白 猫 まとめ。 キジ白猫の性格や特徴、柄による違い

猫の種類!茶トラ、茶白、白茶の性格と柄の違いは?

白 猫 まとめ

猫は毛柄ごとに性格が違うと言われます。 でも、本当でしょうか? それを真面目に調べた研究があります。 その調査を指導した元東京農業大学教授で、『トラねこのトリセツ』(東京書籍)などの監修がある動物学者の大石孝雄さんに説明してもらいました。 飼い主との相性についても傾向があるそうです。 調査は、東京農業大学で首都圏の飼い猫244匹を対象にして飼い主にアンケートして、2010年にまとめたそうです。 「おとなしい」「おっとり」「甘えん坊」「気が強い」など17項目について、それぞれ5段階で評価してもらったものです。 茶トラ、茶トラ白、キジトラ、キジトラ白、ミケ、サビ、黒、黒白、白の9種類に分けて、平均値を出しました。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いと考えられるそうです。 茶トラなど、猫の毛柄と性格。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いという(「トラねこのトリセツ」から) ミケなど、猫の毛柄と性格。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いという(「トラねこのトリセツ」から) 「穏やかな茶トラ」は初心者向き トラ柄は毛色によって性格が少し異なるといいます。 中でも「茶トラ」はフレンドリーで飼いやすいようです。 「トラの毛柄に共通するのは『甘えん坊』な面です。 茶トラはわかりやすい結果で、『おとなしい(3. 6)』『おっとり(3. 6)』『温厚(3. 3)』が、他の毛柄に比べて高く、『攻撃的』な面が一番低い。 穏やかな『茶トラ』は初めて飼う方に向きそうですね」 トラの中でも「キジトラ」は原種とされるリビアヤマネコに似ていて、野生の本能がもっとも色濃く残っているといわれます。 好奇心旺盛といわれるキジトラ白 「キジトラとキジトラ白は、『人なつこい』『好奇心旺盛』『賢い』面が目立ちます。 キジトラの毛柄は、身を隠すのに好都合で自然界で生き延びやすく、ハンターとしても優れています。 その利点がイエネコにも引き継がれたのでしょう。 ただし、茶トラ同様『食いしん坊』なので肥満しやすい面も。 サバトラのデータはありませんが、経験から、キジより消極的な場合が多いようです」 ちなみに野良猫と放し飼い猫の調査では、510匹のうち約55%がトラ猫で、キジ(白含む)は164匹、茶トラ(白含む)は107匹。 キジとトラの比較ではキジが倍(74:36)で、キジトラは全体でも32%を占めたといいます。 お嬢様気質だとされるミケ 「ミケはお姫様、白猫は賢い」 ミケは遺伝子の仕組みからほぼメスに限られ、オスは3万匹に1匹しか生まれないとされています。 「ミケは人の好き嫌いがはっきりしていてマイペースなタイプが多い気がします。 『甘えん坊』や『賢さ』が目立つ一方で、『気が強い』面も。 わが家でもミケはパンチが得意で、猫からも人からも一目置かれる存在(笑)。 毛柄の遺伝子から見るとミケに近いのがサビ(茶と黒のニケ)で、この毛柄もほぼメスのみ。 サビはミケよりわがままで、『臆病』な傾向があります。 「全体的にキジの結果と似ていて、ある意味、猫らしい猫、と言えるでしょう。 口元にハートがあったり頭にかつらのような模様があったり、模様の大きさの違いが性格に影響を及ぼします。 白い部分が多いブチ猫は、単色の白猫の性質に似ているかもしれません」 同じ単色でも、白猫と黒猫では性格に違いがあるそうです。 「白猫で目立つのは『賢い』こと。 自然界で、目立つ白い色で生き残るためには、慎重さ=賢さが必要なのかもしれません。 同じ単色でも黒猫は『甘えん坊』な子が多いようです。 黒猫はもらい手探しが大変という話も聞きますが、一度飼うと魅力にハマるようです。 幸運のお守りという説もありますよ」 自然界で生き延びるために賢くなった?白猫 人との相性もそれぞれ 飼い主のライフスタイルによって、合う猫と合わない猫がいるそうです。 「たとえば1人暮らしや共働きなどで一緒にいる時間が少ない場合は、活発すぎる猫より、おっとりした傾向の猫と暮らすほうが良いのかもしれませんね。 臆病で神経質な傾向の猫は、騒がしい環境よりは静かな家の方が向くでしょう」 猫の性格によって、飼い主に求められる資質もあるそうです。 「甘えん坊な性格の猫とは、しっかりコミュニケーションをとってあげてください。 気分屋の猫の相手をするには、飼い主さんにもある程度の余裕が必要かもしれませんよ」 個々の猫が持つ性格を見きわめて飼い始めることも可能です。 また、猫の毛柄と性格の関連性については、色素を形成する遺伝子と感覚機能や行動、神経機能に関わる遺伝子との関係などが推測されていますが、詳しく解明されているわけではないそうです。 【関連記事】 ・ ・.

