宮崎 銀行 振込 手数料。 料金一覧:振替-ゆうちょ銀行

宮崎銀行ATM ご利用時間・ATM手数料 |イオン銀行

宮崎 銀行 振込 手数料

振込手数料とATMご利用手数料 2019年10月1日現在 振込手数料(税込) インターネットバンキング・ATM(イオンカードセレクト/キャッシュ+デビット/イオンバンクカード)による振込 宛先 振込金額 手数料 イオン銀行宛 無料 他行宛 220円 他行宛振込手数料が最大月5回無料! ステージに応じてイオン銀行Myステージ特典を適用します。 定額自動振込も対象となります。 当行ATMでの現金によるお振込み、店頭窓口でのお振込み、WEB即時決済サービスは対象となりません。 イオンカードセレクト、キャッシュ+デビット特典の他行振込手数料無料回数と重複がある場合は特典の多い回数を適用いたします。 お振込のお手続き(操作)した月の無料回数が減算されます。 振込予約の取消しや組戻しを行った場合、無料回数はお戻しいたしません。 また、現金でのお振込み限度額は10万円となります。 注 店舗では、原則お振込みを受け付けておりません。 他行ATMご利用手数料 ご利用いただけるその他提携金融機関カードの時間帯、手数料、サービス内容などについては、当該提携金融機関までお問い合わせいただくか、ATMの画面または下記「ATMでご利用いただけるカード」でお確かめください。 他行ATM入出金手数料が最大月5回無料! ステージに応じてイオン銀行Myステージ特典を適用します。 一部の提携金融機関のATMにおいてご利用明細(レシート)に手数料が記載される場合がございます。

