目に遭って面白いので個人的にはOK。 わたしはじゃありませんけど、オラついた大企業が失敗するのはメシウマなのでしょうがない。 の小説や映画、マンガ、アニメなどを長年にわたって堪能しちゃったババアにしてみると、すぐそこにある危機みたいなすぐそこにある死というのは、今も昔もドラマチックでお話になりやすいので逆にシラケるのである。 もうわかってますって、ええ、もう知ってます、知ってますって気分。 特に死ぬよ、死ぬよと最初から煽っているんだから、うまいこと扱わないと反感を買うのは当然というのは、長年の経験でわかる。 悲劇としてうっとり描くにしても、コメディタッチにするにしても、ブラックユーモアにするとしても、ヒューマンドラマにするにしても、実は「死」というのは何をしてもありがちで陳腐になりやすい。 死はドラマを生みやすいお手軽アイテム。 だから煽って煽って死ぬよ、ワニ死ぬよ~と引っ張るのは要注意。 そしてこういうものは大概最終回がしょうもなくてがっくりになるので、ほんと、難しい。 だいたい粛々とただただ生きていくだけの方が難しいのは、ババアが身をもって知っているから。 長く生きてりゃいろんなことあるんで、ワニが桜吹雪の中で死なれても涙も出なきゃ屁も出ない。 泣かせようとか、感動させようとすると失敗するんだよねえって、長年の経験上知ってますんで。 本当に死って、あっけなくて曖昧で、すごくあっさりよ。 桜吹雪でヒヨコを助けてドラマチックに死ぬことないんで。 なので100日後に死ぬワニは、最初から「引っ張って引っ張って、最後はズコーっとずっこけるパターン」というのはわかっていたので、別に驚きもなんにもない。 これで泣く奴がいるのかと思うとウケる、とこっそり思っていたぐらい。 ところがである。 「妻が100日以上口をきいてくれない」。 これはホラーである。 サスペンスである、ディザスターである。 なんてことでしょう!!大きな喧嘩があったというわけでもないのに、妻が、ぷーん、つーんと知らんぷりして無視する。 ご飯は作ってくれる、洗濯もしてくれている。 でも無視。 話しかけても無視。 手を握ったら人殺しのような目で睨んでくる。 そんな緊張感で1年を過ごしたサラリーマン!どうしたどうした、どうなるどうなる。 というわけなのだけど、この妻、しつこい性格だね。 これ、明らかにだよね。 DVだよね。 実はうちのオカンの三番目の夫というのが、これと同じで怒ると無視して口を利かない派なのである。 自分の気に入らないことがあったら、とことん無視する。 実は無視もの定義に入っていること、この妻はわかってやっているのかな?裁判になったら1年以上DVを働いていたことになりますけど?妻だから、女だから被害者になれると思ったら大間違いだぜ?と思うけど、確かに男の鈍感さ、図々しさにはびっくりすることもあるので、無視するしかない妻の気持ちもわからんでもない。 気に入らないから無視しているわけじゃない。 言っても無駄だからというのが理由なんだろうね。 妻が口を利かなくなった原因が何かがわかるまで気になって気になって掲載されているものを全部読んだが、まだ連載中なので最後どういうオチがくるのか恐怖をもって読んでいる。 なぜかわたしはオッサン側に立ってビビっている方である。 嫁、おらんのに。 まあ、おそらくしょうもない小さなことの積み重ねで、妻の我慢の限界を迎えたのだろうけど、子供も小さいし専業主婦だからおいそれと離婚して出ていくわけにもいかないので無視しているんだろうね。 日本のサラリーマンのオッサンの甲斐性では慰謝料も養育費もほんのちょびっと、子供の小遣い程度しかもらえないので、離婚すりゃいいのになんて簡単に言えるものでもない。 この漫画のサラリーマンはお父さんとしては良いお父さんみたいで子供も懐いているから、余計に離婚し辛いだろう。 伯山先生も、妻から「察してよ」と注意されるらしい。 おそらく、男の人が苦手なのはこの「察する」ということなのであろう。 その察することのできない鈍感で図々しい、気づかいのないところが積み重なって、このようなことになったのであろう。 では、なんだろう、その察せないこととは。 具合が悪いのに頑張って家事をしているのに邪険にされたとか?夫側の親族が子供の具合が悪いと言っているのにへーきへーきっつって泊りに来たとかそういうこと?あるいは、心無い一言が多いとか?「お前も老けたなあ、それじゃあオバサンじゃん、あはは」なんて軽口を叩いたとか?「お前も」という表現には、「俺もオジサンなんだけどね」が含まれているのだが、妻がそれを理解しただろうか。 そこまで細かい部分を聞き取ってくれていただろうか。 「なんか貧乏くさいね」なんて、お前の稼ぎが悪いからだろう!!と思わせるような感想を言ったとか、「尻がでかい。 足が太い。 顔がでかい」みたいなことを無遠慮に言ったとか。 そういうのが実は一番厄介で、一番恨みをかうということを、男の人は頭がよろしくないので気づいていないことが多い。 厄介なのは、発言は後から取り返せないからである。 一度口にしてしまった言葉は取り返せない、取り戻せない、デリートできない、修正できない。 言われた方は死ぬまで覚えていてる。 一度言われた「オマエってよく見るとブスだな」という言葉も、冗談だろうと本気だろうと関係なく、空を漂い、さまよい、成仏はしないのである。 「こんな料理、インスタントの方がマシじゃん」という何気ないつもりの感想も、成仏はしない。 覚えておけ、「口から出た言葉は成仏することはない」ということを。 おそらくそんなことだと思うんだよね。 このサラリーマン、全く心当たりがないっていうんだもん。 大きな喧嘩やいさかいや言い争いがあったなら、解決方法はある。 でもわからないのが一番怖い。 そしてわかってない奴が一番罪。 100日ですまされないのだから、サラリーマンの苦悩の方が、ワニより深く暗い。 死は救いだとつくづく思う。 死んだら悲劇だなんて、初心なことで。 HABIBI.

次の