次の

【マインクラフト】猫の見た目全種類まとめ!村から連れて帰ろう

白 猫 まとめ

近所でよく見かける野良猫といえば、トラ猫が最も有名ですよね。 その中でもとくにキジトラ白(キジ白)は可愛らしく、その生態も興味深いものです。 猫は柄によって性格が変わると言われていますが、野性的なキジ模様に白い毛が混ざった「キジトラ白」の性格には、どのような特徴があるのでしょうか? ここでは、キジトラ白の性格についてと、飼い方のコツなどについてご紹介していきます。 キジトラ白とは? 日本猫と呼ばれる猫の中で一番多い模様が 「トラ猫」と言われています。 トラ猫には、 キジトラ、サバトラ、茶トラの3種類が存在し、さらに白い部分があると キジトラ白、サバトラ白、茶トラ白と呼ばれるようになります。 このように、猫は毛色や模様などにより呼び名が変わるのです。 猫の模様は実に24種類もあり、その呼び名もいろいろあるんですね。 また、白をベースにキジ模様が少しだけ入っている猫もキジトラ白(キジ白)と呼びます。 白の割合が多かったり少なかったりと個性が出るところが可愛らしく、キジ白の魅力の一つと言えるでしょう。 もちろん左右対称に白色が出るわけではないので、片足だけ短い靴下を履いているように見えたり、さらに一部分だけ小さくキジ模様が出ていて「穴あきソックス」を履いているように見える子もいます。 他にも、マフラーを巻いているかのように首のまわりだけが白かったり、お腹全体が白かったりと、そのバリエーションは様々。 時には、真っ白な体にハート形のキジ模様が現れている子もいるんですよ。 単色であることもありますが、ピンクとこげ茶が混ざった模様が出現するキジトラ白がよく見られます。 可愛らしいワンポイントの入った肉球などは非常に可愛らしいですよね。 鼻の色もバリエーションが豊富で、 ピンクやこげ茶、ベージュなどがあります。 肉球・鼻の色や模様、さらには白い毛の割合などでそれぞれが違った見た目をしているのが、キジ白ならではの最大の魅力かと思います。 キジトラ白とサバトラ白とのちがいは? キジ白とサバ白の違いは、簡単に言うと模様です。 キジトラ白は キジトラ模様に白色が入った猫、サバトラ白は サバトラ模様に白色が入った猫になります。 ・「キジトラ」の名前の由来は鳥の 「雉(キジ)」の模様 ・「サバトラ」の名前の由来は魚の 「鯖(サバ)」の模様 キジトラは、メスの「雉(キジ)」の柄に似ていることから、サバトラは「鯖(サバ)」の配色に似ていることからこう呼ばれるようになりました。 ちなみに、キジトラはブラウンマッカレルタビー、サバトラはマッカレルタビーとも言われます。 白色の入り方に違いはなく、それぞれ個性豊かなキジ白とサバ白が存在しています。 また、猫は模様により性格に特徴があると言われていますが、キジ白とサバ白はそこまで大差はなく、基本的には警戒心が強いタイプです。 もちろん、猫にもそれぞれ個性があるので、模様による性格の特徴が絶対というわけではありません。 キジトラ白の性格は? まず、キジトラの性格には大きく分け二つのタイプがあります。 ・警戒心が強く、慎重で用心深いタイプ ・好奇心旺盛で、人懐っこい甘えん坊なタイプ キジトラ白の性格は、 ベースとなるキジトラの性格が出てきます。 いずれにせよ、キジトラもキジトラ白もとても賢い猫なので、接する相手によってこの2つの性格を使い分けているのかもしれませんね。 また、猫は毛色や柄によって性格が違うという観点からみると、キジトラ白の場合は白い部分の多さで性格の特徴に差が出てくるとされています。 これは、野生的な部分が強く残っているためだと考えられます。 というのも、そもそもキジ模様は、 野生で狩りをするときや身を隠すときに、辺りに溶け込めるよう出現した柄だからです。 そのため、キジ模様の多いキジトラ白は、知らない人が来ると警戒して一目散に逃げてしまったり、怖がらせてしまうと少し攻撃的になってしまう子もいます。 しかし、慣れてきて心を許した相手には甘えん坊になります。 慣れるのには時間がかかりますが、野性的な部分が強く残る猫ほど、心を許した飼い主にだけはベッタリ甘えん坊になる傾向があります。 例えば、他人がいると隠れてしまうのに、飼い主と二人きりになるとすり寄って甘えてきたりします。 猫が飼い主にだけ懐く姿はとても可愛らしいものですよね。 「白い部分が少ない」キジ白は、ツンデレタイプというか、猫らしい猫の性格をしていると言えるでしょう。 キジ白がすぐに人に懐くイメージは無いかと思いますが、白色の割合が増えるにつれ、おっとりとした性格になり、いわゆる天然タイプの子も多くいます。 また、飼い主とのスキンシップが大好きなので、膝の上に乗ってきてくれたり、かまって欲しくてすり寄って来たりもします。 「白い部分が多い」キジ白は、人への警戒心が弱く人見知りをすることが少ないため、初めてでも飼いやすいタイプの猫かと思います。 比較的誰にでも愛想良く接してくれるので、来客の多いご家庭でも安心ですね。 猫は元々みんな短毛種なのですが、長毛種の猫というのは、 寒冷地などの厳しい環境に順応するために、短毛から長毛へと進化したと言われています。 そのため、キジトラ白の長毛種も忍耐力と我慢強さを持っており、落ち着きのある大人っぽい性格をした猫といった印象を受けます。 ただ、毛の長さや模様の入り方でも個体差があるので、一概にも長毛種のキジトラ白なら「おとない性格」をしているとは言い切れません。 他の猫と同様に、キジトラ白も周囲の環境や経験、または飼い主の接し方によりそれぞれの性格が変化し、順応ていくものです。 キジトラ白の飼い方は? キジトラ白は、その警戒心の強さから怖がりで臆病な面もあるので、「家の中は安全だ」と安心させてあげることが大切になってきます。 また、キジトラ白はやんちゃで活発なタイプの子が多いので、部屋のレイアウトも工夫してあげましょう。 キジトラ白の飼育では、その習性に合わせた環境作りがポイントになります。 程度の差はありますが、大きな物音がしたり、知らない人の気配を感じたりするとすぐに隠れてしまうことは、どの猫にもよくあることです。 