激辛 下痢 対処。 腸に穴があいて下痢になる人が増えている ギュルギュルッという腹痛の原因

唐辛子で下痢になるとダイエットどころじゃない?下痢の対処法は

激辛 下痢 対処

ポカリスエットを常温の水で2倍くらいに薄めたものも良いですよ。 冷たいものや熱すぎるものは避けて、下痢があるときは特に脱水症状を防ぐため、水分をこまめに摂ってください。 ドラッグストアで手に入れるなら、 「セルベール」などが有名です。 ただ、薬を飲んで痛みが軽くなっても、胃が荒れていることには変わりないです。 痛みが軽くなっても、しばらくは胃腸にやさしい食事を続けたほうがいいですよ。 内科でも診てくれるますが、消化器科の方がより専門です。 昔は辛いものを食べても平気だった人が強い胃を取り戻すには 「元々辛いものが好きでよく食べていたのに、最近腹痛や下痢が起こるようになった」 こんなことはありませんか? これは「胃粘液」の量が、年齢とともに減少していくために起こります。 カプサイシンを始め、胃酸など様々な刺激から、胃粘膜を守っているは「胃粘液」です。 だから、これが減ると当然ですが、カプサイシンの影響を受けやすくなります。 「じゃあこのまま、ずっと辛いものを食べるたびに具合が悪くなるのか?」 とちょっとがっかりしてしまった人は、ぜひ 胃粘膜の強化をしてみてください。 *胃の調子が戻ってからにしてくださいね。 胃粘膜を強化するのはムチンとビタミン ムチン(ムコ多糖類)と言う成分は、胃粘膜を強化して、胃壁を保護する働きがあります。 ムチンは元々体の中にありますが、これも年齢とともに減少していきます。 また ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCも胃の粘膜の強化に役立ちます。 ですから、ムチンやビタミンがたくさん含まれる食材を普段から意識して摂りましょう。 ムチンを多く含む食材 納豆、山芋、里芋、明日葉、オクラ、なめこ、レンコン、モロヘイヤなど。 ネバネバ系の食べ物に多く含まれています。 ムチンは水溶性の成分なので、加熱調理すると外に流れ出てしまいます。 ですからなるべく生で食べるのが効果的です。 特に納豆はムチンが多いですよ。 なかなか食事からムチンを摂るのが難しい時は、 で代用してみてください。 ビタミンAを多く含む食材 鳥レバー、うなぎ、卵、すじこ、 モロヘイヤ、人参、春菊、小松菜 ビタミンEを多く含む食材 モロヘイヤ、ウナギ、カボチャ、アーモンド、ほうれん草、 赤ピーマン、イ カ、ぶり、鮭、アボガド ビタミンCを多く含む食材 柿、ネーブルオレンジ、ブロッコリー 、赤ピーマン、イチゴ 小松菜、ほうれん草、モロヘイヤ ここまで見ていただくとわかりますが、 胃の強化には、モロヘイヤが最強ですね。 ムチンやビタミンA、C、Eが全部入っています。 これらの食材をバランスよく摂るのが難しい時は、ひとまず「モロヘイヤ」だけは食べておきましょう。 辛いものを食べるとなぜ下痢や腹痛が起こるか 辛いものを食べて、お腹に下痢や腹痛などを起こす原因は、料理に使われているカプサイシンです。 カプサイシンは主に唐辛子に入っていて、まさにあの辛さを出すものです。 あなたもお腹が痛くなる前に、赤い唐辛子が入った料理などを食べていることでしょう。 このカプサイシンの影響をどれくらい受けるのかは、とても個人差があります。 カプサイシンで腹痛が起こるメカニズム 自分の許容範囲以上のカプサイシンを摂ってしまうと、粘膜が傷つき胃や腸を荒らすことになります。 唐辛子を触った手で、目など粘膜部分を触ると、びっくりするほど痛いです。 (私はうっかりやったことがあります) これと同じことが胃の中や腸の中で起こるわけですね。 カプサイシンで下痢になるメカニズム カプサイシンは自律神経の1つである交感神経を緊張させます。 