次の

振込手数料 : 三井住友銀行

宮崎 銀行 振込 手数料

各コンビニATMにおける銀行振込に対応している銀行 各コンビニATMでは、コンビニATMを使っての振込に対応している銀行であれば、コンビニ内のATMを使って振り込みをすることが可能です。 セブンイレブンATM(セブン銀行ATM)• ローソンATM(ローソン銀行ATM)• イーネット(ファミリーマートなど) 上記の大手コンビニ3社に設置されているコンビニATMの振込への対応状況について説明していきます。 セブンイレブンATMを使って振込ができる銀行 都市銀行は三菱UFJ銀行、りそな銀行の対応ですね。 実は対応銀行は今回紹介するコンビニATMの中では一番少ないです……。 三菱UFJ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 愛知銀行• 愛媛銀行• 熊本銀行• 群馬銀行• 四国銀行• 静岡銀行• 親和銀行• 千葉銀行• 東邦銀行• 鳥取銀行• 西日本シティ銀行• 八十二銀行• 広島銀行• 福井銀行• 福岡銀行• 北越銀行• セブン銀行 ローソンATMを使って振り込みができる銀行 大手都市銀行を幅広くカバーしていますね。 みずほ銀行• 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 北陸銀行• 福井銀行• 紀陽銀行• 山陰合同銀行• 中国銀行• 北海道銀行• 阿波銀行• みちのく銀行• 伊予銀行• 荘内銀行• 東邦銀行• 肥後銀行• 千葉銀行• 琉球銀行• 第四銀行• 西日本シティ銀行• 八十二銀行• 愛媛銀行• 栃木銀行• 群馬銀行• 山形銀行• 岩手銀行• 百十四銀行• 秋田銀行• 横浜銀行• 武蔵野銀行• 北國銀行• 北洋銀行• 宮崎銀行• 青森銀行• 愛知銀行• 常陽銀行 イーネット(ファミリーマートATM)を使って振込可能な銀行 コンビニATM3社の中では最も対応銀行数が多いです。 三菱UFJ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 北海道銀行• 北洋銀行• 青森銀行• 秋田銀行• 岩手銀行• 山形銀行• 荘内銀行• 東邦銀行• 東邦銀行• 常陽銀行• 足利銀行• 群馬銀行• 武蔵野銀行• 千葉銀行• 横浜銀行• 八十二銀行• 北陸銀行• 北國銀行• 福井銀行• スルガ銀行• 愛知銀行• 百五銀行• 紀陽銀行• 山陰合同銀行• 中国銀行• 広島銀行• 阿波銀行• 百十四銀行• 伊予銀行• 福岡銀行• 西日本シティ銀行• 親和銀行• 肥後銀行• 熊本銀行• 宮崎銀行• 琉球銀行 コンビニATMを使っての銀行振り込みのやり方 普通の銀行振り込みと同じです。 セブンイレブンATM、ローソンATM、ファミリーマートATMで機械が異なるので操作手順は多少異なりますが、以下の流れとなります。 対応銀行のキャッシュカードをATM挿入• カード振込を選択• キャッシュカードの暗証番号を入力• 振込金額を入力• 振込先の銀行(金融機関)を選択する• 支店名を選択する• 口座番号を入力する• 自分の電話番号(連絡先)を入力• 振込情報の確認• 振込を完了する といった流れです。 コンビニATMを使った銀行振込の注意点 コンビニATMを使って振り込みができるというのは一見便利ではありますが、2つの注意点があります。 場合によってはかなりのコスト高となりますのでご注意ください。 各ATMともに現金からの振込には対応していない コンビニATMを使った送金に関しては、かならず対応した銀行のキャッシュカードが必要で、口座からの振込となります。 銀行内に設置されているATMの場合、現金を使った振込にも対応していますが(10万円以内)、 コンビニATMは現金振込には対応しておりません。 現金を直接送金(振込)するのではなく、一旦お手持ちの銀行口座に入金をしてから送金する必要があります。 ただし、 銀行によってはコンビニATMからの入金でも手数料が発生する場合があるのでご注意ください。 どうしても現金のまま送金したい場合は、銀行の支店にあるATMを使いましょう。 振込時には振込手数料+コンビニATM利用手数料が二重にかかる コンビニATMから振り込みをすると、「通常の振込手数料」+「コンビニATMの手数料」というように手数料が二重に発生することになります。 このコンビニATMの手数料は決して安くありません。 セブンイレブンのATM(セブン銀行ATM)を使って、三菱UFJ銀行の銀行口座から振り込みをした場合の手数料は以下の通りとなります。 三菱UFJ銀行の振込手数料:108円~432円• セブンイレブンATM手数料:108円~432円• 合計:216円~864円 となります。 セブンイレブンATMの手数料は「平日時間内<平日時間外<土日祝日」と高くなっていきます。 なので、銀行が休みだからといってコンビニATMを使って振り込みをすると思わぬ手数料を取られてしまう羽目になります。 スマートフォン+振込手数料無料銀行を活用するのが得 ここまでコンビニATMを使って送金(振込)をする方法を紹介しましたが、手数料の高さを考えるとお得度はありません。 緊急避難的に、コンビニも使えるということを知っておくことは良いことだと思いますが、普段からバンバン使っていけるようなものではないですね。 最近の一部のネット銀行(ネットバンク)では、スマートフォンやパソコンを使ったモバイルバンキングで振込をすると、毎月一定回数までなら振込手数料が無料になるサービスを行っている銀行があります。 そうした銀行はコンビニATMを使った入出金も手数料無料であることが多いです。 現金を送金したいという場合も、コンビニATMを使ってネットバンク口座に入金して、それをスマホから送金(振込)すれば手数料を1円もかけずに振込をすることができます。