これは警戒心の強さによるものですが、神経質になり過ぎると小さな音でもビクッと反応したり、家族の一人にしか懐かず、触ろうとすると怖がってしまう子もいます。 そのため、キジトラ白の飼育では、 いつでもすぐ逃げ込める場所を作ってあげることが大切になります。 例えば、押し入れやクローゼット、タンスなどの戸を少しだけ開けておいてあげたり、段ボールや猫ハウスのようなものを家の静かな場所に設置してあげると良いでしょう。 トイレを隠して使用できます。 付属のクッションでハウスとしても快適。 扉を開閉してトイレを引き出せる便利な設定。 隠れているときや、触られたくないような仕草をしているときは、無理に距離を縮めようとせず、そっとしておくことが一番の解決策です。 気分が落ち着けば、またキジトラ白のほうから近寄ってきて甘えてくることがほとんどです。 こうしたビビりな一面もまた、猫らしくて可愛らしいですよね。 そのため、 室内に大きめのキャットタワーやキャットウォークのようなものを設置してあげると、楽しそうに駆け上がっていく姿が見られます。 つめみがき設置スペースや隠れ家スペース付。 注意点としては、狭い部屋の中でも元気に走り回れるように、 床や飛び乗れる棚の上などには危ない物を置かないようにしてあげることです。 警戒心が強く野性的な部分が残っている子ほど、活発に動き回ることが好きです。 また、ワイルドな面があるため、狩りをする動作に近い「オモチャ」を使った遊びも大好きです。 ネズミの形をしたオモチャはもちろん、紐やリボン、光る物にもよく反応し、俊敏に飛びかかり見事にキャッチする姿には感心させられます。 キジトラ白はたくさん遊んであげることで、その警戒心の強さからくる神経質さのストレス軽減にも繋がります。 ただし、基本的に猫が気を付けなければいけない病気である 腎臓や泌尿器系の疾患には、十分注意してあげて下さい。 キジトラ白は野性味が強く残っているので、エサはキャットフード以外の物でも何でもよく食べます。 しかし、いくら丈夫なキジトラ白とはいえ、病気の予防にはキャットフードのみを与える方が無難です。 少し気難しいところもあるキジトラ白ですが、愛情をたっぷり注いで大切に飼育し、健康に長生きさせてあげましょう。 だっこは練習すれば好きになるというわけではないので、嫌がっているようであれば無理せず控えてあげましょう。 嫌なことを繰り返してしまうとストレスになる上、警戒心を刺激してしまう原因にもなります。 皆さんはどんな抱き方で抱っこしているのでしょうか?どうやら猫により好きな抱っこの仕方はそれぞれのようです。 猫に好かれるオススメの抱っこの仕方を5つ紹介します! キジトラ白についてのまとめ キジトラ白(キジ白)は警戒心が強いタイプが多く、仲良くなるのには少し時間がかかるかもしれません。 しかし、ひとたび心を許すと甘えん坊になる可愛らしい性格をした猫です。 白い部分が多いキジトラ白は比較的おっとりした性格の子が多いのも特徴です。 飼育では、こうした警戒心など野性味が残る部分を上手くカバーしてあげることがポイントとなります。 — おすすめ記事 —.