すると、腸の蠕動運動が活発になり、便がすぐに送られてしまいます。 すぐに送られた便は、大腸で水分がしっかり吸収されないままで出るので、下痢になるのです。 辛いものを食べたあとに腹痛や下痢になるのはこういうメカニズムです。 カプサイシンの影響をやわらげるには? 辛いものを食べて腹痛や下痢を経験していても、「それでもまだ食べたい」という人も結構いると思います。 まずは自分がどれくらいの辛さのものなら、体に影響を受けないのかを知ることがとても大切ですね。 食べるたびに胃や腸が荒れて、下痢や腹痛を起こしていてはやっぱり体に良くないです。 そして、カプサイシンの影響をなるべく少なくするためには、辛いものを食べる前に チーズ、牛乳、ヨーグルト、スキムミルクなどの乳製品を摂るとよいです。 これは乳製品に含まれるカゼインというたんぱく質が、胃酸とくっついて胃壁に張り付きバリアのような働きをしてくれるからです。 「今日は辛いものを食べる」そんな日は、食事前に牛乳を1杯飲んだり、ヨーグルトを1パック食べたりしてみてください。 ただし、大人は乳糖不耐性症の人が多いので、牛乳を飲み過ぎると下痢になることがあります。 普段飲んでいないなら、ヨーグルトにしておきましょう。 口の中の辛さを和らげるには? カプサイシンの辛さは、クエン酸などの酸味を口に含むと和らぎます。 レモンジュース、レモネード、ラッシーなど酸味のあるものがメニューにあったら、ぜひ一緒に頼みましょう。 また上記で紹介した乳製品も、舌の粘膜を保護してくれるので、辛味が和らぎます。 逆に水にはカプサイシンは溶けないので、いくら飲んでも辛味は弱まりません。 カプサイシンを摂り続けているとどうなる? 腹痛や下痢など辛い思いをしても、 「やっぱり辛いものが食べたい!」という人も多いです。 カプサイシンは少量なら体に害はないんです。 でも、腹痛や下痢などを繰り返すくらい摂っていると、病気の原因になることもあります。 ・胃に穴が開く ・精神疾患 ・胃がん などが関係してきます。 胃に穴が開く 辛いものを摂り過ぎて粘膜が傷つくと、場合によっては、胃に穴が開いて激痛が走ることもあるんです! (これは救急車で運ばれるレベルです) そして吐血することもあります。 急に大量の激辛料理を食べるようなことはやめましょう。 精神疾患 唐辛子をふんだんに使った料理を食べる国では、カプサイシンを毎日摂り過ぎて、精神疾患になる人が多いです。 人間の体は、辛さ(=痛み)を感じると脳や神経を守ろうとアドレナリンが分泌されます。 このアドレナリンがあまりに多いと、脳や神経がダメージを受け、精神が病んでしまうのです。 胃がん 唐辛子をたくさん食べる人の方が、胃がんのリスクも高くなるそうです。 これは、幾度となく胃粘膜が荒れた結果、ガン化するからです。 辛いものを食べる時に気をつけること 辛いものを食べる時は、食べ過ぎないこと大切ですが、自分の体調と相談することも大切です。 カプサイシンは粘膜を傷つけますから、喉が痛い時に食べると余計に痛くなります。 また胃の調子が良くない時も、刺激になり影響を受けやすいので避けたほうが良いです。 普段は大丈夫でも体調によっては、いつもと違う結果になるかもしれません。 肛門がヒリヒリするのも唐辛子のせい? カプサイシンは油に溶ける性質を持っているため、油と一緒に摂るとカプサイシンが油に溶け出します。 (ラー油を想像するとわかりやすいですね) こうなると、油に乗って胃や腸だけでなく、肛門にまで運ばれてしまいます。 辛いものを食べた翌日に、お尻がヒリヒリと痛くなったら、前の日に食べた料理の中のカプサイシンが腸の粘膜を刺激しているのです。 特に痔を持っている人は、悪化する可能性があるので注意してください。 まとめ 激辛料理のあと、お腹が痛くなったり、胃がムカムカしたり、下痢がひどくなったら、.

