ディズニー アプリ で ファスト パス の 取り 方。 ディズニー・ファストパスをアプリで取得!使い方や注意点を解説

ディズニーランド/シー「ファストパス」をアプリで取る方法と使い方を解説

ディズニー アプリ で ファスト パス の 取り 方

スマホでファストパスを取得するためには 『ディズニー公式アプリ』が必要です。 そして『ディズニー公式アプリ』を利用するためには… 『ディズニーアカウント』が必要です。 公式アプリはディズニーアカウントでログインする必要があるため、ディズニーアカウントを持っていない場合は新規作成する必要があります。 アプリだけダウンロードしてパークで使おうとしたら…「ログインできない!」というトラブルが非常に発生しやすいです。 来園前にアプリが使えることを確認しておきましょう。 尚、パークチケットはスマホ用のディズニーeチケットでも従来の紙チケットでも問題ありません。 ただ 紙チケットの場合はスマートフォンにQRコードを読み込ませるという手間が発生します。 オンラインファストパスの取得方法 1. 公式アプリにチケットを読み込ませる(紙チケットの場合) 従来のファストパス方式に比べて、圧倒的に便利なのがオンラインファストパスなのですが…もちろん注意しないといけない落とし穴も存在します。 ・回線混雑によるファストパス発券不可。 ・スマホの充電切れによる提示不可。 サービス開始直後に一番懸念されているのが 「回線混雑による利用不可」です。 特に開園直後はアクセスが殺到することが予想されます。 繋がらないと意地にならず、 ダメな場合は「従来方式でファストパスを取得する」といった臨機応変な対応ができるように心しておきましょう。 スマホの充電が切れてしまい取得したファストパスのQRコードを提示できない場合は…もちろんファストパス無効となってしまいます。 充電があまり長持ちしないスマートフォンをご利用の方は、パークにポータブル充電器を持っていくことをオススメします。 USBで充電するタイプのグッズ(ポータブル扇風機、電気ブランケット)も増えているため、スマホ以外でも大活躍します。 最後に 東京ディズニーリゾートでの利便性が大幅にアップする『オンラインファストパス』を利用しないという選択肢はありません。 ディズニーアカウントの取得、アプリのダウンロード、チケットの読み込み(紙チケットの場合)と利用するまでの障壁は若干多いですが、一度こなしてしまえば二回目以降は問題ないはずです。 特にサービス開始直後はオンラインファストパスの存在も浸透しておらず、従来のファストパス取得方式の方も多いと私は予想しています。 知らない方に圧倒的な差をつけるのが『情報』です。

次の

TDL/TDSファストパスの利用方法が変更に!新しい使い方や発券ルールなど細かな仕様変更も解説|Disney Colors

ディズニー アプリ で ファスト パス の 取り 方

【 ファストパス取得のお手伝いをさせて頂きます。 そんなご希望がある方は、ぜひご相談を! 特に小さなお子様がいらっしゃる方や 遠方からお越しの方のお手伝いも歓迎です。 完全オーダーメイドのお手伝いで、 どなた様にもお楽しみ頂けるよう、 ご計画からお手伝いさせて頂きます。 ディズニーが初めての方も 安心してご相談下さいませ。 〈ファストパスとは〉 アトラクションの待ち時間を有効に活用するためのサービスです。 12:00前後に残りのファストパスをお渡し致します。 また12:00前後に残りのファストパスをお渡し致します。 お食事の時間を除いてファストパスの取得を行わせて頂きます。 その場合、ファストパスの取得枚数が変わることもございます。 その時間帯はファストパスの調整を致します。 また、1度ホテルへお子様の昼寝のために戻る場合も同じく調整致します。 ご入園と同時に当方のパスポートで取得したファストパスをお渡し致します。 舞浜駅のロッカーなどへ預けますので、ご入園前にお受け取り下さいませ。 ご予約は半年前から受付けております。 ショーの場所取りは行っておりません。 【ディズニー ショー抽選】で検索して下さいませ。 ただし、ご依頼者様のパスポートをお預かりして取得する場合は当方のと合わせて2回ご乗車可能です。

