早い対応ありがとう 敬語。 取り引き会社へのメールで・・・敬語(丁寧語)での言い回しを教えてく

「ご対応いただき~」のビジネス敬語をマスターする方法

早い対応ありがとう 敬語

Contents• 早い対応のお礼を敬語で表すと? 「早い対応」を丁寧な表現にする場合はどうしたら良いでしょうか。 いくつか似たような表現の仕方がありますが、 「早速のご対応」「早々のご対応」「迅速なご対応」といった言葉を使うのが良いでしょう。 また、最後の迅速の場合には「ご迅速な対応」というように、尊敬語である「ご」を迅速に付けた形の言い方をすることもできます。 相手に応じて適切な言葉を選び、相応しい使い方をする必要がありますので、 きちんと意味や用途を知った上で使えるようにしましょう。 早速と早々と迅速の違いは? 3つの例を出しましたが、 どれも似ていて何が違うのかよく分からないという方も多いと思います。 どの言葉も「早い」「素早い」という意味になりますが、用い方には少しづつ違いがあります。 早々 目上の方に使うのは失礼ですので、 上司や先輩社員、取引相手に対してはあまり使わない方が良いでしょう。 新年早々、ありがとうございました。 早々にご連絡頂きまして感謝申し上げます。 迅速と早速 使い方の注意点 失礼のないようにしたい場合は「迅速」か「早速」を用いれば良いということが分かりましたが、ここで、注意点を示したいと思います。 「迅速なご対応をして頂き、ありがとうございました」というように 「ご~」と「~頂き」は一緒に使うことが出来ません。 「ご~」は「迅速」か「対応」のどちらかにかしか付けることが出来ませんので気をつけましょう。 これは一つ目の「早速」にも同じように当てはまります。

次の

取り引き会社へのメールで・・・敬語(丁寧語)での言い回しを教えてく

早い対応ありがとう 敬語

「迅速な対応」の敬語 尊敬語の接頭語「ご」を付けて「迅速なご対応」なら目上・上司に使える 「迅速な対応」だけでは敬語ではありません。 そのため、目上の相手には「ご」を付けて 「迅速なご対応」としましょう。 「ご迅速な対応」より「迅速なご対応」がベター 敬語の接頭語「ご」は、文脈により尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなることができます。 「ご迅速な対応」の「ご」は「迅速」をただ丁寧に言ってるだけなので、丁寧語になります。 「迅速なご対応」の「ご」は相手の行為である「対応」の敬語表現なので、尊敬語になります。 よって、「ご迅速な対応」は正しい敬語ですが 「迅速なご対応」の方がより丁寧な敬語(相手を敬っている)になります。 迅速な対応をお願いします 相手にすぐ対応をしてもらいたいときに使います。 「迅速な対応をお願いします」は、対応すべき事項の優先順位がとても高いことを表します。 「お願いします」のより丁寧な言い回しとして「お願いいたします」「お願い申し上げます」があります。 また、「素早い対応をしてください」とお願いするときはクッション言葉をつけましょう。 「大変恐縮ですが」「お忙しいところ恐れ入りますが」「ご多忙の折と存じますが」など、相手を気遣う言葉を心がけましょう。 ただ、 どれだけ丁寧な言葉を使っても、目上の人に「急いでください」といった催促のニュアンスは失礼にあたるため気をつけましょう。 例文 ・大変恐縮ですが、迅速な対応をお願いします。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、期限が迫っておりますため迅速な対応をお願いいたします。 ・ご多忙の折とは存じますが、迅速な対応をよろしくお願い申し上げます。 「迅速な対応」の英語 「迅速な」の英語は「prompt」「swift」「speedy」など 「迅速な」を意味する英語には、 ・promt ・swift ・speedy ・quick などがあります。 ちなみに「迅速な対応」という意味で「fast」を使うのは不自然です。 「fast」は「人や物体が継続的に速い」という意味なので、返信などの一時的な行為に対して使うのは誤りとなります。 感謝の表現は「I appreciate... 」がビジネスシーンでは一般的 感謝・お礼の表現で最も一般的なのは「 Thank you for... 」ですよね。 ビジネスシーンでは「 I appreciate... 」という表現がより一般的です。 「迅速な対応」の英語の例文.