次の

腹痛の治し方!お腹が痛い時にすぐ痛みを緩和する6つの対処法

激辛 下痢 対処

今回は腹痛の治し方についてご紹介します。 「お腹が痛い」という症状は誰もが一度は感じたことがあるはずですが、意外と対処法をきちんと知っている人は少ないのではないでしょうか。 「そこまで痛くないから大丈夫」「そのうち治まるはず」などと考えてしまいがちです。 しかし、腹痛も体のサインですので、放っておくことはとても危険です。 そこで当記事では• お腹が痛くなる場所• 腹痛の原因• 腹痛の種類と症状• すぐ病院を受診した方がいい腹痛は?• 病院では何科を受診する?• 家庭での腹痛の応急処置• 突然の下痢、便秘や冷えによる腹痛の対処法• 腹痛の予防法や食事について といった内容で、急な激しい腹痛が起こる原因と症状、そして、突然の下痢、便秘や冷えでお腹が痛い時に、すぐ痛みを緩和するにはどのように対処すればいいのかお伝えしていきます。 体内で発生した何かしらの異常を知らせる情報が、まず痛みの自覚症状として起こるとされています。 腹痛の原因も様々です。 胃や腸といった消化器系に起因するものだけでなく、循環器系、泌尿器系、婦人科系などに起因するものもあります。 上腹部でおこる腹痛 胃、十二指腸、胆嚢、膵臓などの痛感神経が集まる心窩部(みぞおち)に痛みを感じることが多いです。 中でも胃痛によるものが多いです。 下腹部でおこる腹痛 下腹部の痛みは腸の病気による原因がほとんどです。 中腹部(へそ周辺)の痛みは腸炎、右下腹部痛では虫垂炎が代表的です。 腸炎の場合には下痢の症状が伴うことが多いです。 左下腹部痛では大腸の病気が疑われます。 さらに、泌尿器系や婦人科系の病気の可能性も考えられます。 (2)ストレス 精神的ストレスだけでなく、エアコンをつけた時などの室内外の温度差による身体的ストレスは自律神経を乱し、胃腸の粘膜を傷つけ腹痛を起こす原因になります。 (3)過敏性腸症候群 過労や精神的不安、過度の緊張によるストレスから便秘や下痢などの便通異常や下腹部に強い痛みがあらわれます。 (4)冷えと下痢 人の体には体内に起きている生命の危機に対して防ごうとする機能、すなわち防衛本能が備わっています。 冷えにより体内の温度が低下すると、内臓の機能も低下し抵抗力も落ちてしまいます。 そこで、体内では腹痛や下痢という症状により体を内側から温めようとする防衛本能が働きます。 まず冷えによる下痢は、下痢をすることで体内から水分を出し、体内で熱を生み出し、熱を保ち、熱が低下しないようにするための防衛本能です。 次に冷えによるお腹の痛みは、「体が冷えていますよ!」という体のサインです。 それぞれの腹痛の特徴を見てみましょう。 内臓性腹痛 胃や腸管などの管腔臓器の収縮、伸展、拡張、痙攣によって発生する痛み。 内臓神経(自律神経)を介して感じる腹痛です。 痛みの部位が明確でなく、間欠的で「なんとなくお腹が痛い」という、鈍痛から激しい痛みまで幅広い痛みを訴えます。 内臓性腹痛の症状としては、悪心や嘔吐、冷や汗を伴うこともあり、ズキズキする痛みです。 体性腹痛 腹腔内臓器の炎症によって壁側腹壁や腸間膜が刺激されて発生する痛み。 知覚神経が刺激されて起こる腹痛です。 「ここが痛い」というように痛みの部位が限定されていて、持続的で刺すような鋭い痛みを訴えます。 体性腹痛の症状としては、一定の時間にわたって持続するうずくような痛みと鋭い痛みを伴います。 また、体を動かすと痛みが強くなることが多いです。 重症化すると、腹膜炎から腹膜刺激症状を認め、重症感染症による敗血症性ショックを起こすため、緊急手術が必要になります。 そこで、すぐに病院を受診した方がいい腹痛の主な症状例をご紹介します。 すぐに病院を受診した方がいい腹痛 ・急激にお腹が痛くなり痛みが持続する腹痛 ・トイレに行っても解消されない激しい腹痛 ・転げまわるような激痛を伴う腹痛 ・お腹の限られた部位の痛みが徐々にお腹全体の痛みへと変わる腹痛 ・食後に激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛 次の症状などを伴う腹痛の場合も早めに医療機関を受診してください。 ・高熱 ・吐き気や嘔吐 ・出血や下血 ・顔面蒼白 ・頻脈 ひんみゃく ・意識低下 激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛は食中毒の可能性 激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛は食中毒の可能性がありますので、抵抗力の弱いお子様やご高齢の方はすぐに医療機関を受診することをおすすめします。 もし腹痛の原因が食中毒である場合、下痢をすることは体がいち早くウイルスや細菌を体の外に排出しようとしている働きなので、むやみに止めてはいけません。 下痢止め薬をむやみに服用せず、医師の診断を受けてください。 病院では何科を受診する? 突然の腹痛が起きた時、「病院では何科にかかるのが良いの?」と、迷ったり分からない事もあります。 特に深夜になると多くの病院は診療を終了しているので、とても不安な気持ちになります。 一般に、腹痛が起きる原因として消化器官の異常が原因であることが多いため、まずは消化器内科を受診するのもよいです。 ただし、腹痛の原因として、内科的要因、外科的処置が必要な場合、婦人科の疾患の場合など、さまざまな臓器の病気が原因となっている可能性もあります。 腹痛の原因に身に覚えがなく、何科を受診すればいいのか全く分からない場合は、総合病院の受付で症状を話して、何科を受診すればいいのか教えてもらのがよいでしょう。 その病院で可能な診察や処置を受けて、さらに治療が必要な場合や原因が分からない場合は、どこを受診すればいいのか聞いたり、紹介状を書いてもらえるはずです。 女性の場合には、痛みの他に出血などの症状が伴う場合には、婦人科もある病院を選ぶことをおすすめします。 また、上記の 「すぐに病院を受診した方がいい腹痛」に該当する場合、自力で病院に行けないほど痛みや症状が悪化している場合は我慢し過ぎず、救急車を呼んでください。 医療機関で適切な処置を受けるためのポイント 病院で適切な処置を受けるためにも、腹痛を訴えるポイントをメモなどして医師に伝えましょう。 ・痛む場所 ・痛み方と度合い ・痛みの間隔 ・下痢や嘔吐など腹痛以外の症状 腹痛の症状をできるだけ詳しく伝えることで、受診すべき科目の判断がしやすくなりますし、適切な診断や治療につながります。 なお、上記でご紹介した「すぐに病院を受診した方がいい腹痛」の症状に当てはまらなくても、腹痛が何日も続く場合や繰り返される場合は、早めに病院を受診しましょう。 その2:服薬 医療機関で処方してもらう他に、市販薬を上手く使うことで、いち早く腹痛を抑える対処法もあります。 市販薬購入時は必ず、薬剤師に相談して症状にあった薬を選ぶことをおすすめします。 「ガスター10」は幅広く服用されているブロッカーです。 激しい腹痛の場合や薬を服用しても効果がみられない場合は、すぐに医療機関を受診してください。 ウイルスや細菌による下痢や吐き気を抑える市販薬 もし腹痛の原因がウイルスや細菌などの感染による場合、下痢の症状は体内のウイルスや細菌を体外へ排出する行為であるため、むやみに下痢を止めてはいけません。 市販の下痢止め薬をむやみに服用せず、早めに医師の診断を受けてください。 とは言っても、すぐに病院に行けない状況での激しい下痢や吐き気は辛いものです。 そこで感染性の胃腸炎の場合、ゆるやかな作用で腸の運動を改善する漢方薬や腸内の環境を整える整腸剤などの使用がおすすめです。 【正露丸】大幸薬品株式会社 ゆるやかな作用で腸の運動を改善する薬で、腸内環境を整えることで下痢や軟便を改善する薬です。 吐き気や嘔吐の症状改善にも適しています。 5才以上のお子さまから服用が可能です。 【柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)】ツムラ漢方 風邪の中期以降の症状で、腹痛や吐き気を伴う「お腹にくる風邪」に適しています。 風邪だけでなく、胃腸炎に処方されることもあり、臓器の熱や炎症を鎮め、痛みを緩和する漢方薬として知られています。 体力が中程度又は虚弱気味の人に向いている薬です。 【新ビオフェルミンS錠】大正製薬 腸内環境を整える3種類配の乳酸菌を配合した市販薬です。 錠剤タイプと顆粒タイプがあり、錠剤は5才以上のお子さまから、顆粒は生後3か月を過ぎた赤ちゃんから服用できます。 妊娠中や授乳中の服用も問題ないとされています。 その3:家庭での応急処置 医療機関を受診したら、医師の指示に従います。 薬が出された場合は用法、容量を守り服薬を行います。 