次の

ファストパスサポート

ディズニー アプリ で ファスト パス の 取り 方

ディズニーランド・ディズニーシーに導入されたアプリによるファストパス発券。 非常に使いやすくて評判もいいのですが、マルチデーパスポート 2日以上滞在するチケット を利用する場合、いくつか注意点があります。 遠方からディズニーに遊びに行く方は、結構な確率でマルチデーパスポートを利用して、ディズニーランド・ディズニーシーを回りますよね。 でも・・・ マルチデーパスポートをアプリに読み込む方法が分からない! そもそもアプリからマルチデーパスポートの購入がうまくできない!! そんな方もいらっしゃると思います。 この記事では、マルチデーパスポート利用時のアプリの利用方法について説明します。 つい先日の話ですが、マルチデーパスポートを遊びに行く直前に買おうとしてドはまりしました・・・。 かなり色々調べて乗り越えたのですが、今回はその内容を詳しく書いたので、参考になると嬉しいです! アプリからはマルチデーパスポートを購入する場合、 配送しか選べない。 しかも 直近1週間の日程のチケットは購入できない。 ディズニー公式アプリからマルチデーパスポートを購入しようとすると、受け取り方法に「配送」しか選ぶことができません。 しかも、ディズニーに遊びに行く日の直近の日程では、チケットを購入することすらできないようになっているのです。 こちらの画像は、2019年9月3日にアプリからマルチデーパスポートを購入しようとした画像です。 ここで配送を選ぶと、後日チケットが郵送で自宅に届きます。 必然的に自宅へ配送を選ぶしかないのですが、わざわざ配送してもらって気を揉むのが嫌な方もいますよね。 さらに、遊びに行く日をこの画面から選ぶのですが、9月10日以降しか選べません。 アプリを開いている日から1週間後からのチケットしか購入できないようになっているのです。 これは、受け取り方法に「配送」を選ばなければいけない関係で、必然的に配送期間が必要になるためでしょう。 「じゃあ、3日後にディズニーに行く予定なのに、チケットが購入できないじゃないか!」 と、困ることもありそうですよね。 ディズニーストアに行けば、前日まで名刺サイズの紙のチケットを購入することもできますが、近くにディズニーストアがない場合は困ってしまいます。 これらの解決方法はいたってシンプル。 スマホのアプリからではなく、パソコンからディズニーの公式HPにアクセスすればOKです。 スマホからディズニーの公式HPにアクセスすると、アプリと同じように1週間後から配送のみでしか購入することができません。 必ず、パソコンから公式HPにアクセスしましょう。 マルチデーパスポートの購入は パソコンから公式HPにアクセス。 パソコンから上のページを開いて「マルチデーパスポートをオンラインで今すぐ購入」に進むと、今日の日付以降から日にちを選ぶことができます。 さらに、受け取り方法に「 自宅でプリントアウト」が表示されます。 自宅でプリントアウトを選んで購入手続きを終えると、下の画像のようなチケットがPDF形式のファイルでダウンロードできます。 家族や友人の分をまとめて購入した場合、1つのPDFファイルに購入した枚数のチケットが表示されます。 これを自宅のプリンタで印刷すれば準備は完了。 事前に準備できるのは、このチケットを印刷するところまでです。 アカウントの作り方が分からない方はの記事も併せて読んでください。 当日このチケットをプリントアウトしたものを、忘れずに持っていきましょう。 自宅にプリンタがない場合 もし自宅にプリンタがなければ、コンビニのプリンタを利用しましょう。 セブンイレブンでは、netprintという便利なサービスが用意されています。 ネットプリントのページからPDFファイルをアップロード• 表示されたプリント予約番号をメモ• セブンイレブンのプリンタで予約番号を入力 の手順で、印刷ができます。 PDFファイルをアップロードした後はこのような画像が表示されます。 赤い矢印で指しているところに書いてある文字をメモしてセブンイレブンに行きましょう。 セブンイレブンのプリンタに、メモしたプリント予約番号を入力すれば印刷できます。 マルチデーパスポートで入園してアプリからファストパスを取る手順 マルチデーパスポートを購入するのも一苦労ですが、本来の目的はここからです。 マルチデーパスポートで入園して、アプリからファストパスを発券する手順はこちらです。 アプリに事前にログインしておく• プリントアウトしたチケットの2次元コードで入園する• 入園したらチケットをアプリに読み込ませる• アプリからアトラクションを指定してファストパスを発券する この記事でお伝えしたい一番大きなポイントは、「 マルチデーパスポートは入園するまでアプリにチケットを登録できない」ことです。 