次の

「早速のご対応」はメールで使っていいの?不自然でない使い方を解説

早い対応ありがとう 敬語

ビジネスで取引先から早い対応をしていただいたときや、 ビジネスメールですばやく返信いただいた場合に、 感謝を表す表現としてどのような言葉を使えば、 相手に失礼無く相手に感謝の気持ちを伝えることができるのでしょうか? 「早い対応ありがとうございます」 と、そのまま述べてしまうとぶっきらぼうな印象となりますし、 せっかくのお礼の文章も、選ぶ言葉を間違ってしまうと、 相手を不快にさせてしまったり、 誤解を生むことにつながってしまいます。 そこで今回は ・早い対応のお礼を表す敬語 について解説をしていきます。 早い対応のお礼でありがとうございます、を敬語で述べる表現は ビジネスなどでは多用する場面が多いものです。 いくつか表現の仕方を知っておくだけで、非常に便利になります。 スポンサードリンク Contents• 早い対応のお礼ありがとうございますを敬語で表す表現 早い対応のお礼を敬語で表す場合の文例です。 代表的なものをいくつかあげておきます。 早い対応のお礼 ・迅速なご対応ありがとうございました。 ・早速のお返事ありがとうございました。 ・早速のご返信ありがとうございます。 ・迅速な対応をしていただきありがとうございました。 注意点としては、ご迅速なご対応とはいわないことです。 「ご」をつけるのは「ご対応」として1つにしておきましょう。 この他にも早い対応のお礼を表す表現は たくさんありますので、みていきましょう。 他にもたくさんある、あわせて使いたい感謝を表す表現! 基本的な表現としては上記の表現を使っておけば問題ありません。 他にもあわせて使うと効果的な表現ありますのでご紹介しておきます。 あわせて使うと 効果的な 感謝を表す表現 ・心より感謝申し上げます。 ・お礼の申し上げようもございません。 ・ご配慮ありがとうございます。 使い方ですが、 「迅速な対応をしていただき、心より感謝申しあげます。 」 といったかたちで用います。 クレームや問題があった場合の対応を素早くしていただいた場合などは 「お礼の申し上げようもございません。 」といった表現を 使っても良いででしょう。 また相手の心遣いや思いやりに対して、 「ご配慮ありがとうございます。 」という表現も文中に加えることで より感謝の気持ちが伝わる文章になります。 スポンサードリンク お礼メールを送る時にやりがちなビジネスマナー違反 お礼を伝える際にやってしまいがちなビジネスマナーの失敗を 以下にあげておきますので気をつけましょう。 ・相手の役職の後に様をつける ・自社の上司に敬称を用いて表現する ・文章が簡潔でなく長い ・タイトルは一目みて何が書いてあるか分かるようにしておく ・顔文字や「!」や「?」などの表現は使わない 基本的なビジネスメールのマナーですが、 きちんと守られているでしょうか。 貴重な相手の時間をメールに割いてもらうのですから、 基本的なマナーや簡潔に内容がまとめられていることは 相手への最低限のマナーです。 最近はスマホなどでやりとりすることも増えているので、 誤っていつも使っている顔文字や「!」「?」などの表現を 使わないようにしましょう。 プライベートではよいですが、ビジネスなどで使ってしまうと 信頼性が落ちてしまいます。 まとめ 早い対応のお礼ありがとうございます。 を表す表現について 書いてきましたがいかがだったでしょうか? お礼のメールも相手への失礼があれば台無しになってしまいます。 基本的なルールを守って送れば、 あなたの信頼性や印象もグンとアップさせることができます。 それではありがとうございました。 Sponsored Link•

次の