次の

宮崎銀行ATM ご利用時間・ATM手数料 |イオン銀行

宮崎 銀行 振込 手数料

<目次>• 銀行窓口で他行宛てに振り込むと手数料が800円超!? 銀行の振込手数料は、振込先や振込金額、振込方法によって異なります。 従来からの都市銀行や地方銀行には次のような傾向があります。 振込方法と振込金額による他行宛て振込手数料 家賃や会費などの振込は、他行宛てのことが多いと思われますから、他行宛ての振込手数料を中心に見ていきましょう。 ちなみに都市銀行や地方銀行では、それぞれに違いはありますが、通常の他行宛て振込手数料は、次の金額が平均的です。 窓口で振込: 振込金額3万円未満 660円 振込金額3万円以上 880円• 現金でATM振込: 振込金額3万円未満 440円 振込金額3万円以上 660円• キャッシュカードでATM振込: 振込金額3万円未満 330円 振込金額3万円以上 440円• インターネットバンキングで振込: 振込金額3万円未満 220円 振込金額3万円以上 440円 3万円以上を窓口で振り込むと、なんと880円もかかってしまいます。 990円かかる銀行もあります。 キャッシュカードでのATM振込やインターネット振込でも、振込金額が3万円以上なら手数料は440円です。 振込手数料には消費税がかかり、紹介した手数料はすべて10%の消費税込の金額です。 他行宛て振込手数料が無料の銀行 この他行宛て振込手数料を無料にしたり、安く設定しているのがインターネット専業銀行です。 住信SBIネット銀行間での振込は無料• 他行宛て振込は預金残高などにより最大で月15回まで無料• 他行宛て振込の無料回数を超える分は振込金額にかかわらず手数料157円(税込) 住信SBIネット銀行はインターネット専業銀行ですから、振込はパソコンやスマートフォンを使ったインターネットバンキングまたはテレフォンバンキングで行います。 店舗はなく、ATMでの振込はできません。 都市銀行などと比べると、他行宛て振込手数料に無料回数が設定されていて、それを超えても一律157円というのはおトクですね。 さらに残高に応じて最大で月11回まで無料。 無料回数を超えた分は振込金額にかかわらず220円。 またソニー銀行では、三井住友銀行ATMでソニー銀行のキャッシュカードを使った他行宛て振込ができます。 この場合はATM手数料は月4回まで無料、三井住友銀行の所定の振込手数料がかかります。 残高100万円以上なら他行宛て振込が無料に 条件付きですが、都市銀行の中にも他行宛て振込手数料を無料にしているところがあります。 みずほ銀行と三菱UFJ銀行です。 みずほダイレクト(インターネットバンキング、テレホンバンキング)を利用して振り込んだ場合です。 他行宛て振込手数料が無料の銀行を上手に活用したいものですが、給与振込などで日常的に利用する銀行が別の場合、お金をどうやって動かすかが問題です。 手数料無料の提携ATMを活用 住信SBIネット銀行は、ゆうちょ銀行ATMやコンビニATM(セブン銀行、ローソン、イーネット)から無料で入金できるので、まずこれらのATMを使って現金を住信SBIネット銀行の口座に入金しておけば、住信SBIネット銀行のインターネットバンキングで振り込めます。 ソニー銀行は、ゆうちょ銀行ATM、コンビニATM(セブン銀行、ローソン、イーネット)のほか、三井住友銀行、三菱UFJ銀行のATMからも手数料無料で入金できます。 給与振込が三井住友銀行や三菱UFJ銀行の人は、ソニー銀行口座へのお金の移動が無料でできて便利ということですね。 家賃など月1回の振込なら、ソニー銀行に口座を作れば手数料無料の他行宛て振込が利用できます。 みずほ銀行は、通常はコンビニATMを使うと手数料がかかりますが、みずほマイレージクラブに入会し月末合計残高30万円以上なら、曜日・時間にかかわらずコンビニATM(イーネット)の手数料が月1回まで無料になります。 みずほ銀行ATM、イオン銀行ATMの時間外手数料も無料になります。 コンビニATM(イーネット)やみずほ銀行ATMから入金できます。 このようにして、他行宛て振込手数料が無料の銀行にお金を入れて、そこから振り込めば、振込手数料を払わずに済みます。 インターネット専業銀行や流通系の銀行では、都市銀行よりも振込手数料が安いところが多いので、こういった銀行を利用する方法もあります。 代表的なところを紹介しましょう。 【関連記事】•

次の