次の

オッドアイの猫まとめ!どんな性格をしている?生まれる原因は?短命って本当?

白 猫 まとめ

この記事でまとめたこと• 三毛猫ってどんな猫? 三毛猫は、白・茶色・黒の3色の毛色を持つ短毛の猫のことをいいます。 日本猫の代表的な柄ですよ。 三毛猫のほとんどは雑種です。 海外ではなんと呼ばれているの? 日本では一般的な柄の三毛猫ですが、海外ではとても珍しく、英語で「Calico キャリコ 」「Tortie and white トーティ・アンド・ホワイト 」、フランスで語では「Tricolore トリコロール 」「Tricolor トライカラー 」と呼ばれています。 特に、北欧では日本原産国の猫であるジャパニーズボブテイルのことを「Mi-ke ミケ 」と呼び、愛されていますよ。 三毛猫の性格は? 三毛猫は、「猫の中の猫」と言われるほど、猫らしい性格をしていますよ。 気分屋で、プライドが高く、女王様のような性格です。 家猫の場合、賢く、甘え上手でワガママな子が多いですよ。 三毛猫はほとんどがメスなので、性格も女性的といえます。 三毛猫の特徴は? 三毛猫といえば、白・茶色・黒の3色の猫というイメージですが、模様によって細かく呼び方が違いますよ。 三毛猫 一般的な三毛猫の柄です。 白・茶色・黒の3色がはっきりと全身にある猫のことをいいます。 キジ三毛 三毛猫よりも薄い色合いの三毛猫のことを指します。 白・やや明るい茶色・こげ茶色の配色です。 顔の周りに、縞柄の猫の特徴である「M」の模様が入っています。 縞三毛 縞三毛は、黒と茶色の部分が縞模様になっている三毛猫です。 黒と茶色の両方が縞模様か、黒の部分だけが縞模様になります。 顔の周りに、縞柄の猫の特徴である「M」の模様が入っています。 トビ三毛 白三毛 トビ三毛は、白い部分が多く、黒と茶色の柄が飛び飛びに入っている柄の三毛猫です。 白三毛とも呼びます。 パステル三毛 三毛猫の中では一番色が薄めの種類です。 白・グレー・ベージュの優しい色合いです。 海外では「Dilute Calico(ダイリュード・キャリコ)」と呼ばれています。 三毛猫のオスが少ない理由は? 三毛猫にメスが多いのには毛色を決める染色体が関係しています。 性別を決める2本の染色体がXXだとメスが生まれ、XYだとオスが生まれます。 そして、猫の毛色を決める染色体は、メスの染色体Xであり、オスの染色体Yには毛色を決める性質はありません。 よって、黒と茶の2色を同時に持つためには、毛色を決めるX染色体が2つ必要になります。 ちなみに白色の毛色の遺伝子はオスメスともに最初から持っているので、メスは白黒茶の3色、オスは白黒または白茶の2色までしか持てないことになります。 ですが、ごく稀に生まれる染色体XXYを持つオス猫が生まれます。 これはクラインフェルター症候群といわれ染色体異常で、確率は3万分の1といわれています。 よって、三毛猫のオスはとても希少価値が高いのです。 幸運の証として大切にされてきた その希少性から、三毛猫のオスは「幸運の証」「招き猫」とされ、とても大切にされてきました。 特に漁師の間で、「オスの三毛猫を船に乗せると福を呼び遭難しない」という言い伝えがあり、安全や大漁を運んできてくれると信じられていました。 また、日本の第一次南極観測隊に、縁起が良い三毛猫のオスが同行し、隊員たちと越冬したという話も有名ですよ。 三毛猫のオスは大変希少なので、アメリカのオークションで2,000万円という高値で取引されてこともあります。 オスが滅多に生まれないのに絶滅しないのはどうして? 三毛猫が生まれるのは、毛色を決める遺伝子が大きく関係しています。 そして、毛色を決める遺伝子は、親から子へと遺伝していきます。 その遺伝子を受け継いだメス猫が出産時に三毛猫を産む可能性があるので、絶滅することはないと考えられていますよ。 三毛猫がかかりやすい病気は? 三毛猫は雑種なので、基本的に身体が丈夫ですよ。 しかし、どんなに丈夫でも病気にかかる可能性はあります。 食べすぎによる肥満や、高齢でなりやすい腎臓関連の病気、メス特有の乳腺腫瘍などの病気などには気を付けてあげましょう。 三毛猫を飼育したい!どうすればいい? 入手の仕方 三毛猫は雑種に多いので、ペットショップでの購入は難しいです。 里親募集で探す方法か、野良猫を保護する方法が一般的ですよ。 一緒に暮らすコツ 三毛猫はとてもツンデレでワガママな性格なので、基本的に三毛猫の好きなようにさせてあげるのが良いですよ。 甘えたいときには甘えさせてあげて、そうでない時はしつこく構わずそっとしておく、といった距離感が大切です。 運動能力が高く遊ぶのが大好きなので、おもちゃなどを用意してたくさん遊んであげると良いですよ。 キャットタワーなどを設置して、運動不足にならないように気をつけてくださいね。 また、フードに飽きる傾向があるので、数種類のフードをローテーションしてあげるのがおすすめです。 猫らしいツンデレ 三毛猫はその猫らしい性格から、ワガママだとか気性が荒いといわれています。 ですが、赤ちゃんのように甘えてくることもあります。 そのツンデレの魅力の虜になる人も多いのではないでしょうか。

次の