症状が治まったからといって、自己判断で服用を中止してはいけません。 ではここで、医療機関を受診する前、受診できない場合の応急処置についてご紹介します。 腹痛の応急処置方法 ・楽な姿勢で安静にする 服装を緩め、楽な姿勢をとり、静かな場所で安静にしましょう。 ・胃痛の症状がある場合は右側を下にして寝る 胃から腸への出口は体の右側にあります。 なので胃痛の症状がある場合は右側を下にして寝ると、食べたものが腸の方へ流れやすくなり消化促進の効果につながります。 ・吐き気や嘔吐の症状がある場合は横向きに寝る 幼い子や高齢の方は仰向けの状態でいると、もし嘔吐した場合に嘔吐物が気道を閉塞してしまう可能性があります。 横向きに寝かせてあげることで嘔吐物を詰まらせないようにしましょう。 ・下痢による脱水予防のため水分を補給する 体内の水分とイオンがバランスよくとれるスポーツドリンクやイオン飲料などがおすすめです。 この時、冷たいものは胃腸を刺激しやすいので、常温のものか少し温めるとよいです。 昔から「お腹が痛い時は温めるといい」と聞きます。 お腹を冷やしたことによる下痢や便秘が原因の腹痛には、お腹を温めるのも効果があります。 ・痛むお腹の場所を手の平で温める 手の平を、お腹の痛む場所にそっと当ててあげるだけでポカポカ温まり楽に感じます。 「手当」といわれるゆえんですね。 ・手の平でおへそ周辺をマッサージする 便やガスがたまってお腹が圧迫されて痛い場合は、手の平でおへそ周辺をゆっくり「の」の字を書くように優しくマッサージすると楽になります。 腹痛の原因がハッキリしない場合では、お腹を温めることは控え、医師の診断を受けてください。 その4:突然の下痢、便秘や冷えによる腹痛の対処法 急にお腹が痛くなった時、すぐトイレに行ける状況であれば、まずトイレに行きましょう。 下痢を伴う突然の腹痛の場合は、体内の毒素を排出しようとする体の防衛本能が働いている可能性があります。 下痢止め薬などを飲み、むやみに下痢を止めてしまうと、体内にある毒素が排出されず健康を害する可能性もあります。 しかしそうは言っても、電車の中だったり、会議中や授業中、出先でトイレが見つからないなど、いつでもトイレに行ける状況ばかりではありません。 そこで、突然の下痢と腹痛でトイレに行けない場合や便秘や冷えによる腹痛の時など、お腹が痛い時にすぐできる対処法をいくつかご紹介します。 ここがポイント! 気持ちを楽にしリッラクスすることで痛みを和らげるための深呼吸です。 息を吸う出す時間は、ご自身が苦しくなく楽にできる秒数で行ってください。 大腸は右外側にあり腸内の流れは時計回りですので、手の平で大きな「の」の字を書くイメージで反時計回りにゆっくり優しく大きくマッサージしましょう。 大腸は右外側にありますので、手の平で大きな「の」の字を書くイメージで時計回りに大腸に沿ってゆっくり大きくマサーッジしましょう。 丹田を温めることで内臓の動きが良くなり、体温も上がりポカポカして、お腹の痛みも少しずつ和らぎます。 冷えによる腹痛や生理痛におすすめです。 また、内臓が温まると腸の活動も促進されますので、便秘の時にもお試しください。 ハンカチなどで包むか衣服の上から使用し、長時間の使用は控えてください。 腹痛や便の状態など、症状に従って消化の良い食事をとるようにしましょう。 食べ物は基本的に温かく、柔らかいものが適しています。 おかゆや煮込みうどん、柔らかく煮た野菜などがおすすめです。 逆に脂肪分の多いものや刺激物、食物繊維の多い野菜類は控えましょう。 なお、下痢の症状がひどい場合の食事は便と同じ柔らかさのものが基本になります。 重湯やおかゆなど、お腹に負担をかけないもので経過観察します。 1日3食を規則正しく、適量を守って食べることが腹痛の予防に大切です。 また日頃から食物繊維を意識してとると便秘予防になります。 エアコンの効いた室内では、上着や膝かけなどで体温調節を行うとよいです。 また、体を内側から冷やさないために冷たい飲み物は控えましょう。 お気に入りの入浴剤でゆっくりお風呂に入る、好きな本を読んだり音楽を聴く、愛猫や愛犬と遊ぶ、寝る前に軽くストレッチを行うなど、1日のうち少しの時間でも簡単にできるストレス解消法を持ちましょう。 まとめ:「腹痛を緩和する6つの対処法」 いかがでしたか?「腹痛の治し方」をテーマにご紹介させていただきました。 最後にもう一度6つの対処法について確認してみましょう。