1デーパスポートは、下の画像のように、アプリから購入する時の受け取り方法に「スマホに表示」が選べます。 そのため、入園前にアプリにチケットが登録された状態になっているんですね。 下の画像は、1デーパスポートをアプリで購入する時の画像です。 しかし、マルチデーパスポートを購入する時は、必ず紙のパスポートになります。 しかも、入園するまでは紙のパスポートをアプリに登録できません。 そのため、入園した直後にパスポートをアプリに読み込ませる手間がかかるのです。 その点を踏まえて、マルチデーパスポートで入園したときの、アプリでのファストパス発券方法を詳しく説明します。 アプリに事前にログインしておく ディズニーのアプリからファストパスを発券するためには、ディズニーの公式アカウントを取得してログインするする必要があります。 ディズニーの公式アカウントは、チケットをオンラインで購入された方は持っていると思います。 アカウントを持っていない方はこちらから。 スマホのアプリをはじめて利用する際に、ログイン情報を聞かれますので、一度ログインしておきましょう。 アプリへのログインは、入園前にもできますので、入園してから慌てないよう事前に済ませておいた方がいいと思います。 プリントアウトしたチケットの2次元コードで入園する プリントアウトしたマルチデーパスポートには、下の画像のぼかしをかけている部分に、2次元コードが表示されます。 赤い矢印で指している部分に表示されている2次元コードを、まずは入園ゲートで読み込ませます。 この2次元コードを利用して入園ゲートをくぐると、「 このチケットを持っている人がパーク内に入った」と認識されます。 パーク内に入ることで、アプリからのファストパスが取得できるようになるのです。 入園したらチケットをアプリに読み込ませる 入園したら、すぐにスマホでディズニーのアプリを開いて、チケットをアプリに読み込ませます。 「購入済みチケット表示」のところから、紙のチケットをカメラで読み込ませることができます。 カメラが起動したら、入園の時に使用した2次元コードをスキャンしましょう。 成功すると、アプリにチケットが登録されます。 この時、 一緒に行く人のチケット全員分をスキャンすることを忘れないようにしてください。 代表者1名のスマホに、一緒にいる人全員分のチケットを登録しておけば、ファストパスを人数分まとめて発券することがでます。 全員がアプリをインストールして、それぞれがファストパスを発券してもいいのですが、そうするとファストパスの利用時間がずれたりすることもあります。 複数人分のファストパスを一度に発券できるのが非常にメリットの大きい特徴なので、代表者が全員分のチケットをスキャンして管理しましょう。 ハッピー15エントリーを利用する場合 マルチデーパスポートを利用する方は、高確率でディズニーリゾート近辺のホテルに宿泊すると思います。 その中でも、ハッピー15エントリーを利用できるディズニーリゾート指定の4つのディズニーホテルに宿泊される方は、の記事も読んでみてください。 ホテルミラコスタ• アンバサダーホテル• ディズニーランドホテル• セレブレーションホテル ハッピー15エントリー使用時のファストパス発券時のルールや注意点などがかいてあります。 特に15分前に入園してから正式な開園時間までのルールについて細かく書きましたので、15分をうまく使って楽しんでくださいね。 入園当日の注意点など アプリにチケットを登録できれば、あとは1デーパスポートで入園した人と、注意点などは同じです。 ひとつ目は、スマホを使う時間が増えるのは間違いないので、 必ずモバイルバッテリーを持っていきましょう。 パーク内にも売っていますが、価格も高いですし、当然性能も平均並みのものしか売っていません。 モバイルバッテリーを持っていない方は、事前に購入しておくことを強くおすすめします。 あとは、スマホの通信環境。 ディズニーでは、小さなエリアにたくさんの人が密集していて、ほとんどの人がスマホを使うことになります。 そのため、特に建物内に入った時に通信速度が遅くなる、またはつながらないという現象が起きるという話もよくWeb上で目にします。 特にワイモバイルやUQモバイルなどの格安SIMを使っている場合、ソフトバンクなど正規キャリアよりも通信環境が悪いのは間違いありません。 格安SIMはソフトバンクやドコモなどの回線を間借りしているだけなので、通信が集中した場合、通信の優先度が落とされてしまいます。 あと、月末だとパケット容量を使い切ってしまうのも怖いですよね。 そのため、 ポケットWi-Fiを持っていくと非常に心強いです。 レンタル型のポケットWi-Fiは短期での利用ができて、契約縛りもなく違約金など一切無しなので、こういう時にこそ利用するべきアイテムです。

次の