次の

唐辛子で下痢になるとダイエットどころじゃない?下痢の対処法は

激辛 下痢 対処

「辛味中毒」「辛味依存症」ですか、、、それだけ苦しくてもまた懲りずに食べるのはかなりの中毒とお見受けします。 お話から察しますとどうも胃壁が胃炎か胃潰瘍(あるいは食道炎や十二指腸潰瘍)でやられているようですから、先ずそれを治す方から始めてください。 中毒には少々つらい事になりますがその間は「辛味厳禁」です。 とにかく体内部の事は診察、検査をしないと確定的な事は言えませんのでネット上での相談はこのあたりで止めて、後は病院に行かれる事をお奨めします。 【追記】 何か苦しみをけしかけるようで申し訳ありませんが、唐辛子(ペパー)で極度に辛いものを幾つか順不同で書いておきます。 いずれも南北アメリカで良く知られているものです。 「ムラト」「ハラペーニョ」「コビンチョ」「カイエンヌ」「セラノ」「ハバネロ」「ブート ホロキア」「チルテピン(テピン)」「ナガ モリッチ」と言ったところで、中でも「ブート ホロキア」は非常に危険です。 またこれらを使ったチリソースも色々発売されていますが、舐めると口がきけないほど強烈な辛さです。 胃の調子が治ってからお試しください。 【再追記】 面白い話を生理学者・病理学者から聞きましたので一言ご紹介。 この唐辛子の辛味成分カプサイシンは痛みと良く似ていて違うのは熱感覚と発汗作用だそうです。 そうしてこのカプサイシンの受容体に先に取り付く鎮痛剤がいくつかあるそうですが、人体への長期使用の副作用などが未だ判っていないので実際には試験的にしか使われていないそうです。 この受容体に鎮痛剤が先に取り付くと辛味を感じる事がなくなるそうですが、唐辛子の辛味を感じなくなるのでは「辛いものを食べてるぞ!」と言う充実感というか実行感が無くなるのであまりお奨めでないような気がします。 カプサイシンは冷水には殆ど溶けませんが、体温程度になると溶け始めます。 また油やアルコールには容易に溶けますのでラー油の状態やお酒、あるいはチリソースとして一緒に食べると粘膜の損傷が酷くなるそうです。 とにかく口から肛門まで消化管の全ての粘膜に「悪さ」をしますので食べる量にご注意ください。 私の友人で激辛物を食べると肛門がヒリヒリするといつも叫んでいたのがいました。 アメリカ大陸からヨーロッパに最初に紹介された時「毒物」だと考えたのは今になってみるとある程度正解だったかもしれません。 またメキシコ人のあの激辛志向は粘膜に影響無いのかいつも不思議に思って、色々調べましたが別に特段の手立てをしている訳では無いようです、要するに粘膜の鍛え方が違うようです(笑)。 【蛇足】 私も若い頃は猛烈辛味が大好きでしたが、歳とともに丸く甘味の方に寄って行きつつあります(笑)。 食料研の西丸さんがチリで食べた原種の唐辛子はちょっと噛むと1週間は口の中がひりひりするそうです。

次の